「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ダニエル・クレイグ ( 4 ) タグの人気記事

The Girl with the Dragon Tattoo 『ドラゴン・タトゥーの女』

原作となったミリオン・セラーの『ミレニアム・シリーズ』は、読んだことがない。
スウェーデンで映画化されたものはTV放映を一部観ただけなので、不気味かつおどろ
おどろしいショッキング・シーンだけ印象に残ったが、全体のストーリーは知らなかった。
スウェーデン版映画の方は、一般的ヒットというよりはカルト人気を博していた。
それがハリウッドでリメーク映画化され、ダニエル・クレイグが主演ということを知り、絶対に
観たい、と思っていた。NRC新聞でも、こちらのハリウッド版のほうがスウェーデン版よりも
ずっと出来がいいと好評である。

試験中で午後は授業がない次男といっしょに出かけた。ハリウッド版映画だから、いつも行く
リュミエールではなく、シネコンでのロードショーだ。
めったに行かないのでつい最近まで知らなかったが、パテという大型チェーン・シネコンでは、
平日午後と週末午前の部は、5ユーロ50セントで最新映画が観られるのだ。
木曜午後2時半からの上映だったので、席はがらがら。観客数は最初7人、途中退場2名という
ありさまである。

c0188818_1737499.jpg
監督:David Fincher

2011年 アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ

ミカエル:Daniel Craig
リスベット:Rooney Mara
ヘンリック:Christopher Plummer
マルティン:Stellan Skarsgård
ディルク:Steven Berkoff
エリカ: Robin Wright Penn
ビュルマン:Yorick van Wageningen
アニータ:Joely Richardson
セシリア:Geraldine James





まず、オープニング・テーマ曲からしてかっこいい。なんと、レッド・ツェッペリンの『移民の歌』
をカレン・Oという女性歌手が歌っているのだ。ノリのよさでは、ロバート・プラントに勝るとも劣ら
ないから、こちらはリズムに合わせて思わず頭を振ってしまうのだった。。。
そのオープニング映像も白黒で非常にアーティーである。とてもスタイリッシュなので、本編への
期待がいや増しになる。


     トレイラーのバックにもカレン・Oの歌う『移民の歌』が流れている。
     ビートやメロディーのかっこよさもさることながら、北欧の人々を題材に
     している歌詞内容も、女性がパワフルに歌っていることも、まるで
     この映画のために誂えたかのようで、ドンぴしゃりと嵌っている。

ストーリーの核心にはあまり触れないでおくが、ダニエル・クレイグ扮する敏腕ジャーナリストの
ミカエルに、60年代の失踪(殺人?)事件調査の依頼が、スウェーデン産業界の重鎮から来る。
その一家の面々は、皆暗い秘密を隠していそうで、大金持ちなのでどいつもこいつも傲慢でイヤな
タイプばかり。
舞台となる屋敷はスウェーデン北部の個人所有の島にあり、携帯電話も通じないし、冬は雪に
閉ざされる。その島の一角の家を与えられ、ミカエルが探偵よろしく調査を行うのだが、舞台および
人物設定が、『八墓村』とか『犬神家の一族』みたいな感じである。

c0188818_17563670.jpg

         ポーズが007になってるが、ジャーナリストのミカエル。

もう1人の主人公と言えるタイトル・ロール、ルーニー・マーラ扮するリスベットはゴシック・パンクの
ハッカーである。
マーラの体当たりの役作りが素晴らしい。彼女自身はNYの名門の令嬢であるらしいが、リスベット
役のために大変身して、痛々しい過去の経験によって精神的に不安定な女を演じるのだが、説得力
抜群。

c0188818_183292.jpg

         まるでコンピュータ・ゲームから抜け出したようにスリムで
         ゴシック・メイクもパンク・ファッションもキマってる。

リスベットの暗すぎる過去と現在の法的・経済的不利を知る立場を悪用して彼女を弄ぶ、とんでも
ない野郎のビュルマン役は、オランダ人俳優が演じている。かなり情けない役どころである。

c0188818_1891273.jpg

         リスベットにエレベーターでかちあったビュルマン。


ミカエルのアシスタントに雇われたリスベットは天才的能力を発揮することになる。水を得た魚の如く
痛快なシーンが多くなる。新時代の理想のヒロイン像の確立だ。

c0188818_18115033.jpg

         リスベットにとって、ミカエルは初めて「友達」と思える相手。

リスベットがミカエルのアシスタントになる際、「女性を次々に殺した殺人鬼を探す」という言葉に
反応したので、「女性の敵」がキーワードで、復讐が彼女のエネルギーの源というか生きる
原動力となっているらしいことがわかる。
普段からやることはぶっ飛んでいて、自分の敵には情け容赦ないリスベットだが、心は脆く、傷つき
やすい少女のようだ。そういう風情を感じさせるマーラの演技力と役作り、もしくは監督のリスベットに
対する視点に好感が持てる。
また、マーラの英語のスウェーデン訛が本格的っぽいので、北欧の女優かと思っていたら、生粋の
アメリカ人であるのに驚いた。ダニエル・クレイグよりも外国語センスがありそうだ。

c0188818_1822396.jpg

         企業のアーカイブにも正式にアクセスできるリスベット。

『裏切りのサーカス』でもそうだが、デジタル化されていない古いファイルである膨大な量の情報
を集めたアーカイブや図書館が舞台になると、物理的な圧迫感が視覚化され、緊張感が増す。
デジタル時代にあって、こういうシーンが映画にはまだよく登場するというのは、一見逆説的だが、
情報をマッスとして見せないと迫力が足りない、ということかもしれない。

c0188818_18295230.jpg

         依頼人の当主ヘンリック役は、マックス・フォン・シドウだと
         ずっと思って見ていた。そっくりだ。

ブルジョワ一家の秘密を暴くようなストーリーが、スウェーデンやデンマークの北欧映画には多い
ように思う。古くはベルイマン、比較的新しいものではトマス・ヴィンターベアのFesten(邦題
『セレブレーション』)がそうだし、グロテスクに近い暴力シーンも北欧映画には付き物だ。

この映画にもサディスティックなシーンが結構沢山出てくるが、コンピュータ・ゲームのようにクールな
映像で体温があまり感じられないせいか、それほどグロではない。マーラの白く細い肢体の美しさに
救われている、と言うべきか。
なお、ダニエル・クレイグは冴えない探偵みたいな役だが、脱ぐシーンが登場するのは彼の宿命か
お約束か。
クレイグは、拙ブログにもタグを設定してあるほど好きな俳優であるが、今回は、マーラの勝ち。
でも、クレイグ出演の映画でハズレというのは、今まで観たことがない。(ハズレそうなのは観ない)
[PR]
by didoregina | 2012-01-27 10:53 | 映画 | Comments(6)

クロアチアの海

クロアチアの海岸線でも、中部ダルマチア地方は、地図で見ると石ころをばら撒いたように
無数の島々が点在する美しい風景だ。
ギリシャのレフカス島に飛んだ時、空路がこの上空に当り、航空写真のようにくっきりとした
景色に息を呑んだ覚えがある。
c0188818_19562881.jpg

         テラシチカ国立公園
         手前の湾の奥、中央に見えるのは塩水湖。
         後方の禿山のような小島がコルナティ諸島。

c0188818_1959624.jpg

         ミネラル分が多くてぬるっとした感触の湖水。
         早朝には、観光客がいないので、湖を独り占め。

c0188818_201314.jpg

         地図の右手にある絶壁まで、ハイキングできる。

c0188818_2003757.jpg
 
         湾内のムーリング・ブイにヨットを係留。
         国立公園なので、すぐにレンジャーのボートが
         やってきて、係留代金を徴収された。
         2泊した。岸にはレストラン以外何もない。
         小型船で、食料を売りに来てくれる。
         岸までは、ゴム・ボート(ディンギー)で。
        
c0188818_205622.jpg
 
         ヨットから飛び込む海の透明さ。

c0188818_20636.jpg
 
         桟橋のない、自然の湾内だから、隣のヨットも
         離れていて、辺りは静寂そのもの。
         聞こえるのは、松籟と蝉時雨のみ。      


ダルマチア地方でも、特に、国立公園にもなっているコルナティ諸島群の眺めは、
異色の美しさだ。
海上からは、サハラ砂漠のように乾燥して植物の生えていない丘のような島々が
浮かぶのが見える。
そこが砂漠ではなくて、海、というのがなんとも不思議。

c0188818_2011331.jpg


その南端に近いぺスケラ島のマリーナは、離れ島だからこじんまりとして、
最高の立地だ。4年前に続いて、2度目の訪問になる。
c0188818_20185542.jpg


上から見ると海の色の淡さから、深度が浅いことがわかる。
c0188818_202091.jpg


マリーナの上の丘からの眺め。浅瀬が多いのでヨット操舵は慎重に。
c0188818_20213598.jpg


こういう穏やかで澄んだ海をセイリングしていると、頭に響くのは、映画「冒険者たち」
のテーマ曲「レティシア」の旋律の口笛である。
海で死んだレティシアに潜水服を着せて、深い海に沈めていくシーンには、ため息が出た。



40年近くも前に聴いた旋律が、未だに脳内に残るような、こんな素敵な映画音楽が
最近は少ないのが残念だ。

割と最近のサントラ音楽で秀悦だと思ったのは、「カジノ・ロワイヤル」のテーマ曲
You know my nameだ。おなじみ007映画に付き物のオープニング・テーマに
使われたこの音楽と映像のかっこよさに唖然。新時代のジェイムズ・ボンド登場を
印象付けた。この映画での、ダニエル・クレイグのクールさは崇高でさえある。



クロアチアを南下すると、この映画の舞台にもなったモンテネグロだ。
クロアチア海岸線制覇は、そこを最終目標とし、その総仕上げに最後はヴェニスに
ヨットで入港するのが夢。
[PR]
by didoregina | 2010-08-06 13:40 | セイリング | Comments(6)

Enduring Love

タグにダニエル・クレイグというカテゴリーも設定してあることだし、2度見たこの映画について書いてみよう。
c0188818_1942334.jpg


2004年 ロジャー・ミッシェル監督作品、
出演: ダニエル・クレイグ、 サマンサ・モートン、 
ライス・エヴァンズ他









イアン・マキューアン原作で、本の邦題は「愛の続き」、映画の邦題は「Jの悲劇」。うーん、、、、
タイトルをうまく訳すのは、本当に難しいものだ。まさに「不実な美女か、貞淑な醜女か」の選択に悩む。
内容を過不足なく伝え、スタイル(文体)の統一感もあり、語感がよく、語呂あわせなどもよく考えた上で、しかもキャッチーでなくてはならない。
「愛の続き」は、まず、第一の点で、失格。原題の単語を訳してバラバラにした上でなんとかくっつけただけみたいで、内容と隔離している。
「Jの悲劇」は、よくよく練ったのか、割と軽いノリで決まったのかわからないが、まあまあか。主人公とストーカー二人のイニシャルである。しかし、タイトルから連想するのは、エラリー・クィーンの未完の遺作発見!みたいな感じだ。

数年前にDVDを借りて観た。今回は、TV放映されたもの。2度目で、ストーリー展開はもう知っているから、ディテールに目が行く。
そうすると、一回目は気がつかなかった意外な配役に、びっくりで、2度楽しめた。

ダニエル・クレイグ演じる主人公ジョーイは、大学で「愛」などについて講義をしている。でかいメガネ姿は、インテリ業界らしいダサさ満点。しかし、どの映画でもすぐに脱がされる宿命を背負った役者だから、水着姿も見せてくれる。
そのガールフレンドのクレア役が、サマンサ・モートン。彼女は、先日観た「コントロール」でも、主人公の妻役だった。役柄は彫刻家なのに、いつもどおりのイモ姉ちゃんぶりで、話し方もモサモサとくどくて、頭の回転がゆっくりそうで、この人が出てくると、わたしはイライラする。サム・ライリーやダニエル・クレイグなどのいい男の相手役に、どうして、こういう冴えない人が選ばれるのか、納得できない。

ジョーイとクレアは、たたなづく緑の丘陵地帯の草原で二人だけのピクニック。シャンパンの栓を抜いて婚約しようという直前、付近に赤い気球が不時着。と思いきや、子供を籠の中に残したまま気球は飛び立ちそうになる。数人の男がそれを止めるべく、気球にしがみつくが、無常な風にあおられて気球は舞い上がる。
この映画では、ダニエル・クレイグもジェイムズ・ボンドではないから、あわやの高さで手を離す。みんなも次々と。しかし、一人だけ責任感の強い医師は、最後までこらえるが、結局空の高みから墜落して死ぬ。
この第一の悲劇のトラウマ、罪の意識が、通奏低音のように映画全体に流れるのだ。

同じく気球にしがみついていた男ジェッドが、共体験感や罪悪感は薄いが、妄想を抱いたストーカーになるのだ。このジェッド役は、「ノッティング・ヒル」でもかなり変な男のスパイク役だった人。誰でも、一目見て、ヘンだ、と思うタイプで、これに付きまとわれたらかなわない。
c0188818_19532572.jpg

             勝手に愛されていると思ってるストーカーと被害者。

ジョーイとクレアの友人役に、「ラブ・アクチュアリー」で変な歌手役だった、ビル・ナイも出ている。この人、脇役として出演している映画の数は相当なものだと思う。クセはあるけど軽い味で渋さのない人だから、便利なんだろう。
それから、大学の教え子役に、ベン・ウィショー(「パフューム」での主役や「ブライト・スター」のジョン・キーツ)が、ヘンな大学生として、ちらりと姿を見せる。無精ひげでぼーっとした目つきだが、教室の中でひときわ光を放って目立つのは、さすがだ。落ち着きなく貧乏ゆすりしたり、訥弁で的はずれの質問したりして、ちょっと自閉症気味の大学生を演じるのだが、素晴らしく上手い。キース・リチャーズなんて、きっとハマリ役になるだろう、期待できる役者である。

また、ディテールで気に入ったのは、背景になっているロンドンやカントリー風景である。
ミレニアム・ブリッジを渡ってテート・モダンに行く道筋などは、「おお」と感慨深く、美術館最上階のレストランも重要な舞台で、懐かしさ満点だった。
イギリスらしさ満点の緑の丘陵でのシーンは、ああ、寝転がってピクニックしたい!と思わせる。

サイコ・ドラマとしての緊迫感が、やはりダニエル・クレイグ主演の「ラブ・イズ・ザ・デヴィル」に似ている。
妄想心理を病理的に追求し、究極の不条理を描いた映画だ。ダニエル・クレイグが「カジノ・ロワイヤル」以前に出演した映画は、粒ぞろいで駄作・凡作はないから、これらと並んで「レイヤー・ケーキ」「ミュンヘン」などもぜひ。
c0188818_20245866.jpg

               ビル・ゲイツみたいなメガネは減点対象。
[PR]
by didoregina | 2010-02-14 12:15 | 映画 | Comments(4)

Love is the Devil  フランシス・ベーコン生誕100年

10月最後の土曜日の夜、TVチャンネルを色々変えていたら、BBC4でリモコンを動かす
手が止まった。
フランシス・ベーコンのインタビューが映ったからだ。

c0188818_2593635.jpg


それは、フランシス・ベーコンの芸術や恋愛遍歴などを、本人や妹や元恋人や友人やその係累が
語るという形のドキュメンタリーだった。その映像の一部は、2001年にデン・ハーグで行われ
た回顧展でも見た覚えがある。すさまじいカオスとしかいいようのないアトリエで、雄弁に
自分の作品について語るベーコンの映像に釘付けになったものだ。
芸術家としての足跡と性向とを、インタビューも沢山織り交ぜ、多角的に切り込んで見ごたえ
のある番組だった。そのあと別の短縮版みたいなドキュメンタリーを見せて、もう一度復習と
いうか駄目押しとして、映画Love is the Devilが放映された。こうなると、まるでMTVのフレディ・マーキュリー没後10周年記念クィーン・ウィークエンドとか、マイケル・ジャクソン追悼
特集みたいなノリである。
実は、10月28日がフランシス・ベーコンの誕生日で、今年は生誕100周年に当たるのだった。

c0188818_37474.jpg


     ヴェラスケスに影響を受けたが、実物の絵を見ないで、
     写真を元に描いた、インノケンティウス10世の肖像

写真を元に描くという手法が多く、沢山の男性の肉体美や肖像画も、実物ではなく写真集や映画
のスティール写真などからデッサンを起こした。
肉屋の店先に並ぶ肉、食肉加工業者の処理した肉、闘牛場で息絶える牛など、肉がモチーフに
なった絵も多い。
また、キリスト教的伝統にのっとったかのような3連祭壇画風のシリーズや、磔図と題した絵も
色々あるが、描かれている内容は、宗教とは全く無縁の世界である。

とにかくインパクトが強い画風なので、デン・ハーグの展覧会を観たあとで、「20世紀を代表
するイギリス人画家であることは間違いない。いや、イギリスだけにとどまらず、20世紀後半
の芸術家としてはベストの一人だ」という感想を、ロンドンの美大に留学中だった親戚の子に
語ったほどだ。
彼女の反応は、「そんなに絶賛に値するものかなあ。。」だったが。

ドキュメンタリーでは、語りだしたら留まるところを知らない自己弁護じみたベーコン自身の
インタビューよりは、元恋人の家族なんかの証言のほうがずっと面白かったが、本命は、
なんといっても映画である。
実は、数年前から、現ジェイムズ・ボンドのダニエル・クレイグにハマリ、彼の出ている映画の
DVDを片っ端からレンタルして観まくった。その中で、この映画だけは未見だった。オン
ライン・レンタル・ショップのリストにないのだ。しかし、なぜかTVでは、何度か放映された。
ところが、平日の夜1時半とか、とんでもない時間ばかりだったので、見逃していたのだ。
そういう時間にしか放映できないし、採算が合わないからレンタル・リストにもない、という
ことから、内容は察しがつくと思う。危ないシーンや激しい台詞が盛りだくさんで、色々な禁
マーク・注意書きがつく。

c0188818_3321989.jpg


ダニエル・クレイグは、ジェイムズ・ブロンドと異名をとるように金髪の007であるが、この
映画では、ベーコンの恋人ジョージ・ダイヤー役なので、髪は黒く染めてダイヤーに似せている。
ベーコン役は、デレク・ジャコビで、ドキュメンタリーを見たあとでこの映画を見ると、容姿や
しゃべり方が本物そっくりなのにびっくりする。

c0188818_3365732.jpg

           ジョージ・ダイヤー

破滅的な生き方では、ベーコンの上を行くダイヤーとの関係を描いた映画での、ダニエル・
クレイグは、いつもながら美しい。学もなく趣味もあまりよろしくないチンピラだが、
「美しいものしか欲しくない」と言うベーコンのお目にかなっている。

ベーコンの生き方は、オスカー・ワイルドによく似ている。美しいものを愛し、(似非)ペダン
チックで自意識過剰で、芸術追求の態度は厳しいが、基本的に破滅型である。それは、自己
破壊というより、回りを巻き込んで破滅させてしまう性質のものだ。愛に飢えてはいるが、
与えるよりは奪う方を選ぶような生き方をみると、ボーダーライン症候群じゃないのかと疑っ
てしまう。

映画の中で異常に多いベーコンの独白だが、ドキュメンタリーを見たあとだと、非常に納得で
きる。思わせぶりに自分の行動や芸術活動を肯定する口調も内容も、オスカー・ワイルドの
芸術論の我田引水みたいで、ナルシストの面目躍如である。
彼を取巻くアーチストたちは皆、自己表現能力には長けるが、けたたましくしゃべる内容は
なんとも空疎である。イギリスのコメディー、Absolutely Fabulous でパロディーにされて
いるギョーカイ人間関係そのものだ。

そんな世界に溶け込めないダイヤーは、孤独感から奇矯な行動に走る。ベーコンに愛や代償を
求めても、得るのは虚しさのみだからだ。とうとう、ベーコンのグラン・パレでの展覧会
(イギリス人画家としてはターナー以来で、ピカソに並ぶ快挙)初日に、ホテルの部屋で睡眠
薬自殺をする。
トイレでの自殺のイメージは、彼の絵にもあるが、映画の中のゆがんだ映像ショットは、絵の
世界そのままで、よくできている。
写実的風俗描写の場面には、当時のジャズや映画などポピュラー音楽が挿入され、ベーコンの
絵そのままにシャープにゆがんだ心象を表す映像のシーンには、坂本龍一の音楽が上手く合わ
さっている。
ようやく、この映画を観ることが叶って、満足した。
[PR]
by didoregina | 2009-11-01 20:21 | 映画 | Comments(6)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧