2013年 08月 28日 ( 1 )

Blancanieves ケレンミとスタイルのよさで魅せる無声映画

この夏一番私が期待していた映画で、ヴァカンスから帰ったら即見に行こうと思っていた。
ところが案に反して、リュミエールでは、毎晩9時からという結構遅い上映のため行きにくかった。
映画を見るのは、水曜の午後と月曜の夜7時の部専門である。もたもたしているうちに、とうとう
昨日が最終日になってしまった。平日の遅い時間だが、長男が帰省しているのを幸い、いっしょに
見に行った。
ぎりぎりセーフだったが、これを見逃していたら一生の不覚となっただろう。

c0188818_17255159.jpgブランカニーヴス
監督 Pablo Berger
制作 Ibon Cormenzana  Jerome Vidal  Pablo Berger
脚本 Pablo Berger
出演
Maribel Verdú (Encarna)
Daniel Giménez Cacho (Antonio Villalta)
Pere Ponce (Genaro Bilbao)
Angela Molina (Dona Concha)
Macarena García (Carmen)
Sofía Oria (Carmencita)
撮影 Kiko de la Rica
編集 Fernando Franco
美術 Alain Bainée
音楽 Alfonso de Vilallonga

2012年 スペイン、フランス




邦題『ブランカニーヴス』として2013年12月に日本での上映も決まったようで、ご同慶。

何はともあれ、写真の数々をご覧になっていただきたい。とにかくかっこいいの一言に尽きる。

c0188818_17441084.jpg


c0188818_17511287.jpg

               マレーナ様を日焼けさせて黒くした感じの闘牛士白雪姫


グリム童話の「白雪姫」を、1910年代のスペインに舞台を移して、白雪姫は女性マタドール、
7人ならぬ6人の小人は旅芸人という設定である。
その設定と写真にそそられたのだが、実際に見る映画にはもっともっと意外性が盛り込まれ、
ショットもカットも音楽も決まりすぎるほど決まってケレンミが心地よく、唖然、そして陶酔した。

c0188818_17535347.jpg

                  美しいスティールの継母エンカルナ。このキャラが凄すぎ。


白雪姫ことカルメンシータの一生を、彼女の出生前から始まって、不憫な子供時代を経て
闘牛士となって終わるまでじっくりと見せ語るので、話は長くなる。
闘牛士の父親とフラメンコ歌手の母との間に生まれるのだが、父は闘牛事故で手足が麻痺、
母はショックから産褥の床で亡くなる。
愛する妻の死がトラウマとなって白雪姫を愛せない父親は入院先の看護婦(いかにも邪悪そう)と
再婚し、白雪姫は祖母によって育てられ、父と子はほとんど全く親子の交流がない。

c0188818_17482349.jpg

                  初聖体拝領式にも父は現れないが、祖母とフラメンコ。


祖母が亡くなると、父の元に引き取られるが、そこはサディスティックな継母の支配する邪悪の
館であった。
髪を短く切られたカルメンシータは、下女として洗濯や台所仕事の下働きをさせられ、寝起きは
鳥小屋。二階には上がらないようにと固く言いつけられる。
二階の部屋で繰り広げられる継母のSMプレイが笑いを誘う。豪壮な館でのシーンの数々は
ブニュエルの『小間使いの日記』や『昼顔』、ベルイマンの『野いちご』や『ファニーとアレクサンデル』
そしてヒッチコックの『レベッカ』などを思い起こさせる。

c0188818_18212953.jpg

                      マジでサドの継母


『白雪姫』は、世界中の誰でも知っている物語であるから、次なる展開がどうなるかはわかっているの
だが、時代と場所と設定を読み替え、白黒画面のくっきりした小気味よくスタイリッシュなこの映画では、
全く別の物語のように思え、初めて聞く子供のようにワクワクしつつ、お、そうきたか、と意外なカウンター
パンチを食らう楽しみを味わえる。
衣装やセットやカットが細部まで凝っていて、いかにもスペイン的センスのよさで唸らされるのに、
無声映画の伝統も踏まえて笑いも取れるようになっている。しかし、それがクサくなく、ベタでなく、
ヨーロッパ映画らしい美の世界としてまとまっていて、ハリウッド的能天気さ全開で世界中(特に
アメリカ)で大受けし、アカデミー賞も取った無声映画『アーチスト』とは正反対の趣味のよさである。
現代のオペラ演出に通じるものもあり、いうなれば、ヘアハイムやチェルニャコフのように自己完結した
独自の世界を創り上げているのだ。そういえば、映画の冒頭ではオーケストラのチューニングの音
がしてカーテンが開く映像から始まったから、オペラ舞台を意識しているのだろうと思える。

c0188818_18482517.jpg

カルメンシータは旅芸人の小人一座に助けられる。

小人たちが登場してから話は明るくなっていきそうなのだが、明るくコミカルなだけでなく、白雪姫が
加わってから彼らの間に妬みやシリアスな純愛感情も混じり、映画に陰影と深みを与えている。

c0188818_1855438.jpg

                 白雪姫を見つめる小人の一人の視線が重要な伏線。


白雪姫を森で助け出した小人の青年が彼女に向けるとろけるような視線が気になった。

彼の視線とキスが、この映画の中で重要な伏線となっていて、お伽話のハッピーエンドとは異なるが、
ラストに複雑な後味を残すことになる。彼が白雪姫を救い守る王子様なのだ。

c0188818_1901758.jpg

[PR]
by didoregina | 2013-08-28 12:05 | 映画 | Comments(4)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

指揮者もイギリス人だしソ..
by レイネ at 19:12
まあ、オランダのバッハ協..
by ロンドンの椿姫 at 08:12
コンサート形式でこれほど..
by レイネ at 16:58
素晴らしいコンサートでし..
by ロンドンの椿姫 at 05:30
Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧