カテゴリ:イエスティン・デイヴィス( 15 )

イエスティン・デイヴィスとAurora Orchestraのコンサート

Aurora Orchestra: How Pure the Sky
1 May 2014 / 19:30 @ LSO St Luke’s

Howells arr Muhly King David
Thomas Adès Three Studies from Couperin
Bach Cantata BWV 54, ‘Widerstehe doch der Sünde’
Nico Muhly Drones on ‘O Lord, whose mercies numberless’
Gluck ‘Che puro ciel’ from Orfeo ed Euridice
Schubert Symphony No 5 in B flat

Nicholas Collon conductor
Iestyn Davies countertenor
Aurora Orchestra




イエスティン・デイヴィスが出演するコンサートおよびオペラを、異なるプログラムであれば、
今年はできるだけ沢山生で聴きたいと思っているので、ヨーロッパ内であれば遠征は厭
わない。
有難いことに今年前半はほぼ毎月、時には2週間くらいの間隔でコンサートがあるのだ。
しかし、このコンサートの日には当初仕事の予定が入っていたので行くのは諦めていた。
ところが、リスボン遠征直後に、その仕事がキャンセルになった。ご贔屓歌手のキャン
セルは困るが、こういうキャンセルはうれしい、というのが本音である。しかも、いい席が
まだまだ残っていたので早速チケットゲット。ロンドンまで一泊の弾丸遠征を決めた。

プログラムにはニコ・マーリーの曲と、一曲だけだがグルックの『オルフェオとエウリディー
チェ』からのアリアも入っている。グルック・イヤーである今年はぜひともイエスティン君の
歌う『オルフェとエウリディーチェ』を生で聴きたいという悲願が少しだけ叶うのだ。
グルックのオルフェオ役は、当時のカストラート歌手グァダーニが初演で歌っている。
そして、イエスティン君は『グァダーニのためのアリア』集CDを出している。男性的なアルトで
ある彼の声質にこれほどぴたりと合っている役もないだろうと確信しているし、オルフェの
アリアはとにかく美しいので、今年イエスティン君がどこかの歌劇場でオルフェオ役で主演
しないかなあ、と夢見ていたのだ。

c0188818_18451076.jpg


このコンサートの会場は、LSOが練習場としているらしい元教会である。バービカンから歩いて
10分足らずの場所にある。しかし教会なので、特に舞台があるわけではなく、最前列の特等席
(かぶりつき席という言うのはやめる。最前列で歌手のドンピシャ真向いだったブリュッセルと
リスボンでは、イエスティン君から「今日は特等席だったね」と言われたので、その用語に従う。)
だと、恐ろしいくらいの近距離である。わたしは中央すこし右寄りの席だったので指揮台の左側
に歌手の立ち台が置かれた今回は特等席とは言えないが、ご一緒したロンドンの椿姫さんとご
主人の席はこの小さな台の真向かいで、歌手から1メートルもない距離だった。

内陣上部には大きなスクリーンが掲げられ、上に貼った動画のようなヴィデオ(草原を歩いたり
寝転んだりするイエスティン君の大写し)が流れる。それに呼応してオケの器楽演奏が始まったが、
歌手はオケの後ろの方、楽屋と思しき場所から登場して、マーリーが編曲したハウエルの『ダビデ
王』を歌う。
夜啼き鳥の声に哀しみを慰められるダビデ王という、抒情的でメランコリックな英語の歌詞を、
いつものように明瞭で丁寧な発音のイエスティン君によってストレートに歌われると、とらえどころの
ない寂寞感というものの実体が目に見えないまま、しかし空気のようにまことに直にこちらの胸に
届くのだ。
もっともっと長い曲ならいいのに、というくらいあっけなく終わったのが残念だった。

オケは小さな編成だが、この教会のスペースと音響的にはマッチしていて、アデス編曲のクープ
ランの雅な音楽にもぴったり。
バッハのアリアでは、歌手は教会後方上部から歌い始め、中央通路を通って歩きながら歌い、
オケの前まで来るという演出(?)なのだった。生真面目さの本領発揮ともいえる、やはり丁寧な
歌唱であるが、この曲も余韻に浸る暇ももないほど短い。
そこまでは、曲間の拍手もなしでヴィデオ・アートと器楽演奏と歌唱とが切れ目なく続いた。

もっと短かったのは、マーリーの次の曲だった。
期待が大きかっただけに、肩すかしというか、今思い出そうとしてもほとんど印象に残っていない。

グルックのChe puro ciel!を英訳すると、今回のコンサートのテーマHow clear the sky!に
なる。暗い草原を歩くイエスティン君の映像がスクリーンに映されると、歌手登場の合図のように
なっているらしい。
あてどなく彷徨うスクリーン上の彼の姿が、エウリディーチェを探し回るオルフェの絶望を象徴して
いるようであり、わかりやすい。
この曲もとても美しいし、イエスティン君の十八番らしいのだが、Che faro senza Euridiceも
歌ってもらいたかった。イエスティン君の歌うグルックが聴けただけで満足、と思わないとばちが
当たる。

シューベルトの交響曲第五番に関してはノーコメント。これが、本来ならメインであったのかも
しれないが。

そしてアンコールとして、雨が止んで明るい空を仰ぐかのように能天気な曲Blue Skiesを
傘をさして後方から歩きながらイエスティン君が歌った。いかにも古き良きエンタメ的要素が
或るポピュラー曲なので、彼の別の面を聴くことができて楽しかった。

c0188818_19262763.jpg

Courtesy of Tsubakihime (Peraperaopera)
[PR]
by didoregina | 2014-05-04 12:34 | イエスティン・デイヴィス | Comments(4)

イエスティン・デイヴィスのインタラクティブ・インタビュー

イエスティン・デイヴィス・ファンの皆様、先日の『ロデリンダ』ラジオ放送はお聴きいただけましたか。
お聴きになった皆様の忌憚のないご意見・ご感想をお待ちしております。

c0188818_1984246.jpg


ラジオ収録のあった8日に実演鑑賞した人から、2日にわたしが鑑賞した感想とほとんど正反対の
ご意見を伺い、歌手の声というのはナマモノ、日によってコンディションも相当異なるんだな、と
思ったことでした。
『ロデリンダ』は今晩、千秋楽を迎えます。一回しか実演鑑賞できなかったのが心残りですが、
8月にグラインドボーンで『リナルド』にイエスティン君が主演するのを心待ちにしています。

昨日イエスティン君は、デジタルシアターというDVDなどの有料視聴サイトと提携して、パーセルの
『ダイドーとエネアス』がそのサイトで視聴できることになったことを記念しての(?)、インタラクティブ・
インタビューを行いました(インタビュー視聴は無料)。
ツイッターであすくイエスティンというハッシュタグ付きの質問をすると、デジタルシアター経由でイエス
ティン君が質問に応答してくれるというもので、彼にとっても初の試みです。

c0188818_1930679.jpg

このDVDになっている『ダイドー』は5年前にROHで上演されたものです。サラ様がダイドー役であり、
そのために初めてのロンドン・オペラ遠征をしました。そして、わたしが実演鑑賞した日にカメラが
入って映像の収録が行われたのです。
その『ダイドー』にイエスティン君も精霊役で出演していたことは、昨年11月に彼に会うまで知りません
でした。舞台に姿を現さない、声だけの出演だったからです。

パーセルの『ダイドー』はもともと好きなオペラだし、このプロダクションには上記のような縁もあるし、
わたしもダイドーを名乗る女の端くれ、手を出すまいと思っていたツイッターですが、イエスティン君の
インタビューに参加するため、アカウントを急きょ作って質問を二件ツイートしました。
幸運にもブログのハンドル名であるdidoregina(女王ディドという意味のラテン語)は、まだツイッター
では誰も使っていないためその名前で登録できました。

インタビューの生放送はCET午後2時だったため視聴できませんでしたが、Youtubeにアップ
されたので、その日の夕方に見ることができました。




インタビューは、やはり『ダイドー』に関することがメインになっているので、わたしのした質問に
応える内容で始まって、しかもかなりそれに時間が割かれていました。作戦勝ちです!
それは「精霊役でこの『ダイドーに』出演していたけど、声だけで姿は見えませんでした。でも、
カーテンコールでは舞台に出てきたのかしら?」というもので、彼がいろいろ話した後でインタビュ
アーが、質問をしたわたしの名前を出しています。

そして、わたしの第二の質問は「パーセルの『アテネのティモン』録音に、ボーイソプラノのキュー
ピッド役でとても若い時に参加してますが、それが初めての録音ですか?」というもので、パーセルに
こだわった内容にしてみました。
これにも面白い逸話を交えて答えてくれました。

普段着で自宅からPC経由で答えるインタビューでの彼はリラックスした雰囲気で、一つの質問に
対して10倍以上の密度と長さで答えるのがいかにも彼らしく、おしゃべり好きという性格とファンに
接する真摯な態度が窺えます。
30分近くあるため内容も濃く、ファンにとってはお宝のインタビュー動画といえましょう。
(ライブ・インタビューの途中でイエスティン君が画面から消えてしまうというアクシデントは、やらせ
かしら。。。)
[PR]
by didoregina | 2014-03-15 11:59 | イエスティン・デイヴィス | Comments(2)

『ロデリンダ』のカーテンコールと出待ち写真

c0188818_4202468.jpg

                               Courtesy of Tsubakihime (Peraperaopera)

イエスティン・デイヴィス・ファンの皆様、昨晩BBC3よりラジオ生放送されたENO公演
『ロデリンダ』はお聴きになりましたでしょうか?
まだの方は、下のリンクからあと6日間オンデマンドで聴くことができますから、ぜひ!
http://www.bbc.co.uk/programmes/b03x160z

ENO公演『ロデリンダ』でのイエスティン・デイヴィスのカーテンコール写真と楽屋出口で
撮った写真をアップします。
平土間2列目正面席だったにもかからわず、私の撮ったカーテンコール写真は、ぶれたり
タイミングが悪かったりして碌なのがないため、ご一緒したロンドンの椿姫さまの撮った
写真を何枚か譲っていただきました。全て3月2日に撮影されたものです。

c0188818_449488.jpg

c0188818_4482717.jpg

c0188818_4454480.jpg

c0188818_4372891.jpg


イギリスの各紙でも『ロデリンダ』公演、特にイエスティン君は絶賛されています。

中でも、オブザーバー紙のフィオナ・マドックス女史の評には、私自身かなり共感する部分が
多いので、リンクを張ります。ご一読ください。http://www.theguardian.com/music/2014/mar/09/rodelinda-eno-jones-curnyn-review?commentpage=1

その中から、イエスティン君のパフォーマンスに関する部分を抜粋します。

”Yet no single organisation has brought the composer's operas back to life more assiduously or persuasively than ENO, whose radical reinvention began with Nicholas Hytner's Xerxes in 1988. Jones and Curnyn, like others since, have continued that tradition. It helps when a production has a big star. The night belonged to Iestyn Davies. An ex-chorister of St John's College, Cambridge, Davies has suddenly accelerated from "promising British countertenor" to world-class artist. He can sing, whether full blast or hushed pianissimo, with a strength, steadiness of tone and musical confidence almost unknown in a voice type which has tended – shout me down – to prefer ethereal frailty as a calling card. He also has an understated sense of comic timing.”
(Fiona Maddocks, The Observer, Sunday 9 March 2014)


c0188818_571576.jpg

              出演歌手では一番最初に楽屋口から出てきたイエスティン君。
              速攻で鬘と化粧を落として着替て出てくる早業に驚きましたが、
              それよりも先に来て待っていた私達に、彼の方もびっくりの様子。



"The supreme star of the show is Rodelinda, sung with ravishing tone and great intensity by Rebecca Evans; but Iestyn Davies as Bertarido is magnificent, too, and his acting is as concentrated as his singing."
(Michael Tanner, The Spectator, 8 March 2014)

上に抜粋を載せた、スペクテイター紙の『ロデリンダ』評、リンクはこちらです。http://www.spectator.co.uk/arts/opera/9152011/the-musical-side-of-rodelinda-was-close-to-perfect/


また、BBC Music Magagineのウェブサイト、クラシカル・ミュージック・ドットコムのヘレン・ウォレス
女史による評にも同感、おもわず頷く部分が多いので、リンクを張ります。
http://www.classical-music.com/blog/handels-rodelinda-eno

"Iestyn Davies stole the show with aria after aria of heavenly purity and ardour."

"At other times it works hand-in-glove, building up a terrific tension during Bertarido’s aria at the end of Act I, when he believes Rodelinda has betrayed him, as she and Grimoaldo whirl through the rooms in an intensely sexy tango (what a relief to find real choreography and singers who could compete in Strictly), or in the mercurial, chromatic aria in Act III as Grimoaldo dashes impotently about searching for the right weapon, furiously whipped up by Curnyn. Most memorable of all is the heart-stopping ‘Io t’abbraccio’ at the end of Act II, when Davies and Evans voices come together at last (a fabulous match) just as they are ruthlessly separated, each singing to the other as the rooms they stand in are dragged physically further and further apart. A witty production with a dark heart; don’t miss it."
(Helen Wallace, Classical-music.com, 4th March 2014)

長いこと待ち望んでいた『ロデリンダ』実演鑑賞にどきどきでしたが、イエスティン君の素晴らしい
歌唱と演技、楽しめるプロダクションに大満足。そして出待ちも上手くいき、最高のロンドン遠征
となりました。

c0188818_5231416.jpg

[PR]
by didoregina | 2014-03-09 21:49 | イエスティン・デイヴィス | Comments(10)

イエスティン・デイヴィスが英語で歌うベルタリドのアリア

イングリッシュ・ナショナル・オペラのヘンデル『ロデリンダ』は、今晩2月28日が初日です。
これを機に、マレーナ様私設ファンクラブに倣って、イエスティン君応援のための私設ファンクラブを
ここに設立したいと思います。

ENOでは全てのオペラを英語で上演するので、英訳歌詞がこなれてない点や英語で歌われるという
不自然さに対しては、オペラファンおよび歌手の意見でも好き嫌い賛否の分かれるところですが、
ヘンデルのイタリア語のオペラを英語で上演するとどういう感じになるのでしょうか。

Dove sei, amato bene? ならぬ O, where are you, dearest beloved?




ENOプロモ・ヴィデオで聴くことができるイエスティン君の歌うベルタリドのアリア『お前はどこに、
愛おしい人よ」には、事前に恐れていた英語歌詞の不自然さが全く感じられないどころか、とても
こなれた印象です。まるで、ヘンデルがこの歌詞に曲を付けたかのように。
この好印象の理由としては、イエスティン君が歌っているから、ということも大きいでしょう。
彼の英語の発音と歌唱がぴったりと合って、美しいことこの上ありません。
切々と語る心情がひしと胸に迫り、うっとりと聞きほれてしまいます。

『ロデリンダ』には、このほかにも美しいオペラが散りばめられていて、ベルタリドの歌の比率も高い
ので、イエステイン君はどうベルタリドを演じ歌うのか、3月2日の実演鑑賞がとても楽しみです。
METで以前に原語のイタリア語で上演されたものと演出は同じですが、アンドレアス・ショルが
ベルタリド役のそのプロダクションは事前にはあえて見ないことにしました
。予習は、その他の
プロダクション動画と録音でしています。)

追記と訂正:ENOの演出はリチャード・ジョーンズが担当し、METのプロダクションとは全く別物
でした。当初ENOが使っていた写真がMETのものだったので、勘違いしていました。ENOでの
『ロデリンダ』鑑賞記もなるべく早くアップしたいと思います。


当イエスティン・デイヴィス・ファンクラブでは、会員募集を常時行っていますので、皆さまのご参加を
お待ちしております。
[PR]
by didoregina | 2014-02-28 12:30 | イエスティン・デイヴィス | Comments(8)

An evening with..... Iestyn Davies!

c0188818_18441824.jpg


It's rather irregular for me to write a concert review in English on my blog.
But I'm trying now, because;
1. My notebook crashed and impossible to use Japanese fonts,
2. There are thousands of fans of Iestyn Davies and maybe the artist himself,
waiting for my review.

How come?
Because I am the lucky winner of Iesyn's offer to attend his concert in
Amsterdam celebrating Benjamin Britten's centenary birthday.
The programme comprises the songs composed by Purcell, Schurbert and
Britten.

"Wie jarig is, trakteert"
In Holland, it's very common that one provides a treat on his/her birthday to
his/her colleagues, classmates and teachers.
22nd of November is Benjamin Britten's birthday: he was born exactly one
hundred years ago.
On behalf of Britten (?), Iestyn provided a treat, which was a pair of concert
tickets! And I was the first person who reacted to his offer. It was almost like
reflection, and took me only a fraction of a second to respond.


c0188818_19273294.jpg

It says "Everything sounds more beautiful in the Concertgebouw". I agree 100%


Five Canticles van Britten met tenor Mark Padmore @ the Concertgebouw
di 26 november 20:15 - 22:05
Musici
Iestyn Davies (countertenor)
Mark Padmore (tenor)
Marcus Farnsworth (bariton)
Julius Drake (piano)
Jasper de Waal (hoorn)
Lavinia Meijer (harp)


Programma
Purcell - Music For a While (uit 'Oedipus, King of Thebes'), Z. 583/2 (arr. M. Tippett /
W. Bergmann)
Purcell - Sweeter than Roses (uit 'Pausanias, the Betrayer of his Country'), Z. 585/1 (arr. B. Britten)
Purcell - Full Fathom Five (uit 'The Tempest'), Z. 631/6 (arr. T. Adès)
Schubert - Der Schiffer, D 536
Schubert - Auf der Donau, D 553
Schubert - Nachtstück, D 672
Schubert - Auf dem Strom, D 943
Britten - Canticle I, op. 40 'My Beloved Is Mine And I Am His'
Britten - Canticle II, op. 51 'Abraham and Isaac'
Britten - Canticle V ‘The Death of Saint Narcissus’, op. 89
Britten - Canticle IV ‘The Journey of the Magi’, op. 86
Britten - Canticle III, op. 55 'Still Falls the Rain'

c0188818_22444926.jpg

James McAvoy? No, it's our Iestyn!

The concert started with Henry Purcell's (1659 - 1695) Music for a While, which
is one of my favourite English songs and that's why my blog has the same title.
Coincident? No, I'd rather like to believe in so-called meaningful coincidence,
according to Carl Gustav Jung's definition of synchronicity.
Accompanied on the modern piano by Julius Drake, this version of Music for a
While sounds quite unfamiliar to me. Is it because of modern tuning pitch and
arrangement?
This one does not sound melancholic, nor has a sort of "healing effect" as one
might expect.
Usually I can't stop my tears running, when I listen to this song sung live.
But this version gives me totally different impression; sort of muscular strength
and optimism overwhelm despair and hope.
It's not only because of modern instrument and arrangement, but also Iestyn's
voice and the way he sings, I guess. I like his fully balanced and "mannish" voice,
which is rather unique for a countertenor. I was just astonished by the combination
of his rendition and this modern arrangement. It's a kind of revelation.

The following two Purcell songs were also modern-arranged by Britten and Adès
(the latter especially for Iestyn?). I think I need some time to digest them,
or have to listen repeatedly to appreciate them. Even to my conservative Purcell-
oriented ears, Iestyn's voice, mellow and powerful at the same time, was a
gorgeous treat, though.

c0188818_0571525.jpg

Iestyn and Marc

The next group of songs in the first part of the concert programme were Schubert's sung by Marcus Farnsworth and Marc Padmore, accompanied by Hornist Jasper de
Waal. The both singers sang convincingly with full mighty voices. But I'm puzzled
why Schubert songs are included in the programme....

The second part after interval was the main programme: Benjamin Britten's
5 Canticles.
I listened to Canticles just a few days before the concert for the first time.
That was the video featuring the same pianist and singers except Marc Padmore
(Ian Bostridge), an ideal reference material.
Listening to the Canticles live is of course much more impressive.
They are sung in a way like a chamber opera: dramatic, expressive and poetic.
But the Kleine zaal (Small hall) of the Concertgebouw is too small for the great
singers' voices. Thrilling and emotional climax scenes sound little too loud and
not pure enough because of the resounding acoustics of the round shaped hall
and the dome roof. The Kleine zaal has a nice intimate atmosphere, but these
singers should deserve much bigger hall with better acoustic quality like the
Grote zaal of the Concertgebouw.
Marc Padmore impresses the audience utterly with his Evangelist-like convincing
way of singing. No wonder that all the Canticles CDs are sold out after concert.

One of the strongest points of Iestyn, which distinguishes him from many other countertenors, is his voice projection. Its range is wide and far, so you can hear
him clealy at any corner of big halls and operahouses.
And his voice stability is incredible, so you can listen care-free, which means
a pure delight to enjoy music.
Yes, I really enjoyed the evening!
Thank you Iestyn, thank you Benjamin!.

c0188818_122564.jpg

[PR]
by didoregina | 2013-11-29 17:16 | イエスティン・デイヴィス | Comments(8)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧