「タメルラーノ」は、ファンタスティック・オペラ

ドミンゴ先生がバヤゼット役の「タメルラーノ」@テアトル・レアル・マドリッドのTV放映を鑑賞した。
さほど期待していなかった、というより、はっきり言って、ドミンゴ先生が朗々と艶のある、もしくは
悲劇性を強調するあまりしゃがれたような声でバロック・オペラを歌うのは、どうも似合わないような
気がして、積極的に観たいと思っていなかったのだ。
しかし、これは、とんでもない偏見であることがわかった。

Tamerlano by Handel@Teatro Real Madrid
Dirección musical:Paul McCreesh
Dirección de escena:Graham Vick
Escenografía y figurines:Richard Hudson
Coreografía:Ron Howell

Tamerlano:Monica Bacelli
Bajazet:Plácido Domingo
Asteria:Ingela Bohlin
Andronico:Sara Mingardo
Irene:Jennifer Holloway
Leone:Luigi De Donato



第一幕では、こちらもまだ色眼鏡で観ていたせいか、耳になじみが悪かったが、二幕目からは
ドミンゴのバヤゼットも、いいではないか、と思えるようになり、特に先生が登場する場面はさほど
多くないためか、彼の存在など気にならないようになって、ひたすらファンタスティックなオペラ世界に
はまり込んでしまった。やはり、彼の歌い方も声もテクニックも、ヘンデルのバロック・オペラには
不釣合いであった。先生、許して。


このオペラをファンタスティックと呼びたいのは、まず、その簡潔なステージ造形の美しさによる。
円と丸をモチーフとした舞台背景は白と黒とグレーで統一。この円と丸が衣装のターバンの
造形にも使用されていて、モノトーンなのにロマンチックな表情を作り出す。

半円形に作られたステージの天井から大きな玉が下がり、その上に大きな足。
敵方タタールのタメルラーノの圧制に喘ぐオスマンのバヤゼットとその娘アステリアは白服姿で、
重いくびきの下に置かれていることが一目でわかるような登場の仕方だ。

ストーリーはたわいないもので、捕らわれのオスマン王バヤゼット、敵方の王タメルラーノが惚れて
いじめるオスマン王女アステリア、タメルラーノに邪険にされて傷つく許婚イレーネ、アステリアが
好きだが気の弱いアンドロニコなどが、皆各々の思惑と邪心でくっついたり離れたりするが、
バヤゼットの死によって、敵対関係も愛憎関係も清算される、という話だが、オペラ展開は悠長だ。

登場人物のキャラクターは、清廉な善人Vs馬鹿で権力を振り回す悪人という単純な二極に分かれる。

しかし、衣装や振付も含めた統一感が素晴らしく、圧倒的な様式美で、とにかく視覚的に楽しめる
オペラだった。過剰も無駄もなく、美的均整がとれて素晴らしい舞台は、夢幻の世界のようだった。

以下、写真で追ってみよう。

c0188818_22184659.jpg

          存在自体がジョークのようなタメルラーノと
          そんな変態王に惚れられて困ってるアステリア

虐げられた境遇のバヤゼットが歌うアリアは、常に重苦しく悲劇の調子を帯びる。
背後に控える宦官みたいな兵士達の踊りも、だから静的でミニマルな振付で効果的だ。

それに対して、タメルラーノは、粋で洒落た格好で、権威を傘に振りかざして好き勝手の馬鹿王。
そのキャラクターを表現する歌も軽薄そのものである。
c0188818_22253732.jpg

           この衣装、特にターバンが最高。被ってみたい!        
           でも、このタメルラーノ、どうしても男性には見えない。
    
主役のバチェットは、顔が女優のエマ・トンプソンそっくりのオバサン顔で、体格も貧弱なので
全然、エキゾチックな王には見えない。どんな表情の演技をしても、ヒステリックな中年女の地が
出てくるだけ。
ここは、やはり、マレーナ様にこの役デビューをしてもらいたいものである。

c0188818_22295647.jpg

          この衣装と鬘を着けたマレーナ様を想像してもらいたい。
          失神するファン続出、必至である。

善人アンドロニコも、衣装はカッコイイ伊達姿だ。
c0188818_22364214.jpg

           サラ・ミンガルドの男役は、まだしも見られる。でも、衣装負けしてる。
           なんだか声に艶がなくてがさがさしているように聞こえた。
           声が小さいから、無理に音を補強するような録音にしたためだろうか。

c0188818_22403010.jpg

           ステージ背景がモノトーンでシンプルなので、
           原色でポップな大道具が映える。しかし過剰ではない。

c0188818_22424553.jpg

           タメルラーノの許婚イレーネは、カラフルなサリー姿。
           女性は皆、頭にストールを真知子巻きして登場する。
           そのパシュミナ風のストールが、とってもいい。

c0188818_22491331.jpg

           イレーネ役のジェニファー・ホロウェイは、割と好きな声。
           顔と体型は料理研究家のナイジェラ・ローソン似。

c0188818_2252242.jpg

            こちらは、本物のナイジェラ・ローソン。

c0188818_22541217.jpg

            派手なピンクのタメルラーノと清楚な白いインド風衣装のアステリア。
            インゲラ・ボーリンは、姿が可憐で歌も演技も上手くて、役にぴったり。
            彼女とマレーナ様だったら、お似合いカップルなのに。。。。

結局、ドミンゴ先生以外の登場人物は、ほとんど全て女性が歌っているので、ドミンゴ先生の男ぶりが
いやでも映える、という仕掛けになっている。上手く考えたものだ。
ズボン役の二人が冴えないのだけが問題だった。これは、マレーナ様がタメルラーノ、アンドロニコ役に
デュモーで、あとの歌手はそのまま残して、このプロダクションで上演したら最高だと思う。
(今季、LAでB.メータがタメルラーノを演る。マレーナ様のブログにつぶやきによると、先日彼女は
LAでオーディションを受けたらしい。もしかして、タメルラーノ役ではないのか、と予想したのだが)
by didoregina | 2010-08-18 16:33 | オペラ映像


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧