カテゴリ:20世紀の音楽( 6 )

ホランド・フェスティヴァルの現代音楽@コンセルトヘボウ

6月は、ホランド・フェスティヴァルの月である。アムステルダムで各種の音楽・演劇・オペラ公演が
繰りひろげられる。
今年はあまり面白そうなプログラムがなくて、行ってみたいな、と思ったのは、イアン・ボストリッジと
アンゲリカ・キルヒシュラーガーが歌うブリテン『ルクレツィアの陵辱』、DNOのチャイコフスキー
『オネーギン』と、現代作曲家リームのオペラ『ディオニッソス』だけだ。
しかし、マチネの日の都合がつかず、どれにも行けない。。。

c0188818_13562267.jpg

          マーストリヒト市内を流れるマース川を屑鉄運搬船が
          遡って行く。遠景はケネディ橋とリンブルフ州庁舎。


コンセルトヘボウの土曜マチネを企画する放送局NPS(ラジオ4)の招待券が当たった。
(今シーズン、これで一体何回目?)現代音楽2曲のオランダ初演である。応募者が少なかった
のだろう。

こういう当選のお知らせは、コンサートの前々日くらいに突然来る。今回は、4連休中の土曜日な
ので、同行してくれる人を見つけるのが難しい、とわかっていたので、応募する祭、「チケット1枚
だけお願いします」と書いた。通常、招待券はペア券2枚である。姑息にも、そうやって当選の
確率を上げようとした。それが功を奏したのか、めでたく当選。しかし、通知メールには「招待券
2枚を、コンサート開始1時間前からホールにお取り置き」とある。「1枚だけ希望したのに、2枚
当選とは、本当ですか?(デフォルトで2枚という通知?)もし、2枚当たったのなら、誰か連れて
行きます。そうじゃなくて、私の分はやっぱり1枚しか用意してないのなら、連れをがっかりさせること
になるので、ご確認願います」とメールしたら、即「2枚用意してありますから、お楽しみください」と
返事が来た。
コンヘボから遠くない場所にお住まいのブログ仲間Mevさんをお誘いした。

c0188818_1353331.jpg


週末の難関は、オランダ鉄道(NS)のダイヤである。前回は片道4時間もかかって大変だった。
今回もそうなるのなら、チケットは2枚とも地元にお住まいの方に差し上げようと思った。
予定された保線の状況はNSのサイトで数日前から確認できる。土曜日は通常運行のようである。
それで、安心してアムステルダムに行くことにした。

8時56分発の直通ICでアムステルダムには11時26分に到着した。
朝、切符を自動販売機で買おうとしたら、見知らぬ女性が「切符を買うんですか?こういうものが
余ってるんですが。クライドファット(ドラッグ・ストア)の1日乗り放題券で、12ユーロ50セント」と
申し出てくれたので、ありがたく売ってもらう。

通常、マーストリヒト~アムステルダムの往復は45ユーロだが、割引カードを持っているので、
平日午前9時以降と週末はいつでも40%引きで27ユーロになる。
それが、期間限定の1日乗り放題券(クライドファットやブロッカー、AHなどで売り出されるが、
皆、即買い込むのですぐに売り切れ、ということが多い)だと12ユーロ50セントという、信じられ
ないような料金体系になっていて、正直者が馬鹿を見る、を絵に描いたような仕組みだ。
NSでも期間限定割引チケットはしょっちゅう売り出していて、7月からのサマー・トゥアー切符だと
2人で1等車に1日乗り放題で45ユーロだ。クライドファットの切符は週末のみ有効で、その期限が
終わりそうなので、使い切れない切符を売ってくれたのだ。

その日は、快晴、予想気温30度以上だったので、始発駅から電車は一杯。海岸に行くためゴザや
パラソルを持ち込んでる人もいた。大部分の人が、クライドファットの切符を利用しているようだった。

コンセルトヘボウのコンサート・チケットを持っていると、アムステルダム市内の交通機関(トラム、
地下鉄、バス)に往復タダで乗れる。コンサート開演時間の3時間前から4時間後まで有効だ。
今日は、チケットはタダだし、交通費も安くついた。

c0188818_13543128.jpg

           フォンデル公園中央に立つフォンデルの像。


Mevさんとは、コンヘボの前の通りをまっすぐフォンデル公園方向に行った先にあるパン屋兼
カフェで待ち合わせた。アムステルダム遠征では毎回サンドイッチのみを食すので、サンドイッチ・
エキスパートを自認するわたしだが、アムステルダムで一番美味しいと思うサンドイッチ屋である。
Vlaamsch Broodhuysという、ベルギー風のじっくり噛み応えと味わいのある
パンにこだわりの中身で勝負の店だ。このあたりに来ると観光客はほぼ皆無で、ゆったりのんびり
できる。
お腹が空いていたので、写真を撮るのも忘れて貪り食ってしまった。

14:15の開演までは時間がある。フォンデル公園を歩いてみた。

c0188818_14243133.jpg

         公園の池の周りは憩いの場。
         ピーター・ドイグの絵を思わせるグリーンの水辺。


c0188818_1433195.jpg

            Canoe-Lake (1997) by Peter Doig
            サーチ・ギャラリー蔵

2011年5月11日@コンセルトヘボウ
Radio Filharmonisch Orkest
Groot Omroepkoor
Jaap van Zweden (指揮)
Frank Hameleers (合唱指揮)

Arvo Pärt    曲名不明
Wim Henderickx  TEJAS (What does the sound of the universe look like?)
Wolfgang Rihm  Quid est Deus?

ペルトの曲は短くて、序曲代わりという感じだった。
メインは、ベルギー人ヘンドリックスおよびドイツ人リーム作曲の、共にオランダ初演の曲だ。
テーマは宇宙と神である。
開演前に、作曲家二人のラジオ公開インタビューがあった。あまり熱心に耳を傾けていなかったが、
言っていることが抽象的でよくわからなかった。(テーマは宇宙と神)

ヘンドリックスの曲は、いきなりチューバの爆音でどんとかます。オケの爆音を引き出すのには
優れた指揮者ファン・ズウェーデンにぴったりの曲だと思った。
全体的な印象は、組曲の細切れみたいで縦にブチブチと区切られて、個々の短い楽章の統一感も
緩やかなグラデーション感もない。作曲家自身がまとまりのつかないものを、スケッチ風に綴じて
みた、という感じだった。
オーケストラの編成がやたらと大きいのと、打楽器が多種多様なのが特徴だ。作曲を始める前は
打楽器を演奏していたというヘンドリックスの履歴が頷ける。
銅鑼系統の打楽器奏者が4人活躍、ピアノとオルガン(両方かけもちで忙しいし、小さなはじいて
鳴らすような一種の打楽器も担当)、そして弦楽器も打楽器的な奏法を主にするのだった。
宇宙の音をテーマにした曲なので、ちょっとガムランみたいな東洋的で神秘的な響きを強調。
星の様々な形態(超新星とか中性子星とか)を音楽で表そうとしているらしい。
Mevさんは、『未知との遭遇』を思い出したそうだ。

コンヘボも、コンサート幕間の飲み物はチケット代込みである。各種飲み物が盆に載せて用意して
あるのでフォアイエが混み合わず、並ばなくてもすぐにドリンクにありつけるのがうれしいが、ワインは
いかにも安物の味なのだった。だから、口直しにジュースを飲んだ。

リームの曲は、合唱つきで、オケの編成はぐっと小さい。低音弦楽器に比べてヴァイオリンの数が
非常に少ない。
プログラム・ブックには歌詞が書いてあるようで、読みながら聴くとよかったかもしれない。
こちらは神とは何かというそのものずばりをテーマにしていて、曲はペルト風というか、リームの神とは
キリスト教の神なんだろうな、と思わせる、伝統にのっとった音楽である。
ヘンドリックスのような映画音楽風ではなく、まじめに深遠に神について考えた結果という感じが溢れる。
だが、全体としてどんな音楽かと問われても言葉に窮する。

オランダ初演なので、各曲とも演奏が終わると作曲家が舞台に登場してさかんに拍手をもらっていた。
結構熱狂的に受け入れられていたように思う。現代音楽のコンサートなのに客席はよく埋まっていた。
招待客が多かったのかもしれないが、それにしてもアムステルダムらしいな、と思う。
[PR]
by didoregina | 2011-06-09 08:30 | 20世紀の音楽 | Comments(0)

グランツーリスモ5のオープニング音楽は、なんと、、、!

日本では11月25日発売だったらしい、プレステ3向けグランツーリスモ5を、次男は24日に
ゲットした。ヨーロッパのほうが早いのかどうなのかよく知らないが、予約しておいたのをわざわざ
学校の帰りに店まで取りに行った。
今朝、「いままでになくかっこいい」と次男が太鼓判を押すオープニング・ムーヴィーを見た。
そして、わたしも唸った。動画のかっこよさもさることながら、選曲の異例さにである。
なんと、使われているのは、プロコフィエフのピアノ・ソナタ第7番第3楽章!(前半の3分半まで)



鉄を高炉で溶錬するところから順に自動車工場での製造過程を見せるCGもしくは実写をバックに、
かなり無機質的に響くピアノ演奏がかぶさるのだ。
プロコのピアノ・ソナタは、リヒテルによる演奏のが一番好きだが、この映像と妙にマッチしたかなり
メカニックな演奏が気になる。いったい誰が弾いてるんだろう?
youtubeや手持ちCDを片っ端から聴くが、どのピアニストの演奏も全然違う。感情を込めないで
機械的に弾いてるという点とテンポで一番印象が近いのは、グレン・グールドなのだが、やっぱり違う。
もしかしたら、コンピュータ処理した音なのか。

グランツーリスモのサイトで、その答えが見つかった。
なんと、ラン・ランが、グランツーリスモ5オープニングのために弾いてくれたのだそうだ。
ラン・ランとコンピューター・ゲームの音楽という取り合わせは、すごくぴったりで、おもわず納得。
こういうコラボ(プロコフィエフとコンピューター・ゲームとラン・ラン)は、適材適所の最たるものだ。

これで、やっぱりプロコフィエフは、誰の耳にも普遍的にかっこよく聞こえる音楽を作る、究極の
20世紀の作曲家なんだ、と再認識できた。
[PR]
by didoregina | 2010-11-25 21:47 | 20世紀の音楽 | Comments(12)

Cadence and Cascade

キルカの滝の桃源郷のような風景の中で、頭に思い浮かんだのは、キング・クリムゾンの「ケイデンスとカスケイド」である。

Cadence and cascade
Kept a man named jade;
Cool in the shade
While his audience played.
Purred, whispered, spend us too:
We only serve for you.

Sliding mystified
On the wine of the tide
Stared pale-eyed
As his veil fell aside.
Sad paper courtesan
They found him just a man.

Caravan hotel
Where the sequin spell fell
Custom of the game.
Cadence oiled in love
Licked his velvet gloved hand
Cascade kissed his name.

Sad paper courtesan
They knew him just a man


ケイデンスとカスケイドという詩的にしてアルカイックに響く美しい名前の女二人は、実はブルーピーで、この歌はだからロック・スターとの三つ巴恋愛をストレートに歌ったものだという。
しかし、わたしにとってこの歌はそんな俗っぽいイメージではない。
謡曲(能)の村雨松風を連想させるのである。

在原行平が須磨に蟄居していた頃、愛した海女の姉妹が松風と村雨で、最終的にこの二人は捨てられる。身分が違いすぎるのだ。貴種流離譚に付き物の、貴人と身分の低い女との恋愛物である。しかし、この話が他の能の物語とはちょっと異なるのは、男一人に女二人がからむ恋愛という設定だ。

そして、キング・クリムゾンの「ケイデンスとカスケイド」からは、まるで日本の王朝時代の恋愛のような高貴な艶かしさを感じるは、二人の女性に付けられた名前のせいだ。もしもそれが「ケイトとキャシー」とかだったら、この歌の歌詞が30年余もわたしの脳裏にこびりついてはいないはずだ。

その上、わたしのイメージにぴったりの動画を発見して驚いた。
というより、これは、わたしの想像力よりも一段上を行く。
ここでは、ケイデンスとカスケイドは、お謡とお滝という二人の遊女になっている!



しかし、早乙女太一って、こんなに美しい女形だとは知らなかった。
[PR]
by didoregina | 2010-08-04 00:29 | 20世紀の音楽 | Comments(8)

ハイドンの名によるメヌエット


今年は、ハイドン・イヤーでもある。ハイドン没後200年に当るからだ。
盛り上がっているのかいないのかはっきりしないが、丁度100年前もハイドン・イヤーだったわけで、その年にはフランスの音楽誌「レヴュ・ミュジカル」が、粋な特集を組んだ。

当時のフランスを代表する6人の作曲家、モーリス・ラヴェル、クロード・ドビュッシー、ポール・デュカ、レイナルド・アーン、ヴァンサン・ダンディ、シャルル=マリー・ヴィドールに、ハイドンを主題とする作曲の依頼をしたのである。
その際の課題として、HAYDNという文字を音に当てはめたものを主題とすることとした。

ちょっと「ダ・ヴィンチ・コード」めいてくるが、
ラシドレミファソラは、それぞれ
ABCDEFG  に対応するので、その後のアルファベットも下に並べて
HIJKLMN
OPQRSTU
VWXYZ   
上記音符に対応させる。ただし、Hはドイツ語でシなので、そのままシとして使う、というルールである。
そうすると、HAYDNはシラレレソという音になる。

面白そうなので、ドビュッシー、デュカ、ラヴェルの作曲したものを集めたピアノの楽譜を手に入れ、まず、ラヴェルのピアノ曲「ハイドンの名によるメヌエット」を練習してみた。
なかなかしつこく、ハイドンの名前の主題がたしかに出てくる。途中ではスペリングをひっくり返してNDYAHになったりして、もういろいろ工夫を凝らしました、という感じである。しかし、ちょっと摩訶不思議だがちゃんとラヴェルらしい音楽になっている。




来月のピアノ発表会に、この曲とプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」より「モンターギュ家とキャプレット家」を弾くことになった。去年9月から主に練習したのはドビュッシーの「ベルガマスク組曲」とツェムリンスキーの「デーメルの詩に基づく幻想曲」であるが、「ショパンやドビュッシーは弾く人が他にもいるが、ラヴェルとプロコフィエフは誰も弾かないので、ぜひとも」との先生じきじきの依頼である。わたしも、こういう面白みというか企画性のある音楽が好きだし、子供達の教化の意味もあるから、張り切って弾くことにしよう。
[PR]
by didoregina | 2009-05-18 15:26 | 20世紀の音楽 | Comments(4)

義父を偲んで

昨年亡くなった義父の墓石が出来上がったので、すでに骨壷に入れた灰が埋められている墓地に墓石を置きに行った。

入退院を繰り返していた義父の体調が急に悪化して亡くなったのは、毎年秋の恒例ハイキングのためアルデンヌの森にある貸し別荘に週末泊まっていた時だった。それまで、何度も容態が悪くなるたびに、不謹慎かもしれないけど、お葬式に流す音楽を真剣に考えていた。
近頃のお葬式の音楽は、故人が好きだった曲や偲ぶ曲で、バラエティーに富んでいる。
実際に人が亡くなると、残った家族にはしなきゃいけないこと決めなきゃいけないことが多すぎて、音楽のことなんて考える余裕はなくなる。お葬式やそれに関わるもろもろのことの手配や法律上の手続きは血のつながりのある人たちに任せて、わたしは音楽担当になろうと思った。

カトリックのまじめな信者だった義父は、グレゴリア聖歌が好きだった。
義母に教会でのお葬式のミサの時にはどんな曲がいいか訊ねると、「アヴェ・マリア以外ならどんな曲でも何語の曲でもかまわない」とのこと。アヴェ・マリアは、お葬式のたびに流れるので、もう結構、なんだそうだ。
はりきって、3曲ほど候補を挙げ家族にも聴いてもらったが、教会の合唱隊の指揮者が直接、忙しくて心あらずだった義母に電話して、「アヴェ・マリアの上手に歌えるソプラノがいるからそれでいいか」と聞き、義母は不本意ながら同意してしまった。それ以外の曲も、その教会の合唱隊のレパートリーの中から(適当に)選ぶ、ということになったらしい。

義母は、教会のミサで列席者が義父と最後のお別れをすませたあとは、火葬場でもう一度告別式みたいな儀式はいらないから、みんなで義父が好きだったお城のレストランで昼食にしましょう、という希望だったので、わたしの選んだ葬送の曲は、結局使われなかった。

今日、義弟の友達の彫刻家に頼んでいたシンプルな墓石が出来上がってきた。
雪に覆われた墓地で音楽を流したわけではないが、お墓で故人を偲ぶのにふさわしい音楽を考えてみた。
Tombeauという音楽のジャンルがあり、フランス語で「お墓」という意味だが、音楽の場合、「故人を偲んで」という意味で使われる。ジャン=フェリ・ルベルが作曲した「リュリ氏のトンボー」Le Tombeau de M. Lully やモーリス・ラヴェルの「クープランの墓」Le Tombeau de Couperinが有名。
あんまり大仰な曲は、義父に似合わない。それで選んだのは、オランダ現代音楽作曲家のフレ・フォッケ Fre Focke がゴッホの絵20枚にインスピレーションを得て作ったLe tombeau de Van Gogh。
20のどれも1分以内の短い曲には、それぞれゴッホの絵のタイトルが付けられている。
c0188818_89080.gif

現代音楽演奏を主にしているオランダのピアニスト、マルセル・ウォルムスが演奏していて、ゴッホ美術館で売られていた Pictures at a Van Gogh exhibition というCDに収められている。
[PR]
by didoregina | 2009-01-10 23:52 | 20世紀の音楽 | Comments(4)

コルンゴルトのピアノソナタ全集

c0188818_235756100.jpg


20世紀の作曲家のピアノ曲を弾いてみたくなるのは、天邪鬼な性格のせいだ。
あまりほかの人が取り上げないものを弾くのは、わたしのレア心をくすぐる。
まず、レコーディング数が少ないから、巨匠による演奏の影響を受けないですむ。
それに、聴いてくれる人(ゴク少数)へのサービス心もある。ショパンばっかりじゃ、つまんないでしょ。
こういう音楽もあるんだから、音楽の世界はまだまだ未開の処女地に満ち溢れているんだ、と。
また、先生もそれを楽しんでくれる。先生自身が弾いたことのない曲を選ぶと、チャレンジ心を評価してくださる。

というわけで、コルンゴルト。Erich Wolfgang Korngold (1897 - 1957)
オペラ「死の都」やヴァイオリン協奏曲が有名。ハリウッドの映画音楽の作曲家としても知られている、オーストリア人。
彼のピアノ曲以外の作品に関しては、naoping さんのブログに詳しい。

実は彼の曲は、未だ弾いたことはない。先生のレパートリーには、入っている。
わたし自身は現在、コルンゴルトの師にあたるツェムリンスキーのピアノ曲を練習中だ。
久しぶりに、コルンゴルトのピアノソナタを聴いてみたくなったのは、sarahoctavian さんのブログで、サラ・コノリーの次のCDがコルンゴルトの歌曲だと教えてもらったから。

ピアノソナタ第1番ニ短調は、なんとコルンゴルトが11歳で作曲したものだ。
音楽評論家だった父親は、この作品をリヒャルト・シュトラウスに早速見せて、感想を聞き、
「11歳の男の子がこの作品を作曲したと知り、抱いたのはショックと恐れだ。この成熟した才能の持ち主が、正常に成長できることを祈る。自信に満ちたスタイル、形式の知識、独自の表現は、まさに並外れたものである。」とR.シュトラウスに言わしめた。

実際にこのピアノソナタを聴いて、世紀末風の毒と妖しさに酔ったあとで、11歳の男の子が作曲したとわかれば「恐るべき子供」と形容したくなる。
爛熟したウィーン文化という土壌に肥料を与えすぎて、異形の花が咲いたんだろうか。

バロック音楽でまったり、もよいが、あまり続くと、こういう曲を聴きたくなる。心が刺激を要求するのだ。
休日モードから、カツが入った気分だ。
[PR]
by didoregina | 2009-01-06 17:47 | 20世紀の音楽 | Comments(4)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧