E la nave va   そして船は行く

夏になると、野外では、コンサートのほか映画上映会も行われる。
Cinema Lunaという、市民公園や広場などでの野外映画上映企画は、もう数年続いているので、すっかり夏の風物詩になった。
本日は、フェリーニの83年作映画「そして船は行く」が、夜10時からボネファンテン美術館の外で上映された。

c0188818_7493137.jpg

この映画は、どういうわけか見ていないし、明日からヨットでイギリスに渡ろうというわたし達にはうってつけのタイトルだから、見逃すわけにはいかない。

野外の催しものは、天候に左右されるが、今日は久しぶりに夕立が一粒も降らなかった。
アルド・ロッシ設計のドーム型の塔の外壁にスクリーンが設置され、塔の中はカフェだから、外に椅子が100席は並べられている。飲み物の注文もできるし、トイレもあるから公園なんかよりずっと便利だ。
しかし、夜10時ではまだ明るい。だから、実際に始まったのは10時半くらいからだった。


この映画の冒頭場面は、モノクロで無声映画風に作ってある。ご丁寧にフイルムをまわす音だけをかぶせたり、わざわざ途中で止まったりさせているので、「ええ~、あの頃の映画って白黒で音もないの?あ、止まっちゃった」などと言いながら、音声が聞こえないのをいいことにおしゃべりしている人が多い。
それが、すこしづつ色が付いていき、動きもギクシャクしなくなり、音も入るようになって、みんな安心したようだ。
c0188818_8255235.jpg

そこまでがプロローグで、音のない序曲みたいなものだった。
その後は、出演者達のコーラスになり、まるでオペラである。主な出演者は、オペラ歌手や指揮者という設定だからだ。
亡くなった偉大なオペラ歌手(マリア・カラスがモデル)追悼のために、彼らは豪華客船に集まったのだ。

フェリーニの分身のようなジャーナリスト、オルランドが、狂言回しのナレーターであるのは、彼の映画によく見かけるパターンであるが、「8 1/2」のマルチェロ・マストロヤンニのようなかっこいい中年ではなく、83年当時のフェリーニの実年齢に相当するおじいさんだ。
取材手帖を手にした彼が、登場人物を紹介していく、という手法でストーリーが進む。

全ての場面がオペラのように芝居がかって、作り物っぽいのが、またフェリーニらしい。航海する船も海も全部、チネチッタでのスタジオ・セット撮影だからだ。
コロッシオに水を張り、海戦スペクタクルを行ったという、古代ローマの伝統を踏襲しているとも言える。

また、音楽が単なるバックグラウンドではなく、重要な小物としてきちんと使われているので、数小節だけ流れて消える時のような欲求不満が残らないのが、うれしかった。

水を張ったコップでシューベルトの「楽興の時」第3番を最初から最後まで見事に演奏するのを聞かせてくれたり。



機関室を見学に来たオペラ歌手達が、労働者の要望に応えて、次々と自慢の喉を披露したり。



途中で、セルヴィアからの難民を乗船させてから、第1次世界大戦前夜の政治取引が絡むのがちょっと退屈だった。(オーストリアの大公も乗船していたので。)

タイタニック沈没ほどの緊張も見せ場もないが、最後に船は沈む。しかし、大半の人は助かるというのも、フェリーニらしい。悲劇は彼には似合わない、というより、映画と悲劇は彼の中では相容れないものなのだろう。

c0188818_8444196.jpg

沈没した船から、犀とといっしょに逃れたオルランドの台詞、「犀のミルクは美味しいから助かった」で幕。

とにかく、フェリーニ映画の正に集大成で、賛否両論が多い作品だが、彼らしさとシネマトグラフィーの手法全てが凝縮しているようで、映画という芸術手段へのオマージュだと捉えると、まあまあいい作品だと思った。
フェリーニからの、わたし達の航海へのはなむけだと思うことにしよう。
[PR]
by didoregina | 2009-07-17 01:54 | 映画 | Comments(6)
Commented by bonnjour at 2009-07-17 09:34
まあ、懐かしい。日本公開時に見に行きました。先日亡くなった舞踏家のピナ・バウシュが盲目の王女役で出ていて周囲を圧倒してましたね。青色のビニール?のキッチュな海がフェリーニっぽくって印象に残ってます。

明日からのイギリス行きセーリング、楽しんでらしてくださいね。
Commented by アルチーナ at 2009-07-17 09:49 x
物凄く、見てみたくなりました。
グラスハープのような演奏も素敵ですし、オペラ歌手の喉自慢もニヤニヤしながら見てしまいました。
どちらも役者さんが素敵ですし・・
そして、こういう映画を野外で見るのもなんとなく幻想的で素敵ですね。
明日からのセイリング、楽しんできてください。いってらっしゃいませ。
Commented by レイネ at 2009-07-17 17:09 x
bonnjourさま、そうか、あの人がピナ・パウシュだったんだ。全然知らない俳優ばっかりだなあ、と思いながら見てました。
海は、「アマルコルド」みたいにいかにもビニールっぽい感じではなくて、銀色できらきらしてました。夕日と月が東と西に同時に見えたりするのにも思わず笑みがもれたし。最後に、チネチッタでの撮影現場みたいなのを映すサービスもよかった。

音楽では、オペラ曲以外にも、ドビュッシーのピアノ曲「雪の上の足跡」と「月の光」が、効果的に使われていてうれしかった。特に、後者はこの映画の主題歌のような重要な扱いで、「オーシャンズ・イレブン」のようにオーケストラ・ヴァージョンで華やかなのではなく、淡々としたピアノ演奏なんだけど、ストーリー展開とちゃんと符合していて、場面転換で曲が途切れた時点からずっと後になってラストシーンに曲の残りが繋がるのが、上手い!と唸ってしまいました。
Commented by レイネ at 2009-07-17 17:22 x
アルチーナさま、フェリーニの映画を見るのは、本当に久しぶりでしたが、彼の映画世界全てが投入された感じで、楽しめました。

こういうタイプのは、大体アート系劇場でのオタクを対象にした公開になりますが、野外でタダだといろんな人が集まるので、聞こえてくる回りの人たちの感想が、素朴でよかった。これは、主催者側が意図したところで、エンタメ系ではなくわざわざアート系を選んだ甲斐があったといえましょう。
最後の「映画万歳」というメッセージが、多くの人に伝わったようでした。
Commented by Mev at 2009-07-17 23:53 x
うわー、見たことないのでぜひみたいです、この映画!!8と2分の1なんて、四半世紀ぶりに聞いたタイトルであります。なつかしゅうございます。 いまでも、フェリーニみたいな人が現れても、「フェリーニの真似」になっちゃうでしょうから、フェリーニはやはりすごい人だったと思います。

英国方面へのセイリング、どうかお気をつけて楽しんでいらしてくださいね。
Commented by レイネ at 2009-08-01 08:22 x
Mevさま、ただいまイギリス征服セイリングから、無事帰還しました。
映画のような豪華客船の旅ではないので、文字通り怒涛の中を、長時間セイリングの2週間で、かなりヘビーでした。

昔は名作と言われた映画でも、今観ると、「何でこれが?」と思うような、年月が経って中身が腐るってことが往々にして起こりますが、フェリーニの作品には不朽と言えるものがやはり多いですね。それに、やっぱり、誰にも彼の真似だけはできない何かがありますね。
わたしにとってのイタリアの何パーセントかは、彼の映画世界から成りたってます。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

指揮者もイギリス人だしソ..
by レイネ at 19:12
まあ、オランダのバッハ協..
by ロンドンの椿姫 at 08:12
コンサート形式でこれほど..
by レイネ at 16:58
素晴らしいコンサートでし..
by ロンドンの椿姫 at 05:30
Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧