タグ:ヨット ( 75 ) タグの人気記事

船上での食事    トルコでヨット三昧 その2

腹が減っては戦ができないので、腹ごしらえは重要だ。そして、戦場ならぬ船上生活をしていると、信じられないほどおなかがすくので、普段の何倍もの量を食べる。きっと波に揺られるフネの振動が胃の顫動を刺激するに違いない。

まずは、朝食。普段はパンにハム、チーズ、甘い塗り物と紅茶である。
それが、ヨットに乗ると決まってフル・イングリッシュ・ブレックファストが食べたくなる。体が要求するのだ。
しかし、トルコはイスラムの教えを守る人が多い国なので、豚肉の入手は困難だ。ベーコンなんてレストランやホテルの仕入れなど特別ルートでないと手に入らないようだ。そこで、鶏肉および牛肉ソーセージを代用にする。
c0188818_1805573.jpg


クルーザーなのでミニ・キッチンが付いているから、朝と昼は自分達で用意する。
昼食を抜くとこれまた戦意が高揚しないので、しっかり準備する。航行中は戦場なみであるので、朝のうちにツナサンドを作っておいて、操縦しながらほうばるのだ。この準備は、重要である。帆走中は、揺れる船内に長くいると気分が悪くなるから、作っておいたものを外のコックピットでさっと食べないと体が持たない。

c0188818_18221152.jpg

             朝食は、船内サロンでしっかりとる。

ただし、丁度おなかがすいた頃にきれいな入り江に到着して投錨、休憩ができる場合は、しっかり昼食も作る。その場合、冷蔵庫にハンバーグなどがあればいいのだが、冷蔵庫はエンジンがかかっているときと桟橋に電気供給がある場合しか用をなさない。エンジンを使った機走は入り江での投錨と接岸・離岸の時だけ行い、後はなるべく風を動力とする帆走をするのがヨットの醍醐味なので、冷蔵庫はあまり使い物にならない。2週間のうち桟橋に電気設備があったのは、出発港のグチェックと二回寄港したフェティエのみであった。電気の代わりに氷で冷やすという手もあるが、それ以外には町とか村にも寄らなかったのでお店というものがなく、氷の入手も不可能だった。

c0188818_1833106.jpg
           
             キッチンでハンバーグを焼く。

c0188818_18341363.jpg

             食べるのは外にあるコックピットのテーブル

また、航行中は禁酒が原則であるから、錨を下ろすまでは飲まない、というのが船乗りのマナーである。だから、その晩泊まる場所に到着すると、まずはビールかワインを一杯やりたくなるのが人情だ。そして、地中海地方の国では夕食時間が遅い。夜8時9時頃まで待てないので、ヨットをもやうとすぐにサラダを作る。これもなぜか恒例になっていて、やはり体がヴィタミンを要求するのだと思う。これで基礎体力温存のための腹ごしらえは万全である。

c0188818_1841571.jpg


しかし、人はパンのみにて生きるにあらず。おやつも食べたい。
なぜか塩辛いものと甘いものが交互に欲しくなるのも、船上食生活7不思議の一つである。
そのためにポテトチップスなどの塩味スナック菓子、チョコレートやクッキーなどを大量に買っておく必要がある。

また、船でアイスクリームなどを売りに来る場合もまれにある。
今回は、水上パンケーキ屋さんがやってきた。旦那さんが操縦して奥さんが船上で焼く。1枚5トルコリラと馬鹿げた高値であるが、その手さばきをみていると欲しくなってくる。団子状にした生地を杵棒でごくごく薄くのばすのが独特で、歯ごたえのあるクレープという感じになる。チョコとバナナ、チーズと香草というのを試してみたが、ロケーションが抜群のため味にもなんともいわれぬ雅趣がある気がした。

c0188818_18512073.jpg


c0188818_18541212.jpg

[PR]
by didoregina | 2009-05-14 11:50 | セイリング | Comments(4)

トルコでヨット三昧 その1

オランダ人には海洋民族の血が脈々と流れ続けているんだな、と実感できるのは、5月休みにギリシャ(去年)なり、トルコ(今年)なり、国内ならアイセル湖やゼーランド地方(おととし)をヨットでセイリングする時である。
4月最後と5月最初の週は、「5月休み」と称して2週間の休みになる学校が多いので、それにあわせてシーズンの始まったばかりのエーゲ海セイリングをすると、他の国ではまだヴァカンスの季節ではないので、行き交うヨットにはたいがいオランダの旗が翻っているのだ。

c0188818_18212632.jpg

個人でヨットを所有することが割と普通にできて、特別なことでもステータス・シンボルでもない国であるおかげで、わたしたちも6年前から長さ6メートルほどのオープンヨットを持っている。国内の水上用である。
とにかく水の上にいると心が落ち着き、波に揺られて潮風に吹かれるのが快感、水上では花粉症に悩ませられることもないし、とわたしと子供達にとって大層ありがたいことばかりで、家族揃ってできる数少ないスポーツでありホビーである。

5月休みや夏休みや秋休みには、太陽の下、地中海でセイリングしたくなるので、オープンヨットでは無理だ。それで、家族4人居住できるクルーザータイプのヨットを借りる。今回はBavaria 32という長さ約10メートルのマルス号。ドイツ製の普及型で帆走しやすいが、フランス製のに比べると居住性の面でやや劣る。

c0188818_18261588.jpg


今回のセイリング・エリアは、トルコ南西部、いにしえのリキア王国にあるフェキエ湾だ。
到着空港はダラマンで、チャーター・ヨットが係留されているマリーナは、グチェックという静かな町にある。
グチェックは、目抜き通りとそれに平行してレストランの立ち並ぶ海に面したブールヴァードと、かなり収容能力はあるが湾全部を利用した設計のおかげでゆったりしたマリーナだけの、観光的ではないこじんまりした町で、たたなづく山なみの姿が伊勢湾のように日本的で郷愁を誘う。

c0188818_18385094.jpg


オランダ人とイギリス人の間で特に人気のヨット・チャーターの形式に、蘭語でflottielje, 英語で flotillaというのがある。
個人でチャーターしたヨット同士が船団を組み、プロのリーダー船を中心に1週間なり2週間毎日港から港にセイリングする。到着の夕方と出発前の朝、顔を合わす以外は、各船自由にセイリングするのだが、リーダーからは、毎朝、その日の天候(風、波、気温・水温、荒天)、おすすめルート、ランチやシュノーケリングに適した投錨地、浅瀬に注意、などのブリーフィングを受け、エンジンや帆などにトラブルがあった場合は、リーダーが助けてくれるというシステムで、初めて航行する海域ではこれが安心の元なのだ。

c0188818_1854062.jpg


今回は、経済危機の影響か、1週目は3隻、2週目は4隻のみのフロッティラで、2週間セイリングするヨットは我が家だけだった。2週間とも8隻から10隻で組んだ去年のギリシャのフロッティラとは、たった1年なのに隔世の感がある。(ちなみに去年の5月休み初日のスキポール空港は、盆と正月がいっしょになった成田空港もかくやと思われる空前絶後の混雑で、空港建物内では満員電車のごとく文字通り身動きならず、建物の中に入れない人、チェックインできない人、チェックインしてもゲイトまでたどり着けない人が続出で、阿鼻叫喚の地獄図のようであった。もちろん飛行機の発着にも支障をきたした。)

c0188818_1911568.jpg


去年のギリシャ・レフカス島地方同様、今年のエリアにも港町はほとんどなく、毎日、このように静かな入り江の奥にたった一軒あるレストランの桟橋に係留するという、世塵から離れたまことに心休まる2週間であった。
リーダー合わせて12人だけの船団だし、入り江には1軒のレストラン以外全くないので、結局毎晩全員いっしょに食事をした。前菜とメインで一人30トルコリラというのがどこでもお決まりだった。約15ユーロである。トルコの一般的物価に比べたら高いが、係留料金とサポート料金込みだと思えば納得できる。何しろほかに選択の余地はない。

トルコ料理の調理方法は、炭火で焼くか煮込むかで、素材のうまみを生かしたシンプルなもので、口にあう。野菜が抜群に美味しく、ギリシャ料理のようにくどくない味付けなのがうれしい。

c0188818_19223889.jpg


4月の終わりなので、夜は冷える。キャンプファイヤーの火がありがたい。
c0188818_19242611.jpg

[PR]
by didoregina | 2009-05-13 12:27 | セイリング | Comments(8)

テイト・モダンとセント・キャット

泊まったホテルはストイックで (別の言葉で言うと、ボロくて最低限の設備しかない)、朝食時間は7時から9時までとスパルタ式である。
これには、朝早くから1日目いっぱい観光ができるというメリットもある。

本日も、お金を使わないですむ場所、美術館で過ごすことにする。
テイト・モダンに開館前から並んで(早く着きすぎたのだ)、10時に入館。
c0188818_22394363.jpg

         ミレニアム・ブリッジを歩いてテムズを渡り、テイト・モダンへ。

イギリスのものだけでなく、一応西洋の現代美術を一通り俯瞰できるようなコレクションになっている。別の言い方をすると、満遍なく集めてあるけれど、これといった特徴がない。
その中で、光るものはやはり輝いているので、1,2点でもお気に入りが見つかれば、それでいいのだ。

昨日の大英博物館は写真撮影OKだったので、ここもそうかと思って知らずに撮ってしまったのは、イギリス人アーチスト、コーネリア・パーカー(1956年生まれ)の作品。
c0188818_22485798.jpg

これは、文字通り光っていた。持ち主が亡くなって引き取り手もなく手放された銀メッキのカトラリーやキャンドル・スタンドなどをジャンク・ショップで大量に買い込み、それをローラー車でひき潰しぺしゃんこにしたものを、テーブル・セッティングしてあるかのように丸く並べて上から吊るしたインスタレーションで、壮観である。
35卓ほどの、光り輝いてはいるが、使い途のない、誰も欲しがらないものが、部屋いっぱいに吊り下がっているのは、諸行無常を感じさせる。

その他のインスタレーションでは、ヨーゼフ・ボイスによる、そりにフェルトと獣脂を乗せたものが30くらいならんでいるのが気に入った。戦時中、飛行機事故で九死に一生を得た彼の体験を具体的に表現したものである。タタール人たちに助けられ、獣脂とフェルトで全身を包まれたおかげで生き延びたのだという。
この写真を撮ろうとしたら、係員から注意された。

アーチスト別の部屋では、アンディ・ウォホールの部屋が気に入った。壁一面に牛のポップ・アートがプリントしてあるのがまず、いい。そして、冷戦中の作品で、ソヴィエトの核基地を地図にしたちょっとプロパガンダっぽいものが彼のイメージから離れていて、その意外性がいい。

ジェフ・クーンズの部屋は、どうも彼らしい毒のあるものが少なくて、拍子抜けであった。この美術館の趣味で、キュートなものだけ集めたようだ。

一番よかったのは、マルレーネ・デュマスの部屋である。彼女は、女性であるからというだけでなく、とっても好きな現代アーチストなのだ。ひとつ、手に入れてみたいが、作品の値段が最近高騰しているのが気にかかる。
アパルトヘイト時代の南アフリカで生まれ育った白人女性で、80年代からオランダ在住である。
黒人、白人、女性、をモチーフにした絵が多いが、墨絵のような淡いモノトーンの色合いにピンクを混ぜてあるので、どうしてもエロティックな印象になる。具体的に性器を描いたりしたエロティックな題材の絵が多いのでもあるが。フェミニスティックな画家でもある。
c0188818_23265454.jpg


そのあと、タワー・ブリッジのすぐ近くにある、セント・キャサリン・ドックに出かけ、ロースト・ビーフ・サンドイッチのランチをとった。
ここは、ロンドン塔のすぐ近くなのに、観光客はあまり来ない。なんでここに来たのかというと、2年前のリベンジのためである。
c0188818_23324055.jpg


丁度2年前の4月に、ヨットでベルギーのゼーブリュッフから海峡を渡り、ロンドンに行こうとしたことがある。ぽかぽかと暖かくて絶好の日和だったのは、陸の上だけであった。ゼーブリュッフからラムズゲイトに渡るには12時間かかる。しかも、4月は満干の差が激しいためハーバーを出る時間やテームズをヨットで遡れる時間は限られているから、朝4時に出発したが、海上は波が高くヨットは揺れに揺れる。スキッパー以外は皆船酔いで、暑さ寒さも分からない、判断能力がなくなってしまったので危険だと判断し、引き返してきたのだった。ヨットでロンドンに行き、町のど真ん中のヨット・ハーバーで都会生活という夢はあえなく消えた。
c0188818_23412840.jpg


大都会のど真ん中に、こんな水辺の憩える場所があるなんて、とってもいい。いつか、ヨットで来たいものだ。

本日は、Oysterという地下鉄プリペイド・カードを買ったおかげで、とても安く上がった。キングズ・クロスからコヴェント・ガーデンまで駅3つの距離なのに一回4ポンドは高い!とこぼしたら、このカードなら1回1.5ポンドで済むはずだと、椿姫さまに教わったのだ。10ポンド分のクレジットを入れて(カードのデポジット代3ポンドも別途必要だが、有効期限は無期)残り2日間使いまくった。残った分は又来た時に使える。いいことを教わり、得した。
[PR]
by didoregina | 2009-04-06 16:53 | 旅行 | Comments(2)

ダーウィン・イヤー

今年は、ヘンデル・イヤーであり、ハイドン・イヤーであり、パーセル・イヤーでもあるが、一番わくわくするのは、ダーウィン・イヤーの催しだ。
(クラシック音楽界は、作曲家イヤーを祭り上げるのが好きみたいだ。それが生年にちなんだ年だけでなく、没後何年というのも祝われる。音楽手帳など見ると、びっしりと、何とかイヤーが書かれている。)

2009年は、ダーウィン生誕200年になる。これはやはりおめでたいから祝わなければ。というわけで、各地の自然博物館や動物園、大学付属研究所などがこぞって色んな催しを企画している。
その中で、白眉になりそうなのは、オランダのテレビ局VPROが35回のシリーズで放映する「ダーウィンの足跡を追って」と題するドキュメンタリー番組。ビーグル号の航海路を再現・航海して、ダーウィンの時代と比較して地球の自然がどのように変化したかなどを調査しつつ報告するらしい。いかにも、海洋国家オランダにふさわしい取り組みだ。
c0188818_175958100.jpg

ビーグル号の航海ほど、ロマンを求める心を刺激するものはない。ああ、行ってみたいな、ガラパゴスにパタゴニア!


ヨットを始めて6年目になるだろうか。オランダに住んでいると、セイリングはごく普通にできる。海や天然の湖以外に、河川や運河、人工湖がいたるところにあり、ヨットにもピンからキリまであるから、お金持ちだけのホビーではない。

河川敷の川砂を掘った跡にできた人工湖が近くにいくつもあり、内陸地方なのに、海岸や湖水地方に負けないくらいヨットが楽しめるのは幸いだ。人工湖の長所は、障害物がないことと、水深が比較的あり深さが岸辺まで一定しているので、セイリング可能面積が自然の湖に比べてずっと広いことだ。だから、ゼーランドやアイセル湖、ワッド海などに行くと、広さの割りに航海範囲が限られているのに驚く。

5月休み、夏休み、秋休みは、地中海や北海でセイリングをするのがここ数年のヴァカンスのパターンになっている。今年は、トルコと、クロアチアかデンマークとドイツの間のバルト海の予定だ。
[PR]
by didoregina | 2009-01-09 10:12 | セイリング | Comments(5)

キモノで新年会

ハレのお出かけには着物、と言いながら、お正月なのになかなか着る機会がなかった。
今日は、所属するヨットクラブの新年会だ。この機会を逃したら、松の内に着物でお出かけが実現できない!とあせった。家族の「ええー、着物で行くの?絶対浮きまくるよ」という非難の声を無視して、ハレのお出かけにはふさわしくないウールの着物を着た。
なぜウールかというと、こういうパーティではワインやビールやシャンペンやコーヒーなど着物の敵が大量に待ち構えているからだ。シルクなどとても着ていけない。c0188818_3132649.jpg

初公開の着物姿。紅型風のプリントウールに、葛布の帯、ローラ・アシュレーのスカーフを帯揚げに。















新年会招待状には「創立100年を祝う、世紀の新年会」とあるから、着物で出向いて礼を尽くしてもまちがいではなかろう。(ウールだなんて言わなきゃ誰にもわからないし)

c0188818_3301822.jpg
クラブハウスからハーバーを臨む。












普段はカフェになっているクラブハウスが会場で、そこに200人近くが集まり、ぎゅう詰めだ。昨年施行になった「飲食店内での禁煙法」のおかげで、タバコの煙がないのが救い。

いつもは会議のときでも飲み物は自分で払わないといけないのに、さすがに今日は全てタダだ。会長その他の挨拶のあと、寒空の外にでて、100年を記念して新しい旗を作ったので、新旧の旗交換と大砲で礼砲を撃つ。そのあとも懇親会は続くのだが、退散してきた。
自分にもクラブにも義理が果せた。

c0188818_33372.jpg
オランダ名物ストリートオルガンが景気づけにガチャガチャした音楽を流す。










c0188818_3355149.jpg
礼砲を撃って













c0188818_3372096.jpg
旗の交換
[PR]
by didoregina | 2009-01-04 19:44 | 着物 | Comments(3)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧