タグ:バロック ( 151 ) タグの人気記事

イエスティン・デイヴィスが英語で歌うベルタリドのアリア

イングリッシュ・ナショナル・オペラのヘンデル『ロデリンダ』は、今晩2月28日が初日です。
これを機に、マレーナ様私設ファンクラブに倣って、イエスティン君応援のための私設ファンクラブを
ここに設立したいと思います。

ENOでは全てのオペラを英語で上演するので、英訳歌詞がこなれてない点や英語で歌われるという
不自然さに対しては、オペラファンおよび歌手の意見でも好き嫌い賛否の分かれるところですが、
ヘンデルのイタリア語のオペラを英語で上演するとどういう感じになるのでしょうか。

Dove sei, amato bene? ならぬ O, where are you, dearest beloved?




ENOプロモ・ヴィデオで聴くことができるイエスティン君の歌うベルタリドのアリア『お前はどこに、
愛おしい人よ」には、事前に恐れていた英語歌詞の不自然さが全く感じられないどころか、とても
こなれた印象です。まるで、ヘンデルがこの歌詞に曲を付けたかのように。
この好印象の理由としては、イエスティン君が歌っているから、ということも大きいでしょう。
彼の英語の発音と歌唱がぴったりと合って、美しいことこの上ありません。
切々と語る心情がひしと胸に迫り、うっとりと聞きほれてしまいます。

『ロデリンダ』には、このほかにも美しいオペラが散りばめられていて、ベルタリドの歌の比率も高い
ので、イエステイン君はどうベルタリドを演じ歌うのか、3月2日の実演鑑賞がとても楽しみです。
METで以前に原語のイタリア語で上演されたものと演出は同じですが、アンドレアス・ショルが
ベルタリド役のそのプロダクションは事前にはあえて見ないことにしました
。予習は、その他の
プロダクション動画と録音でしています。)

追記と訂正:ENOの演出はリチャード・ジョーンズが担当し、METのプロダクションとは全く別物
でした。当初ENOが使っていた写真がMETのものだったので、勘違いしていました。ENOでの
『ロデリンダ』鑑賞記もなるべく早くアップしたいと思います。


当イエスティン・デイヴィス・ファンクラブでは、会員募集を常時行っていますので、皆さまのご参加を
お待ちしております。
[PR]
by didoregina | 2014-02-28 12:30 | イエスティン・デイヴィス | Comments(8)

DNOの2014・2015年演目発表  デュモーのタメルラーノ!

ヨーロッパの歌劇場の先陣を切って、アムステルダムのDNOが来シーズン演目を発表した。

http://operaballet.nl/en/program/season-2014-15-opera-ballet

c0188818_21325864.jpg


昨日からオペラとバレエが合併して、正式名称Nationale Opera & Balletになった。
オペラ部門のオランダ語名はDe Nationale Opera、英語名はDutch National Opera
なので、略称は今までのDe Nederlandse Operaと同様DNOのままというのは、面倒がなく
よろしい。

演目・キャストをコピペして、一言コメントを添えた。

全体的には、近年まれにみる充実ぶりと言える。理由のひとつは、バロック・オペラが3作しっかり
入っていることと、その出演歌手が凄いからだ。


Gurre-lieder Arnold Schönberg (1874 -1951) 2-23 September 2014

Musical Director: Marc Albrecht
Stage Director: Pierre Audi
Decor and Costumes: Christof Hetzer
Lighting Design: Jean Kalman
Video: Martin Eidenberger
Dramaturgy : Klaus Bertisch
Orchestra: Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
Waldemar : Burkhard Fritz
Tove : Emily Magee
Waldtaube: Anna Larsson
Bauer : Markus Marquardt
Klaus Narr: Wolfgang Ablinger-Sperrhac

アルブレヒト指揮・オーディ演出。演出付で『グレの歌』上演と言うのは珍しいのではないか。
この曲は生で聴いたことないので興味津々。トーヴェにエミリー・マギー、山鳩にアンナ・ラーソン。


Orfeo Claudio Monteverdi (1567-1643) 3-6 September 2014

Musical Director: Pablo Heras-Casado
Stage Director/Choreography: Sasha Waltz
Decor: Alexander Schwarz
Costumes: beate Borrmann
Lighting design: Martin Hauk
Orchestra: Freiburger Barockorkester
Cast:
La Musica/Euridice: Anna Lucia Richter
Orfeo: Georg Nigl
La Messagiera/La Speranza: Charlotte Hellekant
Caronte: Douglas Williams
Proserpina: Luciana Mancini
Plutone : Konstantin Wolff
Ninfa/Pastore 1: Cécile Kempenaers
Apollo/Eco/Pastore 4: Julián Millán
Pastore 2/Spirito: Kaspar Kröner
Pastore 3/Spirito: Kevin Skelton
Pastore 5/Spirito: Hans Wijers

パブロ・ヘラス=カサド指揮FBO!サシャ・ヴァルツ演出・振付!オルフェオにゲオルク・ニグル。
プロセルピーナにルチアーナ・マンチーニ!


L’étoile  Emmanuel Chabrier (1841-1894)  4-26 October 2014

Musical Director: Patrick Fournillier
Stage Director and Costumes: Laurent Pelly
Decor: Chantal Thomas
Lighting Design: Joël Adam
Dramaturgy: Agathe Mélinand
Orchestra:  Residentie Orchestra
Cast:
Ouf I: Christophe Mortagne
Lazuli: Stéphanie d’Oustrac
La Princesse Laoula: Hélène Guilmette
Siroco: Jérôme Varnier
Hérisson de Porc-Épic: Elliot Madore
Aloès: Julie Boulianne
Tapioca: François Piolino

ローラン・ペリ演出、ラズーリにステファニー・ドゥストラック。


Lohengrin  Richard Wagner (1813-1883)  10-29 November 2014

Musical Director: Marc Albrecht
Stage Director: Pierre Audi
Decor: Jannis Kounellis
Costumes: Angelo Figus
Lighting design: Jean Kalman
Dramaturgy: Klaus Bertisch
Orchestra:  Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
heinrich der Vogler : Günther Groissböck
Lohengrin: Nikolai Schukoff
Elsa von Brabant: Juliane Banse
Friedrich von Telramund: Evgeny Nikitin
Ortrud: Michaela Schuster
Der Heerrufer des Königs: Bastiaan Everink
Vier brabantische Edle: Pascal Pittie Morschi Franz Harry Teeuwen Peter Arink
Vier Edelknaben: Tomoko Makuuchi Michaela Karadjian Anneleen Bijnen Inez Hafkamp

オーディ演出、ローエングリンにシューコフ、テルラムントにニキーチン、オルトルードにシュスター。


La bohème Giacomo Puccini (1858-1924)  7-30 December 2014

Musical Director: Renato Palumbo
Stage Director: Benedict Andrews
Decor: Johannes Schütz
Costumes: Victoria Behr
Lighting design: Jon Clark
Orchestra:  Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
Rodolfo: Atalla Ayan
Schaunard: Thomas Oliemans
Benoit/Alcindoro: Matteo Peirone
Mimi : Grazia Doronzio
Marcello: Massimo Cavaletti
Colline: Gianluca Buratto
Musetta: Joyce El Khoury
Parpignol: Morschi Franz

ムゼッタにジョイスちゃん。


Il viaggio a Reims  Gioachino Ross ini (1792-1868)  20 January
2-8 februari 2015

Musical Director: Stefano Montanari
Stage Director: Damiano Michieletto
Decor: Paolo Fantin
Costumes: Carla Teti
Lighting design: Alessandro Carletti
Orchestra: Netherlands Chamber Orchestra
Cast:
Corinna: Eleonora Buratto
La Marchesa Melibea: Anna Goryachova
La Contessa di Folleville: Nino Machaidze
Madama Cortese: Carmen Giannattasio
Il Cavaliere Belfiore: Juan Francisco Gatell
Il Conte di Libenskof: Michael Spyres
Lord Sidney: Roberto Tagliavini
Don Profondo: Nicola Ulivieri
Il Barone di Trombonok: Bruno De Simone
Don Alvaro: Mario Cassi
Don Prudenzio: Biaggio Pizzuti
Delia: Maria Fiselier
Maddalena: Teresa Iervolino
Modestina: Florieke Beelen
Zefirino/Gelsomino: Jeroen de Vaal
Antonio: Tomeu Bibiloni

ミキエレット演出。マチャイゼとスプライヤーズ。


c0188818_21365219.jpg


Tamerlano  Georg Friedrich Händel (1685-1759)  24-28 February 2015

Musical Director: Christophe Rousset
Stage Director: Pierre Audi
Decor and Costumes: Patrick Kinmonth
Lighting Design: Matthew Richardson
Orchestra: Les Talens Lyriques
Cast:
Tamerlano: Christophe Dumaux
Bajazet: Jeremy Ovenden
Asteria: Sophie Karthäuser
Andronico: Delphine Galou
Irene: Ann Hallenberg
Leone: Nathan Berg

出た!真打登場!デュモーのタメルラーノ!モネとの共同プロなので、ブリュッセルでも観れる!
オーディ演出2005年の再演。ドロットニングホルム版!
オケ、指揮、キャストに文句なし!このままキャスト変更がなければ、ほとんど最強だ。


Alcina  Georg Friedrich Händel (1685-1759)  25 February-1 March 2015

Musical Director: Christophe Rousset
Stage Director: Pierre Audi
Decor and Costumes: Patrick Kinmonth
Lighting Design: Peter van Praet
Orchestra: Les Talens Lyriques
Cast:
Alcina: Sandrine Piau
Ruggiero: Maite Beaumont
Bradamante: Varduhi Abrahamyan
Morgana: Sabina Puértolas
Oberto: Chloé Briot
Oronte: Daniel Behle
Melisso : Giovanni Furlanetto

『タメルラーノ』同様ドロットニングホルム版で、同時期に交互上演。モネとの共同プロ。
ピオー、アブラミヤン、ベーレと、こちらもかなり強力なキャストだ。


Die Zauberflöte  Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)  4-27 March 2015

Musical Directors: Marc Albrecht & Gergely Madaras 22, 24, 27 maart
Stage Director: Simon McBurney
Decor: Michael Levine
Costumes: Nicky Gillibrand
Lighting design: Jean Kalman
Video: Finn Ross
Sound: Gareth Fry
Movement: Josie Daxter
Dramaturgy: Simon McBurney Klaus Bertisch
Orchestra: Netherlands Chamber Orchestra
Cast:
Sarastro: Brindley Sherratt
Tamino: Maximilian Schmitt
Sprecher: Maarten Koningsberger
Erster Priester/Zweiter: Thomas Dear
Zweiter Priester/Erster geharnischter Mann: Elmar Gilbertsson
Königin der Nacht: Iride Martínez
Pamina: Chen Reiss
Erste Dame: Judith van Wanroij
Zweite Dame: Silvia de la Muela
Dritte Dame: Julia Faylenbogen
Drei Knaben: Knabenchor der Chorakademie Dortmund
Ein altes Weib (Papagena): Regula Mühlemann
Papageno: Thomas Oliemans
Monostatos: Wolfgang Ablinger-Sperrhacke

チェン・ライスのパミーナとボーイソプラノの子役に注目。


Macbeth  Giuseppe Verdi (1813-1901)  3-28 April 2015

Musical Director: Marc Albrecht
Stage Director: Andrea Breth
Decor and Costumes: Martin Zehetgruber
Lighting Design: Alexander Koppelman
Dramaturgy: Klaus Bertisch
Orchestra: Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
Macbeth : Scott Hendricks
Banco : Vitalij Kowaljow
Lady Macbeth : Tatjana Serjan
Dama di lady Macbeth : Letitia Singleton
Macduff : nog niet bekend

ブレト女史演出。


Benvenuto Cellini Hector Berlioz (1803-1869)   9-31 May 2015

Musical Director: Sir Mark Elder
Stage Director: Terry Gilliam
Co-director & Choreography: Leah Hausman
Decor: Rae Smith
Costumes: Katrina Lindsay
Lighting Design: Paule Constable
Video: Finn Ross
Orchestra: Rotterdam Philharmonic Orchestra
Cast:
Benvenuto Celllini: John Osborn
Giacomo Balducci : Maurizio Muraro
Fieramosca: Laurent Naouri
Le Pape Clement VII: Orlin Anastassov
Francesco : Nicky Spence
Pompeo: André Morsch
Le Cabaretier: Marcel Beekman
Teresa: Patricia Petibon
Ascanio: Michèle Losier

聴いたことないオペラだが、ナウリとプティボンというフランス人キャストが魅力。(ただし、DNOの
キャスト暫定というか希望みたいな感じで、いつのまにか別の歌手に代わっているということが
よくある。)


Lulu  Alban Berg (1855-1935)  1-28 June 2015

Musical Director: Fabio Luisi
Stage Director: William Kentridge
co-director: Luc de Wit
Decor: Sabine Theunissen, William Kentridge
Costumes: Greta Goiris
Lighting Design: Urs Schönebaum
Video : Catherine Meyburgh
Orchestra: Royal Concertgebouw Orchestra
Cast:
Lulu: Mojca Erdmann
Gräfin Geschwitz: Jennifer Larmore
Eine Theater- Garderobiere/ Ein Gymnasiast/ Ein Groom: Rebecca Jo Loeb
Der Maler/Ein Neger: William Burden
Dr. Schön/Jack the Ripper: Johan Reuter
Alwa: Daniel Brenna
Schigolch: Franz Grundheber
Ein Tierbändiger/ Ein Athlet: Werner Van Mechelen
Der Prinz/Der Kammer- diener/ Der Marquis : Gerhard Siegel
Eine Fünfzehnjährige: Katrien Baerts
Ihre Mutter: Helena Rasker
Eine Kunstgewerblerin: Virpi Räisänen
Ein Journalist: Roger Smeets
Ein Diener : Peter Arink

METとENOとの共同プロ。エルトマンが消えてハニガンになったら文句なし。ゲシュウィッツ役の
ラーモアに期待。シーズン最終演目恒例でコンヘボ・オケがピットに入り、力がこもってる。
[PR]
by didoregina | 2014-02-18 13:42 | オペラ実演 | Comments(29)

チューリッヒの『アルチーナ』から、マレーナ様ルッジェーロの動画!

マレーナ・エルンマン・ファンクラブの皆様、お変わりありませんか。

ヨーロッパは異常な暖冬なのに日本では豪雪と、予測の付きにくい天候のため、風邪をお召しの
方もいらっしゃるかと思います。
パワフルなマレーナ様の動画をご覧になって、目と耳からヴィタミンを吸収してください!





ますますパワーアップしたマレーナ様の演技と歌唱に、皆さま、身を瞠らされたことと思います。

現在チューリッヒでは、ヘンデルの『アルチーナ』(チェチリア・バルトリがタイトル・ロール)公演中で、
マレーナ様はルッジェーロ役で出演しています。
演出はクリストフ・ロイ。ロイ演出の『湖上の美人』も、チューリッヒ公演(ディドナートが主演)の
数年後、2012年夏にマレーナ様が主演、アブラミヤンが共演でウィーンで再演されました。
だから、今回の『アルチーナ』も、またアン・デア・ウィーン劇場で再演されるのではないかと思って
います。

動画からの印象では、このルッジェーロのキャラクターは、ノーブル演出の『セルセ』とマクヴィカー
演出の『アグリッピーナ』でのネローネを合体させたかのような感じです。まさに、マレーナ様が
ヘンデルのオペラで演じるコミカルなズボン役の集大成のような趣です。


もう一つアップされている、ルッジェーロのスローなアリアの動画もご覧ください。




ファンの皆さま、心を一つにして、この『アルチーナ』再演を念じ、願いましょう!
[PR]
by didoregina | 2014-02-11 10:25 | マレーナ・エルンマン | Comments(0)

カルダーラの『惑星の調和』La Concordia de' Pianeti ライブ録音コンサート

c0188818_0163350.jpg
指揮のアンドレア・マルコンとヴェロニカ・カンヘミ

Antonio Caldara »La concordia de’ pianeti«
KONZERTHAUS DORTMUND
2014年1月18日

Verónica Cangemi Diana,
Delphine Galou Venere,
Carlos Mena Marte,
Franco Fagioli Apollo,
Ruxandra Donose Giove,
Daniel Behle Mercurio,
Luca Tittoto Saturno,
La Cetra Vokalensemble Basel,
La Cetra Barockorchester Basel,
Andrea Marcon Dirigent

バロックオペラ・ファンおよびCTファンにとって鳴り物入りだったカルダーラの幻のオペラは、
キャンセル騒ぎの末、上記のキャストでのコンサート形式上演となった。
ディアーナ役はアナ・プロハスカからヴェロニカ・カンヘミに、ジョーヴェ役はクリストフ・
デュモーからメゾ・ソプラノのリュクサンドラ・ドノーゼにそれぞれ変更という正式発表が
あったのは、コンサートの数日前である。メールとその後ご丁寧にも封書でキャスト変更の
お知らせが届いた。

c0188818_0353162.jpg


この幻のオペラは300年ぶりの上演であるから、録音も資料もなく事前には一体どういう
内容なのか殆ど全くわからず、タイトルと役名からなんとなく推測するしかなかった。
当日のプログラム・ブックでも、内容説明について割かれたページは1ページのみだ。

1723年11月19日、ハプスブルク家の神聖ローマ帝国皇帝カール6世(ボヘミア王も兼ねる)
の皇后エリザベートの命名日にボヘミアで上演された。
リブレット作者はピエトロ・パリアーティで、歌詞内容を一口でまとめると、神々がエリザ
ベート(作品中ではエルザ)の徳と善と美を口々に讃える、という祝典劇である。
だから、まずはトランペットが祝祭らしい華やかなファンファーレを奏で、その後は神々
(天に煌めく惑星でもある)役のソリストが代りばんこに立って、エルザ称賛のアリアを歌い、
最後に合唱でまとめるという構成である。
エリザベート皇后は、将来ハプスブルクの女帝となるマリア・テレジアの母君で、初演当時
別のお子さんを妊娠中であった。男のお世継ぎが生まれ帝国安泰、母子ともに健やかなれと
の願いがこの曲には込められていたのかも知れない。
それゆえトランペットは重要なアリアでオブリガート伴奏にも活躍するし、朗々とめでたさ
を寿ぐ音楽と歌詞に終始するのだった。

c0188818_0384334.jpg

            二人のCT。フランコ・ファジョーリとカルロス・メナ。


ディアーナは、カンヘミが急な代役で歌った。彼女の方がプロハスカちゃんよりもずっとイタ
リアン・バロック・オペラには向いてる声質だし、急きょの代役を務めてコンサートを救って
くれてありがたい、と感謝の念は持った。
だが、やはり練習不足の感は否めない。まだまだ、自分のものになっていないからか、聴き手
にも説得力を持った歌唱として響くものが少ない。もともと声量豊かな歌手ではないが、彼女
のそこはかとない歌心の感じられる味わいが好きなのだが、もう少し華々しくまたは情感込め
て自信たっぷりに歌ってほしかった、と望んでもそれはないものねだりというべきか。
月と狩りの女神ディアーナ役のカンヘミと、対称関係であるアポロ役のファジョーリとの相性
はなかなかよかった。

もう一人の女神ヴェネーレ(ヴィーナス)には、デルフィーヌ・ガルー。彼女は今まで2回生
で聴いているのだが、いつもなんだか期待外れに終わっていた。それが今回は、他の女声陣が
急な代役での出演であったため相対的にかなり手堅く歌い込んでいるように聴こえるのだった。
練習時間の差であろうか。少し見直したほどであるが、まあ他の女性歌手にちょっとがっかり
させられたから、彼女への評価も甘くなるのはいたしかたない。自意識が強そうな、愛の女神
役は悪くはなかった。

c0188818_0492398.jpg

            左にテノールのベーレ。女声陣は、ガルー、ドノーゼ、カンヘミ。


ジョーヴェ(ジュピター)は天の神であるから、やはりどうしてもカウンターテナーの男声で
聴きたかった!ドノーゼの声も歌唱もおばさんぽいルックスも全て含めて、この役には向いて
いない。
彼女の歌唱を聴きながら、ああ、絶対数が少ないCTの中といえども、この役を短い練習期間
でも歌える歌手はきっと探したらいたはずなのに、と思えて残念でならなかった。
デュモーで聴きたかったのはもちろんだが、他のCTで代役を引き受けてくれる人がいればなあ、
と残念しきりである。男の神なのだし、他の2人のCTとのバランスを考慮に入れても、この役は
絶対にCTに歌ってもらうべきであった。

ジョーヴェ役に脳内変換していたデュモーの動画を貼る。


         2013年11月、マドリッド王立歌劇場の『インドの女王』でのデュモー。


CT以外の男性歌手は、テノールのベーレとバスのティットートだ。
ベーレはメルキュリオ(マーキュリー)、ちょっと優しい雰囲気の彼は残念なことに殆ど印象
に残っていない。バロック・オペラではテノールが活躍する場面が少ないし、ほとんど脇役
だったからだ。
ティットートはサチュルノ役で、これもバロックオペラではありがちなのだが、笑えてしまう
ほど低音がよく響く。大体、バスはコミカルもしくは好色爺みたいな役どころであるが、
サチュルノという役柄に似合うキャラと深い声とで、全体を引き締めていた。


さて、今回の歌手の中では、1人減って二人になってしまったが、CTに注目していた。

まずは、中堅と言ってもいいカルロス・メナ。
彼が参加したCDはいくつか持っているのだが、どうもいまひとつ個性が足りないような印象
を持っていたのだが、実際に聴く彼の声は外見よりもずっと若々しく、特に高音が澄んで美
しい。
12月に、彼が『リナルド』のタイトルロールを歌う公演を聴きに行くはずだったのだが、
その時はイエスティン君熱に浮かされていたため他のCTに目が向かなくなり、行くのを止め
てしまった。
それを後悔するほど、メナの歌唱はなんとも素敵で味わいがあるのだった。見直してしまった。

今回一番の目玉は、何と言ってもフランコ・ファジョーリだ。現在の若手CTの中でも群を抜い
て実力および個性が際立っている、CTファンの間では話題の歌手である。
彼の生の声を聴くのは3回目で、大体1年に一度の割合なのだが、その歌唱の進歩には今回も
驚かされた。別名「男バルトリ」と呼ばれるのに恥じない、イタリア人らしい濃い色合いの
深みのある声を持ち、歌唱はあくまで滑らかなベルカントで、得意な高音域をより際立たせる
ような装飾をふんだんに盛ったコロラチューラを聴かせるのである。
今までのカウンターテナーとは全く異なるタイプで、他に比べる人が見つからない。古今東西
見渡しても唯一のユニークな存在である。似ている歌手を探すならば、多分18世紀のカスト
ラートがこういう歌唱をしたのではないか、と思わせるようなスケールの大きな歌手なのだ。

彼をご存じない方のために、動画を貼る。


     昨年11月のパリでのリサイタルでグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』から
    「エウリディーチェを失って」を、独特の装飾を加えて歌うフランコ・ファジョーリ。


彼が歌うアリアは、カルダーラが彼のために(実際には当時の花形カストラート、カレスティ
ーニのために)作ったとしか思えず、ファジョーリは易々と超絶技巧を炸裂させて歌い上げる
のだった。
現在まだ30歳そこそこなのに、比較を絶する唯一無二のCTとしての自信が、歌唱と表情とに
あふれて、聴く方は胸がすく。1年ぶりに接する彼のルックスは、またまた精悍さを増した。
その日のスターは何と言ってもファジョーリなのだった。
CTファンもそうでない人も、同時代を生きしかも日々進化を止めない彼からは、目を離すべき
ではない。神話がそろそろ完成するだろう。


c0188818_732997.jpg

                  終演後、楽屋口でツーショット。
[PR]
by didoregina | 2014-01-23 23:45 | オペラ コンサート形式 | Comments(8)

ドルトムントのカルダーラ・コンサートに着物で

今年最初にして最強かもしれないコンサートには何を着ていくべきか。
もちろん着物である。

カルダーラの幻のオペラ La Concordia de Pianeti をコンサート形式で一回こっきりの上演、
そのライブが世界初録音される、というのだけでもスリリングであるが、当初は、3人のカウンター
テナーがキャスティングされていたから遠征にも力が入るのだった。
2か月くらい前から、同行のGさんといっしょに着物コーデを考えていた。

ほっこりした紬に、降り積もる雪模様が蝋で描かれている葡萄茶の着物はすぐに決まった。
帯も、午年に因んだものにすることに決めた。

c0188818_6503668.jpg

              グリーンの正倉院柄の名古屋帯にしようか。
            
c0188818_651746.jpg

              それとも、スキタイ風の騎馬を織り出した袋帯にしようか。


前者の帯は2週間前にすでにグリーンの結城紬に合わせたので、ピンクが少し入った雪の色にも
近い後者の淡いクリームピンクの帯が残った。

実際の着姿は、こうなった。

c0188818_6595758.jpg


このコーデに合わせて、フエルトとシルクで大判ストールも手作りしたのだった。

c0188818_725023.jpg


オールドローズカラーのフエルトに、少し濃い目のちょっと枯れたローズのシルクシフォンを重ねて、
シルクが見えるようにフエルトに穴を開けて、また、梅の花のように見えるようなつまみ模様を入れ
込んでみた。

c0188818_76203.jpg



かように力が入ったのはなぜかというと、3人出演予定されていたカウンターテナーのうちの1人が
わたしが贔屓にしているクリストフ・デュモーであったからだ。
若手CTには様々なタイプが百花繚乱のごとく咲き誇っている現在であるが、芯が硬質で若々しい
張りのある声の、高音がレーザー光線のように鋭く通りる彼の歌唱が、わたしの耳には一番美しく
響く。そしてルックスや演技なども含めて総合的に一番好きなCTなのだ。
しかるに、彼の生の声には久しく接していない、この機会を逃してはなるものかと、遠征を決めたの
だった。

c0188818_7312147.jpg

        昨年、ケルンでの『時と悟りの勝利』に出演した時のデュモー

これは、約一年前にケルンで行われたヘンデルの『時と悟りの勝利』に出演した時のもので、
友人が撮ったカーテンコール写真である。なんと、このコンサートには行きそびれている。
ファンとしては情けないことこの上ないのであるが、近くでコンサートがあることをその前日くらい
まで知らなかったのだ。
その痛恨、無念さが胸の奥にしこりのように固まっていたから、ドルムントでカルダーラのオペラに
デュモーが出演と知った時には、即、遠征を決意した。

ところが、コンサート1週間くらい前に、予期しない出来事が起こった。
デュモーがFBで、体調不良のため降板を宣言したのだ。

18世紀以来上演記録がないという幻のオペラであるから、現在のオペラ歌手のレパートリーには
全く入っていない。今回の一回こっきりの上演およびライブ世界初録音のために出演予定の歌手が
キャンセルしたらどうなるんだろう。急な練習で舞台に立てるような代わりの人が見つかるのだろうか。
それとも、そういうキャンセルに備えて、誰か別の歌手も練習しているのだろうか。
とにかく信じられない気持ちで、デュモーが体調を整えてなんとか出演してくれることを祈りつつ、
なぜかその翌日になって撤回された降板宣言の真偽を本人に確かめたり、他のソースから入ってくる
代役の名前に驚いたりして夜も眠れないくらいやきもきしたのだった。
何日かたってから劇場から正式発表がされた。それは、事前に入手した非公式情報と同じであった。

歌手は生ものだから、キャンセルはいたしかたない。しかし、今までに贔屓の歌手の降板という経験が
あまりないだけに、今回のショックは大きかった。

c0188818_805141.jpg


c0188818_811910.jpg


しかも、なんと最終的には目玉歌手であるソプラノのアナ・プロハスカちゃんも降りてしまった。
目当ての歌手二人が降板とは、かなり痛い。行く気がかなりそがれたことは事実であるが、もう一人
素晴らしいCTであるフランコ・ファジョーリが出演することと、歴史的録音になることは間違いないの
だからと自分に言い聞かせて、萎える心に鞭打ってドルトムントに出かけて行ったのだった。

実演の感想は、また別の記事にしたい。
[PR]
by didoregina | 2014-01-20 00:05 | 着物 | Comments(4)

怒涛のカウンターテナー・ルネッサンス・イヤーを振り返る

「今年はカウンターテナー・ルネッサンス」宣言を行ったのは、今年2月8日の記事だった。
しかし正確に言うと、丁度一年前の12月17日が、わたしにとってのカウンターテナー・
ルネッサンス・イヤー元旦であったのだ。
すなわち、ケルンでヴィンチ作曲『アルタセルセ』を鑑賞した日である。http://didoregina.exblog.jp/19021085/

c0188818_1304527.png


その日から、めくるめくセンセーションと驚愕と出会いに満ちた一年が始まった。
その怒涛の一年を振り返ってみたい。

この『アルタセルセ』のCD録音および、ヨーロッパ各地での舞台形式およびコンサート形式
上演は、現在ヨーロッパで進行中のCT革命のマイルストーンとして21世紀音楽史上に残る
画期的出来事だった。
比較的マイナーなバロックオペラの全曲録音・上演であることに加えて出演歌手は男性のみ、
そして現在注目すべき若手実力派カウンターテナー5人が出演したのだった。フィリップ・
ジャルスキー、マックス・エマニュエル・チェンチッチ、フランコ・ファジョーリ、ヴァラール・バルナ=
サバドゥス、ユーリ・ミネンコ。
(同様の先例としては、男性歌手のみ出演しかも若手カウンターテナーが9人登場して、
クリスティー指揮、ラザール演出で、ランディの『聖アレッシオ』がすでに2007年にカーン、
パリなどで上演されているが、わたしは未体験)

c0188818_1322223.png


ケルンでの『アルタセルセ』公演は、当初の予定とは変わって、コンサート形式での上演と
なった。舞台形式でないことを残念に思ったのだが、実際に鑑賞してみるとコンサート形式だと
歌唱に集中できるからそれはそれで悪くないのだった。

カウンターテナーの声と歌唱は、録音を聴いただけでの判断は禁物だ。
生の舞台で見て聴いて、ようやく個性が発見できたりよさを納得できたり欠点もわかるものだ。
その際、CTが1人だけ登場するオペラよりも複数登場のオペラの方が、比較対象が多くなって
面白さの度合いはずっと高まる。
また、舞台上ではCT同士の間で、ある種のライバル意識も働くため、単独の場合よりもずっと
素晴らしい歌唱を披露するということが往々にして起こる。
個々のCTの個性がぶつかり合って炸裂するのを眼にし耳にする醍醐味!
彼ら若手CTは、いずれ劣らぬ実力を誇り、つい数年前までは考えられないほどの多様性を
見せる。技術の進化した、現在のヨーロッパにおける最新CTの姿がこのプロダクションでは
まとめて堪能できるのである。


TV放映された『アルタセルセ』舞台の全編ヴィデオ。


              キッチュで安っぽくケレンミ溢れる演出でバロックオペラの本質抽出。



そして、2月には、ヘアハイム演出によるヘンデルの『セルセ』をデュッセルドルフで鑑賞した。
http://didoregina.exblog.jp/19232452/



2011年にウィーンで、マレーナ・エルンマン主演、スピノジ指揮、エイドリアン・ノーブル演出の
『セルセ』を鑑賞しているので、デュッセルドルフでのヘアハイム演出のタイトルロールをCTの
ヴァラール・バルナ=サバドゥスが歌うことに興味津々だった。
マレーナ様とサバドゥス君の声はよく似ていると思う。彼の声、特に高音は、表面を覆う膜が
引き伸ばされて薄くぴんと張った感じで、ストレートに響く美しいメゾそのもので耳に心地よい。
そして、核に男性的な野太さを感じさせるのだが、全体のテクスチュアにマレーナ様の声と
共通する部分が多い。肺活量が多そうなのは、男性であるCTの長所か。
マレーナ様のズボン役は、実際に舞台鑑賞すると驚愕するくらい、姿かたちも態度も演技も
男性そのものになりきり、他のメゾ歌手の追随を全く許さない。
セルセ役をCTが歌うことは稀なのだが、サバドゥスの自然な高音がそれを可能にし、
若さと舞台映えするルックスも相まって、マレーナ様セルセと拮抗する出来栄えだった。
ヘアハイム演出のスラップスティックそのものの舞台、Xerxes=Sex Rexという設定では
CTの方が無理がなく、彼は正に適役。
弟アルサメーネ役がやはり若いCTのテリー・ウェイで、サバドゥスとはいいコンビであった。


サバドゥスは、夏のエクサンプロヴァンス音楽祭でも、カヴァッリ作『エレナ』のメネラオ役に
抜擢された。爽やかな歌唱が印象的で、将来有望株No.1であることを再確認した。
(TV放映のみの鑑賞だったが)

TV放映された『エレナ』の全編。





7月には、アムステルダムのDNOでブリテンの『ヴェニスに死す』を鑑賞した。
http://didoregina.exblog.jp/20490829/

この作品に登場するCTは1人で、アポロ役のティム・ミード。生の彼の声を聴くのは初めてだ(と思う)。
しかし、このオペラはブリテン作曲ゆえかほぼテノールの独り舞台という趣で、CTの歌唱および登場
部分は予想以上に少ないため、ミードの歌唱はノーブルでストレートでいかにも英国系CTらしい
なあ、という程度の言うもがなの感想しか持たなかった。
初めて鑑賞するこの作品そのものにも演出にもとてもハマったのに、CTにはさほど特別な感慨を
抱かなかったのは、歌手のせいなのか、それとも、あまりに濃いヨーロッパ大陸(および南米)の
CTに耳や感覚が慣れてしまって、淡白な英国人CTの歌唱があっさりしすぎで物足りなく感じたの
かは、定かではない。

演出のウォーナー女史のインタビュー入りトレイラー。スカラ座公演でのCTはイエスティン・デイヴィス。






9月には、アムステルダムのコンセルトヘボウで、コンサート形式のヘンデル『アレッサンドロ』。
http://didoregina.exblog.jp/20785631/

これも『アルタセルセ』同様、今を時めくパルナッソス・アート・プロダクションズによる製作だ。
ラング氏主宰のこの事務所は、近年、若く優秀なCTを集結させて、比較的マイナーなバロック・
オペラの全曲録音やその舞台化などに意欲的に取り組んでおり、CTルネッサンスもこの事務所
抜きにしては考えられない。ヨーロッパのCT界最先端を牽引しているのである。

こちらは、一年前に録音されたCDプロモーション用トレーラー




出演のCTは、マックス・エマニュエル・チェンチッチ、シャビエル・サバタ、ワシリー・コロショフ。
個人的な好みではあるが、主役で花形歌手であるチェンチッチの成熟しきった声と歌唱よりも、
サバタの温かみを感じさせる豊かな低音からリリカルな明るさのある高音まの幅の広さ、そして
会場全体に届くプロジェクションに感嘆させられた。やはり、CTの歌唱は生で聴いてナンボ、
そして複数のCTが同じ舞台に立つことで個性の比較が容易にできて楽しさ倍増だということを
再確認したのだった。



特にCTが重要な役を演じたわけでははないが、バルセロナで鑑賞した『アグリッピーナ』にも
オットーネ役でディヴィッド・ダニエルズが出演していた。
http://didoregina.exblog.jp/21059013/



この動画をご覧いただくと、CTの新旧の違いが一目瞭然であろう。
ダニエルズ氏は、アングロサクソン系CT旧種の代表格と言える。ファルセットのようにしか聞えず
(「女の腐ったような声」と形容した人もいる)、変化に乏しい歌唱で、パワー不足の感が否めない。
一昔前のCTのイメージそのものである。
ただし、氏の名誉のために付け加えると、リセウでの実演で接した彼の歌唱は、この動画ほどは
酷くなかった。会場の音響が良かったせいだろうか、豪華キャストの中で彼一人が足を引っ張るの
ではないかと恐れていたほどではなく、ホッとしたのであった。



バルセロナ遠征から戻って間もなく、わたしにとってのカウンターテナー・ルネッサンス・イヤーに
急展開が起こった。
イエスティン・デイヴィスとの出会いである。
ヨーロッパのCT達とは全く異なる進化を遂げた、イギリスのCTを再発見することになったのだ。
(パーセル3曲とブリテンの『カンティクルズ』コンサートの英文記事を書いた。)
http://didoregina.exblog.jp/21023113/

c0188818_2223774.jpg


バロック・オペラおよびCTを熱く語る、(在欧)日本人とヨーロッパ人から成るコミュニティーに日夜
浸っていると、イギリスやアメリカでのCT動向に疎くなる。CT先進圏の真っただ中にいるものと
思い込んでしまうからだ。
そして、もともとヨーロッパ大陸と、英米というアングロサクソン国とではCTのキャラクターも大きく
異なっているのだ。
ヨーロッパでは、バロック・オペラには欠かせない存在だったカストラートの再来を思わせるような
装飾や色彩感に溢れた、ベルカント様式を感じさせる歌唱を、男性ならではのパワーで聞かせる
実力を持つ頼もしい新CT種が百花繚乱のごとく咲き誇っている。
それに対して英米のCTは一般的に、聖歌隊出身であるためか清廉で上品だが、色気の足りない
歌唱が主流のように思われる。
これら両者をいっしょくたに語ることはできない。CTと言えども、ほとんど異なるカテゴリーに属して
いるからだ。
その違いを、友人の言葉を引用しつつ例えると、「ヨーロッパのCTは金銀使った彩色写本の趣で、
英米のCTは石に彫ったローマ字体のようだ」
前者は、直射日光を避けた修道院の図書館で見ることができる写本の彩色が施されて装飾で
飾られた文字のどこか隠微な匂いのする人工的な美しさで、後者は、楷書体のようにストレート
かつシンプルだが外光の下で映える健康的で端正な美しさである。

そして、いつの間にか、イエスティン・デイヴィスは、ヨーロッパのCTとはまた別の方向ではあるが、
新種CTらしい進化を遂げていたのだ。


彼を意識して聴いたのは、2011年のウィーンでの『狂えるオルランド』でルッジェーロ役を歌った時
だった。http://didoregina.exblog.jp/17015440/

その衝撃は忘れられない。いわゆる教会系のケレンミのないストレートさで勝負の歌唱なのに
しっかりと男性的かつパワフル、安定したプロジェクションで声はびんびんと飛んでくる。
ボーイッシュな澄んだ高音から中音域・低音まで滑らかに繋がり、アジリタも気持ちよく、かつ、
歌心に深みを感じさせるのだった。これぞ進化したCTの理想の声と歌唱ではないかと思った。
なんとなくお行儀のよすぎるようなイメージだった彼と、ヴィヴァルディ(およびスピノジ指揮)との
相性の良さも意外だった。

2006年録音のヴィヴァルディ『グリゼルダ』から、イエスティン・デイヴィスの歌うコッラードのアリア
Alle minacce di fiera belva



しかし、彼の場合、その後出演したオペラ・レパートリーに現代ものが多かったことと、活躍の場が
イギリス、アメリカ、もしくは南ヨーロッパであることが多かったので、実演に遭遇する機会がなんと
2年間なかったのである。その間、彼は、メトロポリタン歌劇場のブリテンのオペラ『真夏の夜の夢』で
主役を張るくらいに成長していた。

ブリテン作曲『カンティクルズ』のヴィデオ・リンクを張るので、ご視聴いただきたい。
http://www.theguardian.com/music/video/2013/nov/20/britten-centenary-the-canticles-video

ティペット、ブリテン、アデスによる編曲によってかなり現代的な味付けとなり、わたしの舌には
馴染みがないほど変貌していたパーセルの3曲とカンティクルズ2曲を彼が歌うのを聴いて、
ボーイッシュという形容を使うのはためらわれるほど大人っぽい深みのある声で、高音にも
男性らしさが混じっているし、熟成された中低音の美しさに新たな衝撃を受けたわたしは、
コンセルトヘボウに続いて、二年間の空隙を埋めたいという念に駆られ、ブリュッセルのモネ
劇場に同じプログラムを聴きに行ったのであった。

c0188818_2356125.jpg


年の終わりに近づいてから思わぬ新発見に巡り合うことのできた2013年は、わたしにとってまさに
センセーショナルなCTルネッサンスの一年だったのだ。
[PR]
by didoregina | 2013-12-19 16:32 | カウンターテナー | Comments(18)

『アグリッピーナ』@リセウは、エンタメ・バロックオペラ決定版!  バルセロナ遠征記 その4

c0188818_20281651.jpgConductor Harry Bicket
Stage direction David McVicar
Scenography and Costumes John Macfarlane
Lighting Paule Constable
Choreography Andrew George
Co-production Théâtre Royal de la Monnaie (Brussels) / Théâtre des Champs Elysees (Paris)
Jory Vinikour, clave
Symphony Orchestra of the Gran Teatre del Liceu

Agrippina Sarah Connolly
Nerone Malena Ernman
Poppea Danielle De Niese
Claudio Franz-Josef Selig
Ottone David Daniels
Pallante Henry Waddington
Narciso Dominique Visse
Lesbo Enric Martínez-Castignani

2013年11月18日@Liceu

リセウ歌劇場の今シーズン、ほとんど全演目がよそからの借り物か共同プロなのだという。
新作、新演出などのオリジナリティ追及派、冒険推進派からしたら、節操のない態度と思えるかも
しれないが、財政緊縮を余儀なくされている歌劇場にとって、こういう開き直った態度をとることも
一理ある。
なにより、すでにどこかの劇場で上演済みの安全パイ、しかも一流のキャストを持ってくるのだから、
集客もしやすいだろうし、成功は約束されたも同然である。

c0188818_21305615.jpg


今年の新シーズン開幕演目は、10年前にモネ劇場とシャンゼリゼ劇場の共同プロとしてブリュッセル
とパリで上演されて以来、バロックオペラ・ファン、ヘンデルオペラ愛好家にとって伝説と化している
マクヴィカー演出による『アグリッピーナ』だった。

マクヴィカーのヘンデル・オペラ演出では、グラインドボーンで上演された『ジュリオ・チェーザレ』も
伝説化しているが、そちらは全幕映像化されているし、昨年METでも再演されたし、安定した人気を
誇っている。
マクヴィカー版『ジュリオ・チェーザレ』は、ミュージカルと見まごうばかりダンスシーンの多い、しかし、
無理な読み替えがないシンプルな舞台のため、純粋にヘンデルの美しい音楽が楽しめる優れた
エンタメになっていて、その点は『アグリッピーナ』も同様である。だから、この2プロダクションは、
まるで2部作として見ることができるほど、似ているのである。

c0188818_21301014.jpg

モネでの初演でネローネだったマレーナ様と、ENOでの英語版でタイトルロールだった
     サラ様が共演!まさに私のために夢を実現してくれたとしか思えない、いいとこどりキャスト!


マレーナ様とサラ様は、わたしが一番好きなメゾ・ソプラノの両雄(!)であり、追っかけの対象で
あるから、単独では何度か生に接している。しかし、その二人そがろって同じ舞台に立つことは
今までなかった。
今回の『アグリッピーナ』は、だから、それだけでも世紀のプロダクションなのだ。
その二人の親子役は、どうだったであろうか。
舞台上の二人は、全く齟齬を感じさせず、奸智に長けた母親と彼女に対して屈折した感情を持つ
息子という役柄を、本当に説得力を持って演じていた。
しかし実際は、もしかしたらライバル歌手同士の火花も散っていたのではなかろうか、とわたしは
推測するのである。特に、マレーナ様ネローネに対する拍手喝采は凄まじく、人気の軍配は彼女の
方に挙がったのではないかと思われるから、主役を張ったサラ様の心理やいかに、と心配になるの
であった。逆にいえば、主役でないマレーナ様の方がずっと精神的には楽だし、はまり役でもある
ネローネを思いっきりのびのびと演じられ、余裕で溢れ出るエネルギーを歌唱にも回すことができた
のだと思う。


c0188818_21425511.jpg

              カーテンコールで、サラ様とマレーナ様が手を取り合って。


リセウ歌劇場の専属オケの演奏はしょぼくてイマイチかも、という声も事前に聞いていた。
しかし、ビケット指揮によるオケは非常にバランスよくまとまった演奏を披露してくれた。
どのセクションも、ちょっとこれは、と思うような点が見当たらず、通奏低音がよく響いてリードしている
から、モダンオケなのに古楽らしさが香っていたし、なにより音楽としての全体をまとめるためにあえて
歌手の伴奏に徹する、という態度を前面に出しているのがよかったのである。
ビシバシと歯切れよく、小気味いいドライブ感とか、エッジが立ってかっこいいという演奏とは全く
言えないが、主張と言うものが感じられずまったりして生気に乏しくてなんだかつまらない、という英国の
古楽オケと指揮者によくありがちな演奏とも別物であった。
これは、指揮者のバランス感覚が優れているためだと思う。そして、リセウ歌劇場の音響が、意外にも
バロックオペラに適しているのだった。ドライではなく、響きすぎもせず、稀に見るほど気持ちいい音響
環境なのだ。

c0188818_2292263.jpg

                  舞台上の字幕は、な、なんとカタロニア語のみ!

前日のグルベ様リサイタルですでに驚いたのだが、リセウ歌劇場の舞台上字幕は、バルセロナの
公用語であるカタロニア語のみである。
スペインからの独立気運の盛んなこの地方は、スペイン全体の経済(工業)を背負って立つという
自負があるが、火の車であるスペイン経済の重みが肩にずっしりとのしかかっているという苛立ちも
隠せない。
そのことは、町に一歩足を踏み入れると建物からずらりと下がるカタロニアの旗で一目瞭然だし、
学校教育の場でもスペイン語を用いずにカタロニア語だけなのだ。
だから、町中では、スペイン語とカタロニア語の二か国語表示や放送になっている場合もあるが、
カタロニア語がなんといっても主流である。なんとも凄い郷土愛と誇り。
ただし、平土間の座席に付いている字幕は、数国語から選べるようだった。(舞台と手元の字幕を
同時に見ることは不可能なので、利用しなかったが)

c0188818_22413040.jpg

                      幕間に舞台とオケピットを背景に。


オペラ演出に話を戻そう。
マクヴィカーは、当然ながら設定を現代に移しているが、舞台となっている国などが特定・
推察ができるわけではない。どこか小国の元首のお家騒動でもいいし、オーナー一家が株主や
取締役を占める企業のお話としても観ることができる。
ワンマン社長もしくは元首であるクラウディオ、経営や権力の座世襲に口をはさむ辣腕の妻と、
色情狂のバカ息子、それにもう一組ポッペアとオットーネが絡むコメディーである。
権力闘争が軸にはなっているが、暗殺が絡んだりする暗いお話ではない。そういえば、バロック
オペラには珍しく、この作品中に死人は出ないのだ。
だから、一人突出して怨みを持った人物が登場する、ということがないため、全体のトーンが明るく、
楽しいのだ。エンタメとして料理しやすい理由であろう。


女同士、悪巧み知恵比べのアグリッピーナとポッペア

マクヴィカーの演出で感心したのは、舞台上の焦点の定まりである。
上掲の動画をよくご覧いただきたい。歌のないレチタティーヴォの場面なのに、いい意味での
緊張感が途切れなく続き、神経が万遍なく舞台上に行き届いていることがお分かりいただける
だろうか。
無駄に大勢の人物を舞台に乗せず、主要人物以外は最小限にして、話の筋と音楽に焦点を当てる。
その場面で焦点を当てるべき人物には、舞台上の他の人物の関心も集まっているから、焦点が
ぼけない。インパクトが強い。
映画映像の主役に焦点を当てるのと同様の仕方でオーソドックスな方法ながら、最近のオペラ演出
ではあまり見かけないパターンである。
こうすることによって、観客の視線も一か所に集中しそのまま耳も歌手の歌に集中するので、会場
全体に一体感が生まれるのである。どうして、こういう正攻法なアプローチが最近のオペラ演出では
避けられる傾向になっているのか合点がいかないほど、これは効果的なのだ。
あれもこれもと欲張って、なんでも詰め込んだ過剰演出が、観客にとっては有難迷惑なサーヴィスで
ある、と、はっきりわからせてくれた。
マクヴィカーによる『アグリッピーナ』は、観客にとって、音楽と舞台を同時に楽しめる気持ちのいい
演出である。
その代り、舞台上の歌手へのスポットの当たり具合が半端ではないから、一点集中に耐えられる
演技力と歌唱力の両方が必要であることは言うまでもない。

c0188818_2341553.jpg


結論。このマクヴィカー版『アグリッピーナ』は、究極のエンタメとして、近年まれにみるほど
優れたプロダクションになっていた。
シンプル・イズ・ベスト。シンプルなものほど素材で勝負しないといけないし、誤魔かしがきかない。
舞台造形もシンプルだから、このプロダクションは他の劇場へのレンタルに適している。しかし、
演技力と歌唱力の優れた素材である歌手が揃わないと、これほどまでの効果は生まれなかったに
違いないのだ。
空前絶後の今回のプロダクションを見逃した人たちのために、全編が正式に映像化されることを
切に望む。
[PR]
by didoregina | 2013-12-07 15:41 | オペラ実演 | Comments(2)

シレンツィオなチレント  チレント海岸とエオリア諸島をセイリング その2

サレルノから南の海岸は、コスタ・チレントと呼ばれる。
北に向かえば、天下の景勝地として有名なアマルフィ海岸がある。
2週間のセイリングだから、普通だったらカプリとか、ポジターノとかにも足を伸ばすだろう。
しかし、われらのフロティッラは、そういう有名どころは全く無視してひたすら南を目指すのだった。

c0188818_1373116.jpg
















最初の一週間は、チレント海岸の小さな町アグロポリ、アッチャロリ、カメロータの港への係留と、
静かな入江での投錨とが、ほぼ一日おきだった。
港では水や燃料・食糧の補給ができるし必要なのだが、町も続くと飽きてくる。
俗塵や浮世から離れ自然に抱かれた澄んだ入江の方にずっと惹かれる。

c0188818_1493232.jpg

                 アグロポリかアッチャロリ。
                 海から眺める町は、どこも似ている。

アマルフィをうっちゃってチレント海岸までやってくる観光客は少ない。セイリングする物好きとなると
もっと少数派だ。
今回2週間ワンウェイのフロティッラに参加したヨットはなんと3隻。リーダー船を含めても4隻という
非常に小さな船団だ。
立ち寄った港自体、どこも小さくて、ヨットの数は非常に少ない。

c0188818_1565428.jpg

  アッチャロリの港。ヨットも漁船もモーターボートもフェリーも仲良く一つの埠頭に停泊。


港や町の規模が小さいのは、過疎の南イタリアだから想像がついた。
しかし、驚いたのは、海に出ると、一日航行しても帆影がほとんど見えないことだ。
たま~に、漁船に出会うくらいで、水平線に及ぶまで、わたしたちのフロティッラ3隻以外のヨットの
姿が見えないのだ。

c0188818_242177.jpg

                岸壁に泡だつ白波が、遠くからは船のように見えたのだが。


ここは、チレント海岸ならぬシレンツィオ海岸と呼ぶべきではあるまいか。
それで、思わず頭に浮かんだのは、バロックのナポリ古謡Silenzio d'amuriだ。
映画Tous les Soleils のサントラとして使われたのが印象に残る、ラルペッジャータの演奏と
マルコ・ビーズリーの歌。
↓は、映画のラスト・シーン




海から眺める海岸線は、峰と沢が規則正しく並ぶ山が水辺まで迫って、レモンや果樹が植わっている
ようで緑が濃い。非常に日本的というか、懐かしさを覚える風景である。

c0188818_2131431.jpg

                荒波に洗われる外側から、波静かな入江の内側に入る。

群青色の水の濃さから、水深の深いことがわかる。岸からちょっと離れればすぐに100メートルを
越える。
チャーターしたヨットは、キールの水深が2メートル10センチで、外海航行には適している。だが、
深めだから、港や浅瀬には注意しないといけない。
水深計のセンサーの位置は、普通キールに付けるものだが、このヨットで表示される水深は船体の
底からだと、チャーター会社のメカニックから言われた。
それを信じるなら、もしも、水深計が2メートル30センチを指しているとき、キールからは20センチ
しか余裕がないlことになる。
しかし、どうも、そうではないらしいことがだんだん判明してきた。

c0188818_2214759.jpg

                   入り江に浮かぶ島と砂浜の岸の間に投錨して、泳ぐ。


また、錨のチェーンの長さは70メートルある、とチェックイン時に言われた。
最初に投錨したところは、水深12メートルくらいだった。チェーンには10メートルおきに赤い印が
入っている。30メートル過ぎてもまだまだ大丈夫、と思って錨を下ろし続けていたのだが、ふと
チェーンを見ると、もう終わりに近い。メカニックの言葉を信じていたら、危ないところだった。
結局、チェーンの長さは40メートルしか長さがないことが判明。いい加減なもんだ。
しかし、そんなことでいちいち腹を立てていては、イタリアの海域でセイリングはできない。
腹をくくって、大船に乗った気持ちに無理やりなることが肝心である、と学習した。
[PR]
by didoregina | 2013-08-19 19:40 | セイリング | Comments(4)

9月21日は、すごい!コンサートx2とチッチのバースデー

コンセルトヘボウのオランイン・チケットのバラ売りが昨日から開始された。
日中はサイトも混んでるだろうからと避けて、夜中にアクセスしようとしたがつながらない。
そして今朝アクセスして、何はともあれ、9月21日の《アレッサンドロ》コンサート形式の
チケットを買おうとすると、なんと、平土間前方はほとんど売り切れ!正面バルコンも!おお、
なんというサプライズ!
なるべく前の方で見たい・聴きたいから、舞台ほとんどかぶりつきの3列目の席をしぶしぶ取る。
(コンセルトヘボウのステージは異常に高いので、5列目以降でないと音が頭上を通り過ぎる
感じになるし、3列目だと見上げることになる)

c0188818_18511911.jpg

          CDと同じく、ロッサーネ役はユリアちゃん!

コンヘボの発表したキャストは以下の通り。

Armonia Atenea
George Petrou - dirigent
Max Emanuel Cencic - countertenor
Julia Lezhneva - sopraan
Laura Aikin - sopraan
Xavier Sabata - countertenor
Pavel Kudinov - bas
Juan Sancho - tenor
Vasily Khoroshev - countertenor
 

あれ、アドリアーナちゃんも出演するのかと思ってたのに。。。

そして、今晩6月2日には、ステージ形式の《アレッサンドロ》@ヴェルサイユが、MezzoでTV中継
される!(うちのTVプロバイダーがMezzoをリストから外したので見れないが、どなたかが必ずや
Youtubeに投稿してくれると信じて待つ。)


c0188818_18505189.jpg

              9月21日は、マックス・エマニュエル・チェンチッチのバースデイ!


アムステルダムの《アレッサンドロ》はマチネ公演である。
同日夜には、ロッテルダムのコンサート・ホール、デ・ドゥルン(ロッテルダム・フィルの本拠地)にて
サラ・コノリーのリサイタルがある。距離的・時間的に連荘可能である。
こちらもチケットをゲット。まだまだ席は選び放題だが、やはり3列目中央を確保した。
デ・ドゥルンによると以下のプログラム。

Howells - Come sing and dance; King David
Gurney - By a Bierside; Sleep
Britten - O Waly, Waly; How sweet the answer; Corpus Christi Carol; Early one morning
Bennett - A History of the Thé Dansant

Sarah Connolly - mezzosopraan en Julius Drake - piano

c0188818_1917302.jpg

        ゴージャスなサラ様

これで、私にとって重要な来シーズン開幕のダブル・コンサートのチケットが無事ゲットできたので、
ウィンドウズ8のカレンダーに記入しようと9月のページを開くと、なんと21日はチェンチッチの誕生日!
と書いてある。
多分FBと連動して自動的に記入されたと思われるが、なんというサーヴィス。そしてなんという奇遇。

コンセルトヘボウのマチネ・コンサートの後は、多分サイン会が開かれるだろうから、チッチへのバース
デイ・プレゼントは何がいいかな、と今から考えてわくわくしている。
[PR]
by didoregina | 2013-06-02 12:28 | コンサート | Comments(9)

『ゴーラのアマディージ』@アン・デア・ウィーン劇場

4月のウィーン遠征日程は、マレーナ様主演の『ベアトリスとベネディクト』と演奏会形式の
『ゴーラのアマディージ』を二日続けて鑑賞できる!ということで決めたのだった。
なぜかというと、当初のキャストはイエスティン・デイヴィスのアマディージということになって
いたからだ。生の彼をウィーンで最初に聴いたのはかれこれ2年前の『怒れるオルランド』で、
やはりマレーナ様主演の『セルセ』と連荘できたのだ。

ところが、キャスト発表からチケット発売開始までの間に、イエスティン君は降板してしまった。
代わりはソニア・プリーナ女史である。ええ~、イエスティン君とプリーナ姐とではあまりに
声質もキャラも異なるではないか。そうしてキャストは全員女性になるし、メリッサ役はロベル
タ・マメリ、指揮はアラン・カーティス。う~む。(この一言で、わたしの心境が分かる人には
わかってもらえるだろう)

c0188818_1853887.jpg

          オペラ遠征も、命綱が頼りのビルの外壁メンテも、びくびくもの。


さて、チケットを買おうかどうしようか迷っていると、今度は新たに心躍るニュースが入ってきた。
なんと、ダルダーノ役をフランコ・ファジョーリが歌うらしいと!彼のサイトには載っていないが、
所属プロダクションのスケジュールには記載されていた。
それで、またまた行く気満々になった。しかし、劇場サイトにはフランコのフの字も出ていない。

『ベアトリスとベネディクト』のチケットは発売開始日に即ゲット。二泊三日の予定でフライトも
予約した。
しかし、『ゴーラのアマディージ』チケットだけはぎりぎりまで買わなかった。劇場サイトでは、
ダルダーノ役は、デルフィーヌ・ガルーになっていたからだ。事務所サイトのからもフラちゃん
『ゴーラのアマディージ』出演公演予定はいつのまにか消えていたし、公演3日前になっても
キャストは代わらず。今回はカウンターテナーが1人も出演しないのが残念だが、それは諦めよう。
ようやく重い腰を上げて、当初の予定通りチケットを購入したのだった。

c0188818_18564157.jpgAmadigi di Gaula
Opera seria in drei Akten (1715)
Musik von Georg Friedrich Händel (1685-1759)
Libretto unbekannt, wahrscheinlich Nicola Francesco Haym oder Giacomo Rossi

Musikalische Leitung Alan Curtis
Amadigi di Gaula Sonia Prina
Oriana Emoke Baráth
Melissa Roberta Mameli
Dardano Delphine Galou
Orchester Il complesso barocco

25.04.2013 @ Theater an der Wien







二年前にアン・デア・ウィーン劇場で演奏会形式の『怒れるオルランド』を鑑賞した時は、背後の
『セルセ』舞台セットを見せる形式だった。オケ・ピットに入っていたのは、『セルセ』同様に
スピノジ指揮のアンサンブル・マテウスで、スピノジはラ・フォリアのヴァイオリン・ソロも披露
してくれた。

今回も演奏会形式であるが、カーテンが下りていて歌手はその前に立って歌う。
オケ・ピットに入っているのは、カーティス指揮のイル・コンプレッソ・バロッコである。
今回は例のCTでもあるというロシア人コンマスではなくて、女性のコンミスだった。第一
ヴァイオリン4人、第二3人という小編成なのでチェロも1人。それと通奏低音はチェンパロに
テオルボ。
まるで室内楽のようにに器楽演奏者たちはコンミスの呼吸に合わせて息のあったアンサンブルを
作り出していて、例の四角四面のカーティスの指揮を見ている人はいないようだった。

古楽器では金管が特に難しくて、トランペットやホルンなどよく音が外れて聴こえたり、出だし
が上手く決まらないのだが、ここのトランペット奏者は、ソロ部分の出だしでも全く余裕しゃく
しゃくでびっしりと決めてくれた。バロックでトランペット・ソロを安心して聴けるというのは
得がたい。

c0188818_19191233.jpg

       左からソニア・プリーナ、エメケ・バラート、ロベルタ・マメリ。
       プリーナ姐の髪型は、忌野清志郎やシド・ヴィシャスを思わせパンキッシュ。

出演歌手はたったの4人で、女性ばかりである。

アマディージ役はソニア・プリーナ。録音で聞く彼女の声は独特で、硬い芯を中心に表面は
まろやかな輪郭で覆われた、ある意味女性らしい艶があるがドスの利いたアルトである。
いかにもイタリア人らしい発声の女性らしさを感じさせるアルトというのがイマイチ好きに
なれず、積極的に生の声を聴きたいと思ったことがなかった。
それが、実際に生の声を聴くと、録音では好きになれなかった要素がまるで異なる印象を与え
たのだった。即ち、豪華絢爛・金襴緞子のような色彩が放出される声質が心地よく、夜空を彩る
原色の花火にも似たドッ派手さが潔い。

好きなタイプのアルトというと、キャスリーン・フェリアーやナタリー・シュトゥッツマンの
光沢はあっても暗い色合いのビロードのような声、サラ・ミンガルドのように薄手ウール・
スカーフのような滑らかで軽く暖かい声、マリヤーナ・ミヤノヴィッチのように麻のように
爽快感のある声などで、いずれもシンプルでベーシックな質感が命だ。プリーナ姐のそれとは
全く正反対のしっかり地厚で素材感よりは色彩感の
勝る帯地のような生の声に触れて、はっとする思いであった。歌唱という芸でも群を抜いている。
その新発見ができただけでも、遠征してこのオペラを鑑賞した価値があるというものだ。


c0188818_2005287.jpg
 
          ソニア・プリーナに敬意を表してポスターとツーショット。


そして、やはり生の声に接して感嘆したのは、ロベルタ・マメリ女史である。彼女の歌唱も
濃~いタイプなので、今まで録音ではなんとなくヒケてしまっていたのだが、ほとんどめっけ
もの新発見。
こってりと熱い歌唱で盛り上げるのだが、生舞台ではこのくらいやっても差し支えない。
同じイタリア人同士のソニア姐との競演はまさに色彩の饗宴で、ゴージャスこの上ない。
マメリ女史はルックスもゴージャスで、この日のメイクとドレスのおかげで某高級時計の
イメージ・モデルであるケイト・ウィンスレットそっくりなのだ。
バロック歌手というと、一般オペラ・ディーヴァと比べるとストイックで質素なイメージが
あるのだが、この二人は違う。この色彩感はイタリア人独特なのではないだろうかと思える。
ここにフラちゃんが加わっていたらどれほど豪華絢爛になっただろうか、とそれだけが惜しま
れた。
それにしても、今まで敬遠していた二人の歌唱に開眼できたので、食わず嫌いで損していたなあ、
と反省することしきりだ。


c0188818_20193017.jpg

          左から、マメリ、カーティス、デルフィーヌ・ガルー。


もう1人のソプラノ、エメケ・バラートは、いかにもお姫様役にふさわしい正統清純派バロック・
ソプラノで、可憐なのだが、このアクの強いメンツの中にいると霞んでしまって印象に残らない。
ストイックな歌い方と声質なので、どちらかというと硬質で温かみの少ない声のCTとの相性の
方がいいのではないかと思う。

ダルダーノ役というのは、出番が少なくて損だ。そんなつまらない役をフラちゃんがふって当然。
そして、ガルーは声も体格も線が細すぎて、舞台栄えしない歌手である。すらりとしていて
ズボン役など一見似合いそうだが、全く押し出しが弱いから、舞台での男性役には向いていない。
声の飛ばし方に問題があるのだろうか。客席に響いてこないのだ。前回かなりがっかりさせられ
たので、彼女には期待していなかったが、今回も印象を塗り替えることはできなかった。
[PR]
by didoregina | 2013-05-10 13:37 | オペラ実演 | Comments(16)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧