人気ブログランキング |

ユトレヒト古楽祭のプログラム

ユトレヒトで毎年8月末から9月始めにかけて開催される古楽祭のプログラム・ブロシャーが届いた。
オンラインでもチェックしたのだが、見にくいため見落とすものもある。やはり、印刷物のほうがじっくり読んで検討できる。
今年のテーマは、ずはり「ルイ14世」で、おフランスのバロックが中心。
アーティスト・イン・レジデンスとして、スキップ・センペ、フィリップ・ピエルロ、ユージェニー・ワルニエが招かれそれぞれ3,4回コンサートを行う。
そのほかの出演者の名前をみても、フランス色が濃く、特にメジャーな大物が多いのが特徴である。
そこには、昨年総裁に就任したクザヴィエ・ファンダムの好みとネットワークが反映されているのだと思う。

朝から晩まで10日間にわたって内容の濃いパフォーマンスが繰り広げられるのだから、毎日がハイライトみたいなものである。各人、好みに従って選んだらよろしい。
わたし好みの一例を挙げると、

8月27日 Capriccio Stravagante - Les 24 Violons (センペ指揮、
       ユディット・ファン・ワンローイ他)
       古楽祭のオープニング・コンサートで、太陽王のためリュリが創設
       した24人の楽団の再現。

8月28日 バーゼルのスコラ・カントルムの教授シャロン・ウェラー女史による、
       バロック・ジェスチャー・シンポジウムの導入講演。
     
       Le gout italien ファビオ・ボニゾーニ指揮ラ・リゾナンツァとロベ
       ルタ・インヴェルニッツィによるカンプラ。

8月29日 ジェド・ウェンツによるバロック・ジェスチャーのデモンストレーションと
       講演。バロック・フルート、フラウト・トラヴェルソのウェンツは、近々
       バロック・ジェスチャー研究で博士号取得見込み。

       ボブ・ファン・アスペレンによるオルガンとチェンバロ、クープランと
       その先達。

       フィリップ・ピエルロ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)のリサイタル、サント・コロ
       ンブ他。

       センペ指揮カプリチオ・ストラヴァガンテが、「フランス風パスティチオ」
       と題してマレ、ルクレール他。
 
8月30日 ピエルロ指揮リチェルカール・コンソートのクープラン。
 
       ニケ指揮ル・コンソ-ル・スピリチュアルによるカンプラ「ヴェニスの
       カーニヴァル」。

8月31日 ラルス・ウルリク・モルテンセンのチャンバロ、クープランとデュフリ。
       
       ピエルロ指揮リチェルカール・コンソートのクープラン「アポテオーゼ」。

       ポール・アグニュー指揮レ・ザール・フロリッサンによるシャルパンティ
       エ他。
       アグニューもついに指揮に手を染めた。しかも、クリスティーのお抱え
       アンサンブルときた。

       ヴィットリオ・ギエルミ指揮イル・スオナル・パルランテによるオブリー
       「ルソン・ド・テネブル」。

9月2日  ルセ指揮レ・タラン・リリックによるクープラン「レ・ナション」。

       ピエール・アンタイのチェンバロでクープランとバッハ。

9月3日  ドロテー・ウォルテルブア女史のバロック・ダンスのワークショップ。

       スキップ・センペのチャンバロでフランスのチェンバロ史を俯瞰する。

       ウェンツの指揮とトラヴェルソでムジカ・アド・レーヌムによるクープラ
       ン、カンプラ他。

       フレッド・ヤーコブスのテオルブ演奏、リュリとクープラン。

9月5日  サヴァールとブランチ!今年も出た、恒例の大御所とのブランチ企画。
 
       ムジカ・アンフィオンのムゼット。

       サヴァール指揮ル・コンセール・デ・ナションによるフランス管弦組曲。


とまあ、ざっと目に付いたものだけ揚げてもこうなんだから、世界最大・最古・最強・最長と自称するだけのことはある内容の古楽祭である。
ああ、疲れた。

今年特に気になるのは、シンポジウムのテーマが「フランスのバロック・ジェスチャー」となっていることだ。
8月28,29,30日と3日間みっちりと、世界各国のバロック・ジェスチャー・エキスパートを招いて、バロック期の劇、オペラ、ダンスの全ての分野にまたがるジェスチャー研究のシンポジウムを行うのだ。
わたしのような素人でも思わず参加したくなる。一般向けの導入講演や基調講演、ワークショップだけにしようか。何だか知らないが、啓蒙されそうだ。どうしようかと、思案中である。    


       
by didoregina | 2010-06-02 23:27 | バロック


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧