「ほっ」と。キャンペーン

ベルギー鉄道のスト、傾向と対策

ベルギーでは、11月下旬から毎週月曜日のゼネストが恒例化している。
旅行および遠征の時一番困るのは、ヨーロッパの交通機関のストである。とにもかくにも
できる限り正確な情報を収集し、先へ先へと回って対処するしか方法はない。
それでわたしが経験した11月24日のベルギー鉄道ストの実地ルポを公開し、皆様の今後の
お役に少しでもたてたら幸いである。

c0188818_3544981.jpg


11月24日出発2泊3日のロンドン遠征を決めたのは、10月の日本旅行の日程が煮詰まった後
だから、夏頃だった。丁度その頃、上手い具合にユーロスターのバーゲンがあり、往復69
ユーロという破格値の切符を確保した。
遠征目的は、フランコ・ファジョーリのロイヤル・オペラハウス・コヴェントガーデンでの
『イドメネオ』のイダマンテ役デビュー舞台と、クリスティン・スコット=トマス主演の
芝居『エレクトラ』鑑賞である。

ベルギーのストのことは他山の石というか、把握していなくて、知ったのは遠征の3日前。
遅まきながらネットで情報を集め始めたのだが、詳しいことはよくわからないままだった。
ストを実施する張本人ベルギー鉄道のサイトによると、ユーロスターは通常運行、タリスと
アムステルダム~ブリュッセル間の特急は動かない、そして、アントワープ、リンブルフ、
ルクセンブルク、エノーの各州とワロン・ブラバントがゼネストに参加するということだ。
告知通りであれば、わたしの利用する列車の線路は、上手い具合にそれらから外れている。
しかし、国境を超える電車は動かさないとも言っているから、非常に微妙である。

c0188818_572857.jpg


ベルギー鉄道はスト情報というか、列車運行状況を刻々とツイートするということなので、
前日夜からフォローを始めた。
遠征前夜、マーストリヒトからブリュッセルまでのオンライン切符予約ページを開いてみた。
すると、この路線のチケットは翌日無効と出た。非常にわかりにくいロジックであるが、
運行しない、ということを別の言葉で表現しているのではないかという結論を得た。
マーストリヒトはオランダのリンブルフ州に位置しているし、国境を超える電車は動かない
と告知しているのだから、驚くには当たらない。しかし、国境を越えたらそこはリエージュ
州である。ストには参加しないはずである。我が家から国境はすぐで、最寄りのベルギーの
駅ヴィセまで行けば何とかなりそうだ。

しかし、そのうちに、なんだかヴィセ~リエージュ間も危なくなっているようだった。
というのはその路線の始発駅は国境のこちら側マーストリヒトであるからだ。いや、どうも
リエージュからブリュッセルまでの電車もやばい雰囲気が漂いだした。
それで、リエージュ経由でブリュッセルまで電車で行こうとするのは危険かもと判断し、別の
方法でブリュッセルに向かう方法を考えた。
一番簡単なのは、車で行くことだ。家からなら1時間ちょっとである。しかし、なんたること、
わたしの車を売ってしまったばかりなのだった。
送り迎えの必要だった子供たちも成長して家を出たし、夫婦二人だけなのに車2台というのは
不経済だし、近年は旅行もほとんど飛行機を使っているから、車は一台だけで十分、と思った
のである。それで、主人に通勤前にブリュッセルまで送ってくれないかと頼んでみたが、
仕事で必要なのなら別だが、遊びの遠征のために早朝の往復送迎はいやだと断られた。
こうなったら、タクシーで行くべきか。。。。

c0188818_5115871.jpg


ここからブリュッセルへのバスはない。あるのは、アムステルダム、ロッテルダムなどから
の長距離バスのユーロラインである。破格の安値であるが、翌日は電車の代わりにユーロ
ラインでベルギーに入ろうとする人は相当多くなっているようで、刻々と席が埋まっていく。
特にローゼンダールやブレダ、エイントホーフェンなどの国境近くからのバスで時間的にも
ぴったりなのは全て予約でいっぱいだ。
背に腹は代えられない、仕方がないとアムスを9時発のユーロラインを予約した。バスだから
ブリュッセルまで6時間の長旅である。しかも、家からアムスまでは電車で二時間半かかる。
ほとんど始発の電車に乗らないと間に合わない。
車なら1時間ちょっと、電車でも通常1時間半のブリュッセルまで、アムス経由で8時間かけて
行くという、正気の沙汰とは思えないが一番安全な路線を確保した。バス代金は20ユーロで
ある。

その案だと翌日6時の電車に乗らないといけないから、5時に起きてストの様子を窺ってから、
どういう方法で行くか決めることにした。5時からアクチュアルなスト情報をツイートすると
いうことでもあったからだ。
5時半の時点で、どうやらリエージュ~ブリュッセル間、そして、ヴィセ~リエージュ間も
通常運行予定の模様である。それで、バスでアムス経由ブリュッセル入りという馬鹿げた
プランは捨てた。
スト実施の赤い路線と駅からなる地図の中で、わたしの利用する路線だけ安全な緑の色の
廊下のような具合だったからだ。

しかし、刻々と色の変わるスト路線地図は、だんだんと予断を許さない状況になっていく。
ブラバント州のフラマン地域もだんだんと危なくなっているようで、ルーヴァン行きは
ほとんど運行中止だ。リエージュからブリュッセルまではルーヴァンも通過するから剣飲だ。
とにかく動いているうちに電車に乗ってブリュッセルまで行ってしまおうと決め、7時30分
ヴィセ発の電車に乗ってリエージュまで。そこから、ストしている州を通らない路線でブリュ
ッセルを目指した。10分ほど遅れたが、ルーヴァンを通過する電車でなんとかブリュッセル南
駅までたどり着いたのは午前9時すぎだった。
それから3時発のユーロスターまでは6時間も時間があるが、駅の外に出たり駅構内のカフェ
や待合室をはしごして、本を読んで過ごした。

c0188818_59506.jpg


その間、電光掲示板を見ていると、どんどん電車は運休、間引きまたは遅延となっていって
いる。リエージュからの電車も1時間遅れになったり、間引きされているのもあるから、
朝早い電車に乗ったのは正解であった。
ユーロスターだけは正常運行しているから、ストと知らずにブリュッセルにロンドンから到着
した客達は非常に困惑しているようだった。何しろそこから先に行く手段がごく限られている
のだ。
駅の案内カウンターや切符売り場、タクシー乗り場も長蛇の列だ。

危機を脱して、ほとんど遅延もなくロンドンに到着したのは午後4時過ぎだった。
遠征必勝法としては、正確な情報収集と冷静な判断とネヴァーギブアップ精神しかない、と
の思いを新たにし、また、強運を神に感謝した。
[PR]
# by didoregina | 2014-12-16 05:15 | 旅行 | Comments(4)

England's Orpheus, or the festive finale of a year with.....Iestyn Davies

December the 5th is St. Nicholas’ Eve. In several parts of Europe, particularly
in the Netherlands and Belgium, it’s more important than Christmas, especially
for children who try to behave well to receive fancy presents from the Good Saint.
On that very evening, Iestyn Davies (countertenor) and Elizabeth Kenny (lutenist)
would give an intimate lute song concert at Shoreditch Church (St. Leonard’s) in London. Early music lovers might hardly imagine any better treat than this.
So I flew away from the warmth and cosiness of festive event in Holland to attend
the concert to celebrate the finale of an extraordinarily musically fruitful year.

c0188818_2045061.jpgEngland's Orpheus
5 December 2014, Shoreditch Church (St. Leonard's)
Iestyn Davies (countertenor), Elizabeth Kenny (lute)

Purcell: Music for a While,
Sweeter than Roses,
A Song Tune (lute solo),
RIgadoon (lute solo),
'Tis Nature's Voice.

Dowland: Come Again,
Flow My Tears,
Semper Dowland, Semper Dolens (lute solo),
Now, O Now I Needs Must Part

[interval]

Dowland: In Darkness Let Me Dwell,
King of Denmark's Galliard (lute solo),
Can She Excuse My Wrongs?,
Sorrow Stay

Handel: O Lord Whose Mercies Numberless,
Non può mia musa,
Può te, Orfeo, con dolce suono, Dunque maggio d'Orfeo,
Ogn'un canti e all'Armonia

Robert de Visée: Prelude and Chaconne (theorbo solo)

Purcell: By Beauteous Softness,
If Music Be The Food Of Love,
An Evening Hymn

Encores:
Handel: Cor Ingrato from Rinaldo
Thomas Morley: Will You Buy A Fine Dog?

I have a kind of tendency to avoid concerts held at churches, as I’m rather
critical and sceptical about the acoustics in churches in general; in most cases
the choir sounds too solemn to understand what they are singing because of
echoes and reverberations. In order to prevent that kind of disappointment,
you have to take a seat as close as possible to the musicians, where you can
hear the sounds directly. So my friends and I started standing in front of the
church door 30 minutes before it opened, and could successfully get the best
seats on the front row.
Another threat to a church concert is rather low temperature inside; in winter
you might regret, if you don’t dress like going out to watch a football game.
I remember a Bach concert at Our Lady’s Church in Maastricht a few years ago;
the audience jumped up soon after the last tune had faded (it took some time
before all became quiet, as the reverberation time of that church was extremely
long), clapped shortly and rushed outside, instead of giving a usual standing
ovation. Our patience reached nearly the limit, and it was too cold to behave
politely. I still wonder how musicians and their instruments survived in such
extreme circumstances…..

c0188818_2115895.jpg

(photo courtesy of Peraperaopera)

The fully packed Shoreditch Church looks quite cosy with candle lights here and
there on the stage. There are even some seats set on the stage just surrounding
the artists like a shield or a wall, which, in my view, would be aimed to create
better acoustics.

The opening number of the concert is Music for a while. During last 12 months I attended 9 concerts and 3 operas in which Iestyn was involved and this is my
5th time to hear his singing this song live. Music for a while is obviously and
absolutely my favourite song from Purcell, and this time it is accompanied with
the lute. This combination results in plain beauty. I am so touched by the music
played by two artists who look totally devoted to entertain us in such a sincere way. This is the best Music for a while rendition ever, bearing a touch of loneliness,
despair and hope. I first try to keep myself calm but soon surrender and let my
eyes filled with tears. Later Iestyn sings Flow My Tears suitably with full essence
of melancholy.

c0188818_2114668.jpg

(photo courtesy of Peraperaopera)

The second part after the interval starts with melancholic Dowland’s In Darkness
Let Me Dwell. It is impossible not to be blown away, by hearing England’s living
Orpheus singing this song. But he sings it without unnecessary pretension; yes,
which you can call the art of melancholy. I am particularly fond of the way he ends
the song suddenly with no display of sentiment, which is so effective, sensible and stylish.

Lutes and theorbo require tuning often, so Iestyn and Lizzy talk meanwhile about instruments, composers, their first collaboration some 20 years ago and so on.
(One of the CD booklets I brought to be signed is coincidentally the recording for
which they worked together when Iestyn was 13 years old. I asked them to sign
on it at the post-concert signing session. This is Iestyn’s autograph, mocking as if
a 13-year-old boy wrote it.)

c0188818_21112060.jpg


Lizzy plays some solo lute pieces, which also sound intimate and unpretentious.
Robert de Visee’s works are not familiar to me, but they recall me a same sort of
delight as Dutch art of 17th century. Perhaps it’s because of the composer’s name;
Vise is the nearest Begian town just across the border from my place. Might his
family have come from Vise, or he himself have been born there?

Handel is honourably nominated as an English Orpheus in this concert. I don’t
disagree, though he is totally different from the two former composers. I’m also
a Handelian and I always appreciate Iestyn’s performing roles in Handel’s operas
and oratorios, so it is more than welcome that Handel repertoire is included in
tonight’s programme. Iestyn sings Non puo mia musa, which, to my surprise, seamlessly matches the rest of the programme, even though it’s sung in Italian
with more vivid colours and lighter ornamentation than relatively monochrome
Dowland and Purcell songs.

c0188818_21175681.jpg


Purcell’s Evening Hymn is a perfect song to finish a lute song concert; I never call
this song a tearjerker, but this time I can’t help my lacrimal gland loosing. What a blessing.
There are two encore pieces: Handel’s Cor Igrato from Rinaldo, and Thomas Morly’s
Will you buy a fine dog? The contrast is huge:one is serious and the other is funny, which shows his versatility in wide repertoire. After attending this memorable, comprehensive and exquisite concert, I can’t help feeling like listening to Iestyn's performing on an opera stage soon again.
[PR]
# by didoregina | 2014-12-09 21:38 | イエスティン・デイヴィス | Comments(2)

Around the world in 50 concerts RCOの世界ツアー、ドキュメンタリー映画

c0188818_22202022.jpg監督 Heddy Honigmann
2014年 オランダ




















ロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラ(RCO)が2013年に行った創立125周年
記念世界ツアーのドキュメンタリー映画。
オランダ語原題は Om de wereld in 50 concertenで、2014年アムステルダム国際
ドキュメンタリー映画祭参加作品として、11月下旬に映画祭で公開されたばかり。
話題性は高かったのだが、12月初旬の底冷えする冬の日のリュミエールの観客は
わずか5名!

RCOの創立125周年を祝うTV特番は、昨年いくつかあり、5週連続でドキュ・ソープ
まで放映された。だから、このドキュメンタリー映画もそのTVドキュと似たもしくは
重複する内容なのではないか、という危惧を少々抱いたのだが、映画の方はコンセプトも
切り口もアプローチも全く異なるものであった。

c0188818_22355040.jpg


まず、団員の何人かにスポットを当てて、その楽器との関わりや音楽に関する個人的思い
などをインタビューで語らせているのだが、不特定多数の視聴者を対象としたTV番組とは
異なり、芸術家である音楽家へのアプローチというコンセプトがはっきり感じられる。
また、日常から離れたコンサート・ツアーという特殊な場面であるから、音楽についての
語り口がストレートで、視点がぶれずに腰が据わった内容となっている。
だから、楽器や音楽、コンサートの思い出話にしろ、味わい深い。

それから、マエストロ、マリス・ヤンソンスの指揮姿や練習風景も登場するのは、TVドキュ
でも同様だが、ドキュ映画の方では、マエストロらしさを前面に押し出したいわばヒーロー
的描写が中心で、誕生日だのホテル予約だのという舞台裏の下世話な話題は出てこない。

しかし、なんといってもこのドキュメンタリー映画は、単にツアーに同行して映像を繋げた
というわけでは全くなく、時間をかけてリサーチした結果の作品であることは明らかで、
特に世界各地の音楽ファンの「人間ドラマ」が浮き彫りになっている点が目新しい。

c0188818_22552439.jpg


ブエノスアイレスのタクシー運転手は、毎日12時間車を走らせているが、茫漠たる砂漠の
ような大都市での孤独感を埋めるため自分の世界を車の中に作り出す。すなわち、車中で
ずっとクラシック音楽を流して聴くのだ。乗客は、いわば、運転手の確固たる小宇宙にそれ
と知らずに入り否応なしに取り込まれる。それはまたとりもなおさず、運転手にとって
自己存在というものが希薄になって拡散しまうことを防ぐための方策であるらしい。

また、南アフリカ、ソヴェトに住む黒人たちが絶え間なく続く不安と危険と蔑視に満ちた
生活環境を一時でも忘れるため音楽の力で乗り切る、という姿を説得力溢れる映像と語り
で見せてくれる。

それら一つ一つはまったく別々のエピソードで、断片的描写であるにもかかわらず、
それぞれが有機的に繋がっているように思える構成である。
中ほどでコントラバス奏者がショスタコーヴィチの交響曲10番について語る場面が、
映画での最終ツアー地でのエピソードへの導入となっていることが最後にわかるのである。

ザンクトペトルスブルクの小さなアパートに住むユダヤ人男性の語り。
スターリン時代の粛清と僻地の収容所への隔離、そしてヒットラー時代には強制収容所に
入れられ、人生の大半をほとんど絶望的かつ生存不可能と思える状況におかれた彼が、
音楽を心の頼りに生きてきて、コンセルトヘボウ・オーケストラのコンサートに来る。
その彼が最後に見せる横顔に、このドキュメンタリーの真髄が表れている。

ラストでは、映画館の客席から思わず拍手がもれた。私以外全員が拍手していた。
[PR]
# by didoregina | 2014-12-04 23:20 | 映画 | Comments(10)

ヴァラー・サバドゥス (Valer Sabadus)の Le Belle Immagini コンサート

若手カウンターテナーの中でも、声質が特に好みなので贔屓にしているヴァラー・サバ
ドゥスのコンサートに行った。@Opernhaus Düsseldorf, 09. November 2014

c0188818_1833834.jpg

Carlo Giuseppe Toeschi (1731–1788)
SINFONIE D-DUR
1. Satz: Allegro maestoso

Christoph Willibald Gluck (1714–1787)
ORFEO ED EURIDICE (Parma-Version)
Arie des Orfeo „Che farò senza Euridice“

PARIDE ED ELENA
Rezitativ und Arie des Paride „Le belle immagini“

SCHAUSPIELMUSIK ZU „ DON JUAN“ (Fassung Wien 1761)
Chaconne Espagnole
Andante
Allegro ma non troppo

SEMIRAMIDE RICONOSCIUTA
Arien des Scitalce „Non saprei qual doppia voce“ & „Voi che le mie vicende“

PAUSE

Wolfgang Amadeus Mozart (1756–1791)
CASSATION IN G-DUR KV 63
Auszüge

Christoph Willibald Gluck (1714–1787)
DEMETRIO
Arie des Demetrio „Non so frenar Il pianto“

Josef Mysliveček (1737–1781)
FARNACE
Arie des Farnace „Ti parli in seno amore“

OVERTURE IN B-DUR (F 30)
Allegro con Spirito
Andante

Antonio Sacchini (1730–1786)
IL CID
Rezitativ und Arie des Rodrigo „Se pieta tu senti al core“
Arie des Rodrigo „Placa lo sdegno o cara“


会場であるデュッセルドルフの歌劇場で、サバドゥス君はヘンデルのオペラ『セルセ』に
2年前主演しているし、10月にはケルンの歌劇場でも『ルイキッポ』に主演し、20代と
若いにもかかわらずドイツやフランスでは(比較的レアな)バロック・オペラには欠かせない
実力派カウンターテナーとして活躍している。

このコンサートは、新譜Le Belle Immaginiのプロモートの意味合いもあり、器楽演奏は、
CDと同じくHofkapelle Münchenが担当し、選曲もCDから採られている。
前半プログラムは、グルックのオペラ・アリア が中心で、前奏曲代わりの器楽演奏による
トゥスキの『シンフォニア41番』の後は、いきなり『オルフェオとエウリディーチェ』
から「エウリディーチェを失って」を歌うのだった。
こういう選曲と構成にしたのは、端正な古典派らしい衒いのないストレートな美しさで勝負
の曲から始めて少しずつ喉の調子を上げながら、次第にテクニック的に複雑な技巧を要する
ブラヴーラ・アリアでクライマックスに持っていくというわけなのだろうが、一曲目の
「エウリディーチェを失って」は、聴いているほうもなんだか苦しくなってくるほど、
サバドゥス君の表情は硬くほとんど蒼白で、眉間に皺を寄せたままか細い歌声で最愛の妻が
戻ってこないことを嘆くのだった。



上記動画の音源はわたしが行ったコンサートの一週間後にラジオ放送されたオペラの録音で
あるが、どちらもソプラノ・カストラートのためのパルマ版の演奏で、ダカーポの装飾の
付け方も伴奏も同じであった。
3列目の席で歌手の真正面で聴いたのでよかったが、後ろのほうの席までしっかり届いたんだ
ろうか、と少々心配になってしまったほど潤いと声量に欠けていたのが残念だった。緊張も
あろうし、喉がまだウォーミングアップ不足だったのだろうか。こういう超有名曲で始めると
いう構成は、ヘンデルの『セルセ』における「オンブラ・マイ・フ」と同様であるが、歌手に
とってはちょっと難しいものがあるのではなかろうか。
それほど、一曲目に持ってきて聴衆に印象付けるのは困難な曲なのだ。

2曲目の『パリーデとエレナ』の歌唱も同様で、こちらも高音部分が大変そうだなあ、と
いらぬ心配をしてしまうのだった。このオペラは、以前に実演鑑賞したことがあるのだが、
いかにもソプラニスタのために作られたようなアリアが満載で、その時歌ったCTの歌唱の
伸びやかな高音の美しさにノックアウトされたのだ。
しかし、休憩前の『セミラミーデ』からの2曲になると、喉の調子も上がったようで、ブラ
ヴーラも輝かしくテクニック全開でエネルギッシュに聴かせてくれた。ここに持っていくために
最初の2曲は喉を抑えめにしていたのだろう。

c0188818_1942758.jpg


合間に入る器楽演奏と伴奏はホフカペレ・ミュンヘンが担当。高音弦楽器の多い編成の
ため、相対的に通奏低音があまり聞こえなかったが、全体的に華やかかつ手堅い演奏である。
特に管楽器の上手さにドイツの古楽団体の演奏ではいつも唸らされるのだが、バロック・
オーボエ、ホルン、トランペットは音色の美しさも、音の決まり具合もしっかりしていた。

後半はグルックとミシュリヴェチェクとサッキーニ作曲アリアの数々で、いずれ劣らぬ
華やかな技巧を要するのだが、もう喉は十分に温まったと見え、表情も晴れ晴れとし曲間に
余裕でジョークを言いつつ、目くるめくようなコロラチューラで歌い上げてくれた。
彼の生の歌声にも歌い方も、マレーナ様に似ているなあ、と感じさせる部分があるのだが、
特に中音部と高音部のメゾらしいファルセット部分がそっくりなのが、彼贔屓の理由の一つ
かもしれない。ほかのカウンターテナーと比べた場合の彼の個性としてはメゾそのものと言える
声質が際立つのだが、逆に低音部に男性らしい力強さがあるのが、メゾと比較した場合いかに
もカウンターテナーらしくて、それもまた好きな理由である。

アンコールは、モーツアルト風であるがモーツアルトではないのがミソ、と言うサッキーニの
Vieni, o caro amato bene。CDにも入っているというのだが、わたしはすっかりモーツアルト
作曲なのかと思って騙されてしまった。サバドゥス君がモーツアルトのオペラに出演したら
ぜひ聴きたいものだ。

c0188818_19474828.jpg


ドイツの聴衆にいかに愛されているかがよくわかるのは、熱烈にブラーボ、ブラーヴィが飛び
交い、スタンディングオヴェーションになったことだ。(オランダでは、スタンディング
オヴェーションは儀礼的というかいつでもどこでもデフォルト化しているのが残念)
一曲一曲歌いあげるたびに、嬉しそうな笑顔を見せ、お辞儀も深々として好青年そのものの
すがすがしさ。
サイン会の列もとても長かった。

c0188818_19531644.jpg

[PR]
# by didoregina | 2014-11-19 18:45 | カウンターテナー | Comments(0)

マレーナ様のルッジェーロ動画、再び!

マレーナ・エルンマン・ファンクラブの皆様、いかがお過ごしでしょうか。
さて、マレーナ様主演の「セルセ」ストックホルム公演は全30回、9月からの長丁場も
11月2日に千秋楽を迎えました。

c0188818_17452115.jpg


この公演での「セルセ」動画はまだアップされていないようですが、2月のチューリッヒ公演
「アルチーナ」のルッジェーロの動画が、いったん削除されたもののまた出てきました。
とにかく、マレーナ様の素晴らしい演技力と運動神経抜群の切れのいい動きに圧倒され、
コミカルな洒脱さに爆笑間違いなし。ぜひご覧になってください。



オペラ対訳プロジェクトが訳してくださった、このアリアの歌詞と対訳を載せます。


Partir da te, mio ben, alma molesta. 愛しい人、君の元を離れるのはつらい。


Sta nell'Ircana pietrosa tana ヒルカニアの石造りの棲み家に
tigre sdegnosa, e incerta pende, 怒った雌虎がいて
se parte, o attende 猟師から逃げるかそれとも待ち受けるか
il cacciator. 決めかねている。
Dal teso strale つがえられた矢から逃げたいが
guardar si vuole; それでは子供を危険にさらしてしまう。
ma poi la prole 血への渇望と子供への心配に
lascia in periglio. 震え悩んでいる。
Freme e l'assale そして、愛が勝つ。
desio di sangue,
pietà del figlio;
poi vince amor.


(Parte in fretta.) (素早く退出)



来年1月・2月・3月には、オランダ・ナショナル・オペラ(DNO)とモネ劇場とのコープロで
ルセ指揮オーディ演出の「アルチーナ」が、アムステルダムとブリュッセルで上演されます。
そちらはドロットニングホルム版のため、チューリッヒのプロとは全く正反対と言ってもいい
舞台となることでしょう。マレーナ様は出演しませんが、期待のオペラです。
[PR]
# by didoregina | 2014-11-05 17:47 | マレーナ・エルンマン | Comments(8)

リンブルフ州北部のマース川流域をサイクリング

秋の週末、友人たちと別荘を借りてともに過ごすのは毎年の恒例行事である。
15年以上通ったベルギーのアルデンヌ高原から3年前に河岸を変えて、オランダ・リンブルフ
州北部のマース川流域の温泉場アルセンで過ごした。
オランダならば、ハイキングではなくてサイクリングである。

c0188818_15591914.jpg

こんな金色の自転車をレンタルした。24時間で10ユーロほど。

オランダでは、国中サイクルロードが網羅されていて、車道、歩道とは区別されているから
ドライバー、歩行者、サイクリストの三者にとって安全・安心である。これに慣れると、
よその国でサイクリングするのはちょっと怖く感じる。

c0188818_1641987.jpg

出発進行!(普通の自転車の場合、ヘルメットは必要ない)

マース川流域の畑や牧草地や林や村々を通り抜ける。
この辺りは人口密度もさほど高くないので、川に橋が架かっている場所は大きな町だけだ。
その代わり、渡し場は沢山ある。

c0188818_1673343.jpg

小さな渡し船だが、自転車、車、歩行者が乗り込める。
対岸に留まっている渡し船は、大きなベルを鳴らして呼んでこっちに来てもらう。

c0188818_1694813.jpg

船に乗り込む。


c0188818_1611750.jpg

料金は、渡し場によって異なるが、50セントから1ユーロの間。往復割引はない。


c0188818_16121647.jpg

両岸に渡したワイヤーを手繰って進みつつ船は行き来する。
たった数分のクルーズだ。

対岸には有名なカフェ・レストランTante Jetがあるから、コーヒーとリンブルフ名物の
果物パイ(フラーイ)で、テラス休憩。

c0188818_16155713.jpg


休憩が終わったら、怪しかった雲行きがとうとう大降りの雨に変わった。
それで、仕方なく(?)カフェの中に入って、ビール休憩。

c0188818_1619652.jpg

近くにはヘルトグ・ヤンというビール醸造所があるが、飲んだのはトラピスト・ビール。
オランダのティルブルフ近郊にあるトラピスト修道院で作られるラ・トラッペのダゥブル。
次回、またアルセンに来たら、ぜひ、ヘルトグ・ヤン醸造所を見学したい。
(いつも日曜日にサイクリングするので、醸造所は休みなのだ。)

c0188818_16213262.jpg


のんびり焦らずに、天気が回復するのを待ったのだった。
[PR]
# by didoregina | 2014-10-17 16:26 | サイクリング | Comments(0)

マルレーネ・デュマス展@Stedelijk (アムステルダム市立美術館)

The Image as Burden と題して開催中のマルレーネ・デュマスの大規模な展覧会@
アムステルダム市立美術館に行ってきた。(2014年9月6日~2015年1月4日。その後
2月5日から5月10日までテイト・モダンに巡回)

c0188818_18294025.jpg


















マルレーネ・デュマスの回顧展は、アムステルダム市立美術館が数年にわたる改修工事を
経て、2年前にリニューアル・オープンする前からアナウンスされていたので、ずっと心待
ちにしていたのだ。リニューアル以来さほど惹かれる展覧会がなかったし、目玉といえる
この展覧会を何度も見たいがために年間ミュージアム・カードを作ったと言っても過言では
ないほどの期待の大きさだった。

c0188818_1843471.jpg


















建て増し部分は、バスタブと呼ばれ、当初評判が芳しくなかったが、2年たつと誰の目にも
慣れができたせいか、最近は悪く言う人も少ない。

コンセルトヘボウとは道路を挟んで斜め向いに位置するこの美術館には、現代美術がほどよく
集められているし、近くのファン・ゴッホ美術館や国立美術館のように観光客でごった返して
いないから、マルレーネ・デュマス展開催期間にアムステルダムまで遠征される方には、ぜひ
と勧めたい。
リニューアル後のこの美術館にはこの夏初めて入館したのだが、来訪者たちのヒップでカッコ
よいことに驚いた。お上り観光客はほぼ皆無で、その代わり美大生やデザイン関連業界人、
デザイン愛好家が多く来るようで、そういう人たちを眺めているだけでもうっとり、思わず
写真に収めたくなるほど。
デュマ展には平日正午に入ったのだが、やはりおしゃれな人たちが多く目に留まるのだった。

c0188818_1904711.jpg


最初の展示室でまず目に飛び込んできたのは、このDead Girl (2002)。
亡くなったパレスチナ人少女の報道写真を元に、デュマスが絵にしたもので、題材に選ぶこと
の多い「人間の死」というものを真正面から捉えた作品だ
血で濡れた蒼白い死者の顔だが、人物の表情を滲みというかぼかしで表現していて、思わず
引き込まれるような荘厳さが漂う。

デュマスのデッサン力の線の的確さは、南アフリカの画学生時代に作った新聞の切り抜き
写真と線画との組み合わせのスクラップというかコラージュ作品にも見いだされるが、とにかく
唸らされる。その線を和らげるかのように、人物の顔はおつゆのように滲ませているのだが、
表面を覆っているものが外に溢れ出てくるかのようで、より一層その人物の個性が表出する、
といった具合である。

次の展示室の前には、ショッキングな表現が含まれます、との注意書きがある。

c0188818_20134322.jpg

The Kiss

あからさまに性的だったり性器が露出した裸体を描いた作品が集めてあるからだ。
しかし、わいせつとかショッキングという語彙は、デュマスの作品を語るにはふさわしくない。
彼女の絵から発せられるのは、叫びではなく静けさなのだから。無音に近い静謐な世界を作り
上げている印象を見る者に与えるのは、その表現手段とテクニックのためもあろう。
ささっと無造作に描いたかのように一見思わせる線も、水墨画のように滲ませたモノトーンの
色も、こうして沢山並べてあるのを見ると、そのテクニックに驚かされる。

c0188818_20263776.jpg

古今のキリストの見覚えある顔を一面に集めた一角。
テーマごとの展示方法も卓越だ。アーティストとキュレーターと美術館のコラボとして、非常に
練られて上手くいった好例。

彼女の絵は人気があるし、作風を真似たコピーのような作品を目にすることも多いが、他の
物まねアーティストの作品から感動を得たことはない。
その反対に、彼女の絵は大概どこの近・現代美術館には一枚は所蔵されているのだが、絵のほう
から招かれる、という経験をいつでもどこでもするのだ。
彼女の絵の掛けられている部屋に入った途端、他の作品はぼやけて、わたしの目に飛び込んで
くるのは彼女の絵だ。
そして、吸い込まれるのはその絵の中の「核」ともいえる部分なのだ。

c0188818_20274494.jpg


Waterproof mascaraと題されたこの絵もそうだった。
人物の目に吸い込まれるように歩を進めた。特にくっきりとした下まつ毛に視線が向かった。
そしてタイトルを見て、やっぱり、と膝を打った。こういう経験が多いのだ、デュマスとは。
絵から呼ばれて近づいてじっくり見るとと、ツーカーで話が合うので思わず微笑む、という
ようなことが。

c0188818_20371439.jpg


部屋ごとにテーマに沿った組み合わせの展示の妙に舌を巻いたが、白眉はモノトーンの
水彩画だ。
その中でも、彼女のアイドルとでも言える有名人の肖像を集めた一角には、引き寄せられ
そして微笑んでしまった。
そこには、パゾリーニ、ジャン・ジュネ、オスカー・ワイルド、ペドロ・アルマドバル、
ガルシア・ロルカ、そして、ルドルフ・ヌレエフの顔が並んでいたからだ。
[PR]
# by didoregina | 2014-10-15 20:46 | 美術 | Comments(0)

セミ・ステージ形式の『ポッペアの戴冠』@バービカン

この秋一番期待の出し物は、バービカンでの『ポッペアの戴冠』だった。
なぜなら、ネローネ役にサラ・コノリー、オットーネ役にイエスティン・デイヴィスと
いう垂涎もののキャストだからだ。(当初ポッペア役に予定されていたアンナ・カタリナ・
アントナッチは、割と早いうちに降りてしまって、リン・ドーソンが題名役)

c0188818_22203227.jpg
Monteverdi L'incoronazione di Poppea
Semi-staged performance
2014年10月4日@The Barbican

Academy of Ancient Music
Robert Howarth director
Alexander Oliver stage director
Lynne Dawson Poppea
Sarah Connolly Nerone
Sophie Junker Drusilla/Virtu
Daniela Lehner Amore/Damigella
Marina de Liso Ottavia
Matthew Rose Seneca
Iestyn Davies Ottone
Andrew Tortise Arnalta
Vicki St Pierre Nutrice
Elmar Gilbertsson Lucano/2nd Soldier
Gwilym Bowen Valletto/1st Soldier/Highest Familiari
Richard Latham Liberto/Middle Familiari
Charmian Bedford Fortuna
Phillip Tebb Littore/Bass Familiari


モンテヴェルディのこのオペラ自体も好きな作品である。
バロック・オペラ黎明期の作品なので、音楽的には明快でキャッチーなアリアがちりばめ
られ書法もストレートでベーシックかつシンプルながら、ストーリー的には神々および
人間同士の愛憎・愛欲・美徳・哲学・権力欲などが絡み合って複雑なのが魅力である。
その後発展していくバロック・オペラに不可欠な要素は揃っていながら、まだまだアルカ
イック的な稚拙な荒々しさとでも言える香りがなんともたまらない。

実演舞台では、オーディ演出でネローネ役にマレーナ・エルンマン、オットーネ役に
べジュン・メータ、ポッペア役にダニエル・デニースというのと、ネローネ役にフランコ・
ファジョーリ、オットーネ役にデヴィッド・D.Q.リー、ポッペア役にマリア・ベングトソン
という2プロダクションを鑑賞したことがある。いずれも、演出的に凝った舞台で、オケも
かなり増強した編成になっていて、見ごたえ聴きごたえがあった。

今回のバービカンでは、ステージ形式かと思っていたら、なんとセミ・ステージ形式という
ことで、小規模編成のオケの前に、客席に張り出す形で舞台が広げてある。最前列に座った
私の目の前で、演技が繰り広げられるのであった。

神々の争いに人間世界での権力争いと愛欲とが絡み合い、全体のトーンとしては悪徳賛美に
なっているところが、このオペラの画期的な点であり、現代にも通じる普遍性のある所以で
ある。しかも、登場人物の誰もが一筋縄ではいかない、多面性を備えている。
複雑なストーリーのため登場人物が多く、主要人物以外は、何人かの歌手が複数の役を兼ねる。
セミ・ステージなので、私服に毛の生えたような舞台衣装というか、役柄にあった自前の衣装
という感じである。

c0188818_22335818.jpg


歌手では、とにかくご贔屓の二人が演じるネローネとオットーネにひたすら注目つつ、見
聴いた。

サラ様ネローネは、第一幕と第二幕を合わせた前半では、タキシード風のスーツを着崩した
いかにもプレイボーイ的な衣装で、ネローネの権力と愛欲へ固執する性格を表情や態度で
表す素晴らしい演技が冴えていた。堂々たるものである。1メート位先の舞台上だから、ごく
細かい点までよく見えるのだが、彼女の迫真の演技の素晴らしさ!ほぼオールバックに
ぴったりとなでつけてマニッシュな髪型がより男っぽさを醸し出す。
さわやかさの勝った彼女らしい歌唱と声も、ネローネにまさしくぴったりだ。
横たわったり、ポッペアのみならず男友との濡れ場シーンなどをかなりいろいろなポーズを
取らされて歌うのだが、ほとんど非の打ちようがないネローネぶりである。
彼女のズボン役には惚れ惚れするのだが、今回も最高の出来だった。

c0188818_22472551.jpg


大道具などの舞台装置は全くないのだが、照明で各場の雰囲気を変えているのと、オケ後方に
ある階段の段差や客席も用いたりして動きに幅を出し、場所的・音響的にも変化をつけている
演出はなかなかよかった。

オットーネというと気の毒な寝取られ男というイメージなのだが、そういうかわいそうな役に
イエスティン君はこれまたピッタリなのだ。ヒーローとは言いがたいが悪役でもない、アンチ・
ヒーローに彼ほどすんなりとルックス的にも声質的にも合うカンターテナー歌手は少ないかも
しれない。
毎度ながら、彼のコントロールのきいた歌唱には舌を巻くというか、全くどこにも不安を感じ
させない。今まで聴いてきた彼の歌でがっかりしたことは一度もなく、いつでも安心して聴い
ていられるのだ。そのコンスタントさという実力はかなりの強みではないだろうか。
そして、特に近くで見るとよくわかるのだが、細やかな表情での演技も上手い。

c0188818_2302773.jpg

ネローネの黒(前半)と花柄(後半)の衣装との対比も鮮やかな白のリネン・スーツのオットーネ。

高校生という設定だったリナルド役以来、あごひげを剃ったのが、また少しうっすらと伸びて
きている感じ。下はきりっと刈り上げて上に行くにしたがって長いトレンディーな若々しいさ
と躍動感のある髪型もよく似合っている。


題名役のポッペアには、あまり期待していなかったのだが、それでも不満がありすぎた。
清涼感が売り物だったリン・ドーソンの声には、今や張りや潤いが感じられず、高音と
低音の声に滑らかな統一感がないから、聞き苦しいことこの上ない。年のせいで声全般に衰え
が隠せないのはまだしも、歌唱も不安定である。主役の歌にハラハラさせられるというのは、
聴いていて辛い。
ポッペアといえば、悪女中の悪女であり、しかもコケットなかわいらしさも必要な役だ。
ルックスに関しては、もう今更何も言うまい。後半になって、歌唱は持ち直したので、彼女が
出てきても、そちらを見ないようにして聴いていた。

今回、はっとさせられたのは、オッタビア役のマリナ・デ・リソの安定して迫力のある歌唱だ。
オットーネと同じくらい同情を買う役だが、皇后の気位の高さも出さなければならないから、
どうかな、と心配していたのが全くの杞憂に終わるほど、堂々たるもので見直してしまった。
今回の歌手陣の中で、彼女だけイタリア的テンパラメントを感じさせる、熱いものがほとばし
っている歌唱だった。

それ以外の歌手も、皆それぞれ役柄に合って上手で、(題名役を除いて)不満は全くなかった。
ただし、イギリスの歌手とイギリスの器楽演奏家でほぼ揃えたため、よくいえば、清らかで
典雅だが、このオペラ作品の持ち味であるねっとりとした毒のようなもの、あざとさが音楽
から感じ取れなかった。生真面目そのもので遊びの要素がないのだ。その点で、今まで聴いた
『ポッペア』と比較した場合、少々物足りない。
オケの編成もごくごくシンプルなもので、チェンバロ2台とテオルボ2台の通奏低音楽器が
主に活躍するのみで、それもかなり控えめなのだ。それ以外の弦楽器や管楽器になると全く
印象に残っていない。
アルカイックなモンテヴェルディの音楽の土臭さを感じさせるような、躍動感を強調するよう
なリズミックな楽器の使い方がされていなかったためだ。ある意味、古風な演奏なのだった。
今回も、ヨーロッパ大陸とイギリスおよびアメリカの楽団によるバロック演奏の違いをまた
改めて認識させられた。

c0188818_2333316.jpg

[PR]
# by didoregina | 2014-10-10 23:39 | オペラ実演 | Comments(5)

ロバート・メイプルソープの写真展@テイト・モダン

ロンドンのテイト・モダンで開催中のロバート・メイプルソープの写真展に、ぎりぎり
セーフで間に合った。あと二週間ほど見られるので、未見の方は急いで!

ARTIST ROOMS: Robert Mapplethorpe – Tate Modern
Tate Modern: Display 11 May – 26 October 2014

3室にわたって展示されている写真の数はさほど多くはないが、見たかったものは見られた。

まずは、70年代のパティ・スミスの写真3点。そのうち2点は彼女のアルバム Horsesおよび
Easterのための撮影と同時期のものだ。

c0188818_19151816.jpg


左端のは、Horsesのアルバム・ジャケット写真に似ているが、もっと自然なポーズ。
パティの骨ばった少年のような、飾り気のないストイックな美しさが最大限に引き出されて
いて感動。


そして、3室目にはメイペルソープのセルフポートレートの数々が、ほぼ年代順に展示されて
いる。
若く美しい、気鋭の写真家らしい自信に満ちたそれらの数々が、彼の死の直前まで順を追って
並べられている。その中で、わたしが一番好きなのは、下の写真だ。

c0188818_19314961.jpg


まるで鉛筆かペンのデッサンのように見えるアーティストの手に焦点が定められ、珍しく
シャイな表情と相まって、彼の本質を表現しているように思えるからだ。


パティ・スミスとロバート・メイプルソープは、若い芸術家同志として60年代から70年代、
ニューヨークで同居していた。
その頃の二人の出会いから共同生活に関して、メイペルソーブが亡くなってからだいぶ経って
パティが書いた本が、Just Kidsと題されて出版された。別れても彼が死ぬまで、そして死んで
からも、彼女の中でメイプルソープは重要な部分を占めた。



Just Kidsから一部抜粋して朗読するパティ。そして、ア・カペラで歌うBecause the Night
ロバート・メイプルソープへのオマージュと追悼に胸がキュンとなる。誰もが思いを馳せる
青春の一コマそのものなのだ。
[PR]
# by didoregina | 2014-10-10 19:39 | 美術 | Comments(2)

A Most Wanted Man (誰よりも狙われた男) アントン・コービンの新作映画!

アントン・コービン (オランダ人。オランダ語発音に従えばコルバイン表記の方が妥当だろう
が国際的に活躍しているので、英語っぽい慣例に従ったカタカナ表記で)の新作映画ならば
見逃せない。しかも、原作はジョン・ル・カレで、主演はフィリップ・シーモア・ホフマン
と3拍子揃っているから、期待はいやましに高まった。

c0188818_1754839.jpgDirected by Anton Corbijn
Screenplay by Andrew Bovell
Based on A Most Wanted Man by John le Carré

Philip Seymour Hoffman as Günther Bachmann
Rachel McAdams as Annabel Richter
Willem Dafoe as Tommy Brue
Robin Wright as Martha Sullivan
Grigoriy Dobrygin as Issa Karpov
Derya Alabora as Leyla
Daniel Brühl as Max
Nina Hoss as Erna Frey
Herbert Grönemeyer as Michael Axelrod
Martin Wuttke as Erhardt
Kostja Ullmann as Rasheed
Homayoun Ershadi as Dr. Faisal Abdullah
Mehdi Dehbi as Jamal Abdullah
Vicky Krieps as Niki
Rainer Bock as Dieter Mohr

Music by Herbert Grönemeyer
Cinematography Benoit Delhomme
Edited by Claire Simpson
2014年 イギリス

英・蘭での封切直後の各紙・誌の評がかなり分かれているのに、おやっと思った。
ガーディアン誌では評者によって全く異なる星数の複数のレビューが出ているし、NRC誌の
評も微妙である。新聞・雑誌によって、5つ星から3つ星まで様々なのだ。
そういう場合、わたしにとって吉と出るか凶と出るか。少しだけ戦々恐々となった。
いや、武者震いと言ったほうがいいかもしれない。
いざ、リュミエールへ出陣!

c0188818_17243076.jpg


コービンの前作The American (邦題「ラスト・ターゲット)では、いかにも本職の写真家
らしい凝りに凝った映像の作り、反耽美的とでも称すべき独特の風景描写を堪能したものだ。
コービンらしい美意識に溢れてただひたすらカッコよさを追求しました、とでもいう感じで、
ストーリー展開と主人公の心理描写はまあまあいいのだが、ラストのあっけなさには釈然と
しなかった。(小説が原作という制約もあるが。)
今回は、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの原作に基づいているから、数年前のやはりル・
カレ原作の傑作映画Tinker Taylor Sodier Spy (邦題「裏切りのサーカス」)とどうしても
比較してしまう。

c0188818_17383560.jpg


911テロでジハードの脅威で世界の平和意識が覆った後のハンブルクが舞台で、現代のアク
チュアルな時事問題に直結している。ドイツのほとんど非公認秘密諜報機関で冷や飯を食わせ
られているグンター(フィリップ・シーモア・ホフマン)がさる筋から得た情報を元に追い詰め
るのは、チェチェンとロシアのハーフでイスラム原理主義テロリストのイッサだ。
ロシアからもアメリカからも危険人物として目を付けられたA Most Wanted Man (邦題
「誰よりも狙われた男」)である。

そのイッサというのが、痩せてダークな陰が魅力であり、いじめられっ子のようにおどおど
として非力に見え、守って助けてあげたいという気持ちにさせる。実際、危険なテロリストに
こういうタイプもいるんだろうが、その辺の人物の性格付けがうまい。
ロシア人俳優グリゴリー・ドブリジンが演じているのだが、この俳優、ベン・ウィショーと
タハール・ラヒムを足して二で割ったような感じだから、わたしの胸がキュンとなったのも故
なきこととは言えまい。

イッサは、ロシア人大物軍人がチェチェン人の少女に産ませた子で、15歳だった母はイッサの
出産直後に亡くなっている。汚職軍人だった父を憎んでいるが、父の手紙を手に危険を冒して
ハンブルクに不法潜入してきたのだ。

c0188818_18125775.jpg


追われてどこにも居場所のないイッサを匿い、亡命申請の補助をする左翼系ドイツ人弁護士
アナベルは金髪の若い女性である。正義感溢れる彼女は次第にイッサの魅力に惹かれていく。
このプロセスはたぶん多くの女性観客の目や感情と一致するのではないだろうか。だから、
ストーリーに真実味を与えている。しかし、彼女は本当にイッサを助けようとしているのか、
それとも。。。スパイものには裏切りはお約束だし、特に美人というところが怪しい。
そういう点でハラハラさせ、疑わせるところも秀逸である。

ジハード系テロには、巨額の資金を援助・供給しているところがあるのも当然で、そのルート
もグンターらは探っている。
汚れた闇の金ロンダリング専門だった銀行の頭取役ブルーがウィレム・デフォーで、こいつも
いかにも悪そうな顔つきだが、あまりに悪役然とした奴ほどこういう映画では心に清いものが
あったりするものである。正と悪は、007映画では確然と判断がつくが、それほど単純に一筋縄
でいかないこの映画はハラハラどきどきさせる。

c0188818_18201637.jpg


そういうわけで、イスラムのテロ組織、CIA、ロシア諜報部、ドイツ諜報部すべてから狙わ
れているイッサを泳がせて大物を捕獲する、というのがグンターの取った手段なのだが。。。
グンター役のフィリップ・シーモア・ホフマンは、これが最後の映画出演となったのだが、
彼の魅力が初めて理解できた。太って汗をかきかき歩くのも大儀そうだし、たばこも離せず、
外見は不健康で、いかにもドイツ政府からほとんど未公認の諜報組織のしがないスパイなのに、
部下から絶大な信頼を得ているし、意外な筋との重要なコネクトも持つ。

新聞での評価が低い理由に、すぐに誰が裏切者なのかわかってしまうからスリルに乏しい、と
いうのがあった。あれこれと考えつつ、しかし映画の面白い展開に乗せられたわたしには、
ラストシーンまで裏切者はわからなかった。
ハラハラ度と胸キュン度は最高潮に達したのだった。

映画館から外に出たら、外の景色がいつもと違って見えた。
ほぼ毎週映画は見ているが、こういう気分になる映画を鑑賞したのは久しぶりだ。
そのことからもこの映画の素晴らしさが確証できる。太鼓判を押したい。
[PR]
# by didoregina | 2014-09-25 18:43 | 映画 | Comments(2)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧