タグ:バロック ( 153 ) タグの人気記事

(after) The Fairy Queen 妖精の女王

c0188818_23492863.jpg2009年1月21日
Theater aan het Vrijthof

Muziek- Henry Purcell

Muzikale leiding - Emmanuelle Haïm (12, 16, 17, 18 dec & 7, 10, 11, 13, 24, 25 jan & 4, 7 feb) & Jonathan Cohen (17, 19, 20, 21 & 30 jan)

Assistenten muzikale leiding – Jonathan Cohen, Philippe Grisvard
Regie – Wouter Van Looy
Dramaturgie – Ian Burton
Choreografie & video – Vivian Cruz
Sculpturen – Freija Van Esbroeck
Kostuums – Johanna Trudzinski
Decor – Sascha van Riel
Lichtontwerp – Peter Quasters
Dans - Erika Méndez Ureña, Sheila Rojas, Luis Villanueva, Alejandro Chávez

Solisten - sopranen: Susan Gilmour Bailey, Hanna Bayodi-Hirt, Elise Caluwaerts, Elodie Fonnard – contra-tenor: Owen Willetts – tenoren: Daniel Auchincloss, Ben Breakwell, Simon Wall – bassen: Neill Bellingham, John Mackenzie, Nicholas Warden

Muzikale uitvoering – Le Concert d'Astrée:
Viool – Agnieska Rychlik, Maud Giguet
Altviool – Delphine Millour
Cello – Claire Thirion
Blokfluit – François Lazarevitch, Yann Miriel
Hobo – Yann Miriel, Vincent Blanchard
Fagot – Emmanuel Vigneron
Luit – Laura Monica Pustilnik or Carola Grinberg
Clavecimbel – Philippe Grisvard

Coproduction – Opéra de Lille, La Clef des Chants, Opéra de Dijon, Muziektheater Transparant.

c0188818_0491744.jpg


パーセルの「妖精の女王」は、セミ・オペラ(歌わない台詞と歌と音楽が混在)で、全体にドラマとしての統一的な流れを欠くため、通常のオペラに比べ演出が非常に難しく、上演の機会も少ない。リサイタルで歌の部分だけ歌われたり、音楽部分だけ録音されたCDはあるが。
だから、今回の上演は、タイトルにわざわざ after と入れているように、シェークスピアの「真夏の夜の夢」に題材を採ったパーセルの歌劇をモトにした翻案もの音楽劇と見るほうがいい。
また、長々とクレジットを入れたのも、楽器演奏、歌、ダンス、舞台美術、マスクが渾然一体となり、どれ一つが欠けても不完全になってしまう一風変わったプロダクションだったからだ。今回のプロダクションでは、歌手が主役では全くなかったと言っていい。

主役は、2組の恋する男女(ダンサー)で、準主役は、古楽演奏のコンセルト・ダストレーだった。
歌手たちは、地味なワンピースとシャツにズボン姿で、主役級ダンサーの後方で結構難しい振り付けのダンスをしているので、最初、その他大勢の群舞ダンサーかと思ったくらいだ。それが、朗々と台詞を読みそのあと歌いだしたので、歌手とわかった次第だが、メインには最後までなれなかった。

楽器演奏のみの音楽部分が多い作品だと、どうしても、踊りや舞台装置で視覚を補わないとさびしい舞台になってしまうのでは、という危惧を抱いてしまうものだ。
だが、音楽だけでは、なんとなく水っぽいから、踊りを加えて実だくさんの汁にしてしまおうという発想は、どうにも安易で好きになれない。そのせいで、歌がどうしても添え物的になってしまうからだ。音楽だけで、こってりとしたスープを作り出して満足感を与えることは可能なはずなのに。

それにしても、観客に対して、イマジネーションを使うことを強いる舞台だった。それに慣れるまで結構時間がかかり、その世界に没入できた頃は、終わりに近かった。事前に勉強をした人でないと、楽しめないかもしれない。しかし、玄人が多かったとみえて、ブラーヴォーは、結構飛んだ。
[PR]
by didoregina | 2009-01-22 16:46 | バロック | Comments(6)

Le roi danse 「王は踊る」

このところ、毎晩テレビばかりだ。昨晩は Arte で太陽王ルイ14世と宮廷作曲家・舞踏家のリュリの葛藤を描いた豪華絢爛映画を放映してくれた。
バロック音楽ファンには垂涎ものというよりカルト・ステータスの映画だろう。

リュリというと、彼の作曲した音楽よりも、指揮の杖で足を突いたのがもとで亡くなったという事実がよく知られている。舞踏家・振り付け師だったことなど知らなかった。ルイ14世への片思いやモリエールとの確執も、はじめて知った。

でもストーリーよりも、ダンスや衣装、セットやロケーションの美しさ、楽器など小道具に眼が行ってしまう。小道具で最も重要なのは、靴だ。

靴に秘められた意味にはいろいろあるが、最初のシーンからイミシンな気配が漂う。リュリが生涯で最後になる指揮をする前に、自分の靴を手にとっていじるのだ。青い靴である。これから起こる悲劇を暗示すると同時に、ダンスを愛する王との思い出も込められている。舞踏家にとって1番大切な物であり、愛玩の対象にもなりうる。
実際のダンスシーンでも、ステップがこの時代の踊りを特徴付けているので、足のクローズアップが多い。どうしても靴に眼が行く仕掛けになっている。
王が最初に身に付けるダンス用の靴は赤である。サテンで足を包み込む形の赤いリボンのハイヒール。。。ピンヒールのスティレットではないからまだましだが、あんな靴で踊ったら足首を捻挫しないかと心配になる。

そして音楽。ムジカ・アンティカ・ケルンによるリュリの曲の演奏は、とにかくリズムがキマッテいてかっこいい。踊りやすさには不可欠だ。(その割りに王のダンスはキマリ具合がいまいちであった) ダンス音楽の演奏はリズムがポイントだ、と1年かけてプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」のピアノ曲を練習したわたしは、つくづく思う。



あらすじなど詳しい内容は sarahoctavian さんのブログでどうぞ。
[PR]
by didoregina | 2008-12-31 20:39 | バロック | Comments(8)

しばし楽の音に

このブログのタイトルになっているのは、ヘンリー・パーセル作曲の「しばし楽の音に」Music for a while。バロック歌曲の珠玉、主要レパートリーだから、リサイタルでもよく歌われる。
手持ちのCDでは、マイケル・チャンスが歌っているのが好み。全体的には、バロック以前のイギリス・ルネッサンスの曲のようなメランコリーが漂う。しかし、ほのかに雲の合間から薄日が差すような箇所があって、気持ちが慰められる。さらりと陰影が表現されている。

ところが、フランス人カウンター・テナーのフィリップ・ジャルースキーが歌っているのを聴くと、全く印象が異なる。とにかく明るい。陰影は微塵も感じられない。バロックを通り越してロココのギャラントな雰囲気。刹那的な愉楽を説いているよう。


[PR]
by didoregina | 2008-12-24 09:08 | バロック | Comments(4)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

指揮者もイギリス人だしソ..
by レイネ at 19:12
まあ、オランダのバッハ協..
by ロンドンの椿姫 at 08:12
コンサート形式でこれほど..
by レイネ at 16:58
素晴らしいコンサートでし..
by ロンドンの椿姫 at 05:30
Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧