クリスマス2日目

12月26日は、オランダでは「クリスマス2日目」という祝日だ。祭の後の静けさで、午後になっても人通りが極端に少ない。今日は晴天、日本のお正月を思わせる澄み切った空と冷たい風の中、川に沿って上流に向かい国境近くを散歩した。
家に戻り、クリスマスのために子供たちが焼いたケーキやクッキーを食べる。昨日10人で食べてもまだまだ沢山残っているのだ。

クランベリー・チーズケーキ
c0188818_620843.jpg










クランベリージャムをはさんだチョコレートケーキc0188818_6225482.jpg

















マシュマロとコーンフレークとゴマのクランス
c0188818_630766.jpg












ココアのクッキー
c0188818_6323331.jpg














ホワイトチョコとレーズンとくるみのクッキーc0188818_635328.jpg
[PR]
# by didoregina | 2008-12-26 22:49 | 料理 | Comments(0)

クリスマス・ディナー

キリスト教国では、やはりクリスマスは1年の締めくくりメインイベント。文字通り、盆と正月がいっぺんに来たようなもの。ドンちゃん騒ぎではなく、初詣のごとく(1年に1度だけ)教会のミサに出かけたり、家族親類そろってご馳走を食べて華やかかつ静かに祝う。プレゼントを贈るのはお年玉みたいなものだ。

ディナーは、1年に1度の大ご馳走大会だから、材料の質にも量にも手抜かりなく準備する。これが大変な仕事で、だから、大勢集まる場合は、持ち寄り分担性にしたりする。
以前は、クリスマス・ディナーの準備に張り切りぎてそのあと過労で寝込んだりしたこともあった。全く本末転倒だ。それに懲りて、近年は日本に逃げ帰ることも多かった。
でも、今年はわたしは全くノータッチ。フランス料理教室に2年通い、9月からはイタリア料理を習っているに主人と、ケーキ作りに最近燃えている息子たちが全部作ってくれた!寝正月のような怠惰でのんびりした日々。極楽といっても過言ではない。
じっくり味わった料理の数々を写真で披露したい。

前菜。モッツァレラをパルマハムで巻いてグリルしたものを赤タマネギのソテーの上に。
c0188818_610498.jpg


パスタ。キノコのソテー・パンケーキ包み、ポルト・マデイラ・赤ワインのソース、グリルしたトマト、クランベリーのコンポート。
c0188818_6212712.jpg


主菜。猪のモモ肉ローストにポルト・クランベリーソース、マッシュポテト、芽キャベツと栗。
c0188818_631580.jpg


デザート。オレンジのシャーベット、チョコレートムースにマンゴーソース。
c0188818_6364513.jpg

[PR]
# by didoregina | 2008-12-25 22:53 | 料理 | Comments(0)

Brokeback Mountain  反祝祭日映画

クリスマスにふさわしい映画というと、毎度おなじみのフィールグッドものだ。まあ、家族そろって浮かれた気分の晩にテレビ放映される映画は、はらはらしつつほろりとさせるハッピーエンドでないと世間が許さない。

昨晩イブのテレビ映画ラインナップは、「オリヴァー・ツイスト」「ハリー・ポッター第二部」「アメリ」「グリンチ」「ブロークバック・マウンテン」だった。
その中からこの映画を選んだのは、ほかのは観た事があるからという理由で、消去法で残ったにすぎない。

監督はアン・リー Ang Lee。だから一筋縄ではいかない映画だろうことは予想がつき、興味はあった。

内容は、カウボーイの同性愛を描いたものだけに、ハッピーエンドにはなりようがない。イブの晩に子供といっしょに観るのははばかられるような内容だ。二人の葛藤を、かなり執拗に、でもあきれるほど巧みに描いている。

同性愛とは直接かかわりのない人でも十分感動できるのがミソで、その筋の人専用カルト映画になっても不思議はないのに、ヴェネチア映画祭金獅子賞のほかアカデミー賞も最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀音楽賞をもらっている。(映像の素晴らしさに比べ、音楽のほうは全く印象に残っていないが)選考委員たちの懐の深さには脱帽。また、この映画をイブの晩の8時半から放映したオランダ第3テレビ局の見識にも拍手だ。

フィールグッドとはまた違った不思議な感動を残す映画だった。

c0188818_50285.jpg
[PR]
# by didoregina | 2008-12-25 17:17 | 映画 | Comments(0)

しばし楽の音に

このブログのタイトルになっているのは、ヘンリー・パーセル作曲の「しばし楽の音に」Music for a while。バロック歌曲の珠玉、主要レパートリーだから、リサイタルでもよく歌われる。
手持ちのCDでは、マイケル・チャンスが歌っているのが好み。全体的には、バロック以前のイギリス・ルネッサンスの曲のようなメランコリーが漂う。しかし、ほのかに雲の合間から薄日が差すような箇所があって、気持ちが慰められる。さらりと陰影が表現されている。

ところが、フランス人カウンター・テナーのフィリップ・ジャルースキーが歌っているのを聴くと、全く印象が異なる。とにかく明るい。陰影は微塵も感じられない。バロックを通り越してロココのギャラントな雰囲気。刹那的な愉楽を説いているよう。


[PR]
# by didoregina | 2008-12-24 09:08 | バロック | Comments(4)

ブログ開設

非日常の悦しみ、をキーワードにブログを作ってみた。
おそるおそるの開設なので、正式なお披露目は年明けになるかもしれない。
とりあえず1年の締めくくりメインイベントのクリスマスが終われば、いろいろなしがらみから一時解放されるので、心落ち着けて思索・試作ができるだろう。
c0188818_10434952.jpg

まずはご挨拶のかわりに、我が愛するマレーナ・エルンマンの美しい写真(by Mats Backer)をアップ。
[PR]
# by didoregina | 2008-12-24 00:44 | マレーナ・エルンマン | Comments(7)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧