真夏日のデルフトでランデブー

ブログ友のgalahadさんと、ヨーロッパ遠征中のとある一日デルフトでお会いした。

c0188818_180690.jpg

         新教会脇にある、『牛乳を注ぐ女』の彫刻

駅前が大工事の最中で、迂回路がわかりづらく、なかなか駅から出られなくてあせる。
町の中心にある市庁舎と新教会が向かい合って建つマルクト広場に向かう。
丁度、市の立つ日で広場は大賑わいである。

c0188818_16565494.jpg

         新教会前に建つ国際法の父グロチウスの像。頭に鴎、足元に鳩。

そこから、まずは、フェルメール・センターへ。
デルフトといえば、日本人にはフェルメールの町であろう。しかし、彼の作品はこの町
には、全く残っていない。でも、センター内にはかなり安っぽいが全作品のコピーが
並べられている。これらを観ると、世界の美術館に散らばる全作品を観て回る行脚をして
いつか制覇したいものだという意欲が湧いてくるのが不思議だ。

c0188818_1753778.jpg

         光の加減も絵(ダブリンにある手紙を書く女と召使)そっくりの
         写真が撮れるコーナーで。

ヨーロッパの主要美術館にあるものは、実物を何点かすでに見ているが、今回、特に観て
みたいと思ったのは、NYにある『眠る女』とワシントンDCにある『赤い帽子の女』だ。
どちらも、妙にモダンな印象派風の作品である。

デン・ハーグにあるマウリッツハイスは現在、修築のため閉館中で、主だった作品は
ハーグ市立美術館に移されているのだが、『真珠の耳飾の少女』は日本へ出張中。
『デルフトの眺望』は、かろうじてデン・ハーグに居残っている。

c0188818_17141327.jpg

        センターの窓からスクリーン越しにマルクト広場を望む。
        カメラ・オブスクラ風のイメージ。

センターのあとは、フェルメールの記念墓石のある旧教会へ。教会に足を一歩踏み入れると
涼しくてほっとする。ほとんど真夏日である。
この教会には、フェルメール以外にもオランダ黄金時代の国士・名士たちのきらびやかな記念墓
がある。

c0188818_17221717.jpg

        海軍提督マールテン・トロンプ(1598-1653)
        スペインとの80年戦争や英蘭戦争で活躍。大砲の上に横たわる像。

c0188818_17285191.jpg

        海軍提督およびオランダ西インド会社長官ピート・ハイン(1577-1629)
        彼もまた80年戦争で活躍。像はマットのようなものの上に横たわっている。

c0188818_17454194.jpg

        デルフト出身の微生物学者アントニー・ファン・レーウェンフック(1632-1723)
        顕微鏡による観察で微生物を発見。フェルメールの『地理学者』および
        『天体学者』のモデルの男性らしい。

外に出ると兎に角暑い。
水の上ならば、堀のような運河でもまずまず涼しいので、ランチは水上で。

c0188818_17504441.jpg

        浮き橋のような船のような水上テラスがデルフトには何軒かある。
        暑い日には、まるでオアシスだ。

c0188818_175342100.jpg

        デルフトの地ビール2種。右は白ビール。左のスタウトはコーヒーで
        味付けされており、盛時の東インド会社・西インド会社の残り香を偲ぶ。



 
by didoregina | 2012-05-27 11:01 | 旅行


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧