「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

A Most Wanted Man (誰よりも狙われた男) アントン・コービンの新作映画!

アントン・コービン (オランダ人。オランダ語発音に従えばコルバイン表記の方が妥当だろう
が国際的に活躍しているので、英語っぽい慣例に従ったカタカナ表記で)の新作映画ならば
見逃せない。しかも、原作はジョン・ル・カレで、主演はフィリップ・シーモア・ホフマン
と3拍子揃っているから、期待はいやましに高まった。

c0188818_1754839.jpgDirected by Anton Corbijn
Screenplay by Andrew Bovell
Based on A Most Wanted Man by John le Carré

Philip Seymour Hoffman as Günther Bachmann
Rachel McAdams as Annabel Richter
Willem Dafoe as Tommy Brue
Robin Wright as Martha Sullivan
Grigoriy Dobrygin as Issa Karpov
Derya Alabora as Leyla
Daniel Brühl as Max
Nina Hoss as Erna Frey
Herbert Grönemeyer as Michael Axelrod
Martin Wuttke as Erhardt
Kostja Ullmann as Rasheed
Homayoun Ershadi as Dr. Faisal Abdullah
Mehdi Dehbi as Jamal Abdullah
Vicky Krieps as Niki
Rainer Bock as Dieter Mohr

Music by Herbert Grönemeyer
Cinematography Benoit Delhomme
Edited by Claire Simpson
2014年 イギリス

英・蘭での封切直後の各紙・誌の評がかなり分かれているのに、おやっと思った。
ガーディアン誌では評者によって全く異なる星数の複数のレビューが出ているし、NRC誌の
評も微妙である。新聞・雑誌によって、5つ星から3つ星まで様々なのだ。
そういう場合、わたしにとって吉と出るか凶と出るか。少しだけ戦々恐々となった。
いや、武者震いと言ったほうがいいかもしれない。
いざ、リュミエールへ出陣!

c0188818_17243076.jpg


コービンの前作The American (邦題「ラスト・ターゲット)では、いかにも本職の写真家
らしい凝りに凝った映像の作り、反耽美的とでも称すべき独特の風景描写を堪能したものだ。
コービンらしい美意識に溢れてただひたすらカッコよさを追求しました、とでもいう感じで、
ストーリー展開と主人公の心理描写はまあまあいいのだが、ラストのあっけなさには釈然と
しなかった。(小説が原作という制約もあるが。)
今回は、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの原作に基づいているから、数年前のやはりル・
カレ原作の傑作映画Tinker Taylor Sodier Spy (邦題「裏切りのサーカス」)とどうしても
比較してしまう。

c0188818_17383560.jpg


911テロでジハードの脅威で世界の平和意識が覆った後のハンブルクが舞台で、現代のアク
チュアルな時事問題に直結している。ドイツのほとんど非公認秘密諜報機関で冷や飯を食わせ
られているグンター(フィリップ・シーモア・ホフマン)がさる筋から得た情報を元に追い詰め
るのは、チェチェンとロシアのハーフでイスラム原理主義テロリストのイッサだ。
ロシアからもアメリカからも危険人物として目を付けられたA Most Wanted Man (邦題
「誰よりも狙われた男」)である。

そのイッサというのが、痩せてダークな陰が魅力であり、いじめられっ子のようにおどおど
として非力に見え、守って助けてあげたいという気持ちにさせる。実際、危険なテロリストに
こういうタイプもいるんだろうが、その辺の人物の性格付けがうまい。
ロシア人俳優グリゴリー・ドブリジンが演じているのだが、この俳優、ベン・ウィショーと
タハール・ラヒムを足して二で割ったような感じだから、わたしの胸がキュンとなったのも故
なきこととは言えまい。

イッサは、ロシア人大物軍人がチェチェン人の少女に産ませた子で、15歳だった母はイッサの
出産直後に亡くなっている。汚職軍人だった父を憎んでいるが、父の手紙を手に危険を冒して
ハンブルクに不法潜入してきたのだ。

c0188818_18125775.jpg


追われてどこにも居場所のないイッサを匿い、亡命申請の補助をする左翼系ドイツ人弁護士
アナベルは金髪の若い女性である。正義感溢れる彼女は次第にイッサの魅力に惹かれていく。
このプロセスはたぶん多くの女性観客の目や感情と一致するのではないだろうか。だから、
ストーリーに真実味を与えている。しかし、彼女は本当にイッサを助けようとしているのか、
それとも。。。スパイものには裏切りはお約束だし、特に美人というところが怪しい。
そういう点でハラハラさせ、疑わせるところも秀逸である。

ジハード系テロには、巨額の資金を援助・供給しているところがあるのも当然で、そのルート
もグンターらは探っている。
汚れた闇の金ロンダリング専門だった銀行の頭取役ブルーがウィレム・デフォーで、こいつも
いかにも悪そうな顔つきだが、あまりに悪役然とした奴ほどこういう映画では心に清いものが
あったりするものである。正と悪は、007映画では確然と判断がつくが、それほど単純に一筋縄
でいかないこの映画はハラハラどきどきさせる。

c0188818_18201637.jpg


そういうわけで、イスラムのテロ組織、CIA、ロシア諜報部、ドイツ諜報部すべてから狙わ
れているイッサを泳がせて大物を捕獲する、というのがグンターの取った手段なのだが。。。
グンター役のフィリップ・シーモア・ホフマンは、これが最後の映画出演となったのだが、
彼の魅力が初めて理解できた。太って汗をかきかき歩くのも大儀そうだし、たばこも離せず、
外見は不健康で、いかにもドイツ政府からほとんど未公認の諜報組織のしがないスパイなのに、
部下から絶大な信頼を得ているし、意外な筋との重要なコネクトも持つ。

新聞での評価が低い理由に、すぐに誰が裏切者なのかわかってしまうからスリルに乏しい、と
いうのがあった。あれこれと考えつつ、しかし映画の面白い展開に乗せられたわたしには、
ラストシーンまで裏切者はわからなかった。
ハラハラ度と胸キュン度は最高潮に達したのだった。

映画館から外に出たら、外の景色がいつもと違って見えた。
ほぼ毎週映画は見ているが、こういう気分になる映画を鑑賞したのは久しぶりだ。
そのことからもこの映画の素晴らしさが確証できる。太鼓判を押したい。
[PR]
by didoregina | 2014-09-25 18:43 | 映画 | Comments(2)

International Vocal Competition に視聴者審査員として参加

今年で50回目を迎えたInternational Vocal Competition Den Bosch (IVC)は、過去の受賞
者名を見ると、過去または現在各地の歌劇場で活躍の歌手の名前が出ている。このコンクールは
綺羅星のごとくスターを輩出しているのに驚く。
そのオペラ・オラトリオ部門に、クラシック専門のテレビ局Bravaの視聴者審査員として参加
することになった。
c0188818_18561093.jpg


今年からBrava視聴者賞が設けられて、テレビ局が募集した審査員に自薦で応募した中から
選ばれた12人が、デイム・キリ・テ・カナワや元ウィーン国立歌劇場のホレンダー総裁を
はじめとする錚々たるメンツの本物の審査員会とは別にアマチュア審査団を組んだのだ。

土・日2日間に渡って繰り広げられた本選第一ラウンドでは、午前・午後・夜それぞれ10人が
自分の得意とするアリア3曲を歌った。そして、われわれ審査員は1日に30人の異なる歌手
(の卵)が歌うアリア90曲を聴いた。

c0188818_1932456.jpg


われわれの採点方式は、出場歌手の歌唱を聴いて、名前と歌う曲が印刷された用紙に100点
満点で点数を付けるというもの。視聴者審査員の出した点数から平均値を計算し、最高点を
得た歌手がBrava視聴者賞を受賞するという仕組みである。
仕組みは単純ながら、点数を付けるために歌を聴くという行為は実は思ったよりもずっと大変
なのだった。

わたしは、歌唱を聴きながら気付いた点・感想をメモった。大体、歌手一人につき3、4行だ。
声質、歌唱、スタイル、ルックス、その他のアピールする点を、実際に生で聴いたことのある
現在活躍中の歌手と比較しての印象を書きこんだ。
それを元に点数を付けるのだが、それがまた難儀である。
特に初日午前中の部出場者は、本選に最初に登場であがっているだろうし、朝11時では通常
声のコンディションは万全ではないだろうし、こちらとしても比較対象が少ないから困る。

どうも初日午前の部はあまりパッとしないというか、ハッと鮮烈な印象に残る出場者があまり
いないのだったが、午後からだんだん盛り上がって、上手い人が続々と出てきた。
夜の部となると、皆甲乙つけがたいほど優秀な歌手ぞろいなのだった。
そして、最初の方に付けた点数が甘すぎたと痛感することになる。このままいくと、100点満点
に限りなく近い点数を付けざるを得ない。

テクニックなど様々な点を考慮に入れつつ、この人の声が好きだし、この人の歌をオペラ舞台で
観たい・聴きたいと思う場合、高得点を付けた。

とどめは、夜10時、最後に歌ったオランダ人ソプラノだった。
堂々たる押し出しの強さと自信がみなぎった態度の成熟した歌唱で、どの音域でも声量は十分
あり、発音もはっきりとして、ドラマチックな声なのに気品がある。無理の感じられない自然
な発声で、ガタイのいいせいかよく響きよく通る。まるで、ウエストブルックの再来か、と
思えるほどのオーラを放ち、完成度が高くて素晴らしいリサイタルの趣だった。
ほとんど視聴者審査員全員一致で、その日の一位は決定した。

c0188818_20115252.jpg


その晩、われわれアマチュア審査員は皆よく寝付けず、よく眠れなかった。
集中しつつ生で聴いた歌の絶対量が多すぎ、頭が一杯になってしまったのだ。
リラックスしたり、ピュアに楽しむために音楽に身や心を任せて聴くコンサートやオペラ鑑賞
とは全く別の態度で臨んだためだ。

そして、翌日も同様に朝から晩までアリアを聴いた。(実は、わたしは日曜夜の部は抜けさせて
もらった)
全部聞くと2日間で180曲だ。しかも、コンクールだから熱唱・熱演の真剣勝負である。
そのエネルギーを受け止めるためにはこちらも万全の構えで臨まないと圧倒されて疲れてしまう、
ということがよくわかった。
しかも、感情的に好き嫌いのみで評価するわけにもいかず、理性的思考を行いつつ音楽を聴くと
いう行為は精神的にも重く、こういう疲労感は今まで味わったことのないものだ。

本職の審査員たちによる本選の結果が出て、20人のセミ・ファイナル出場者が決定した。
わたしが高得点を付けた人で入っている人もいれば落ちている人もいる。その逆に、低得点を
付けた人が残っていたりして、なるほど、プロの審査員とアマチュアとは好みも目の付け所も
かなり分かれるんだなあ、と思ったことである。(プロの審査員団には、歌手以外にも指揮者、
インテンダント、インプレッサリオが入っている)

一日置いて、火曜日にセミ・ファイナルが行われる。出場者は今年のコンクールのために
委託作曲された現代曲の課題曲ともう一曲自分の得意な曲を歌う。20人X2だから、40曲で
すむが
、精神体制を整えてセミ・ファイナルの審査に臨むつもりだ。
(追記: 課題曲ともう一曲だと思ってセミ・ファイナル審査に出かけたが、なんと課題曲
プラス3曲のアリアを歌うということを当日知った。またまた丸一日、20人X4曲歌うのを
聴くことになった。結局、コンテスタントたちが全員歌い終わったのは夜11時過ぎで、その後、
得点集計・審査会議があり、結果が発表されたのは真夜中の0時だった。)

才能あふれる新人発掘というチャンスに遭遇するのは、何と言ってもスリリングだし、とても
楽しいことでもある。
[PR]
by didoregina | 2014-09-08 13:14 | コンサート | Comments(4)

San Giovanni Nepomuceno はカルダーラらしさ爆発のオラトリオ

今年のユトレヒト古楽祭のテーマは「ハプスブルク、ウィーン、プラハ」となっていて、
チェコの古楽アンサンブルCollegium1704がアーティスト・イン・レジデンスである。
彼らが演奏する古楽祭オープニング・コンサートのチケットは取れなかったが、私的には
非常に興味を惹かれる演目であるカルダーラのオラトリオ・コンサートを聴きに行った。

c0188818_19161420.jpgA. Caldara: Oratorio San Giovanni Nepomuceno
@TivoliVredenburg Utrecht
2014年9月1日

Collegium 1704
Václav Luks - Conductor

Hana Blažíková - Regina, soprano
Alena Helerová - Angel, sorano
Sophie Harmsen - San Giovanni Nepomuceno, mezzosoprano
Václav Čížek - Ministro, tenor
Tomáš Král - Venceslao, bass









例によって、あまり演奏される機会のない曲のため、事前予習なし(ほぼ不可)である。
ストーリーをかいつまむと、ヨハネス・ネポムセヌスという聖職者の殉死がテーマの曲で、
ボヘミア王ウェンセスラウス4世(ヴァクラフ4世)は、王妃ヨハナの懺悔を聴く僧ヨハネス・
ネポムセヌス(サン・ジョヴァンニ)と王妃の仲を疑い、嫉妬が嵩じたあまり人間性を失って、
僧を残虐な手段で拷問した挙句、半死のまま川に投げ捨てさせたが、天使と王の寵臣によって、
僧も王も最後には救われる、という筋書きだ。

c0188818_1951731.jpg

以前と変わらない大ホール

今年からユトレヒト古楽祭のメイン会場は、今年の春にようやく改修工事が終わって新装
リニューアル・オープンとなったフレーデンブルク(新名称はティヴォリ・フレーデンブル
ク)だ。再オープンまで、8,9年かかったのではないかと思う。それで、内部はどうなったか
というと、大ホールにはほとんど全く手が加えられないまま、建物の箱は大きくなって外観
が変わり、建て増し部分に小ホールとポップやロックなどのコンサート向け会場が加わった。
多目的総合ホールになったのだった。

このコンサートも結構人気演目で、1か月半ほど前にチケットを注文した時にはすでにいい
席は残っておらず、ステージ横を上から見る位置の席を選ばざるをえなかった。
ところが開演してみると。会場は満席ではなく、平土間にもかなり沢山空席が目立つのだ。
いったいどういうわけだろう?納得いかない。
この位置では、舞台は真横上から俯瞰するので指揮の様子はよく見えるが、ソロ歌手の声が
人によっては全く届いてこない。
特に、王役のテノール歌手の声が聴こえない。字幕も見辛い位置にあり、ストーリーを知る
ために字幕を追うと歌手は視界から消える。視界に入らずしかも声が届かない歌手の歌を
聴くというのはしんどいものである。
寵臣役のバリトンとサン・ジョヴァンニ役のメゾの声はまあまあ聴こえる。
しかし、一番期待の王妃役ハナちゃんは素晴らしかった。すっとさわやかかつのびやかな
澄んだ声がびんびんとこの位置まで響いてくるのだ。

c0188818_2033013.jpg

ハナちゃん、感動をありがとう!

ハナちゃんの歌唱も声質もいかにも教会系で、バッハのカンタータやオラトリオにうって
つけのストレートな美しさで勝負なのだが、録音ではなぜか彼女の声は妙にキンキン響く
ように聴こえることがしばしばあり、「そうじゃないんだ、彼女の生の声は!」と触れ回り
たくなる。
今回の彼女の歌唱の素晴らしさは群を抜いていて、声には深みと艶と温かさが増し、ピンと
張ったきらめく絹糸のような芯のある美しいアジリタも決まって、びしびしと届く。
レチタティーヴォの発声もきれいで説得力があるので、うっとりと聞きほれてしまう。
無垢でかわいらしい印象だったのが、女王らしい威厳と気高さの表現力もあるのに驚かされた。
そして、無実の罪を着せされた王妃の無念さと、それに負けじと運命を切り開く強さを堂々
たる歌唱に込め、聴く者の心にじんと迫るのであった。

特にトランペット・オブリガートとの掛け合いのアリアでは、彼女の声質とバロック・トラン
ペットの華々しい音質が上手い具合にマッチして、このコンサートの白眉であった。
崇高という言葉はこれを指すためにあるんだな、と思え、目頭が熱くなるほどだった。

c0188818_20194681.jpg

幕間休憩時に、空いていた平土間の席に移動した。
やはり、音響・視覚的に難ありの席に座っていた大多数の人が、上からがら空きに見えた
平土間に移動してきたので、最前列には座れなかったが、2列目右はじの席を確保した。

すると当然ながら、前半では全く冴えなかったテノール他の歌手の声もまっすぐ届くから
よく聴こえて、まるで別の印象になるのだった。
しかし、もっと印象が変わったのはオケの演奏だ。
ステージ上手側上方の席だと、正面からのヴァイオリンの音が妙にぬるりとした感じで、
テンポが遅れ気味で、よく言えば典雅でおしとやかに聴こえるのだったが、平土間から
直に響くオケの音にはもっとびっしりとしたしまりがあった。
このオケには、イタリアのバロック・オケによくあるような、あざとさと紙一重になるほど
効かしすぎたエッジやドライブ感は期待していなかったが、演奏や音にぼやけたところは
なく、かえってノーブルで正統派でいわば育ちのよさを感じさせる好ましいものがある。
ウィーン的、いやプラハ的におっとりとしている。
プラハご当地ものオラトリオだが、カルダーラ作曲のおかげでドラマチック、オペラチッ
クなバロック感覚が炸裂していた。

c0188818_20374229.jpg


後半になるとドラマが意外な展開を見せるため、もう一人のソプラノの天使も登場する。
せっかくいい席に移動したのにハナちゃんの見せ場・聞かせどころが少ないのが少し残念
だったが、やはり間近で聴く彼女の声と歌唱は感動的で、すったもんだのキャンセル劇で
スケールが矮小化してしまった1月のカルダーラの別のコンサートのソプラノ代役として
彼女が出演していれば!と思ってしまったほどだ。それほど実力を見せつけたハナちゃんの
独り舞台だったのだ。
今シーズン、彼女は見逃せない。
[PR]
by didoregina | 2014-09-02 13:40 | コンサート | Comments(2)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧