Sleeping Beauty@Belvedere

縁というのは不思議だ。思いがけないところで、逢いたかった人と逢えたり、見たいと願っていた
ものを見ることができたり。
ブログで願をかけると叶う、ということが度々あってびっくりする。

週末にウィーンに出かけた。メインはマレーナ様が出演するオペラ鑑賞だが、それに付随する願いは
ほとんど全て叶えられた。座席はかぶりつきだったし、ホテルの部屋は楽屋と狭い道一本隔てただけ
だから、マレーナ様の発声練習が聞こえてくるし、終演後待つというほどのこともなく本人に会えた。

思わぬ遭遇のチャンスは美術展にもあった。
昨年、ロンドンとデン・ハーグで見逃した、プエルトリコのポンセ美術館から巡回していた特別展が
丁度ウィーンで開催中だったのだ。(マドリッドとシュトゥットガルトでも展示された)
特に見たいと願っていたバーン=ジョーンズの大作4点を含む「スリーピング・ビューティ」展だ。
こういう機会でもない限り、プエルトリコに行くこともまずありえないから、一生逢えるかどうか。

c0188818_617023.jpg

       「いばら」連作3枚のうち3つ目のシーン「眠れる森の美女」
        (エドワード・バーン=ジョーンズ 1860年頃 ポンセ美術館蔵)

中でも圧巻は、大作「アーサー王の最後の眠り」だ。
c0188818_6221267.jpg

         (1881-1898 ポンセ美術館蔵)

アヴァロンで、モーガン・ル・フェの膝枕で安らかに眠るアーサー王が、楽器を奏でる乙女たちや
アマゾネスのような(女性)兵士などに取り囲まれて守られている。神殿か霊廟のような建物は
小島に浮かび、水辺には菖蒲のような花がひそやかに咲いている。

展示室の大きな壁一面にこの絵がかけられ、その反対側には習作(着ている服のドレープや人物の
ディテールのデッサンの数々と、それら人物で構成されたほぼ同じ構図の習作だが、アーサー王の
眠る建物が描き込まれていないため簡略なのがかえっていい味で、木々や霧に囲まれて憂いと神秘
の度合いが強い佳品)が掛けられ、残りの壁二面にはアイリスの花が生けられている。
薄暗いこの部屋には、霊気が漂うかのようで、絵から放たれる呪縛力もすさまじく、長時間座って
見ていたくなる魔力のある作品だ。

アンドロギュノスのような体型のバーン=ジョーンズ描く女性は、たいがいモデルには少年を使って
いるので、ウエストのくびれがほとんどなくて胸も小さい。「アマゾネス」と題された楯を持った兵士
の絵の習作では、題名とは裏腹に少年を描いているのが一目瞭然だった。

そのほかにもラファエル前派の絵が何枚かあったが、この「眠れるアーサー王」を観てしまうと、
どうも印象が薄れてしまう。それくらいこの絵のインパクトが強かった。
[PR]
by didoregina | 2010-09-21 00:01 | 美術 | Comments(4)
Commented by プエルトリコとは at 2010-09-21 16:43 x
眠り姫、きれいですねえ。 絵本の挿絵風と言ったら申し訳ないですが、乙女心に訴えるせつなーい絵です。 でも、遠いところに眠っている絵なのですね。 まず行く機会がなさそうです~。
Commented by galahad at 2010-09-21 21:48 x
おかえりなさい!「セメレ」、マレーナ様の覚えめでたきお着物姿、そしてこの展覧会とレイネさんの旅にははずしがないですね、すごい!
この「アヴァロンのアーサー王の眠り」とサー・ガラハッドのタペストリは私もぜひ見たいと願っていますが、たぶん機会がないなあと思っています。 ほんとうにうらやましい。 「眠り姫」連作はどこかで見た記憶があるんですが、「アーサーの眠り」は大きすぎておいそれとは回ってこないですよね。
郡山市立美術館には両翼に戦闘場面がついているこの作品のモデッロがあり、それはそれで貴重だと思いますけど完成品の吸引力はやはり本物を見ないと。
Commented by レイネ at 2010-09-22 03:56 x
プエルトリコとはさま、ラファエル前派の絵、特にバーン=ジョーンズのは、テーマもテーマなら憂いを帯びた美しい人物なので、絵本の挿絵風というか少女漫画風ですよね。でも、実物は、どれも思いがけないほど大きい絵が多いので、インパクトは強いです。

イギリス各地でほかの絵はいろいろ見られるんですが、ポンセのは去年40数年ぶりにイギリスに帰ってきて初公開だったという貴重品なので、もしも日本にも巡回するようでしたら、絶対にお見逃しなく。
Commented by レイネ at 2010-09-22 04:02 x
garahadさま、「眠り姫」連作にはいろいろなヴァージョンがあるので、結構各地で見る機会があるはずですが、この「アーサー王」は、本当にでかくて一室の壁一面必要な大作。素晴らしい作品でした。
同じ部屋の反対側に展示されていた習作の構図の方が、アヴァロンに眠るアーサー王が私のイメージに近くて、好きかも、と思いました。でも完成品のパワーにはやはり勝てませんね。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

指揮者もイギリス人だしソ..
by レイネ at 19:12
まあ、オランダのバッハ協..
by ロンドンの椿姫 at 08:12
コンサート形式でこれほど..
by レイネ at 16:58
素晴らしいコンサートでし..
by ロンドンの椿姫 at 05:30
Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧