<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Farinelli and the King or how I learned to stop worrying and love the castrato

2015年最初のハイライトは、グローブ座のサム・ワナメイカー・プレイハウスでの新作芝居
Farinelli and the Kingにイエスティン君がファリネッリ役で出演ということで、期待とある
種の胸騒ぎを覚えつつ、2月12日を心待ちにしていた。
c0188818_18214073.jpg

Farinelli and the King by Claire van Kampen @ Sam Wanamaker Playhouse
2015年2月12日
Directed by John Dove
Designed by Jonathan Fensom
Musical Director/Harpsichord: Robert Howarth

Sam Crane:Farinelli
Huss Garbiya: Doctor Jose Cervi
Melody Grove: Isabella Farnese
Colin Hurley: Metastasio
Mark Rylance:Philippe V
Edward Peel: De la Cuadra
Iestyn Davies: Castrato

新作であるし、私たちが行ったのは二日目公演なので、ほとんどまだ評も出ていないから、
ほぼ白紙状態で臨んだと言える。事前に知っていたことといえば、年末にイエスティン君が
ラジオ局と組んでファンとのインタラクティブ・インタビューを行った際訊き出したのだが、
ファリネッリ役は役者と歌手の2人が舞台に立ち、イエスティン君は歌のみの担当で、台詞は
ないだろうということ。
う~む、ファリネッリが2人か一体どういう芝居になるんだろう、どういう歌をどの場面で
歌うんだろう、そして、歌手ファリネッリ役のイエスティン君の立ち位置はどこだろう、
普段ならなにがなんでも最前列中央の座席を取るのだが、劇場内部の構造がよくわからない
まま取った座席からの眺めはどうなんだろう、と疑問と期待とが交差する毎日であった。

さて、当日は早めに劇場に行った。付近のカフェか劇場カフェで軽く食事でもしようという
わけである。出待ちのための楽屋出口下見という意味もあるのだが、それらしきドアは全く
見つからない。着物にコートとマントの重ね着をしていたが外は寒い。中に入って、切符
売り場の辺りに立って同行者とおしゃべりなどしていた。すると、なんとそこに楽屋入り前
私服のイエスティン君が現れたのである。よく見かけるグレーのセーター姿にピンときた。
c0188818_1834227.jpg


以前ここに来たことのあるロンドンの椿姫さんによると、この劇場は内部写真撮影厳禁で
その厳しさは徹底しているということなので、カーテンコール写真は撮れないだろうし、
楽屋口もわからないから出待ちもできないし、と思っていた矢先だったので、これ幸いと
パパラッチさながらに取り囲んでパチパチとイエスティン君の写真を撮らせてもらった。
(私服姿でもあり、他の人たちはイエスティン君には全く気づいていないようで、私たち
以外に彼の写真を撮る人はいないのであった。それとも、この劇場に来る人たちの大半は
CTとかオペラとかバロックとかにはあまり縁がないのかもしれない。)

c0188818_19112467.jpg

昨年建ったばかりのサム・ワナメイカー・プレイハウスの見取り図。
左下部分がこじんまりとした劇場で、それ以外の空間に、切符売り場(右)、
カフェ(左上)、階段などが見える。

劇場内部の写真撮影が不可ならば、撮れるところで撮っておかねばと、フォアイエで着物姿の
記念写真撮影もした。

c0188818_1914655.jpg


昨年1月にこけら落としをしたばかりの新しい劇場だが、外観はイギリス版北方ルネッサンス
のジャコビアン風の端正かつシンプルな煉瓦造りなのに対して、劇場内装は木材に黒と金の
彩色が施されてかなりバロックっぽい趣味の豪華さで、しかも照明は天井から下がるシャン
デリアもステージ壁も舞台床も本物の蝋燭のみという凝りようである。だから、内部はほの暗く、
いかにも時代劇を見るのに似つかわしい雰囲気で気分は嫌が応にも盛り上がる。
丁度、四国高松にある、江戸時代の芝居小屋を模して造られた金丸座のような具合で、その
時代の空気が味わえるこの空間に、芝居好きならば一度は身を置いて劇場体験すべきだ。

c0188818_19311992.jpg

トイレのある場所は2階奥で、一番上の写真にあるハーフティンバーのエリザベス一世時代の
チューダー風建物のグローブ座に壁を接して繋がっているようだ。

さて、ようやく開演時間が迫ってからドアが開き、客は座席に着くことが許される。
1階バルコニー右側の席で、びっくりするほど小さな芝居小屋ながら、柱が邪魔になる席も
あるので、値段は隣り合わせの席同士でもかなり幅のある設定になっている。私の席は45
ポンドだったと思うが、クッション付きベンチ席で余裕があり視界も悪くなかった。

ロンドンの歌劇場と芝居の劇場との違いで一番大きいのは、後者内部での写真撮影絶対禁止と
いう方針の徹底度だ。開演前に客席の様子を写すのすらきつく咎められるということは、
11月の遠征時に鑑賞したオールド・ヴィック座での『エレクトラ』で重々承知している。
狭い劇場に比して案内人の数が多いのと、客席数も少ないため係員一人ひとりが目を光らせて
いて、見つかれば遠くからでも叱責注意されるという現場を目撃しているから、カメラを取り
出すのさえ恐ろしくてできない。
そして、もう一つの驚きは、これもオールド・ヴィック座で経験すみなのだが、客席への
飲み物持ちこみが当たり前であることだ。皆、プラスチックのコップに入った水やビールや
ソフトドリンクを手にしている。(ラウンドハウスからのオペラ『オルフェオ』ライブ・スト
リーミング中継で映された客席でもリラックスして飲み物片手の人が目についたので、ロン
ドンの芝居小屋では当然のことであるらしい。)

c0188818_2112236.jpg


舞台奥の部屋や壁などはこの芝居のために作られたデコールではなく常設で、中央奥から
役者が舞台に登場する。舞台を客席から隔てるカーテンはない。また、芝居は舞台上だけで
なく平土間の客席通路や舞台の階上でも行われる。器楽演奏は、教会のパイプオルガンある
いは合唱団席さながらの舞台奥の階上にあるギャラリーが定位置である。

今回、イエスティン君の歌が目的で来ている客は少数派であるらしいことは、歌劇場やコン
サート・ホールとの客層が違うことから察せられた。そして、観客の目的は何よりも、今
飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優、マーク・ライランス演じるスペイン王フェリペ役を見るためと
いうことは紛れもない事実だと実感した。それは、彼の一挙一動に会場の目が注がれ、意外
にも喜劇的要素の多い芝居なので、彼のセリフごとに笑いが起こる、という塩梅である
ことから知ったのである。なるほど、開演前に会ったイエスティン君が言っていた
「すっごくファニーで楽しく笑える芝居だから。」というのは、このことなのかと悟った。
ファリネッリと王様という芝居は喜劇とは最大の予想外であった。

それと同様に予想外で驚かされたのは、ファリネッリとスペイン王そしてイザベラ王妃との
三角関係が後半では重要な話の運びになっていることだった。
前半では主に、鬱で自分の世界に閉じこもり国政に興味を無くしている王の周りで起こる
悲喜劇と、そんな王をなんとか救いたいがために、音楽の力で病気や神経が和らげられるの
ないかと思い、ロンドンの劇場情勢に詳しいイザベラ王妃がファリネッリをスペインに招聘
し、王様専属歌手にしようとする、かなり状況説明的な筋で進んだ。

ウィーンのメタスタージオを仲介人にして人気絶頂のファリエッリをなんとかスペインまで
来てもらうことに成功。王の枕もとで歌う、Alto Gioveが前半のハイライトであろう。
ファリネッリといえば誰もがこの曲を思い浮かべるし、ポルポラ作曲で彼の音楽書法および
カストラートの喉やテクニックを聴かせる技巧など全てが凝縮したこの歌は、最近では若手
CTたちも何人かレパートリーとしている。
この歌なしではこの芝居もあり得ないだろうと思っていたが、イエスティン君がこの歌を
歌うのを聴くのは初めてなので、どんな具合なのか、しかし彼の得意とする唱法とはかなり
異なるテクニック、メッサ・デ・ヴォーチェやヴィヴラートなどのケレンミを必要とするから
なあ、と不安半分・期待半分であった。やはりと言うべきか、かなりあっさりと正攻法聖歌
隊的で、艶めかさや哀愁や甘美からはほど遠いものであった。しかるに例えるならば、夜空に
きっかりと輝く星の清澄さ、森の木立の間から地面に差し込む月光のごとくひたすらと清々
しいのである。
もしも超絶技巧を駆使した唱法でこの歌を歌われたら、王は興奮、ますます目が冴えてし
まって眠るどころではなくなるから、子守歌のような歌唱は本来の目的に適っているとも
言えよう。

c0188818_21331227.jpg


後半は、心の平安を取り戻した王と王妃とファリネッリとの楽しい田舎生活、そして王妃と
ファリネッリとの不倫が軸になる。
森の中の狩の場面では、景気づけのため勇ましいVenti Tribuniをファリネッリが歌う。
このアリアは、ヘンデルの『リナルド』での白眉であり、昨年グラインドボーンで題名役を
歌い演じたイエスティン君の十八番である。男っぽいこの歌は、だから、二重の意味で
テクニックも含めてばっちりと決まる。
だが、しかし、ここでまたいくつか疑問が湧く。
まず、この選曲は脚本家(作曲家としての方が有名なクレア・ファン・カンペンが初めて
脚本を書いた)によるものなのか、イエスティン君からのアドヴァイスなのか。
そして、イエスティン君が歌手ファリネッリとして舞台に登場するのはほぼ歌う時のみで
あるが、もう一人のファリネッリ役俳優とイエスティン君とはルックスがよく似ている。
歌が始まると2人のファリネッリが舞台上で入れ替わる時もあるし、2人がそのまま一緒に
いる場合もある。わざわざ、そっくりさんを選んだのだろうか。
そしてまた、イエスティン君はオペラ舞台経験も多く演技力もあるのだから、わざわざ
ファリネッリ役を2人にする必要はあったのだろうか。

第一の疑問に加えるに、後半の二番目のアリアにCara Sposaが使われたのは、王妃とファ
リネッリとの不倫の愛という場面にはぴったりであるが、逆に考えると、もしかしたらこの
歌を使いたいために不倫という設定を作ったのかもしれない。そんな疑問も湧くほど、
この歌もイエスティン君にお誂え向けの十八番で聴かせる歌なのだ。

第三の疑問にも加えると、オペラ歌手だから舞台で歌以外の台詞を覚えたりしゃべるのは
さほど苦になるとも思えないのだが、地の声がかなり低いイエスティン君の場合、しゃべる
のとファルセットの歌唱とを交互にというのは喉には負担になるからだろうか。
かなりの回数出演の舞台だから、出ずっぱりというのは重労働かもしれないが、イエスティ
ン君の演技や異なる表情をもっともっと見たかった。というのは、歌手ファリネッリとして
登場する彼は、人気と地位に恵まれた華やかな人生を象徴しているとは思えないほど沈痛な
表情で歌うことが多かったからだ。

王のもとを去るファリネッリが歌うのは、『私を泣かせてください』で、これとともに幕。
この曲は、『リナルド』では本来ソプラノが歌うのだが、今まで一度たりともソプラノが
歌うこの曲を聴いて満足したことがない。かなりスローテンポなのは己の境遇の辛さを切々
とかきくだき、悲劇のヒロインである自分に酔っているようなのが常道で、かえって聴く方は
白けてしまうことが多いのだ。それに対して、女々しいところの少ないメゾやCTが歌うと
この曲はいい曲だなあ、と思うことが多い。
イエスティン君がこの曲を歌うのを聴くのは今回が初めてだったが、『ファリネッリと王』
のラストでストレートに全くてらいなく歌われたこの曲がしみじみと心に響き、これほど
イエスティン君向けの曲だとは、と新たな発見に目を瞠らされたのだった。
[PR]
by didoregina | 2015-02-26 22:11 | イエスティン・デイヴィス | Comments(8)

『真珠採り』レイス・オペラ公演

オランダの巡回歌劇団Nederlandse Reis Opera(旧称Nationale Reis Opara)による
ビゼーの『真珠採り』をマーストリヒトのフレイトホフ劇場で鑑賞した。
レイス・オペラ公演も、このオペラを鑑賞するのも久しぶりである。
見に行こうという気になったのは、所属する合唱団のコンサートでこのオペラの白眉とも
言えるテノールとバリトンによるデュエット「神殿の奥深く」をつい最近歌ったのが
きっかけである。
Les pêcheurs de perles @ Theater aan het Vrijthof 2015年2月3日
c0188818_1793446.png























Benjamin Levy: Muzikale leiding
Timothy Nelson: Regie
Wikke van Houwelingen: Decorontwerp
Elena Werner: Kostuumontwerp
Gé Wegman: Lichtontwerp
Jitti Chompee: Choreografie
Florentijn Boddendijk & Remco de Jong: Sound design

Kishani Jayasinghe: Leïla
Yaroslav Abaimov: Nadir
Robert Davies: Zurga
Yavuz Arman İşleker (TalentenEnsemble): Nourabad

Krittin Kiatmetha: Danser
Juan Carlos Toledo: Danser
Rocco Vermijs: Danser

Noord Nederlands Orkest
Nationaal Opera en Concert Koor
Koordirigent: Stephen Harris

連日異なる劇場を巡回する歌劇団の宿命で、舞台装置は移動も設置しやすいものでないと
いけないという制約があるので、舞台背後に白い大幕、その後ろに月、巨大な光源、そして
モルディブ辺りで海釣りをする人が座る杭のようなものが大道具の全てであるが、そのシン
プルさがなかなか効果的でもあった。

c0188818_19232356.jpg


小道具としては、頭からすっぽり被る白い仮面と大きな魚網の使い方が抜群だった。
仮面は着けた者の感情をその内に秘めてしまいながらも、逆説的だが露わにもするという
効果があることは、能面においても見いだせる。
主役3人は、使命・因習と愛情・友情との二局対立の葛藤と一方通行の三角関係に苦しむの
だが、個人の感情よりも共同体での使命や因習の比重が高いことを前提としていることから
起こる悲劇の深さを、仮面は無言ながら雄弁に語るのだった。
また、漁網は処女の純潔を象徴するベールとして使われたり、秘めた愛情関係の存在を世間
から天狗の隠れ蓑のように隠してくれるものになったり、がんじがらめになった苦悩を象徴
したりと千変万化の活躍である。

c0188818_19243263.jpg


舞台演出効果として特に感心させられたのは、三人のダンサーの存在であった。
開演前、すでに舞台上では無言でコンテンポラリー・ダンスが繰り広げられていたのだが、
しなやかな肉体の美しさを最大限に出す振り付けで、古典バレエの素養のあるダンサーが
見せるアクロバティックな動きはうっとりするほど美しい。オペラの幕が上がってからも
歌手の周りで踊ったりするのが、まったく邪魔になるどころか、ほとんど道具立てのない
シンプルな舞台では一種のデコールも兼ねている具合で、全体との調和がいいのだ。
振付のJitti Chompeeという人は、ピナ・バウシュの影響を大きく受けているらしい。
エレガントな動きが目に心地よく、せかせかしたような振付けで観る者をイライラさせる
ことも、歌手の邪魔をすることもない。

c0188818_19254573.jpg

主役級の三人の歌手

歌手では、ナディール役のテノールの発音がいかにもフランス語らしい鼻音を強調する
ディクションで、ちょっとトピ君を思わせる若々しく伸びやかな美声である。
高音になると下からずりあげるのが癖のようにも思えたが、気になるほどではない。
バリトンの声はあまり印象に残らなかった。
レイラ役はスリ・ランカ系の美女で、ポスターも彼女の写真を基に加工デザインされている。
身長が低いのに体つきが予想外にがっしりしているので、顔とのギャップが大きかったが。
声は、この役にはどうなんだろう。ヴェルディ向けのしっかりしたつやと芯がある声質と
声量で、わたしの描くレイラのイメージとは異なったが、客観的には悪くはない。

c0188818_19263669.jpg

三人のダンサー



いつもこの歌劇団でがっかりさせられるのはコーラスだ。全体にのっそりして緊張感が
感じられずヴォリュームにも欠ける。前半は特にリズム感がひどいのにあっけにとられた。
最後の方のコーラスでなんとか盛り上げていけたのが救いだった。

オケも特に印象には残らなかったが、ソロ楽器を客席バルコンや平土間後方に配置したりと
工夫は凝らしていた。
繰り返し登場するテーマ・メロディーが抒情的かつ甘美で美しいのがビゼーの曲の真骨頂
なので、管楽器のソロが上手く決まっていたから及第点はつけよう。
[PR]
by didoregina | 2015-02-05 19:33 | オペラ実演 | Comments(4)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧