ゴッホ美術館のムンクとファン・ゴッホ展 Munch: Van Gogh

アムステルダムのファン・ゴッホ美術館で9月25日から来年の1月17日まで開催中の展覧会
Munch:Van Goghは、期待を大幅に上回る素晴らしいものだ。
c0188818_18545214.jpg


何が凄いかというと、両者による同じテーマおよびモチーフでしかも年代的にかなり近く
美術史的価値もほぼ同等の作品を並べて見せるという理想的展示方法を実現できたこと。
頭の中・想像の世界で美術愛好家がヴァーチャルに楽しんでいる方法だが、実際の美術展を
その方式で行うのは大変なことだ。世界中から観光客が訪れ、オランダ観光のメッカである
ファン・ゴッホ美術館でしか企画・実現は不可能であろうと思われる、質の高い作品が目白
押しで充実した内容だ。
美術愛好家の夢がここでひとつ叶えられた。

ファン・ゴッホよりムンクは10歳年下だが、早熟かつ早くから画家として認められていた
ムンクなので、ゴッホとほぼ同じ時期にパリに滞在していたり、19世紀末のフランス人画家
や印象派の影響を受けていたりして、作品に共通点は驚くほど多い。
そういう観点で集めたものばかりなのだから当然ではあるが、それでも実際に並べられ展示
されているのを見ると、思わず感嘆のため息がもれる。
c0188818_1912325.jpg

The Yellow House, Vincent van Gogh, 1888 (Van Gogh Museum)
Red Virginia Creeper, Edvard Munch, 1898 - 1900 (Munch Museum, Oslo)

ゴッホ美術館は普段でも写真撮影には厳しいが、特別展だから写真撮影厳禁なので、図版は
購入したカタログから。ショップで販売している特別展カタログは、英語版とフランス語版
二種から選べる。オランダ語版がないことから、世界各国からの観光客をいかにターゲット
としているかがうかがえる。

c0188818_1925509.jpg

Starry Night over the Rhone, Vincet van Gogh, 1888 (Musee d'Orsay, Paris)
Starry Night, Edvard Munch, 1922 - 24 (Munch Museum, Oslo)

クレラー・ミュラー美術館を始めオランダ国内はもちろん、パリのオルレー、オスロのムンク
美術館、ベルゲンの国立美術館などから厳選された作品が並び、質のみならず量的にも充実。
ムンクと言えば、誰もが思い浮かべる『叫び』や『マドンナ』『吸血鬼』『嫉妬』『接吻』
『病気の子』なども、今回の展示には欠けていないのである。

ゴッホの絵は、何度も見ていてお馴染なので、特にムンクの絵をじっくりと鑑賞した。
才気走った若きムンクの自画像。(もう少し年を取ってからの自画像は、ファン・ゴッホのと
並べられている。)
c0188818_19342641.jpg

19才の自画像 Edvard Munch, 1882 (Munch Museum, Oslo)
23才の自画像 Edvard Munch, 1886 (National Museum of Art, Archtecture and Design, Oslo)

また、パリで当時の先端を行くフランス人画家、ゴーギャン、スーラ、ピサロ、モネ、マネ、
カイユボット、ロートレックなどの作品と、彼らの作品及び画家との交流から影響を受けた
だろうと思われるゴッホとムンクの作品が、似たテーマを選んで並べられているのも圧巻だ。

ムンクの風景の切り取り方、室内の構図や窓の外の風景などに見られる、文字通り斜に構えた
感じが、私にはとても印象に残った。
正面からでなく部屋の角からの画家の視線で、対角線上の隅に立つ人物を鑑賞者も見ることに
なり、その先にあるカーテンの隙間から覗く窓の外の風景に目が吸い込まれる。都会のメラン
コリーの味わいがほのかに見え隠れし、効果的である。

c0188818_19464180.jpg

Night in Saint-Cloud, Edvard Munch, 1890 (National Museum of Art, Architecture
and Design, Oslo)

とにかく、量的・質的に、今年年頭にアムステルダム国立美術館で開催された『後期レン
ブラント展』に匹敵するほどの内容だと思う。
ようやく、新しいエントランス・ホールが、3つの美術館とコンセルトヘボウが面するミュー
ジアム広場側に完成し、今までのように歩道に長い列が並ぶようなカオスは緩和されたが、
ゴッホ美術館は普段でもアムス有数のアトラクションであるだけに列は長い。事前に時間枠の
Eチケットをオンラインでゲットすることを勧める。追加料金なしで日時指定でき、それに
通常の入場前売り券もしくはミュージアム・カードを持っていれば、待ち時間なしで直接
入れる。

c0188818_1956936.jpg


新たに増築されたエントランス・ホールは広々。特別展は別棟。ショップも充実。
by didoregina | 2015-10-21 19:58 | 美術


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧