カテゴリ:未分類( 17 )

Longines Global Champions Tour Valkenswaard 馬術障害大会を観戦

今年は午年だからか、馬に関するイヴェントに参加する機会が多い。
3月のシティ・ポロ、6月のロイヤル・アスコット競馬に続いて3つ目だ。

今年で21回目となるLongines Global Champions Tourの、オランダ
北ブラバント州のファルケンスワールドで行われた馬術障害競技大会
(ジャンピング)を最前列VIPテーブルで観賞するという機会に恵まれた。
c0188818_05322029.jpg

平たく言うと、雑誌の懸賞に当選し、VIP席に招待されたのだ。
(馬関連行事には目を光らせていたおかげだ。)

Jumping Indoor Maastrichtという屋内での障害馬術大会が、毎年マースト
リヒトの国際見本市会場MECCで開催されているが、今まで一度も行ったことが
ないから、ジャンピング大会を生で観戦するのは初めてで、競技に関しては全く
無知であった。
それがいきなり、ロンジンからの招待で、日曜の午後を優雅にVIPテーブルで
シャンペンなど飲みながら、目の前で繰り広げられる障害競技を観戦という
ことになった。くじ運の強さは自他とも認めるわたしであるが、これはかなり
当たり!だった。
c0188818_05482264.jpg
目の前がロンジンの時計付きダブル障害

ゴールに近い障害物の至近距離というテーブルだから、写真が苦手なわたしでも
タイミングよくバッチリきまった写真が撮れる。「わたしでも写せます」という
往年のCMそのままだ。

c0188818_05553624.jpg

広々とした敷地のグリーンのアリーナと砂の馬場の間にVIP用観戦のテントが
建てられていて、内部は空調も効いて非常に快適。外の一般観客用スタンドや、
様々な飲食スタンドやショップなどの立つ一般スペースとは隔絶されていて、
ゆったりした6人掛けテーブルにはロンジンの広報担当者がそれぞれ付いて
お相手してくれる。わたし達が案内されたテーブルは草のアリーナに面した
側である。
給仕の数が多く、シャンペンは数種から選べるし、ビュッフェ・コーナーも
かなり豪勢である。海産物の冷たい前菜各種だけでおなかがいっぱいになって
しまって、暖かい料理は手が付けられなかったほど。(デザートは別腹だから、
後でアイスクリームなどをいただいた)

c0188818_06074337.jpg
世界各国から参加の馬と騎手は、春から秋までヨーロッパ12か所および上海と
ドーハでの大会14を連戦する。
採点としては、時間と、障害を倒したり馬が言うことを聞かなかったりという
要素を減点する方式である。スピードだけを競うわけではなく、いかに減点
対象を抑えて障害を超えることに気を使った速度での競技だから、あっと言う
間に目の前を馬が通り過ぎるレースとは異ってわかりやすい。優雅に飲食や
おしゃべりしながらゆったりと楽しめる。

c0188818_06260131.jpg
エイントホーフェンの南に位置するファルケンスワールド郊外の森林と畑の中に
あるこの広大な敷地は、この競技ツアーの主催者であり創始者のヤン・トップス
氏の個人所有であるというから驚き。


c0188818_06435718.jpg
競技の前に、草の状態や障害物などを点検するトップス氏(青いセーター姿)
および騎手たち。

こういう場所に招待された場合、ドレスコードが明確ならばそれに従えば
いいのだが、そうではない場合は少し悩む。過去の写真を見ると、帽子を
被っている人はほとんどいないから、すこしだけカジュアルでスポーティな
しかしトレンディなワンピースがよさそうだ、と見当をつけた。
Acne Studiosの今年のブルーのワンピースの出番である。

c0188818_06501019.jpg
写真だとコバルト・ブルーに見えるが、実際はちょっとパープルが入った感じ。
前にファスナーが付いて左側にアシンメトリーなドレープがある。
後ろはドラマチックなドレープが肩からヒップまでやはりアシンメトリーに
流れていて、造形的アート的である。
靴は、ステファン・ケリアンのサンダルで、これも前横後のカッティングに
エッジが効いている。
時計は、ボーム&マルシエの紺と白が鋭角的に半々になっているデザインの
ダイバーズウォッチ。50歳誕生日記念にゲットしたリミテッド・エディション。
サングラスはマイケル・コース。






[PR]
by didoregina | 2014-08-05 00:05 | Comments(0)

羊飼いとの対話

少しずつ、少しずつ、羊の群れが移動してきて、昨日とうとう、我が家の前にある緑地にやって
来た。

c0188818_17521150.jpg

  彼らは、市から雇われている「草刈羊さん」達である。すなわち、草刈機のエコ代替員だ。

c0188818_17541245.jpg

             子羊たちも混じっていて可愛い。

c0188818_17554167.jpg

             電気フェンスに注意!の張り紙。

羊の群れを移動させる前に、可動式電気フェンスを張っていた羊飼い(S)に話しかけてみた。

R「和みますね~、羊が家の前にやって来ると。でも、一体全部で何頭いるんですか?」
S「250頭。子羊が生まれたから、今はそれ以上になってるはず」
R「え~、本当?そんなに沢山いるの?」
S「うそだと思ったら、数えてみな」
RとS同時に「数えてる途中で眠ってしまって、正確な数はわからないよ」

c0188818_1823381.jpg

         羊の群れを移動させる羊飼いと牧羊犬。草の丈に注目のこと。


「町中で見かける羊ちゃん達は、羊毛用?肉食用なの?」と問う、マーストリヒトに今年引っ越して
来た友人に、「草刈り用よ」と答えると、感嘆していた。
市の緑地の草刈りに羊を投入するというのはマーストリヒト独特らしく、探究心旺盛な彼女の調べた
ところによると、マーストリヒト市は2009年から草刈機の使用を止めて替わりに羊に食べてもらって
るらしい。
羊には思い入れやこだわりのある北海道生まれ・育ちの彼女の好奇心は留まらず、緑地にいる羊の
数を実際に数えてみたという。200頭まで数えたから、多分250頭以上いるというのは本当だろうと
のこと。
わたしは、せいぜい80~100頭くらいかと思っていたから、びっくり。

c0188818_18104850.jpg

      草刈羊の威力は相当なもので、一日でここまできれいに刈ってくれた。
[PR]
by didoregina | 2013-05-15 11:20 | Comments(4)

サラとアブラハムのパーティー

友人Pと旦那さんTの「二人あわせて99歳パーティー」が、土曜の晩にあった。
Tは50歳になったばかり、Pは11月が誕生日だ。

c0188818_15503561.jpg

       老人のアブラハムとサラの人形と帽子の花輪

50歳になったのを盛大に祝うサラやアブラハムのパーティーに招かれることが、この数年多い。
同年代の友人が皆そういう年齢になったからだ。
自宅前や職場のデスクの前に、椅子に座った等身大の老人の人形が置かれているのを目にする
事がある。
近所の人や子供たちや同僚が、50歳になった人のために準備したのである。
わたしも去年サラになったが、これだけはカンベンしてもらった。

こういうパーティーは、通常、カフェやレストランやパーティー会場を借り切って行う。
自宅が広ければ、自宅でも可能だが、50人~100人は招待客が詰めかけるので、それ相応の
インフラがいるし、ケータリングや給仕のプロも雇わなくてはいけない。

c0188818_1675763.jpg

      パーティー会場は、マース川を眼下に臨む山の上にある
      カフェ・レストランのスラヴァンテ。フォルクスクラント紙が
      選んだ「見晴らしのいいテラス」のオランダ・ナンバー2だ。
      週末は、初夏のようにさわやかで暖かかったので、一晩中
      外で過ごすことが出来、ラッキーなPとTのパーティーだった。


オランダでのパーティーでは、まず一晩中、飲み物はふんだんに。ワイン、ビール、ソフト・
ドリンクが次々に運ばれてくる。
飲み終わったら、次のグラスをすぐに持たせるべく、ウェイターやウェイトレスが盆を持って客の
間をすり抜ける。
立ったままでも、お年を召した方は座ることもできるように、高低のテーブルや椅子が配置される。
そして、必ずやかましいほどの音楽が流される。DJを雇ったり、バンドの生演奏を入れたり。
夜が更けるにしたがって音量が増し、おしゃべりの声が聞き取りにくくなり、グラスをあおるほかは
なくなる。
この地方でのパーティーでは、食べ物は深夜近くなるとビュッフェ式でサラダや肉や魚料理に
付け合せの野菜、ポテト、パスタ、パンにチーズなどが出たり、近年の流行はウォーキング・
ディナーと称して、給仕が小皿に乗せたコース料理を一人一人に配ったりする。
大皿に乗せたつまみ(チーズやフライなどのフィンガーフード)も、その合間に運ばれる。

今回のパーティーは夜6時から11時まで、というなんだか微妙に中途半端な時間だった。だから
食事っぽいものも出るのかと思ったが、最初はこの地方名物のフラーイという果物やお米のパイが
数種類並んでいて、好きなものを取るシステム。コーヒーや紅茶もセルフサーヴィス。
ドリンクになったら、丸パンのサンドイッチが二種類(ブリーとサーモン)と、ビターボレンという
小型クロケットのつまみが出ただけだったが、ダイエット中なので丁度いい。

c0188818_16233979.jpg

         パーティーに欠かせない音楽は、女性歌手2人と
         DJによる懐メロ・ポップス。椅子を取っ払った建物
         内部はダンス・フロアになる。

パーティー会場となったスラヴァンテは1846年に作られた社交クラブの山荘みたいな、ちょっと
変わった造りの建物だ。なぜか、インテリアは、翌日観たオットー・シェンクによる演出のMET
オペラ『ドン・パスクワーレ』の古色蒼然としたセットに似ている。特に窓の形とシャンデリアが
そっくりで、なるほど、このオペラの初演と同じ時代の建物なんだ、と納得した。

50歳パーティーの定番出し物としては、客を50歳以上と50歳未満との2グループに分けて、
「おたまじゃくしはかえるの子」(グローリ、グローリ、ハレルヤ)のメロディーに合わせた
替え歌を交互に全員で歌ってもらう、というのがある。熟年グループにようこそ!というのと、
まだまだ若い組に残って!という掛け合いの歌である。
そして、本人または友人または家族代表による簡単なスピーチ。
飲み物と音楽とダンスがメインになるのが、ごくごく普通のインフォーマル・パーティーだ。

帽子(カクテル・ハットまたは髪飾りに近い小型のもの)を被っていたのは、わたしとPだけだった。
[PR]
by didoregina | 2011-09-26 09:33 | Comments(2)

桜の花の満開の下

今日の日曜日は、穏やかな陽光が降り注ぎ、心地よいそよ風が頬をなでる、絶好のハイキング・
ピクニック日和だった。

町に出てみると、公園の桜が満開で、皆の顔もほころんでる。

c0188818_323764.jpg

       明るい日差しの下では、桜にも毒気が感じられず
       ひたすらに清く正しく美しい。


c0188818_351723.jpg

       桜の木の下で、しみじみとした満足感に浸ってる
       この人は、今世界で一番幸せなように見える。
       ピーター・ドイグの絵のようだ。


c0188818_38768.jpg

       桜には、世の東西を問わず、人を明るく狂わす
       魔力が潜んでいるようだ。
       浮かれて、思わず木に登ってみたくなったり。


日本でももうすぐ桜が開花のはず。開花予想に心躍らせたり、桜前線の北上が痛む胸を
慰めてくれるだろうか。春の訪れがことさら待ち遠しい、今年は。



   
[PR]
by didoregina | 2011-03-27 20:11 | Comments(4)

お菓子の国のような雪景色

昨夜からのみぞれ混じりの雨で、約1週間積もっていた雪が融けてしまった。
緯度は高くても高度がないオランダでは、暖かいメキシコ湾流の影響もあり、雪が降ったり
積もったりすることはあまりない。それが、この2年ほど異変のように降雪が多い。
雪がまだ残っていた木・金のマーストリヒトは、お菓子の国みたいだった。

c0188818_2049712.jpg

      庭に出しっぱなしの半円のシャンデリアの
      短くなったキャンドルに雪が積もって
      小人の帽子のような形になった。

c0188818_2051599.jpg

      14世紀の城壁の見張りの塔(パーター・フィンク塔)も
      雪を被ると粉砂糖をまぶしたお菓子のようだ。

c0188818_20541288.jpg

      その隣に建つフェリー・ズスター修道院は
      まるでお菓子で出来た家。

c0188818_20563438.jpg

      聖母教会、聖セルファース教会、聖ヤン教会の塔が
      重なる、ホーヘブルック橋からの眺め。

c0188818_20595418.jpg

      マース川が州庁舎の脇では河川敷に入りこんで
      池のようになっている。流れもなく、水鳥の格好の遊び場。
[PR]
by didoregina | 2010-12-05 13:04 | Comments(6)

フレイバー・ティーは生活アート

最近、フレイバー・ティーづいている。
立て続けに、新しい味の紅茶をいただいたり、新しいティー・ルームを教えてもらったり、出会ったり。

昨日、デン・ハーグでBetjeman&Bartonのお店を見つけた。可愛い看板もさることながら、
お店の中に入ると、さまざまな香りが立ち込めて、ポットやカップその他お茶の道具が山のようで、
紅茶党なら正気を失ってしまいそうだ。
まず、一体どれを選んだらいいのかわからなくなる。
フレイバー・ティーのネイミングは、勝手気ままというかお店がセンスを競ってるためか、イメージ
重視だから、名前だけではお味の想像がつかない。説明だけでもよくわからないから、缶の蓋を
開けてもらって香りを嗅ぐ。

選んだのはこれ。
c0188818_4252799.jpg

     C'est une Belle Histoireという、秘密のお話みたいな名前もいいし、
     いろいろ付いてる香りも色もいい。これを選んだのにはワケがある。
     125g缶入り6ユーロ50セントというプロモーション価格だったのだ。
     何10種類も匂いを嗅ぐのは無理だから、これに即決めた。
     後で、パリ本店のサイトを覗くと、同じものが17ユーロほどで、
     缶だけでも10ユーロすることがわかり、思わず快哉を叫んだ。


明日、友人のCを訪問することになっている。
胃が機能しない彼女だが、お茶なら飲んでもいいので、お土産はフレイバー・ティーが定番。

c0188818_4345140.jpg

        クスミ・ティーのプリンス・ウラディミール。  
        中国茶のロシアン・ブレンドにベルガモット、レモン、
        グレープフルーツ、ヴァニラ、スパイスの香り。


今日は日曜日だが、行楽地・観光地であるマーストリヒトでは、11月と12月の商戦シーズンには
毎日曜日午後からお店が開いている。先日教えてもらったティー・ルーム兼紅茶屋さんで、クスミ・
ティーをプレゼント用に包んでもらい、自家用に何10種類も並んでいる大きな缶の中からこれを
選んだ。名前に惹かれたのだ。

c0188818_4413213.jpg

        やはりパリが本店のTheodorという紅茶屋さんのオリジナル。
        Carpe Diemという名前がよろしい。わたしのモットーでもある、
        「この日をつかめ =今日を楽しめ」というのは、古代ローマの
        詩人ホラティウスの詩が原典。
        ルイボス・ティーにイチゴとラズベリーの砂糖漬けが入ってて、ロースト・
        アーモンドの香りもする。
        これのオリジナル缶もなんともいえない桃色が、名前のイメージに
        ぴったりの可愛さだが、やはり缶だけで10ユーロするのでパス。
        紅茶の空き缶ならイギリス土産のが家にいくらでもある。
        でも、やっぱり欲しくなった。自分用のクリスマス・プレゼントにしようか。


紅茶にはそれ自体で香りがあるのに、別の香りをつけるというのは、邪道といえば邪道である。
紅茶好きを自認するイギリス人だったら、眉をひそめるかもしれない。
フレイバー・ティーが、紅茶の国とは言いがたいフランスの専売特許のようになっているのは、
香水の伝統と関係があるかもしれない。
香りを生活芸術の域に高める努力は厭わないフランス人の作り出すフレイバー・ティーは、だから、
突拍子もない香りの組み合わせとそのイメージにあったネイミングの妙が売りだ。想像力を駆使
して、鍛えた鼻も使ってクリエイトしたものだから、これもやはりアートと呼びたい。
 
c0188818_5112736.jpg

        12月に入ると、町の中心フレイトホフ広場はウインター・ワンダー・ランド。
        観覧車、スケート・リンク、ポニー乗り場などのほか、揚げスィーツの
        店やビヤ・ホールなど、いろいろな屋台が出る。今はまだ準備中。
       
        
[PR]
by didoregina | 2010-11-28 21:13 | Comments(8)

エディソン賞クラシック部門

おおぼけであった。エディソン賞は、5月20日に既に決定して発表されていた。
視聴者からの投票で決まる視聴者賞のみ、明日発表になるのだ。

今年のエディソン賞クラシック部門の受賞作品とアーチストは、このサイトに。
やはり、「愛の劇場」は受賞していたのだ。でも、このCD、一年以上前に出ていなかったろうか?そして、明日TV出演するのはラルペッジャータだけ?どうも、不可解である。

見落としていたが、ショル兄もソリストとして参加している、ベルリン古楽アカデミーによるヘンデル「アン女王の誕生日のための頌歌」がバロック部門賞を受賞。

一応、オランダ在住でPJ様が出演するかどうか気になる方は、21時からのオランダ第二放送をチェックされるのがよろしいかと。
[PR]
by didoregina | 2010-06-18 00:09 | Comments(0)

ロケーションが主役の芝居 Diplodocus Deks

ベルギーのオランダ語作家トム・ラノワ作の「ディプロドクス・デックス」という芝居を鑑賞した。
演ずるは、トネールグループ・マーストリヒトという劇団で、今回はそのロケーションが非常にユニークで、特筆に価する。

c0188818_614954.jpg
2010年6月3日@ENCI

ENCIというのは、Eerste Nederlandse Cement Industrieの略で、すなわちオランダ最初のセメント会社である。マーストリヒトの南端マース川沿い、ベルギーとの国境を接する場所に広大な採石場とセメント加工工場を持つ。採石場は、山を切り崩した広大な穴になっていて、マーストリヒト最高地点のシント・ピータースベルクから見下ろすことができる。しかし、その敷地は一般立ち入り禁止・通行不可である。
その敷地内の採石場が文字通り舞台となって、芝居が上演されたのだ。
c0188818_6121080.jpg


トム・ラノワ(1962年生まれ)というのは、ベルギーの若手中堅に属する作家で、短編しか読んだことがないが、乾いたユーモアのある、いかにもベルギー的な都会的センスの持ち主だと思う。社会的(反右翼キャンペーンなど)に活躍しTV出演も多い、現代ベルギーを代表する作家といえる。

c0188818_6195489.jpg

            作者近影

劇のあらすじは、田園牧歌的なリンブルフ地方のある村で、ディプロドクスという恐竜の化石が発見されたことから巻き起こる悲喜劇を村人9人が語る、というもの。
その芝居の上演ロケーションにこの採石場が選ばれたのは偶然ではない。
マーストリヒトにはローマ時代からのマール石採石場があり、モサザウルスと名付けられた恐竜の化石が発見されている。その場所は、このセメント工場の敷地からほど近いのだ。

しかし、ユニークなのはそのロケーションだけではなかった。
ストーリーが、時系列をさかのぼる形で展開されるのだ。
村と人心のカオス、荒廃が浮き彫りにされ、その原因は最後の方になってようやくわかる、という仕掛けになっている。
恐竜を村おこしの材料にしようと持ちかけられた村人は、巨額の金に目がくらむ。開発という大義によって、結局、村も人の心も取り返しの付かない混沌・荒廃状態になっってしまうのだ。
その時点から過去にさかのぼる、という構成の芝居で、展開に慣れるまで観ていてしんどいものがあった。

c0188818_6361431.jpg


でも、なかなか暮れない初夏の外気の中での上演は、舞台効果抜群であった。
山の端に日が落ちるのを合図に、芝居の幕は切って落とされた。夜10時近くである。
埃っぽい山道には、実際にトラックやトラクターや車が荒っぽく走り、舞台にスピード感を与える。これは、普通の劇場では絶対無理だ。
また、上空低く通過する飛行機の音、夜の帳の中での鳥の鳴き声、乱舞する虫やコウモリ、カエルの合唱など、機械の音と自然の音が、劇の内容にもマッチして効果を上げている。いい場所を選定したものだ。

台詞には、リンブルフ地方やベルギー各地の方言のほか、ドイツ語やポーランド語も混じり、また、いわゆるハイマットもののドイツ語の歌なども挿入され、ノスタルジーを誘う。
失われた田園風景と過去への郷愁がテーマのストーリーは、オチがよかったが、ちょっと冗長な気もした。


ENCIの隣は山になっていて、たまにハイキングに来たりする。今年のお正月には、雪の中を歩いた。今は、緑けぶる森だ。その頂上に見晴らし塔があり、眼下にマース川が望める。

c0188818_6505981.jpg

           マース川をセメントの材料を積んだ船が行く。

c0188818_6555529.jpg

           競技ボートも。
[PR]
by didoregina | 2010-06-06 23:45 | Comments(2)

Hygiene de l'Assassin

c0188818_1733193.jpg 演出 : Pierre Santini
作 : Amélie Nothomb
翻案 : Philippe Jeusette &
Alexandre Trocki
監督 : Coralie Pastor
出演 : Daniel Hanssens,
Vincent Lecuyer & Valérie
Marchant
収録劇場: théâtre Le Public à Bruxelles & au Théâtre de
Namur(2008年)


フランス語放送局のTV5Mondeが、最近新聞のTV欄枠を獲得し、おすすめ番組紹介もされることが多いので、つい観てしまう。日本でも、昨年12月から、日本語字幕つきで放送されているようだ。
ミニ・シリーズの歴史ロマン・コスチューム時代劇、ルイ14世の母后と宰相マザランの関係を描いた「王妃と枢機卿」なども、面白かった。

c0188818_17142340.jpg
                                    マザランといえば、この髪型と衣装でおなじみ。











今回は、アメリー・ノートン原作の「殺人者の健康法」という芝居が放映された。
ノートンが25歳の時の処女作である。期待は大きい。

一番上の写真、暴食のため肥大して歩行困難になった作家タックが主人公。
ノーベル文学賞も受賞し多作で人間嫌いの作家にインタビューしに来た男性ジャーナリストは、作家の機関銃のような毒舌についていけず、生半可な知識では討論でも到底太刀打ちできず、また作家本人のグロテクスクさに辟易して退散する。
そのあと、今度は女性がやってくる。彼女は、全作品を仔細に調べた結果、ある確信を持って、未完の作品と作家の秘密の関連性を知る。このジャーナリストは明晰で舌鋒も鋭く、作家を追い詰めて、その作品に描かれている内容が自伝的事実であることを突き止める。
二人の丁々発止の言葉のやり取りは、サド・マゾ的関係に近くなり、スリリングだ。

ネタバレになるが、暴かれた作家の秘密はこうだった。
今は、醜い宦官のような外観の作家だが、その昔は拒食症気味の美しい少年だった。年下の従姉妹との恋を少年らしい美的感覚で成就するため、大人になって醜くなる前に従姉妹を殺したのだった。
いとこ同士である少年少女の関係と殺害にいたる過程は、その耽美的設定が、香山滋の「海鰻荘奇談」を思い起こさせ、わくわくした。
作家は、女性ジャーナリストによって首を絞められ、恍惚状態で死んで、幕。

c0188818_1750133.jpg

アメリー・ノートンは、日本生まれのベルギー人。かなりユニークな帽子がトレードマークで、奇矯な行動でも有名なエキセントリックな人だが、文学の才能は相当のものだと、現在住んでいるフランスでは認められている。
日本の会社社会をおちょくった作品「恐れ慄いて」で顰蹙を買い、日本での受けはよくないようだ。
しかし、以前彼女のインタビューをTVで見た限り、彼女の日本への惚れこみようは、かなり本格的なものがある。
幼児期を過ごした日本は、彼女の中で崇高なまでに美化されている。その後に行った国々は日本と正反対で、彼女はとても不幸だったそうだ。20代になって、商社で働くため日本に舞い戻った。その体験に基づき2冊の本も書いている。そのうちの2冊目は、日本の言霊信仰に対する洞察に基づきながら、吉本ばななにも通じそうな軽さがあり、日本語に翻訳されてしかるべきだと思う。

インタビューで彼女が語った言葉が印象に残っている。
「日本人の美的感性は、世界中のどの民族にも見られない独特のものだ。日本人にしかわからない美が存在する。恐るべし」と。
これは彼女の、日本への実らない片思いを表白したものだと、わたしは思う。
[PR]
by didoregina | 2010-02-09 10:12 | Comments(5)

3世代による手作りショール

帽子の先生Pは、テキスタイル全般に造詣が深く、様々な特殊専門器具を持っているので、レッスンでは帽子以外のものを作ることもできる。

帽子の木型は、色々なデザインとサイズを揃えなければならず、しかも全て特注になるから、それだけでも大変な投資になる。
また、成型のための器械・道具のほか、ミシン各種も必要だ。
素材となると、もうあらゆる布地を買い込むし、それに大小さまざま各色の帽体、フエルト・ウールやデコレーション小物を収納するために一部屋つぶれる。
手作りを仕事や趣味とする人には、道具フェチの様相を呈する人も少なくない。彼女もそのタイプに当てはまる。

たとえば、スカーフの各辺をまつるための特殊ミシン。端の始末がキレイにできる。
それから、ミシンそっくりのカタチのパンチング機。糸は通さず、ぎざぎざのある特殊針5本で布地をパンチングする。何に使うのかというと、フエルトに模様をキレイに入れ込むためだ。
たとえば、薄い布地にウールの綿をこすり付けても、はなかなか上手くフエルトとして一体化してくれない。パンチング機で一体化させることができる。また、フエルトに違う色のウールの綿で模様を出すためには、特殊針でプツプツと差し込むのだが、大判ショールやブランケットなど大物を作る場合には器械でやるほうが効率がいい。

c0188818_1932684.jpg

薄い紗に、アクリル絵具で描いたようなグリーンと金と銀の線模様が入った生地。
それだけだと、ショールとしては軽すぎるので、ウールの綿をパンチング機で付けた。
回りも同様に囲ったのでショールらしい重みができて使いやすくなった。
ウールは生地の裏までしっかりと打ち込まれているので、ほぼ両面同じくらいの
色と模様。
これを石鹸水で擦るとフエルト化して硬くなり落ち着くが、まだパンチングしただけ。


c0188818_19413315.jpg

         義母が最近編んでくれたモヘヤのショール。
         パープルのツートン・カラーが好み。
         写真では、ブルーにみえるが。
         広げれば薄い大判ショールで、
         折ればマフラー。軽くて暖かい。


c0188818_19452769.jpg

         義母の母親(主人の祖母)が生前編んだ
         ウールのショール。銀ラメ入りなので、
         黒いドレスに合う。
         

c0188818_19473063.jpg

         同型・同モチーフのウールのショール。
         どっしりと重い。ウールの着物に合う。
         しかし、これが一番活躍するのは、
         寒い時期に行われる教会でのコンサート。
         ひざ掛けにも丁度いい。
[PR]
by didoregina | 2009-11-17 11:51 | Comments(4)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧