2017年 10月 05日 ( 1 )

フランクフルト歌劇場の『リナルド』

急遽、フランクフルトまで弾丸遠征して鑑賞しようという気になった『リナルド』。
贔屓がアメリカに行ってしまって近場の遠征ができないという以外にも、他に
理由がある。
まず、何と言ってもヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ君が主役を張る舞台の応援に
駆け付けたいという気持ちが一番大きかった。
c0188818_22550430.jpg
オルリンスキ君(略称JJ)は、ポーランド出身の若手かつ超有望カウンター
テナーで、今年春にジュリアード音楽院のマスターを終了したばかりの弱冠27歳。
それなのに、すでにこの夏、エクサンプロヴァンス音楽祭のカヴァッリのオペラ
『エリスマナ』でメジャー・デビューを飾っている。
歌唱はディドナートのマスタークラスで絶賛されているし、見目麗しく、ブレーク
ダンスが得意で高度な身体能力も備えているから、将来のスターは嘱望されている。
そこへもってきて、フランクフルトでの主役抜擢である。(来年、別の『リナルド』
にも出演するが、そちらではチョイ役。題名役はイエスティン・デイヴィス)
興味がふつふつと湧き出して沸点に到達してしまった。そこへもってきて、友人から
行けなくなったチケットが回ってきたのだ。私が代わりに行かないわけにはゆくまい。
c0188818_22575275.jpg
割と直前に知ったのだが、会場は普段の歌劇場ではなく、1900年に建てられた元トラム
倉庫を改装した建物で、ルール・トリエンナーレの会場と似た雰囲気の非常に私好みの
インダストリアル・モニュメントである。
内部は、鉄骨が剥き出しで、客席は足場を組んだような雛壇というのもルールに似ている。
今回の舞台は後方が高く、客席に向かってかなりの急こう配の傾斜になっている。その
手前にあるオーケストラのスペースとの間にちょっとした奈落のような隙間があり、
そこに転がって落ちたり、這い上がったりの演技が付けられている。黒い床以外に舞台
装置らしいものはない。

オーケストラは歌劇場のオケに、オーボエやトランペット等バロック楽器演奏家の助っ人
が何人か入っている混成集団だ。通底もチェンバロ、リュート、ガンバ等がそれぞれ一人で
特に増強はしていない。聴き慣れているドイツやオランダやベルギーの古楽オケと比べると
大人しい感はぬぐえないが、オーソドックスでまじめな演奏で難はない。

主要歌手以外に、アルミーダとアルガンテの悪人組とゴッドレードとリナルドの善人組に
それぞれ手下であるダンサー数人のグループが付き、彼らの持つ刀や紐などの小物や可動
式の木と照明のみが、舞台上の視覚装置で、非常にシンプルだ。
舞台装置が少ない分、身体を使った表現が多用され、コンテンポラリー・ダンサーのみな
らず、歌手にも振付・演技が付けられている。
それは、今回の歌手陣が若手で固めてあるからこそ可能であったものであろう。とにかく、
若い肉体と声のみずみずしさが前面に押し出され、まことにすがすがしい舞台になって
いる。
その中でもJJ君の動きは特筆に値する。ブレークダンスで鍛えたからこそ決まるしな
やかな動作での殺陣、急斜面の舞台を回転したり前転・後転したり、ダンサーに負けない
柔軟でアクロバティックな動きを、歌いながらこなすのに誰もが見とれた。
c0188818_23411263.jpg
最初のCara Sposaでは、特にスローな曲に彼の声のよさが出ることを印象付けた。低音
部分にCTならではの男性的な深みがあり、中音域から高音までも区切りを感じさせず
スムーズ。
切々と丁寧に心を込めて歌う彼の歌唱は非常に自然な発声と相まって、聞き手の心に直接
響く。
テクニックで勝負というタイプとは異なるストレートな歌唱である。
Venti Turbiniでは、高音のアジリタにもう一つ物足りなさが感じられたが、アクロバ
ティックな歌唱には無縁なのが彼の持ち味であるから、その辺はないものねだりという
べきで、今の彼の実力や将来性、直球で迫ることを信条としていることは確信できた。
c0188818_23421203.jpg
その他の主要歌手も、若手でしかも特にバロック専門ではないのに舌を巻くくらい
上手い。
アルミーダ役歌手は特にエキセントリックでもドラマチックさを強調するわけでも
ないがしかしFurie terribiliでは絶妙なさじ加減でこなれた歌唱で印象付けた。
特に驚いたのは、アルミレーナ役のカレン・ブオンの歌うLascia ch'io piangaで、
この曲は耳垢のようにこびりついて誰にもお馴染みなため感動させるのは難しいのだが、
今回初めて「おお、これは」と思える歌唱に出会ったのであった。

プロダクション全体としては、舞台上で若さが弾ける印象が強く、わかりやすくシンプル
かつエンタメとしても楽しめる構成とするために音楽は端折ってはある。レチタティーボ
らしいレチタティーボがなく、スピーディな流れでハラハラドキドキさせ、見せ聴かせる
という点でバロック・オペラらしい王道でもあると言える。遠征の価値はあった。


c0188818_00015888.jpg






[PR]
by didoregina | 2017-10-05 23:52 | オペラ実演 | Comments(0)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧