<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Beloved and Beautiful オランダ・バッハ協会コンサート

ヨハネット・ゾマーがソプラノ・ソロ・パートを歌うので、オランダ・バッハ協会のコンサートに行ってきた。2010年4月27日。しかし、帰国間もないため、やはり夜のコンサートはきつかった。ついつい、こっくり、舟をこいでしまう。
c0188818_17234960.jpg

             今シーズンは、彼女のおっかけしてるのだ。

会場は、恒例、マーストリヒトの聖母教会。
日中はいいお天気で、暑いくらいだったが、夕刻からは涼しくなった。コンサートが始まるのは夜8時半で割と遅め。教会でのコンサートに着物は、あまりに浮きすぎるので、カシミア混のセーターにジャケット代わりのブラウス、膝丈スカートにタイツという服装で出かけたのだが、教会内部に入るとひんやりする。これは失敗した、と思って周りを見ると、やはり皆さん重装備である。こんな薄着の人は、他にはソリスト位しか見当たらない。

すなわち、ヨハネット・ゾマーの服装のことである。彼女は今回、デコルテが開いてはいるが長袖で襟にボリュームのあるカシュクールを太いサッシュ結びにした焦げ茶のシルク・タフタ・ブラウスに、鼠色のやはりシルクと思われるロングスカートという、教会でのコンサートにマッチした、控えめな姿。いつも同様、ブラウスの色に合わせた色石のネックレスだが、ゴージャスさはあまりない。まあ、茶会の着物、みたいな雰囲気と思っていただくとよろしい。

c0188818_1735094.jpgHeinrich Schütz (1585-1672)
- Stehe auf, meine Freundin
Georg Böhm (1661-1733)
- Mein Freund ist mein
Dietrich Buxtehude (1637-1707)
- Drei schöne Dinge sind (BuxWV 19)
Johann Christoph Bach (1642-1702)
- Meine Freundin, du bist schön
Johann Sebastian Bach (1685-1750)
- Der Herr denket an uns (BWV196)

Uitvoerenden
De Nederlandse Bachvereniging solistenensemble
Jos van Veldhoven dirigent
Johannette Zomer sopraan
Marcel Beekman tenor
Harry van der Kamp bas

曲目は、上記ジャケット写真のCDBeloved and Beautifulと同じ内容だが、コンサートのタイトルは Meine Freundin, du bist schonとなって、旧約聖書からの愛の歌、と副題がついている。
すなわち、「ソロモンの雅歌」に基づいたドイツ・バロックのカンタータやモテットを集めたものだ。
このジャケットに描かれた百合の絵から連想するのは、マタイ福音書の「野の百合はいかにして育つかを思へ。労せず、紡がざるなり。されど、われ汝らに告ぐ。ソロモンの栄華だにこの花に一つにも如かざりき」の言葉だ。ソロモン繋がりで順当と言えば、順当である。ベタとまでは言うまい。

ソロモンというのは、ダビデの息子で、サウルから数えて3代目のイスラエル王だ。
ソロモンの治世下、イスラエルは繁栄を極め、平和を謳歌した。ソロモンの叡智のおかげだ。彼は即位の際、神から、善悪を判断しイスラエルの民を治めるための知恵を授けられることを望んだので、神の御覚えめざましく、ずうずうしく口に出して望みはしなかったが、結果として栄華をも得た。
神に感謝して黄金の神殿を建てたことにはソロモンの敬虔さが窺えるのだが、それからどうも奢侈に走り、肉欲に耽ったり(后700人に側室300人とか)、異国の妻達に迎合して異教礼拝までもしてしまった。
奢れる者は久しからず、の法則どおり、彼の死後、王国は弱体化し分裂した。
だから、わたしは、野の百合の裏の象徴として、盛者必衰の理を思わざるを得ないのだ。

ソロモンは知恵の王なので、「雅歌」は彼が作ったもしくは編纂したと伝わる詩を集めたものだ。
2000年以上前に書かれたのだが、万葉集の相聞歌みたいに多分に土俗的で直接的な愛の歌がメインとなっている。だから、ストイックでプロテスタント的な世界とは対極にありそうな気がするのだが、ルターも詩の白眉と呼んだくらいだから、普遍的でもあり、ストレートな美しさで邪気がなくインパクトがある。

こういうマイナーな曲を集めて、教会でコンサートというセンスが、予想外によかった。
最後のバッハの曲だけは、神に感謝の言葉が出てくるが、これも結婚を寿ぐ歌である。
無邪気な愛の歌が多いから、抹香臭さが全くない。華やかなヴァイオリン・ソロもたっぷり入ったり、ソロも掛け合いもおおらかな男女の愛の賛歌で、艶やか。
特にヨハネット・ゾマーに注目して聴いていたのだが、いわゆる教会系の彼女の声にはぴったりだし、真面目一本やりでなく遊びがある内容の歌が多いから、楽しめる。
これは、CDもやっぱり買うべきだろうか。(CDと異なり、今回のコンサートでは、テオルボ演奏はフレッド・ヤーコブスだった)
[PR]
by didoregina | 2010-04-28 11:12 | コンサート | Comments(0)

卯月は花見月

日本は寒かった。
2週間強の滞在中は、強風、連日の雨、真冬並みの寒さと所によっては雪に見舞われ、しかも後半はアイスランドの火山噴火の影響で、ヨーロッパに無事帰ることができるのだろうかという不安に苛まれた。
しかし、人生万事塞翁が馬。悪いことばかりが起こるわけではない。思わぬメッケモノにも遭遇した。寒さのせいで、桜満開の期間が例年になく長かったのだ。
c0188818_5331946.jpg

          期待してなかったから、うれしさもひときわの満開の桜。


今回、絶対に見たかった花がある。牡丹である。
高校の古典の授業では、花といえば桜、と習った。しかし、わたしにとって、花といえば、牡丹、芍薬、チューリップである。どうも、肉感的な花が好きなのだ。
牡丹園のある可睡斎という寺に出かけた。しかし、屋外の牡丹はまだ一割の半分の5分咲きだった。あまりに開花が遅れているため、入場料を取られなかったのはラッキーというべきか。そうこうするうち、牡丹にとっては酷な雨も降り出した。
c0188818_5472832.jpg

             雨にぬれる牡丹

だが、この寺院には屋内牡丹園というものもあるのだ。精進料理を予約しておいたら、寺院内部拝観および屋内牡丹園入場はタダだった。一つ悪いことがあると、何か別のもので帳消しになる、というのは、やはり仏の功徳か。
c0188818_5431048.jpg

      旬の筍と蕗がたっぷり。胡麻豆腐は白とピンクの層で桜を表現。
      手抜きしていない料理を個室で頂くから、リッチ感抜群。

この寺には、日本一と自慢する東司、すなわちトイレがある。何が凄いかというと、トイレの真ん中にこういう立派な木像が立っているのだ。しかも、寺院のトイレにしては珍しく、戦前から水洗だったという。
c0188818_5531234.jpg

          烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)

拝観を終え、土産物など物色していると、見知らぬ人から声をかけられた。
地元の新聞のカメラマン兼記者であるという。牡丹園の写真を撮りに来たが、雨天のため見物客がいない。花だけで人物なしの写真では新聞に載せられないから、わたし達にモデル(というかサクラ)になって欲しいという頼みである。
そこで、数少ない開花している牡丹の後に立っての写真撮影となった。さすがにプロである、位置を変え、モデルのポーズに注文をつけながら数十枚は撮った。そのうちのベスト写真が、翌日の朝刊のなんと一面ド真ん中に載った。休刊日の翌日でよほど特ダネがなかったと見える。撮影の後、おしゃべりが弾み、ついでに撮ったスナップ写真ともども引き伸ばして送ってくれるとの約束もしてくれた。
驚くことなかれ、新聞に載った写真は大きく引き伸ばされ、それ以外の5,6枚の写真も実際に送られてきたのだった。

c0188818_6114856.jpg

       これは後日、天気のいい日に再訪し、わたしが撮った写真。


それから、熊野(ゆや)の長藤というものも一度見てみたいと、願っていた。能「熊野」で有名な熊野御前が植えたと伝わる樹齢400年の藤の花で、房は1メートル以上になるというものだ。
開花予定は4月下旬から。わたしが行った日は、正式オープンの翌日で、まだ2分咲き位。

c0188818_619668.jpg

       確かに房は長いが、まだあまり花が開いていない。

東海道は池田の庄の娘、熊野は、平宗盛の寵愛を受け京に住む。母危篤の知らせが届き、暇を請いたい熊野だが、馬鹿殿宗盛は、熊野といっしょに清水寺に花見に行きたいと無理強いする。母の死に目を看取りたいという望みを歌に託し、その思いがようやく伝わるというストーリーで、能では人気絶大の演目だ。
ところが、わたしは10代の頃、三島由紀夫の「近代能楽集」に収められている「熊野」を最初に読んだおかげで、熊野というと、本歌とは違ってコケットで小悪魔的なファム・ファタールのイメージが植えつけられてしまった。

c0188818_6335358.jpg

        藤の庭園には、能舞台も設えられている。
        母お気に入りのグリーンの結城紬に葛布の帯。

いずれにしろ、熊野は実在の人物なので、熊野とその母の墓も、寺の境内にはある。
c0188818_633067.jpg


寺から程近いところに、天竜川の池田の渡しがあった。
c0188818_6373928.jpg

[PR]
by didoregina | 2010-04-25 23:43 | 旅行 | Comments(12)

馬鹿殿ネローネ

昨日は、2011年にマレーナ様がウィーンで「セルセ」の主役を張ることの前祝いとして「オンブラ・マイ・フ」聴き比べ大会をいたしました。それに対して、REIKOさんから、セルセは馬鹿王なんだから、それっぽい歌い方してるのを聴きたい、というコメントを頂きました。
そのご要望に、きっとマレーナ様なら応えてくれると思います。馬鹿王セルセというのは、演技派マレーナ様の、びっくりするほどハマリ役になるのではないかと期待します。

それを証明できる動画を発見しましたので、ご覧下さい。
マクヴィカー演出の「アグリッピーナ」でのネローネ役のマレーナ様です。
馬鹿殿ネローネを、非常に上手く演じ歌っています。



2003年公演の録画が今年になって新たにアップされたものですが、投稿者によるとTV放映されたとのこと。ファンとしては、それはいったいいつだったのか、それならばDVD化もされるのではないかと、思わずツッコミたくなります。

「アグリッピーナ」は、2013年にバルセロナで、サラ様のタイトルロール、マレーナ様のネローネ、ダニエルちゃんのポッペアという空前絶後のキャスティングで、ヤーコブス指揮マクヴィカー演出という最強コンビ版が再演されるとの噂を聞いています。
マレーナ様には、それまでに「セルセ」で馬鹿殿ぶりに磨きをかけて、新境地を開拓してもらいたいと思います。
[PR]
by didoregina | 2010-04-07 23:43 | マレーナ・エルンマン | Comments(6)

マレーナ様、2011年にウィーンで「セルセ」!

マレーナ様のつぶやきによりますと、2011年ウィーンで「セルセ」のタイトルロールを歌うという契約に、本日サインしたそうです!
ブリュッセルでのイダマンテ役を終えたばかりでこのニュース、というタイミングが絶妙です。
まるで、わたしのつぶやきに答えてくれたかのようです。

様々な情報源からかき集めたものですが、今のところ、以下のヨーロッパ都市でのマレーナ様の舞台スケジュールがわかっています。

2010年9月 ウィーンで「セメレ」のイオー役
2011年3月 ウィーンで「ロデリンダ」のエドゥイージェ役
2011年10月 ウィーンで「セルセ」の主役!
2013年  バルセロナで「アグリッピーナ」のネローネ役
2014年  ブリュッセル、演目と役は未定

ウィーンのスケジュールから伺えるのは、マレーナ様が着実にスターへの階段を登っている様子で、ファンとしては涙が出るほどうれしいではありませんか。

マレーナ様セルセ@ウィーンの主役契約締結を記念して、またもやベタな企画をお届けします。
はい、ヘンデルのオペラ「セルセ」より「オンブラ・マイ・フ」の聞き比べでございます。

トップバッターは、もちろん、われらがマレーナ様です。



動画つきでないと、こういうスローテンポの曲を聴くのは、つらいものがありますね。
しかし、ファンクラブの皆様なら、彼女の凛々しい男役姿を思い浮かべながら、来年のウィーンの舞台に思いを馳せてください。

やはり、女声で聞き比べたいのですが、バルトリ姐にはこのところよく登場願っているので、今回はルミュー姐にお願いしましょう。



指揮者スピノジに促されるルミュー姐の登場の仕方が、Britain's got talentのスーザン・ボイルを思い起こさせるのは、彼女のルックスのせいでしょうか。

ルミューと来れば、次は、彼女とよくタッグを組んでいるPJ様しかありませんね。



なかなかよくできたこの動画は、ファンの方の努力の結晶でしょう。

最後にもう一人、CTに歌ってもらいましょう。
ショル兄の楽譜付動画を貼ったのですが、利用規約に違反ということで削除されてしまいました。
別のを貼ってみます。楽譜の代わりに英語訳字幕付です。


[PR]
by didoregina | 2010-04-07 00:16 | マレーナ・エルンマン | Comments(8)

マレーナ様イダマンテの隠し撮り動画

マレーナ様おっかけの方による、モネ劇場での「イドメネオ」隠し撮り動画が、いつの間にかyoutubeにいくつかアップされています。
多分、ファンサイトの方が3月26日(金)と28日(日)両日撮ったもので、ダブルキャストのイリア役2人が見られます。わたしが鑑賞した28日のイリア役だったカルトホイザーのほうが、童顔でカマトトっぽいので、ヴィジュアル的にはマレーナ様とお似合いカップルです。
隠し撮り動画はいずれも一長一短があり、これだ!といえるような決定版が見当たりませんでしたが、一つ貼り付けてみます。



第三幕、クライマックスに向かう場面で、父イドメネオと息子イダマンテ、そしてイリアの3人がそれぞれの苦悩を歌い上げます。父は息子をネプチューンの生贄に捧げるに忍びなく、国外に逃がそうとして愛想尽かしのそぶりを見せ、息子は父の冷たい態度が分からずに悩み、そしてイリアにはその愛が上手く伝わらないという具合です。

この後、イダマンテは一人でネプチューン(無差別テロ)に戦いを挑み傷を負うのですが、父はそれだけではテロの収束を図ることは不可能だと悟り、ついに本当のことを言うのです。「ネプチューンとの約束で生贄を捧げなければならない、それはお前だ」と。そのクライマックスでは、鼻血を流し、白いワイシャツもはだけた姿のマレーナ様イダマンテが、わが身をお国のために捧げようと時限爆弾のベルトを着けます。愛国心に溢れ真摯でありながら茫然自失の表情をカメラが追い、背後のスクリーンに大映しになる、というシーンもなかなかでした。

ファンとしては、マレーナ様の動画アップはうれしいのですが、細切れで物足りなく、画質も音質もよくないというわけで、正式なDVDをやっぱり見たいという気持ちが抑えられなくなるでしょう。
[PR]
by didoregina | 2010-04-05 02:23 | マレーナ・エルンマン | Comments(2)

チェチリア・バルトリの「神への捧げもの」

昨年秋にリリースされたバルトリのCD、Sacrificium(邦題「神への捧げもの」)をようやく購入した。リリース直後に試聴し、気になりつつも、今まで放っておいたのに、ついに買ってしまったのは、デパートの期間限定セールで10ユーロになっていたからだ。もちろんデラックス版ではないので、ボーナス盤もカストラート事典もついていない、そっけないものである。

食わず嫌いは何にしろよくない。特にバルトリ姐の場合、ナマで聴けるチャンスが今年は巡ってきそうな予感なので、今のうちから予習して歌声に慣れておくのがよかろう。

そんなにびくびくしなくてもよさそうなものだが、彼女の迫力には、聴く前からこちらは萎縮気味であった。

そして、実際に聴いてみると、やはり第一曲目からすさまじい技巧のコロラッチューラ全開で、CDから唾が飛んできそうな雰囲気だ。アントニーニ指揮のイル・ジャルディーノ・アルモニコも、ビシバシという感じの濃いめの演奏で飛ばし、バルトリ姐に負けていない。
この迫力に呑まれたら、聴くほうの負けである。

こういう歌唱と演奏には、ケルメス姐のCD同様、何度も聴いて慣れるしかない。

何度も聴いた。歌詞も読み込んだ。
すると、どうだろう、なかなかにイケルではないか、と思えるようになった。反復学習というものは、だから重要なのだ。

何かいいかというと、アップテンポで走り抜ける曲と、スローテンポでゆったりと歌い上げる曲とがほぼ交互に収録されているから、緩急のメリハリが利いて、聴くほうもほっと一息つける。

今回バルトリ姐による世界初録音という曲が多く、なじみのないラインナップなのだが、わたしが気に入った曲は、大抵ポルポラ作曲のものだということに気付いた。
特に、スローな曲に優れたものが多いと感じたのだが、動画付では見つからなかったので、CD第一曲目のCome nave in mezzo all'onde (Sifaceより)



波間にたゆたう舟のように
お前の心は千千に乱れる。
怖れることはない、
熟練の舵手がお前の行く手を導くのだから。

嵐の最中には
わが愛こそお前の求める慰め、
澪標、星、そして心安らぐ港となろう。



この動画のよさは、ナポリ郊外のバロックの宮殿、ヴェルサイユとも比せられるカゼルタを舞台にしていることに負うところも大きい。
大理石でできた大階段も、バルトリが歌っている宮殿内の劇場も、雰囲気抜群で、彼女のこだわりがよく表れている。
学究心溢れる彼女のことだから、埋もれた名曲を掘り出したり、それに適した歌い方や、動画にぴったりのロケーションや衣装までよくよく考えられている。CDジャケット写真しかりである。
こういうアプローチは本当に好ましい。
こういった一連のバルトリのバロック音楽界への貢献は、後世にも語り継がれるだろう。
生きながら伝説化しそうなバルトリ姐を同時代で体験でき、恐れおののきつつも晴れがましい気持ちになる、そんなCDだ。
[PR]
by didoregina | 2010-04-04 12:20 | バロック | Comments(12)

「わたしを泣かせてください」聴き比べ大会

なぜか、半年前に急に、youtubeの動画がブログに貼り付けられなくなったのですが、またまた不思議なことに、半年たったら、またできるようになりました。
それを記念してのベタな企画。ヘンデルのオペラ「リナルド」より、「わたしを泣かせてください」を4人の歌手に歌ってもらうことにしました。(注:バルトリ姐のは、似てるけど別の曲!)

まずは、マレーナ様がピアノ伴奏で歌います。



さらりとした都会的センスが隅々まで感じられます。感情を込めすぎないのがコツでしょうか。
しかし、この髪型と衣装だと、女装のドラッグ・クイーンに見えてしまうのが難ですね。


次に、正統派バルトリ姐。舞台はなんと、パラディオ設計のテアトロ・オリンピコです。
でも、この歌、よく聴いたら、「わたしを泣かせてください」ではありませんでした。
ヘンデルのオラトリオ「時と真理の勝利」から、Lascia la spina(日本語でなんと言うの?)でした。
だって、出だしが凄く似てるんですもの。途中から変わっていくので、アレっと思ったら、違う曲でした。



やはり、バルトリの歌うイタリア語はなんといっても母国語、という安心感を聴くものに与えてくれます。
また、舞台背景の素晴らしさには、ため息が出ますね。
しかし、歌手自体ヴィジュアル的には少々。。。
この人とマレーナ様がウィーンで姉妹役を演じる「セメレ」は、ファンにとっては必見・必聴になること間違いなしです。


そして、男声でも聴きたいのでPJ様にご登場願いましょう。
この歌で聴けるPJ様の声には、やはり男性ならではの力強さが感じられ、まるでファリネッリの再来か、と思えるほどで、一世一代の名歌唱に拍手を贈ります。




そうして、聴き比べ大会のトリを飾るのは、この人を置いていないでしょう。
ダニエルちゃんで~す。
何も言いますまい。とにかく、聴いてみてください、もしも数秒以上我慢できるなら。。。
背景のアムステルダム風景を見て、気を紛らわせるというのも、長く聴くためにはいい手段かもしれませんね。


[PR]
by didoregina | 2010-04-03 12:32 | バロック | Comments(14)

「イドメネオ」@モネのポッドキャスティング

本日と土曜日の二公演を残すのみとなった「イドメネオ」@モネ劇場の、ライブ全曲録音が、ベルギー・ラジオ・フランス語放送局から、ポッド配信されています。
RTBFのサイトにリンクを張りました。ページ左下方の蓄音機ラッパマークの辺りをクリックすると聴けます。

以前、bonnjourさんが、sarahoctavianさんに伝授されていたフリーソフトで録音ができるかどうか、試してみようと思います。
c0188818_3165686.jpg

今、全編聴いてみましたが、やはり動画付でないので、物足りないどころではありませんが、印象はつかめるかと。
やっぱり、マレーナ様イダマンテの歌声は、どうもパワー不足の感が否めません。特にイドメネオとエレットラ役だった歌手の迫力と比べると。。。カルトホイザーとは、丁度いいバランスなんですが。

マレーナ様は、舞台に立ってナンボのオペラ歌手なので、演技のない録音聴くだけでは、隔靴掻痒もはなはだしいものがあります。

また、歌詞や対訳を読みながらでないと、誰がいつ何を歌ってるのかよく分からなくて、退屈になるかもしれません。
だから、シッカリ聴きこむというより、バックグラウンドに流して、雰囲気に浸ってくださいませ。

c0188818_2445684.jpg

          やはり、マレーナ様は、根っからの舞台人。
[PR]
by didoregina | 2010-04-01 19:36 | オペラ実演 | Comments(10)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧