グルックの『タウリスのイフィゲニア』と『アウリスのイフィゲニア』を舞台裏側から

デ・ネーデルランド・オペラ(DNO)の『イフィゲニア2部作』を舞台上のコーラス席から鑑賞
した。コンセルトヘボウのコーラス席ならいざ知らず、歌劇場の舞台上に造られた客席に観客と
して座って裏側からオペラ鑑賞、という機会はめったにない。

DNOからのメルマガでそういうお知らせが来たので、即電話でチケット・ゲットした。
チケットはすぐに郵送されてきた。別便で集合場所や時間についての注意事項の手紙も来た。
(時間が間違っていたので、訂正メールもその後届いた。)
だから、実演体験を首を長くして待っていた。

13時30分開演の日曜マチネなので、13時15分に入り口付近のミィーテイング・ポイントに
集合。時間厳守。その前にコートなどはクロークに預けること。字幕が見えない位置なので、
簡単なプログラム・ブックの交換券もチケット代25ユーロに込みだ。

当日、集合場所には、老若男女が50~60人ほど集まった。老年の夫婦連れが大半なのは
普段の客席と同じだが、なぜか比較的若い男同士の二人組みが多いように思えた。

一行は、若い男性のアッシャー2人に従って、クロークのある一階の奥の方にぞろぞろと歩いて
行った。オフィス・ドアを抜けると、出演者および関係者専用のカンティーンだ。ロッテルダムの
コンサート・ホール『デ・ドゥルン』でも入ったことがあるが、カフェテリア形式の学食や社員食堂
の雰囲気で、料金はめちゃ安。

その先が楽屋で、そこから階段を上がると文字通り舞台裏に出る。暗い。足元には照明があるが、
迷わないように前の人に遅れずに付いて行く。オケ・メンバーも同じ通路を通って同じ舞台上に登る
ので、楽器を持った人たちも混じって歩いている。

c0188818_3261260.jpg

       舞台上の特設コーラス席からの眺め。正面が一般客席。
       普段のオケ・ピット上に格闘技リングほどの大きさのステージが
       造られ、オケは舞台上に登っている。

コーラス席は、注意書きから想像していたよりも座り心地がいい。半円状で傾斜が急な段5層に
席が作られていて、座面と背に造りつけのクッションがある。足元もゆったりスペースだし、前の
人も全く邪魔にならない。特設とはいえ、軋む音もしないし、しっかりした造りになっている。

こうしてステージ奥からステージおよび客席を眺めると、全体のフォルムがこの歌劇場にぴったり
と収まっていることがよくわかる。アムステルダムの歌劇場の客席は、ゆるい弧を描いた半円状に
配置されている。今回は、オケピットとステージの位置を逆転させ、舞台上にやはり半円のコーラ
ス席が設置されたので、歌劇場内部全体の造形は、ギリシャの古代劇場そっくりになった。舞台
面積のやたらと広い(自称世界で2番目に大きいという)アムステルダム歌劇場ならではの壮観さ
だ。モネ劇場では、さすがにこの効果は得られなかった。

私は、舞台下手側のコーラス席に座った。オケの位置はやはり半円状に設置されている。
今回の指揮者ミンコフスキーは、舞台および一般客席に背を向けず、下手に顔を向けて中央に
立っている。
指揮者の左側が舞台で、右側および後側にオケが陣取る形だ。歌手の後方舞台に指揮者が
立っているわけだから、一般客席に向かう歌手からは指揮姿は見えない。だから指揮者を映す
モニターが元々のオケ・ピットや客席など計10箇所くらいに設置してあった。

舞台上コーラス席の真ん中に、合唱団員が座っている。それに混じる形で、私達が座っているの
だった。注意書きに、舞台上ではおしゃべり厳禁、あまり身動きするな、とあった。でも、一般
客席からコーラス席ははたしてよく見えるんだろうか、と疑問が湧いた。こちらからは鏡映しのように
なっている一般客席は、上演中は暗いからそれほどよく見えない。逆もまた同様ではないだろうか。

c0188818_4124252.jpg

        オケと指揮者が下方目の前によく見える位置。

オケの音は当然ながらよく響いてくる。指揮者もほぼ正面でよく見える位置である。
歌手が乗った舞台は、というと、距離的に近いので、声も心配したほど聴きづらくはない。
古楽アンサンブルによる演奏なので器楽の音がそれほど大きくないから、大編成のモダン・オケが
ピットに入ったとき(R.シュトラウスなど)よりもずっと歌手の声はよく聴こえてくるほどだ。
それに、演技があるから様々な位置と向きで歌うので、後ろ姿ばかり見てる、という気にはさほど
ならなかった。

ただ、ミンコさんは、位置的にちょっと全体像がつかみにくくて、指揮しづらいのではないか、とは
思えた。左目でちらちら舞台の歌手を見ながらの指揮になるし、オケ・メンバーの3分の1は指揮者
の後側という変則的な配置なのだ。

こういう舞台演出を考えたオーディは、休憩中にカンティーンを通ったら、コーヒーとスナック菓子を
買っていた。このプロダクションの演出担当のみならず、DNOの芸術監督という高位の人なのに
自分でお金を出して普通に社員食堂でコーヒーを買っている姿は、私達の親愛の情を誘った。

2つのオペラを一挙に上演となると、40分ほどの休憩をはさんで全部で5時間近くの長丁場である。
演奏家達や舞台裏で実際に働いている人たちは大変だ。
座っているだけでいいのに、第二部が始まるときには、コーラス席の観客の数は少し減っていた。
[PR]
by didoregina | 2011-09-19 21:28 | オペラ実演 | Comments(7)
Commented by hbrmrs at 2011-09-20 21:54 x
うわー、これは面白そうなステージですねー。なかなか味わえない鑑賞位置ですね。
ミンコの指揮で、しかも二部作で、キャストもいいし、これは古楽オペラ好きにとってはたまらないでしょうね。長丁場なのは大変そうですが。

コンサート専用であるサントリーホールで時々ホールオペラをやることがあり、そういえば過去にこんな形のステージを作ったことがありましたっけ。
Commented by レイネ at 2011-09-20 23:03 x
hbrmrsさま、今回のプロダクションでは、女性歌手のキャストが豪華でした。しかも、日曜マチネ公演後、ジャンス、フォン・オッター、ドランシュのサイン会があって得した気分。指揮もオケもよかったです。
第一部では、一般客席も特設客席も最上階まで満員でした。特設舞台の足場周りが空席になってたのはモネでも同様で、安全上か防災上か何かの理由で売り出されなかったのだと思います。

オペラ自体の実演についての感想は別の記事にします。

コンヘボでのコンサート形式だったら、コーラス席に聴衆が座ることはありますが、アムス歌劇場で、お金を払った客を舞台上の特設席に座らせるという形態は初めてだと思います。
Commented by ぷーいち at 2011-09-21 15:02 x
はじめまして突然すみません。ぷーいちと申します。Minkowskiの大ファンなもので週末弾丸ツアーで東京からアムステルダムを訪れ(前日ブリュッセルでメデも聴きました)私も聴いてまいりました。実に素晴らしい公演でしたね!!まさにギリシャ悲劇のコロスの席が一般にも売り出されていると知りミンコファンとしては感想をお聞きしたいと思っていたところでした。オケとミンコウスキを間近で聴ける席はうらやましいです。私はちょうど1階バルコンの真ん中だったので舞台もピットも見やすい場所で歌手の声はかなりビンビンとどき特にやぐら上での声は目の前だったので大きな舞台効果を生んでいました。ただやはりオケが後ろにある分、オケの音がやや小さめに感じられましたが、流石ミンコ&MDLGは長丁場の演奏を最後まで圧倒的な集中力で聴かせてくれ大感銘を受けました。
Commented by ぷーいち at 2011-09-21 15:03 x
(続きです)今回のオディの舞台プランに関しては実はミンコウスキもオケもかなりやりづらいと感じていて、特に歌手の声が聞こえないのでプローべでも試行錯誤かなりもめたそうです。本番でミンコウスキが時にオケに背を向け舞台の方を向いて振ることが多かったのも歌手の声を確かめるためだったそうです。しかもこの大変な2曲を1夜で、というのも大変で終演後ミンコウスキも「自分の能力の限界だね」と笑ってました。オケはそれ以上にくたくたで友人の弦楽器奏者たちも「こんなに大変なのは初めて」とぼやいてました。モネでは1夜ずつ交互だったそうですね。オケの人たちも最近までそれを知らず今回一夜でダブルビルにされ「だまされた」と言ってましたが(笑)。それだけに演奏者にとっては信じられないほど困難を極める上演となったようですが、聴くものにとってはとても貴重な体験となりました。長々と失礼しました。裏からのご感想も楽しみにしております。
Commented by レイネ at 2011-09-21 15:52 x
ぷーいちさま、ようこそ、いらっしゃいませ。同じ日の公演をご覧になったのですね。全体像がよくつかめるいい座席だったことでしょう。
2年前にモネ劇場で同じプロダクションを(平土間から)観賞したのですが、舞台全体の効果を見ると、オーディは、これをやはりアムス歌劇場で実現させたかったのだな、と思いました。

歌手はミンコさんの指揮姿を10個あるモニターで見ることができるけど、ミンコさんは歌手とアイ・コンタクトが取れないし、歌ってる人が見えないことすら多々あるし、大変だわ、と同情しました。左手に舞台、右手にオケという具合で、自分の周り360度に目配りして指揮下に置きコントロールしなければならず、緊張を強いられたことでしょう。

モネでも、わたしが観賞したマチネは2作一挙上演でした。指揮はルセで、モネ専属オケが舞台に乗ってたと思います。
珍しいダブルビル、変則的舞台造形、主要女性歌手は皆ミンコさん好みという公演で、貴重な体験ができましたね。
Commented by camelstraycat at 2011-09-22 10:17
レイネさま

舞台裏から客席に入られたなんて、貴重な体験をなさいましたね。時々新国でもバックステージツアーをやりますが、帰りが遅くなってしまうのでいつも諦めてます。いつか参加したい。
サントリーホールのホールオペラで、やはりオケが舞台の後ろにいて、自分はさらにその背後という席に座ったことがありますが(チケット代節約のため)、指揮が良く見えたのは良かったですが、歌手がほとんど前を向いて歌っていたため、くぐもった声しか聴けず、もどかしい思いをしたことがあります。
こちらはそういう事もなくよかったですね。座椅子もすわり心地の良いものでラッキー。長丁場ではさすがに辛いですものね。
でも歌手の方たち、360度全ての方向から見られていることになり、そういう意味でも気が抜けませんね。やっぱりギリシャの古代劇場を意識しているんでしょうか?
Commented by レイネ at 2011-09-22 14:42 x
straycatさま、バックステージ・ツアーだと、衣装アトリエなども見ることができて興味深いです。(そういえば、何年かに1度、舞台衣装放出デイというのもあり、格安で売りに出されます)
今回、特設コーラス席を選んだのは、チケット代節約のためと舞台裏から観賞という興味を抑えきれないためでした。結果的に満足。
古代ギリシャの劇場を意識した舞台造形であることは、全く明らかです。歌手は、本当にどこから見られても隙がない、という感じでした。
指揮のミンコさんは、変則的な舞台上からの指揮を強いられ、かなり大変そうに見えました。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

指揮者もイギリス人だしソ..
by レイネ at 19:12
まあ、オランダのバッハ協..
by ロンドンの椿姫 at 08:12
コンサート形式でこれほど..
by レイネ at 16:58
素晴らしいコンサートでし..
by ロンドンの椿姫 at 05:30
Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧