「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カルダーラの『惑星の調和』La Concordia de' Pianeti ライブ録音コンサート

c0188818_0163350.jpg
指揮のアンドレア・マルコンとヴェロニカ・カンヘミ

Antonio Caldara »La concordia de’ pianeti«
KONZERTHAUS DORTMUND
2014年1月18日

Verónica Cangemi Diana,
Delphine Galou Venere,
Carlos Mena Marte,
Franco Fagioli Apollo,
Ruxandra Donose Giove,
Daniel Behle Mercurio,
Luca Tittoto Saturno,
La Cetra Vokalensemble Basel,
La Cetra Barockorchester Basel,
Andrea Marcon Dirigent

バロックオペラ・ファンおよびCTファンにとって鳴り物入りだったカルダーラの幻のオペラは、
キャンセル騒ぎの末、上記のキャストでのコンサート形式上演となった。
ディアーナ役はアナ・プロハスカからヴェロニカ・カンヘミに、ジョーヴェ役はクリストフ・
デュモーからメゾ・ソプラノのリュクサンドラ・ドノーゼにそれぞれ変更という正式発表が
あったのは、コンサートの数日前である。メールとその後ご丁寧にも封書でキャスト変更の
お知らせが届いた。

c0188818_0353162.jpg


この幻のオペラは300年ぶりの上演であるから、録音も資料もなく事前には一体どういう
内容なのか殆ど全くわからず、タイトルと役名からなんとなく推測するしかなかった。
当日のプログラム・ブックでも、内容説明について割かれたページは1ページのみだ。

1723年11月19日、ハプスブルク家の神聖ローマ帝国皇帝カール6世(ボヘミア王も兼ねる)
の皇后エリザベートの命名日にボヘミアで上演された。
リブレット作者はピエトロ・パリアーティで、歌詞内容を一口でまとめると、神々がエリザ
ベート(作品中ではエルザ)の徳と善と美を口々に讃える、という祝典劇である。
だから、まずはトランペットが祝祭らしい華やかなファンファーレを奏で、その後は神々
(天に煌めく惑星でもある)役のソリストが代りばんこに立って、エルザ称賛のアリアを歌い、
最後に合唱でまとめるという構成である。
エリザベート皇后は、将来ハプスブルクの女帝となるマリア・テレジアの母君で、初演当時
別のお子さんを妊娠中であった。男のお世継ぎが生まれ帝国安泰、母子ともに健やかなれと
の願いがこの曲には込められていたのかも知れない。
それゆえトランペットは重要なアリアでオブリガート伴奏にも活躍するし、朗々とめでたさ
を寿ぐ音楽と歌詞に終始するのだった。

c0188818_0384334.jpg

            二人のCT。フランコ・ファジョーリとカルロス・メナ。


ディアーナは、カンヘミが急な代役で歌った。彼女の方がプロハスカちゃんよりもずっとイタ
リアン・バロック・オペラには向いてる声質だし、急きょの代役を務めてコンサートを救って
くれてありがたい、と感謝の念は持った。
だが、やはり練習不足の感は否めない。まだまだ、自分のものになっていないからか、聴き手
にも説得力を持った歌唱として響くものが少ない。もともと声量豊かな歌手ではないが、彼女
のそこはかとない歌心の感じられる味わいが好きなのだが、もう少し華々しくまたは情感込め
て自信たっぷりに歌ってほしかった、と望んでもそれはないものねだりというべきか。
月と狩りの女神ディアーナ役のカンヘミと、対称関係であるアポロ役のファジョーリとの相性
はなかなかよかった。

もう一人の女神ヴェネーレ(ヴィーナス)には、デルフィーヌ・ガルー。彼女は今まで2回生
で聴いているのだが、いつもなんだか期待外れに終わっていた。それが今回は、他の女声陣が
急な代役での出演であったため相対的にかなり手堅く歌い込んでいるように聴こえるのだった。
練習時間の差であろうか。少し見直したほどであるが、まあ他の女性歌手にちょっとがっかり
させられたから、彼女への評価も甘くなるのはいたしかたない。自意識が強そうな、愛の女神
役は悪くはなかった。

c0188818_0492398.jpg

            左にテノールのベーレ。女声陣は、ガルー、ドノーゼ、カンヘミ。


ジョーヴェ(ジュピター)は天の神であるから、やはりどうしてもカウンターテナーの男声で
聴きたかった!ドノーゼの声も歌唱もおばさんぽいルックスも全て含めて、この役には向いて
いない。
彼女の歌唱を聴きながら、ああ、絶対数が少ないCTの中といえども、この役を短い練習期間
でも歌える歌手はきっと探したらいたはずなのに、と思えて残念でならなかった。
デュモーで聴きたかったのはもちろんだが、他のCTで代役を引き受けてくれる人がいればなあ、
と残念しきりである。男の神なのだし、他の2人のCTとのバランスを考慮に入れても、この役は
絶対にCTに歌ってもらうべきであった。

ジョーヴェ役に脳内変換していたデュモーの動画を貼る。


         2013年11月、マドリッド王立歌劇場の『インドの女王』でのデュモー。


CT以外の男性歌手は、テノールのベーレとバスのティットートだ。
ベーレはメルキュリオ(マーキュリー)、ちょっと優しい雰囲気の彼は残念なことに殆ど印象
に残っていない。バロック・オペラではテノールが活躍する場面が少ないし、ほとんど脇役
だったからだ。
ティットートはサチュルノ役で、これもバロックオペラではありがちなのだが、笑えてしまう
ほど低音がよく響く。大体、バスはコミカルもしくは好色爺みたいな役どころであるが、
サチュルノという役柄に似合うキャラと深い声とで、全体を引き締めていた。


さて、今回の歌手の中では、1人減って二人になってしまったが、CTに注目していた。

まずは、中堅と言ってもいいカルロス・メナ。
彼が参加したCDはいくつか持っているのだが、どうもいまひとつ個性が足りないような印象
を持っていたのだが、実際に聴く彼の声は外見よりもずっと若々しく、特に高音が澄んで美
しい。
12月に、彼が『リナルド』のタイトルロールを歌う公演を聴きに行くはずだったのだが、
その時はイエスティン君熱に浮かされていたため他のCTに目が向かなくなり、行くのを止め
てしまった。
それを後悔するほど、メナの歌唱はなんとも素敵で味わいがあるのだった。見直してしまった。

今回一番の目玉は、何と言ってもフランコ・ファジョーリだ。現在の若手CTの中でも群を抜い
て実力および個性が際立っている、CTファンの間では話題の歌手である。
彼の生の声を聴くのは3回目で、大体1年に一度の割合なのだが、その歌唱の進歩には今回も
驚かされた。別名「男バルトリ」と呼ばれるのに恥じない、イタリア人らしい濃い色合いの
深みのある声を持ち、歌唱はあくまで滑らかなベルカントで、得意な高音域をより際立たせる
ような装飾をふんだんに盛ったコロラチューラを聴かせるのである。
今までのカウンターテナーとは全く異なるタイプで、他に比べる人が見つからない。古今東西
見渡しても唯一のユニークな存在である。似ている歌手を探すならば、多分18世紀のカスト
ラートがこういう歌唱をしたのではないか、と思わせるようなスケールの大きな歌手なのだ。

彼をご存じない方のために、動画を貼る。


     昨年11月のパリでのリサイタルでグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』から
    「エウリディーチェを失って」を、独特の装飾を加えて歌うフランコ・ファジョーリ。


彼が歌うアリアは、カルダーラが彼のために(実際には当時の花形カストラート、カレスティ
ーニのために)作ったとしか思えず、ファジョーリは易々と超絶技巧を炸裂させて歌い上げる
のだった。
現在まだ30歳そこそこなのに、比較を絶する唯一無二のCTとしての自信が、歌唱と表情とに
あふれて、聴く方は胸がすく。1年ぶりに接する彼のルックスは、またまた精悍さを増した。
その日のスターは何と言ってもファジョーリなのだった。
CTファンもそうでない人も、同時代を生きしかも日々進化を止めない彼からは、目を離すべき
ではない。神話がそろそろ完成するだろう。


c0188818_732997.jpg

                  終演後、楽屋口でツーショット。
[PR]
by didoregina | 2014-01-23 23:45 | オペラ コンサート形式 | Comments(8)

ドルトムントのカルダーラ・コンサートに着物で

今年最初にして最強かもしれないコンサートには何を着ていくべきか。
もちろん着物である。

カルダーラの幻のオペラ La Concordia de Pianeti をコンサート形式で一回こっきりの上演、
そのライブが世界初録音される、というのだけでもスリリングであるが、当初は、3人のカウンター
テナーがキャスティングされていたから遠征にも力が入るのだった。
2か月くらい前から、同行のGさんといっしょに着物コーデを考えていた。

ほっこりした紬に、降り積もる雪模様が蝋で描かれている葡萄茶の着物はすぐに決まった。
帯も、午年に因んだものにすることに決めた。

c0188818_6503668.jpg

              グリーンの正倉院柄の名古屋帯にしようか。
            
c0188818_651746.jpg

              それとも、スキタイ風の騎馬を織り出した袋帯にしようか。


前者の帯は2週間前にすでにグリーンの結城紬に合わせたので、ピンクが少し入った雪の色にも
近い後者の淡いクリームピンクの帯が残った。

実際の着姿は、こうなった。

c0188818_6595758.jpg


このコーデに合わせて、フエルトとシルクで大判ストールも手作りしたのだった。

c0188818_725023.jpg


オールドローズカラーのフエルトに、少し濃い目のちょっと枯れたローズのシルクシフォンを重ねて、
シルクが見えるようにフエルトに穴を開けて、また、梅の花のように見えるようなつまみ模様を入れ
込んでみた。

c0188818_76203.jpg



かように力が入ったのはなぜかというと、3人出演予定されていたカウンターテナーのうちの1人が
わたしが贔屓にしているクリストフ・デュモーであったからだ。
若手CTには様々なタイプが百花繚乱のごとく咲き誇っている現在であるが、芯が硬質で若々しい
張りのある声の、高音がレーザー光線のように鋭く通りる彼の歌唱が、わたしの耳には一番美しく
響く。そしてルックスや演技なども含めて総合的に一番好きなCTなのだ。
しかるに、彼の生の声には久しく接していない、この機会を逃してはなるものかと、遠征を決めたの
だった。

c0188818_7312147.jpg

        昨年、ケルンでの『時と悟りの勝利』に出演した時のデュモー

これは、約一年前にケルンで行われたヘンデルの『時と悟りの勝利』に出演した時のもので、
友人が撮ったカーテンコール写真である。なんと、このコンサートには行きそびれている。
ファンとしては情けないことこの上ないのであるが、近くでコンサートがあることをその前日くらい
まで知らなかったのだ。
その痛恨、無念さが胸の奥にしこりのように固まっていたから、ドルムントでカルダーラのオペラに
デュモーが出演と知った時には、即、遠征を決意した。

ところが、コンサート1週間くらい前に、予期しない出来事が起こった。
デュモーがFBで、体調不良のため降板を宣言したのだ。

18世紀以来上演記録がないという幻のオペラであるから、現在のオペラ歌手のレパートリーには
全く入っていない。今回の一回こっきりの上演およびライブ世界初録音のために出演予定の歌手が
キャンセルしたらどうなるんだろう。急な練習で舞台に立てるような代わりの人が見つかるのだろうか。
それとも、そういうキャンセルに備えて、誰か別の歌手も練習しているのだろうか。
とにかく信じられない気持ちで、デュモーが体調を整えてなんとか出演してくれることを祈りつつ、
なぜかその翌日になって撤回された降板宣言の真偽を本人に確かめたり、他のソースから入ってくる
代役の名前に驚いたりして夜も眠れないくらいやきもきしたのだった。
何日かたってから劇場から正式発表がされた。それは、事前に入手した非公式情報と同じであった。

歌手は生ものだから、キャンセルはいたしかたない。しかし、今までに贔屓の歌手の降板という経験が
あまりないだけに、今回のショックは大きかった。

c0188818_805141.jpg


c0188818_811910.jpg


しかも、なんと最終的には目玉歌手であるソプラノのアナ・プロハスカちゃんも降りてしまった。
目当ての歌手二人が降板とは、かなり痛い。行く気がかなりそがれたことは事実であるが、もう一人
素晴らしいCTであるフランコ・ファジョーリが出演することと、歴史的録音になることは間違いないの
だからと自分に言い聞かせて、萎える心に鞭打ってドルトムントに出かけて行ったのだった。

実演の感想は、また別の記事にしたい。
[PR]
by didoregina | 2014-01-20 00:05 | 着物 | Comments(4)

Violette   お洒落かつ重い佳作に、意外な俳優、、、

今年になってリュミエールで映画を見るのは3回目である。週一のペースは順調だ。
順番がずれるが、昨晩観た映画から感想を書こうと思う。

c0188818_6251215.jpgDirector: Martin Provost
Countries: France / Belgium
Year: 2013
Producer: Miléna Poylo, Gilles Sacuto, Olivier Rausin
Production Co.: TS Productions, Climax Films
Screenplay: Martin Provost, René de Ceccatty, Marc Abdelnour
Cinematographer: Yves Cape
Editor: Ludo Troch
Sound: Pierre Mertens

Emmanuelle Devos (Violette Leduc),
Sandrine Kiberlain (Simone de Beauvoir),
Olivier Gourmet (Jacques Guérin),
Catherine Hiegel (Berthe Leduc),
Jacques Bonnaffé (Jean Genet),
Olivier Py (Maurice Sachs)




『セラフィーヌの庭』のマルタン・プロヴォスト監督作品だということも、実在したフランス
人女流作家の半生を描いた映画だということもほとんど知らずに見に行った。
ヴィオレット役がエマニュエル・ドゥヴォスということに惹かれたのだ。彼女の、意志の
強そうな頑固そうな顔は一度見たら忘れられない強烈なインパクトがあって、『クリスマス・
ストーリー』以来、フランス女優らしからぬアクのある個性が気に入っているからだ。

c0188818_6451285.jpg

             40年代から60年代までのモードは色彩がはっと目を瞠らされる。
             ヴィオレットの身に着けるものはカラフルでデザインも美しい。          


戦後から60年代にかけての時代、フランス女性は家庭からも男性(父親もしくは夫)からも
解放されていなかった。社会的に独立した存在ではなかったのだ。
ペン一本で独り立ちしてしようとするも、社会の壁に阻まれる女性の精神的苦悩とそういう
時代を、ヴィオレットが体現している。          

主人公ヴィオレットの性格のアクの強さには凄まじいものがあり、ドゥヴォスでなければ
これほど説得力を持って演じることは不可能だったろう。

愛を求めるも、誰からも愛されないという気持ちに支配されているヴィオレットは、社会から
疎外されていると感じながら、敬慕するボーヴォワールに促されて私小説的な作品を次々と
書く。
しかし、時代はまだまだ女性の味方ではないから、赤裸々な性や感情を吐露した内容の本は
売れない。
母親の愛情に飢え、ゲイの男友達との愛憎半ばする仮の暮らしも破たんし、ボーヴォワール
へのストーカー的同性愛の感情も満たされず、悶々とする年月である。
それでも、なんとか書き続けることが生きる証しになっているのだった。


c0188818_65725.jpg

             ヴィオレット・ルデュックとシモーヌ・ド・ボーヴォワール


社会の規範から外れた、1人暮らし、精神的に危うく、容貌も美しくない中年女性芸術家の
半生ときたら、『セラフィーヌ』とほぼ同じ設定だ。
そういう彼女を金銭的に庇護してくれるパトロンがいる、といるということも同様。

パリの小さなアパルトマンや明るい陽光の中の田舎の自然を写すカメラワークは、美しく
かつお洒落である。醜いものや暴力などは、この映画の中に登場しない。


c0188818_77727.jpg

        ジャン・ジュネとジャック・ゲランは、彼女の精神的兄弟かつパトロン


しかし、満たされない思いに支配されている彼女の不幸は、幸福の追求さえ上手くできない
ことだ。
身を削る思いで、体内から吐き出すように綴った赤裸々な文体の彼女の本は、ボーヴォワール
やジュネやコクトーのお墨付きがあっても、社会的容認はなかなか叶わないのだった。
そのフラストレーションから、精神に異常をきたし病院に入れられる、という状況もセラ
フィーヌと似ている。
違うのは、彼女を見捨てない人がいた点だ。ボーヴォワールがいつでも心の支えになって
くれたのだ。

映画は、彼女を巡る(有名)人や土地との関わりがいくつかの章になっているという構成で、
各章に名前が付いているのが、フランスの19世紀末から20世紀初頭にかけての音楽を思わせる。
使われている音楽は、しかし、アルヴォ・ペルトとバッハである。


孤独なヴィオレットの心の中を描くように使われる音楽はペルトの『フレトレス』


          



一番最初の章は『モーリス』というタイトルで、ホモの作家モーリス・サックスとの屈折した
関係の確執に満ちた生活を見せるのが印象に残る。サックスのキャラクターがかなり19世紀末
芸術家風なのだ。同性愛者で、ナルシストで、利己的で、まわりも自分も傷つける破滅型で。
そのサックスを演じる俳優が、「なんだかオリヴィエ・ピそっくりだな、見かけもキャラも」
と思わせ、「でも、まさか」と後々まで気になり疑問符が残った。
そのまさか、が最後のエンディングロールではっきりした。なんと、本物のオリヴィエ・ピが
俳優として出演していたのだった。彼の地そのままみたいな役で。

c0188818_7432915.jpg

          ピ演じる、ホモで自滅型の芸術家モーリス・サックスとヴィオレット


オリヴィエ・ピ演出のオペラ『アムレット』は、昨年末にモネ劇場で鑑賞したまま、感想も
レビューもまだ書けていない。
「早く何とかしろよ」と銀幕の向こうから催促されているような気分になって、何はともあれ、
溜まっている映画レビューから片づけることにしたのだった。

先週観たクローデル監督映画 Avant l'Hiverは、今年のベストテン入り間違いなし!と思った
のだが、この映画Violetteもやはりベストテンに入るだろう。
[PR]
by didoregina | 2014-01-14 23:54 | 映画 | Comments(11)

マレーナ様ネローネの仰天演技と歌唱

マレーナ・エルンマン・ファンクラブの皆様、新年早々、素晴らしい動画がアップされている
のでご紹介したいと思います。

昨年11月のリセウ歌劇場での『アグリッピーナ』の第三幕、ネローネのアリアQuando invita
です。
マレーナ様直々のお墨付きですから、何はともあれ、ご覧になってください。




Qual bramato piacere mi s'offre del destino!
oggi spero baciar volto divino.

Quando invita la donna l'amante
è vicino d'amore il piacer,
il dir : "vieni ad un istante"
egli è un dir, "vieni a goder!"

比較的スローなテンポで、じっくり聞かせる曲です。超絶技巧のアジリタはありませんが、
その分、美しいメロディーが心に染み入り、名曲ばかり散りばめられたこのオペラの中でも
白眉の一つと言えましょう。

しかし、マクヴィカー演出によるネローネは、10代後半で性的な発情を隠さず、多動性でマザ
コンという設定です。だから、この美しいアリアも、マレーナ様ネローネは、なんと腕立て伏
せやピラティスなどの運動をしながら歌うのです。

これを実際に劇場で見たときのインパクトの強さには凄まじいものがありました。
そのあとのアリアCome nubeでは、マレーナ様ネローネはコカインを吸引しつつラリッて、
機関銃のようなハイテンポでアジリタの多い歌を歌うという曲芸を見せてくれるので有名です
が、このQuando invitaの演技と歌唱の方には、聴く者の耳目を一瞬たりとも外すことのない
ような密度の濃さが充満していました。
しっかりと聴かせる歌を、ピラティス運動をしながら息切れすることなくいかにも軽々と歌う
姿に感じ入り、観客は固唾を飲んでマレーナ様の一挙一動を見入り、その歌唱に魅入られたの
でした。
そのカリスマ的求心力。余人に真似できるものではありません。
マクヴィカー版アグリッピーナのネローネ役はマレーナ様以外には封印されてしまった、という
ことを確認したのでした。


新年初めのファンクラブ会報ということで、グラインドボーンの『こうもり』から、マレーナ
様オルロフスキーが歌うアリア「わたしはお客を呼ぶのが好き」の動画も貼り付けますので、
こちらではまた別のマレーナ様をご堪能してください。


[PR]
by didoregina | 2014-01-09 20:40 | マレーナ・エルンマン | Comments(4)

着物始め、コンサート始め、習い事始め

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

c0188818_7113622.jpg


一応松の内になんとか着物でおでかけの機会があった。
友人Hがフルート奏者として出演するアマチュア・コンサートである。

会場はセレブルダース・チャペル。上記写真のように天井も壁も美しい教会で、ちゃんとした
有料の、そして結構有名音楽家による古楽コンサートが開かれる。

お正月らしい華やかな着物だと、教会でのマチネ・コンサートでは浮きすぎるから、グリーンの
結城紬に改まった雰囲気の正倉院柄の帯の組み合わせにした。

c0188818_7172331.jpg

                偶然だが、教会の内装にぴったり合う色のコーデ。

昨年京都で買ったこの帯をいつおろすのがよいだろうかと機会をうかがっていたのだが、
ぜひとも今年1月に締めようと決めた。今年の干支の馬が織り込まれているからだ。
古典的な正倉院裂の騎馬模様の織帯で、柄は地味だがきらきらと上品な光沢があり、
光の当たる具合によって色が変わる。

c0188818_7253926.jpg

                 正倉院柄の織の名古屋帯で締めやすい。


コンサートの演目は、前半はアマチュア合唱団によるモーツアルトの『フィガロの結婚』から
伯爵夫人やケルビーノのアリアを混声合唱にアレンジした曲や、『帰れソレントへ』『オーソレミオ』
などのイタリア民謡であった。
後半は、ハイドンのトリオ・ソナタ『ロンドン』をフルート、リコーダー、チェロ、コントラバスのために
アレンジしたもの。なかなか一緒になっての練習時間の取れないアマチュア室内楽アンサンブル
にとってはかなりの大曲であった。




                マルコ・ビーズリーの歌う『オー・ソレ・ミオ』

マルコ・ビーズリーによって正統的ナポリ弁(?)歌われると、この曲も哀愁を帯びて味わい深く
なり、なんともいい曲だなあ、と思う。



コンサートの前日、HとTとその他10人ほどで、ベルギーのアルデンヌ高原をハイキングした。
普段の年だったら雪に覆われている山や丘陵だが、今年は暖冬のため、道はぐちょぐちょに
ぬかるんでいた。
フルートを吹くHからは、いつも、わたしのピアノ伴奏と一緒に合わせたい、と誘われるのだ。
合奏とか伴奏とかには全く向いていないと自覚しているので、いつもお茶を濁しているのだが、
逃げ口上ばかりでも能がないので、「今年の抱負として歌のレッスンを受けようかと思っている」
と言ってみた。
そして、その翌日、HのパートナーTと一緒にアマチュア・コンサートに行ってその楽しさに浸り、
どうせ歌うならTと二人でこの合唱団に参加してみようということになったのだった。
なんと、この合唱団は、アマチュアながらこの美しいチャペルを練習場としているという贅沢さ。
そして、レパートリーにモーツアルトやヘンデルが多いということにも惹かれたのだった。
歌手のおっかけをしているからには、自分でも歌を勉強してもう少し深く理解したいという願いも
ある。

c0188818_7404511.jpg

                      合唱団と室内楽団


早速、来週の水曜日夜からの練習に参加してみることになった。
3か月の見習い期間を経て、お互いにウマが合うようならば正式団員になれるという条件である。
歌のレッスンも別に受けることも可能であるという。
午年の一年の計としてもなかなかにふさわしい習い事始めであろう。
[PR]
by didoregina | 2014-01-07 00:00 | 着物 | Comments(4)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧