<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

リンブルフ州北部のマース川流域をサイクリング

秋の週末、友人たちと別荘を借りてともに過ごすのは毎年の恒例行事である。
15年以上通ったベルギーのアルデンヌ高原から3年前に河岸を変えて、オランダ・リンブルフ
州北部のマース川流域の温泉場アルセンで過ごした。
オランダならば、ハイキングではなくてサイクリングである。

c0188818_15591914.jpg

こんな金色の自転車をレンタルした。24時間で10ユーロほど。

オランダでは、国中サイクルロードが網羅されていて、車道、歩道とは区別されているから
ドライバー、歩行者、サイクリストの三者にとって安全・安心である。これに慣れると、
よその国でサイクリングするのはちょっと怖く感じる。

c0188818_1641987.jpg

出発進行!(普通の自転車の場合、ヘルメットは必要ない)

マース川流域の畑や牧草地や林や村々を通り抜ける。
この辺りは人口密度もさほど高くないので、川に橋が架かっている場所は大きな町だけだ。
その代わり、渡し場は沢山ある。

c0188818_1673343.jpg

小さな渡し船だが、自転車、車、歩行者が乗り込める。
対岸に留まっている渡し船は、大きなベルを鳴らして呼んでこっちに来てもらう。

c0188818_1694813.jpg

船に乗り込む。


c0188818_1611750.jpg

料金は、渡し場によって異なるが、50セントから1ユーロの間。往復割引はない。


c0188818_16121647.jpg

両岸に渡したワイヤーを手繰って進みつつ船は行き来する。
たった数分のクルーズだ。

対岸には有名なカフェ・レストランTante Jetがあるから、コーヒーとリンブルフ名物の
果物パイ(フラーイ)で、テラス休憩。

c0188818_16155713.jpg


休憩が終わったら、怪しかった雲行きがとうとう大降りの雨に変わった。
それで、仕方なく(?)カフェの中に入って、ビール休憩。

c0188818_1619652.jpg

近くにはヘルトグ・ヤンというビール醸造所があるが、飲んだのはトラピスト・ビール。
オランダのティルブルフ近郊にあるトラピスト修道院で作られるラ・トラッペのダゥブル。
次回、またアルセンに来たら、ぜひ、ヘルトグ・ヤン醸造所を見学したい。
(いつも日曜日にサイクリングするので、醸造所は休みなのだ。)

c0188818_16213262.jpg


のんびり焦らずに、天気が回復するのを待ったのだった。
[PR]
by didoregina | 2014-10-17 16:26 | サイクリング | Comments(0)

マルレーネ・デュマス展@Stedelijk (アムステルダム市立美術館)

The Image as Burden と題して開催中のマルレーネ・デュマスの大規模な展覧会@
アムステルダム市立美術館に行ってきた。(2014年9月6日~2015年1月4日。その後
2月5日から5月10日までテイト・モダンに巡回)

c0188818_18294025.jpg


















マルレーネ・デュマスの回顧展は、アムステルダム市立美術館が数年にわたる改修工事を
経て、2年前にリニューアル・オープンする前からアナウンスされていたので、ずっと心待
ちにしていたのだ。リニューアル以来さほど惹かれる展覧会がなかったし、目玉といえる
この展覧会を何度も見たいがために年間ミュージアム・カードを作ったと言っても過言では
ないほどの期待の大きさだった。

c0188818_1843471.jpg


















建て増し部分は、バスタブと呼ばれ、当初評判が芳しくなかったが、2年たつと誰の目にも
慣れができたせいか、最近は悪く言う人も少ない。

コンセルトヘボウとは道路を挟んで斜め向いに位置するこの美術館には、現代美術がほどよく
集められているし、近くのファン・ゴッホ美術館や国立美術館のように観光客でごった返して
いないから、マルレーネ・デュマス展開催期間にアムステルダムまで遠征される方には、ぜひ
と勧めたい。
リニューアル後のこの美術館にはこの夏初めて入館したのだが、来訪者たちのヒップでカッコ
よいことに驚いた。お上り観光客はほぼ皆無で、その代わり美大生やデザイン関連業界人、
デザイン愛好家が多く来るようで、そういう人たちを眺めているだけでもうっとり、思わず
写真に収めたくなるほど。
デュマ展には平日正午に入ったのだが、やはりおしゃれな人たちが多く目に留まるのだった。

c0188818_1904711.jpg


最初の展示室でまず目に飛び込んできたのは、このDead Girl (2002)。
亡くなったパレスチナ人少女の報道写真を元に、デュマスが絵にしたもので、題材に選ぶこと
の多い「人間の死」というものを真正面から捉えた作品だ
血で濡れた蒼白い死者の顔だが、人物の表情を滲みというかぼかしで表現していて、思わず
引き込まれるような荘厳さが漂う。

デュマスのデッサン力の線の的確さは、南アフリカの画学生時代に作った新聞の切り抜き
写真と線画との組み合わせのスクラップというかコラージュ作品にも見いだされるが、とにかく
唸らされる。その線を和らげるかのように、人物の顔はおつゆのように滲ませているのだが、
表面を覆っているものが外に溢れ出てくるかのようで、より一層その人物の個性が表出する、
といった具合である。

次の展示室の前には、ショッキングな表現が含まれます、との注意書きがある。

c0188818_20134322.jpg

The Kiss

あからさまに性的だったり性器が露出した裸体を描いた作品が集めてあるからだ。
しかし、わいせつとかショッキングという語彙は、デュマスの作品を語るにはふさわしくない。
彼女の絵から発せられるのは、叫びではなく静けさなのだから。無音に近い静謐な世界を作り
上げている印象を見る者に与えるのは、その表現手段とテクニックのためもあろう。
ささっと無造作に描いたかのように一見思わせる線も、水墨画のように滲ませたモノトーンの
色も、こうして沢山並べてあるのを見ると、そのテクニックに驚かされる。

c0188818_20263776.jpg

古今のキリストの見覚えある顔を一面に集めた一角。
テーマごとの展示方法も卓越だ。アーティストとキュレーターと美術館のコラボとして、非常に
練られて上手くいった好例。

彼女の絵は人気があるし、作風を真似たコピーのような作品を目にすることも多いが、他の
物まねアーティストの作品から感動を得たことはない。
その反対に、彼女の絵は大概どこの近・現代美術館には一枚は所蔵されているのだが、絵のほう
から招かれる、という経験をいつでもどこでもするのだ。
彼女の絵の掛けられている部屋に入った途端、他の作品はぼやけて、わたしの目に飛び込んで
くるのは彼女の絵だ。
そして、吸い込まれるのはその絵の中の「核」ともいえる部分なのだ。

c0188818_20274494.jpg


Waterproof mascaraと題されたこの絵もそうだった。
人物の目に吸い込まれるように歩を進めた。特にくっきりとした下まつ毛に視線が向かった。
そしてタイトルを見て、やっぱり、と膝を打った。こういう経験が多いのだ、デュマスとは。
絵から呼ばれて近づいてじっくり見るとと、ツーカーで話が合うので思わず微笑む、という
ようなことが。

c0188818_20371439.jpg


部屋ごとにテーマに沿った組み合わせの展示の妙に舌を巻いたが、白眉はモノトーンの
水彩画だ。
その中でも、彼女のアイドルとでも言える有名人の肖像を集めた一角には、引き寄せられ
そして微笑んでしまった。
そこには、パゾリーニ、ジャン・ジュネ、オスカー・ワイルド、ペドロ・アルマドバル、
ガルシア・ロルカ、そして、ルドルフ・ヌレエフの顔が並んでいたからだ。
[PR]
by didoregina | 2014-10-15 20:46 | 美術 | Comments(0)

セミ・ステージ形式の『ポッペアの戴冠』@バービカン

この秋一番期待の出し物は、バービカンでの『ポッペアの戴冠』だった。
なぜなら、ネローネ役にサラ・コノリー、オットーネ役にイエスティン・デイヴィスと
いう垂涎もののキャストだからだ。(当初ポッペア役に予定されていたアンナ・カタリナ・
アントナッチは、割と早いうちに降りてしまって、リン・ドーソンが題名役)

c0188818_22203227.jpg
Monteverdi L'incoronazione di Poppea
Semi-staged performance
2014年10月4日@The Barbican

Academy of Ancient Music
Robert Howarth director
Alexander Oliver stage director
Lynne Dawson Poppea
Sarah Connolly Nerone
Sophie Junker Drusilla/Virtu
Daniela Lehner Amore/Damigella
Marina de Liso Ottavia
Matthew Rose Seneca
Iestyn Davies Ottone
Andrew Tortise Arnalta
Vicki St Pierre Nutrice
Elmar Gilbertsson Lucano/2nd Soldier
Gwilym Bowen Valletto/1st Soldier/Highest Familiari
Richard Latham Liberto/Middle Familiari
Charmian Bedford Fortuna
Phillip Tebb Littore/Bass Familiari


モンテヴェルディのこのオペラ自体も好きな作品である。
バロック・オペラ黎明期の作品なので、音楽的には明快でキャッチーなアリアがちりばめ
られ書法もストレートでベーシックかつシンプルながら、ストーリー的には神々および
人間同士の愛憎・愛欲・美徳・哲学・権力欲などが絡み合って複雑なのが魅力である。
その後発展していくバロック・オペラに不可欠な要素は揃っていながら、まだまだアルカ
イック的な稚拙な荒々しさとでも言える香りがなんともたまらない。

実演舞台では、オーディ演出でネローネ役にマレーナ・エルンマン、オットーネ役に
べジュン・メータ、ポッペア役にダニエル・デニースというのと、ネローネ役にフランコ・
ファジョーリ、オットーネ役にデヴィッド・D.Q.リー、ポッペア役にマリア・ベングトソン
という2プロダクションを鑑賞したことがある。いずれも、演出的に凝った舞台で、オケも
かなり増強した編成になっていて、見ごたえ聴きごたえがあった。

今回のバービカンでは、ステージ形式かと思っていたら、なんとセミ・ステージ形式という
ことで、小規模編成のオケの前に、客席に張り出す形で舞台が広げてある。最前列に座った
私の目の前で、演技が繰り広げられるのであった。

神々の争いに人間世界での権力争いと愛欲とが絡み合い、全体のトーンとしては悪徳賛美に
なっているところが、このオペラの画期的な点であり、現代にも通じる普遍性のある所以で
ある。しかも、登場人物の誰もが一筋縄ではいかない、多面性を備えている。
複雑なストーリーのため登場人物が多く、主要人物以外は、何人かの歌手が複数の役を兼ねる。
セミ・ステージなので、私服に毛の生えたような舞台衣装というか、役柄にあった自前の衣装
という感じである。

c0188818_22335818.jpg


歌手では、とにかくご贔屓の二人が演じるネローネとオットーネにひたすら注目つつ、見
聴いた。

サラ様ネローネは、第一幕と第二幕を合わせた前半では、タキシード風のスーツを着崩した
いかにもプレイボーイ的な衣装で、ネローネの権力と愛欲へ固執する性格を表情や態度で
表す素晴らしい演技が冴えていた。堂々たるものである。1メート位先の舞台上だから、ごく
細かい点までよく見えるのだが、彼女の迫真の演技の素晴らしさ!ほぼオールバックに
ぴったりとなでつけてマニッシュな髪型がより男っぽさを醸し出す。
さわやかさの勝った彼女らしい歌唱と声も、ネローネにまさしくぴったりだ。
横たわったり、ポッペアのみならず男友との濡れ場シーンなどをかなりいろいろなポーズを
取らされて歌うのだが、ほとんど非の打ちようがないネローネぶりである。
彼女のズボン役には惚れ惚れするのだが、今回も最高の出来だった。

c0188818_22472551.jpg


大道具などの舞台装置は全くないのだが、照明で各場の雰囲気を変えているのと、オケ後方に
ある階段の段差や客席も用いたりして動きに幅を出し、場所的・音響的にも変化をつけている
演出はなかなかよかった。

オットーネというと気の毒な寝取られ男というイメージなのだが、そういうかわいそうな役に
イエスティン君はこれまたピッタリなのだ。ヒーローとは言いがたいが悪役でもない、アンチ・
ヒーローに彼ほどすんなりとルックス的にも声質的にも合うカンターテナー歌手は少ないかも
しれない。
毎度ながら、彼のコントロールのきいた歌唱には舌を巻くというか、全くどこにも不安を感じ
させない。今まで聴いてきた彼の歌でがっかりしたことは一度もなく、いつでも安心して聴い
ていられるのだ。そのコンスタントさという実力はかなりの強みではないだろうか。
そして、特に近くで見るとよくわかるのだが、細やかな表情での演技も上手い。

c0188818_2302773.jpg

ネローネの黒(前半)と花柄(後半)の衣装との対比も鮮やかな白のリネン・スーツのオットーネ。

高校生という設定だったリナルド役以来、あごひげを剃ったのが、また少しうっすらと伸びて
きている感じ。下はきりっと刈り上げて上に行くにしたがって長いトレンディーな若々しいさ
と躍動感のある髪型もよく似合っている。


題名役のポッペアには、あまり期待していなかったのだが、それでも不満がありすぎた。
清涼感が売り物だったリン・ドーソンの声には、今や張りや潤いが感じられず、高音と
低音の声に滑らかな統一感がないから、聞き苦しいことこの上ない。年のせいで声全般に衰え
が隠せないのはまだしも、歌唱も不安定である。主役の歌にハラハラさせられるというのは、
聴いていて辛い。
ポッペアといえば、悪女中の悪女であり、しかもコケットなかわいらしさも必要な役だ。
ルックスに関しては、もう今更何も言うまい。後半になって、歌唱は持ち直したので、彼女が
出てきても、そちらを見ないようにして聴いていた。

今回、はっとさせられたのは、オッタビア役のマリナ・デ・リソの安定して迫力のある歌唱だ。
オットーネと同じくらい同情を買う役だが、皇后の気位の高さも出さなければならないから、
どうかな、と心配していたのが全くの杞憂に終わるほど、堂々たるもので見直してしまった。
今回の歌手陣の中で、彼女だけイタリア的テンパラメントを感じさせる、熱いものがほとばし
っている歌唱だった。

それ以外の歌手も、皆それぞれ役柄に合って上手で、(題名役を除いて)不満は全くなかった。
ただし、イギリスの歌手とイギリスの器楽演奏家でほぼ揃えたため、よくいえば、清らかで
典雅だが、このオペラ作品の持ち味であるねっとりとした毒のようなもの、あざとさが音楽
から感じ取れなかった。生真面目そのもので遊びの要素がないのだ。その点で、今まで聴いた
『ポッペア』と比較した場合、少々物足りない。
オケの編成もごくごくシンプルなもので、チェンバロ2台とテオルボ2台の通奏低音楽器が
主に活躍するのみで、それもかなり控えめなのだ。それ以外の弦楽器や管楽器になると全く
印象に残っていない。
アルカイックなモンテヴェルディの音楽の土臭さを感じさせるような、躍動感を強調するよう
なリズミックな楽器の使い方がされていなかったためだ。ある意味、古風な演奏なのだった。
今回も、ヨーロッパ大陸とイギリスおよびアメリカの楽団によるバロック演奏の違いをまた
改めて認識させられた。

c0188818_2333316.jpg

[PR]
by didoregina | 2014-10-10 23:39 | オペラ実演 | Comments(5)

ロバート・メイプルソープの写真展@テイト・モダン

ロンドンのテイト・モダンで開催中のロバート・メイプルソープの写真展に、ぎりぎり
セーフで間に合った。あと二週間ほど見られるので、未見の方は急いで!

ARTIST ROOMS: Robert Mapplethorpe – Tate Modern
Tate Modern: Display 11 May – 26 October 2014

3室にわたって展示されている写真の数はさほど多くはないが、見たかったものは見られた。

まずは、70年代のパティ・スミスの写真3点。そのうち2点は彼女のアルバム Horsesおよび
Easterのための撮影と同時期のものだ。

c0188818_19151816.jpg


左端のは、Horsesのアルバム・ジャケット写真に似ているが、もっと自然なポーズ。
パティの骨ばった少年のような、飾り気のないストイックな美しさが最大限に引き出されて
いて感動。


そして、3室目にはメイペルソープのセルフポートレートの数々が、ほぼ年代順に展示されて
いる。
若く美しい、気鋭の写真家らしい自信に満ちたそれらの数々が、彼の死の直前まで順を追って
並べられている。その中で、わたしが一番好きなのは、下の写真だ。

c0188818_19314961.jpg


まるで鉛筆かペンのデッサンのように見えるアーティストの手に焦点が定められ、珍しく
シャイな表情と相まって、彼の本質を表現しているように思えるからだ。


パティ・スミスとロバート・メイプルソープは、若い芸術家同志として60年代から70年代、
ニューヨークで同居していた。
その頃の二人の出会いから共同生活に関して、メイペルソーブが亡くなってからだいぶ経って
パティが書いた本が、Just Kidsと題されて出版された。別れても彼が死ぬまで、そして死んで
からも、彼女の中でメイプルソープは重要な部分を占めた。



Just Kidsから一部抜粋して朗読するパティ。そして、ア・カペラで歌うBecause the Night
ロバート・メイプルソープへのオマージュと追悼に胸がキュンとなる。誰もが思いを馳せる
青春の一コマそのものなのだ。
[PR]
by didoregina | 2014-10-10 19:39 | 美術 | Comments(2)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧