モネ劇場の『オルフェオとエウリディーチェ』オンライン・ストリーミング

モネ劇場の今季最後の演目だったグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』が、
いつものようにモネのサイトからオンライン・ストリーミングで視聴可。(7月29日まで)
http://www.lamonnaie.be/en/mymm/media/2075/Orph%c3%a9e%20et%20Eurydice/

モネ劇場と今年五月のWiener Festwochenとのコープロで、ウィーンでは1762年のウィーン
版(イタリア語)が上演され、オルフェオ役はCTのベジュン・メータが歌った。
モネの方は、1859年のベルリオーズ版(フランス語)で、オルフェオ役はメゾのステファニー・
ドゥストラックだ。

c0188818_20313977.jpg photo © Bernd Uhlig
Orphée et Eurydice
Christoph W. Gluck / Hector Berlioz
Music direction ¦ Hervé Niquet
Staging, set design, lighting & costumes ¦ Romeo Castellucci
Artistic collaboration ¦ Silvia Costa
Dramaturgy ¦ Christian Longchamp
Piersandra Di Matteo
Video / Camera ¦ Vincent Pinckaers
Chorus direction ¦ Martino Faggiani
Youth chorus direction ¦ Benoît Giaux

Orphée ¦ Stéphanie d'Oustrac
Eurydice ¦ Sabine Devieilhe
Els
Amour ¦ Michèle Bréant (18, 20, 22 & 24 June)
Fanny Dupont (17, 25, 27 & 29 June, 01 & 02 July)

Orchestra & chorus ¦ La Monnaie Symphony Orchestra & Chorus
Ombre Joyeuse ¦ Choeur de jeunes de la Monnaie, La Choraline


今年はグルック・イヤーなので、特に『オルフェオとエウリディーチェ』は豊作だ。各地で
上演されているし、TVやオンラインで視聴の機会が多いのはうれしい。
その中でも、カステルッチ演出のこのプロダクションは、わたしの周辺では話題の的だった。

なぜかというと、カステルッチ(そしてモネ)は大胆にも、黄泉の国に行ってしまったエウリ
ディーチェの状況を実際にロックド・イン・シンドロームで寝たきりの患者に置き換え、
その患者(ブリュッセルの場合は、エルス)の映像を舞台に投影しつつ、オペラ・ライブ放送を
その患者に送信するという、一種のインタラクティブ上演方法を採ったからだ。
キャストには、だからエルスの名前も出ているし、ストリーミングをご覧になれば分かる通り、
エルスのためのエルスの物語、という設定になっているのだ。

そのコンセプトがモネのサイトで詳しく発表され、患者本人と家族および医療担当者、
医療倫理審議委員会やロックド・イン・シンドローム患者支援団体等と綿密に打ち合わせ、
関係者すべての了承やサポートを取り付けたということを知ったのだが、見るまでは私にも
友人たちの間にも疑問は残った。
センセーションを煽るような思い付きが出発点ではないのか、本当に家族や患者本人は納得
して出演OKしたのか、様々な方面の利害や思惑が複雑に絡み合って個人のプライヴァシーが
無視されているのではないか、等々である。

5月にウィーン版を鑑賞した友は「打ちのめされて、一週間たっても頭から離れない。とにかく
見るべし」とのメッセージを寄せてくれて、私の興味を限りなく助長したのだった。

モネの舞台は、救急車のサイレンの音とともに始まり、オルフェオ役のドゥストラックが登場。
スクリーン前に設置された椅子に客席を正面に見るよう座る。
おもむろに序曲が始まると、スクリーンにはElsの文字が投影される。ドゥストラックの前に
マイクが立てられ、オーディオ機器の電源が入る。そして、スクリーン上に英語で書かれた
エルスの状況・病状説明および演出コンセプトが簡潔な文章で出てくる。
合唱が始まるが、合唱団は全く舞台上に姿を見せずに声だけの出演。(合唱団のこういう使い
方はモネではよくある)

第一幕は、結局すべて、エルスの物語が語られる文字を追い読むことになり、音楽や歌は
どちらかというとバックグラウンドという趣だ。スクリーン上には、彼女の出生から始まり
生い立ちやダニエルとの結婚までの道のり、家族関係などが淡々と書かれていく。
映像はなく、文字オンリーだ。

一年半前に突然エルスを襲ったロックド・イン・シンドロームというのは、映画『潜水服は
蝶の夢を見る』でも知られているように、脳幹障害のため全身の筋肉が麻痺し、患者は覚醒
していて意識やすべての感覚は正常なのに、眼球および瞼しか動かせないという状態だ。
だから、Yes, Noを瞬きで表すこととアルファベット表を用いることでコミュニケーションは
可能である。
カステルッチの演出では、そういう患者の状況がエウリディーチェに近いことが示唆される。

第一幕では、思いつめたような表情のオルフェオが、誠心誠意を込めてエウリディーチェ=
エルスに語り掛けるがごとく歌う。
少年の姿の愛の神アモールがオルフェオに同情し、あの世に行ってしまったエウリディーチェ
に会わせ、連れ帰ることができるよう仕組む。しかし、こちらに戻るまでは彼女を見てはいけ
ないという禁忌を課して。アモールの歌は、説き聞かせるがごとくで、理性を強調したような
態度だ。
だから、オルフェオの感情も高揚するまでには至らず、第一幕最後のブラヴーラ・アリアも
歓喜の高まりとは程遠い、ごくごく抑えた表現なのだった。

c0188818_2136863.jpg


そのまま続く第二幕は、車や徒歩でのエルスのいるリハビリ病院へのダニエル=オルフェオの
道のりが、ぼやけた映像でスクリーンに投影される。
黄泉の国の亡者達をなだめるためのハープの音楽やそれに合わせて歌うオルフェオもとても
シリアスで、しかしここにきてようやく悲嘆の感情を抑えずに心情を吐露する。
エルスの夫ダニエルは、毎日140キロ離れたエルスの病院へ通っているのだ。

草地や牧草地や木々の映像に「精霊の踊り」やフルート演奏がかぶり、楽園の合唱。
悲しみのない天国、という合唱にドゥストラック(オルフェオ)は少しだけ笑みを見せる。
ベルギーらしい北方ルネッサンスの館であるリハビリ病院の内部には、病棟や科や医師の
名前の表示が見える。
ここで椅子からようやく立ちあがったドゥストラックは、エウリディーチェとの再会への
期待に胸がいっぱいになり感極まったかのような歓喜の表情を見せる。
「なんと澄んだ空」と。
フォーカスをぼかしたままのカメラは廊下を突き進み、エルスの横たわる病室に入る。
「望みは叶えられた!」

c0188818_21533131.jpg


病室のエルスが投影されたスクリーンの後ろにエウリディーチェ役の歌手が立っている。
手を伸ばし合うオルフェオとエウリディーチェ。しかし、手は届かず、視線を交わすことも
禁じられたままだ。
「一刻も早くここから逃げよう」と言うオルフェオに「なんて冷たい態度なの。一目私を
見て」とかき口説くエウリディーチェ。

スクリーン上には、病室の壁に貼られた絵や写真が映され、9時8分を示す時計も。ライブで
エルスに音楽を送信しているという設定だからだ。
見かけはあくまでもドキュメンタリー風だが、これはオペラ・プロダクションなのだから
物語でありフィクションである。
しかし、現実との違いは曖昧なまま残されている、という手法だ。

オルフェオのジレンマと、二人の気持ちのすれ違いが、エルスとダニエルの境遇に重なり、
哀れを誘う。
スクリーン上のエルスはピントが合った大写しになる。瞼や眼球や物言いたげに口元が動いて
いる。
エウリディーチェのなじる言葉を無視できずに振り返るオルフェオと、消えていくエウリディ
ーチェ。そこで舞台は暗転し、暗闇の中でドゥストラックは「エウリディーチェを失って」
を歌う。オルフェオの後悔と塗炭の苦しみ。このオペラのハイライトである。

電灯を持ったアモールが現れて、沈むオルフェを慰め、愛の力でエウリディーチェは生き
返った、と伝える。
池の水から新生!という感じでエウリディーチェが出てくるのだが、オルフェオに手を差し
伸べつつも、月明かりの森を背景にニンフのように全裸のエウリディーチェはまた池に沈ん
でいくのだった。
オルフェオはずっと正面を向いたままである。
合唱団は歓喜と祝福の歌を歌うが、病室のエルスに変化はなく、オルフェオは立ち尽くした
まま目をかっと見開き、また閉じる。
音楽が終わり、ヘッドフォンを外されるエルスと、ダニエルらしき人の手。
目元と口元は動いているが、静寂のままエンド。
遠ざかる病室。そして幕。
拍手はなく、クレジット・タイトルのみがスクリーンに流れる。

c0188818_22132513.jpg


音楽の力・治癒作用を期待しての、実際の患者起用という側面もあったのだが、ライブで
この音楽を聴いていたエルスに奇跡は起らなかった。

エルスとダニエルのラブ・ストーリーとなっていて、限りなくノン・フィクションに近い
この『オルフェオとエウリディーチェ』プロダクションは、観る者を声を発することも
できないほど深い思いに沈ませる。冷酷な現実に打ちのめされて、哀しみを共有するのみ。
[PR]
by didoregina | 2014-07-14 15:31 | オペラ映像 | Comments(14)
Commented by 守屋 at 2014-07-15 13:53 x
おはようございます。

 レポを読んでまず考えたのは、イギリスではこの演出は無理だろうなと。僕は実際の舞台を観ていませんが、「マリア・スチュアーだ」に寄せられた数々の批判を考えると、観る前から偏見を持つ人が多いのではないかと感じました。

 英国国教会の上位にいる人が「尊厳死」について発言したばかりなので、僕にはとても面白いレポです。
Commented by レイネ at 2014-07-15 15:46 x
守屋さま、実演を見なかったのは、好きなイタリア語版でCTが歌うのではなく、モネのはベルリオーズ版のフランス語歌詞でメゾがオルフェオだったからなんですが、フランス語歌詞の美しいこと!メゾのために編曲されているし、CTにこだわらなければよかったのに、と後悔。

このコンセプトをオペラ舞台として実現できたのは、やはりモネ劇場だからでしょう。偏見や批判はあって当然だと受けとめる姿勢だし、それに応えるし。観る前は私もあれこれ憶測・心配してんですが、結果として、実演鑑賞した人は専門家も一般の人も非常に好意的でした。受容力のある観客が大多数というのは頼もしく、モネやDNOの長年にわたる教化の成果でもあるかと思います。

偏見や、その反対のいわゆる良識ってのはどちらも狭い了見であって、とにかく百聞は一見に如かず、です。
Commented by 守屋 at 2014-07-16 22:58 x
映像、観ました。美しいものに酔いしれたという感情はありませんが、素晴らしい演出だと思います。オペラは、廃れるだけの芸術ではないことを確信する舞台だと思います。

 レイネさんのコメントを読んで考えたことは、モネの取り組みは素晴らしいと思います。反面、オペラに興味を持ち始めた人は、やはり作られた当時の雰囲気を感じられる舞台を経験したいと思うでしょう。このバランスを上手く取れるオペラ・ハウスがこれからの基本になるのかなと考えます。
Commented by レイネ at 2014-07-17 01:07 x
守屋さま、鑑賞お疲れ様です。でも、グルックのこの作品のように登場人物が少なくて、シンプル、ミニマム、コンパクトなのは、あまり疲れずに一気に観れるのがいいですね。
『オルフェオとエウリディーチェ』映像いろいろ見比べてますが、オペラ自体がシンプルなだけに、効果的な演出って意外と難しいんだ、と思います。その点、このモネのプロダクションはセンセーショナルな設定ではあるけどそれだけに終わらず究極のミニマリズムの美が追及されていて、上級者向けの演出で、巧い。

他のプロでも、エウリディーチェが蘇ってハッピーエンドになるより、黄泉の国から連れ戻せたのかできなかったのかわからないけどどちらともとれる、希望は残るっていう演出の方が余韻が残って好きです。
Commented by サンジ at 2014-07-20 06:28 x
映像を使った演出は戸惑いを感じることが多いです。なぜかというと、音楽が単なるBGMになってしまうからです。掲載のお写真から、読替演出自体はとても面白そうで知的好奇心をくすぐりますが、実際観てみたら果たして自分はどういう印象を持ったか、気になりました。
ただ、レポを読ませていただく限り、演出が発したメッセージのインパクトは相当あったようですね。

ところで話は変わりますが、ご存知でしたか、来年5月、エルンマン来日。NHK交響楽団定期公演の客演。ラヴェルの「シェエラザード」とショーソンの「愛と海の詩」というフランス歌曲。レイネさんが激賞するエルンマンをついに私も聴く機会が得られそうです。
既にご存知でしたらどうもすみません。
Commented by レイネ at 2014-07-21 05:44 x
サンジさま、ストリーミング見ただけで実演鑑賞してないので、わたしも実際のところはどうだったのかと。。。生の舞台・空間を共有した観客同士が感じて、相乗効果で醸し出されたであろうインパクトってかなり強かったのではないかと想像します。無駄を削ぎ取った究極のミニマムな舞台って点でも評価してます。

えええええ、マレーナ様が来年五月に来日公演!知りませんでした!情報大感謝です。女らしさを前面に出した選曲がよろしいですね。指揮者はどんな感じの方なのかしら。正攻法の正統派だとマレーナ様のよさがあんまり生かせないかも、と心配です。
Commented by M. F. at 2014-07-21 18:06 x
ちらっと見て、こんなの実演で観なきゃ分からないよ、と放ったらかしにしていたのですが解説ありがとうございます.少し見る動機付けになりそう(笑)不覚にもヴィーンとモネで全然ヴァージョン違いなのも気づいていませんでした.カステルッチというと確か白鳥の歌もやりますが(…モネでルルの筈だったK.アヴェモで)、それはどんな感じなのだろうか.

今度パリに行くので、オペラ・コミークのシーズン開幕演奏会に行こうとサイトを覗いてみたら疾うに売り切れ!いずれにしても、私の中ではフランスバロック〜ロマン派で今一番熱いレ・シエクルを、熱狂の日東京版以来やっとこさ聴けるんじゃないか、と楽しみにしています.同時期のヴェルサイユはルクレール、ラモー、ハッセとちょっと聴いてみてもいいかもなものが結構あるので、お目にかかる機会があるかもしれませんね.
Commented by レイネ at 2014-07-21 18:55 x
M.F.さま、モネのストリーミングはタイミングが微妙なので見逃しやすいのですが、タダだし観て損はありませんよね。これは短いし。舞台上がごちゃごちゃしてないのも、わたしには好感度高かったです。
ところで、アヴェモがルルの予定だったんですか、当初は!

今回のモネでエウリディーチェ役だったドゥヴィエイユもオペラ・コミックの開幕演奏会に出演するんですね。彼女、美人だし軽さのある声も嫌いじゃないし、これからどんどん売れっ子になりそう。
ヴェルサイユには来年6月に行きたいな、いや、もうパリにアパート借りようかっていうほど、パリ周辺に聴きたいものがやたら多いんです!いつか、どこかでお目にかかれたらいいですね。
Commented by M. F. at 2014-07-21 22:02 x
当初はハニガン6回アヴェモ4回のダブルキャストの予定で、でもアヴェモが初回だけで降りちゃったのでハニガン9回に.二人とも聴こうと思っていたら、ルルは同じで二人の指揮者を聴く事になったのでした.

秋口で言うと、他にレ・タラン・リリークのラモー《ザイース》なども.土曜日アムスのマチネの翌週月曜日にヴェルサイユ公演ですが、ゼリディの役が違っていて、前者がマリー・アルネMarie Arnet後者がピオ.でも、月曜日にはパリでは「パリの秋」の一環でメッツマッハーSWR響の重量級プロ(ノーノ、ハルトマン、マデルナ)が重なっているという….いち早く今月ボーヌ古楽祭で取り上げた時の録音はFrance Musiqueが放送していました(まだ聴けるかも).
Commented by レイネ at 2014-07-22 00:27 x
M.F.さま、『ルル』@モネはそういうダブルキャストの予定だったんですね。アヴェモちゃんは、この秋からのマレーナ様『セルセ』@ストックホルムにも出演しますね。(来年6月にヴェルサイユで観たいと思ってます)

秋のヨーロッパ遠征予定計画立ててらっしゃる最中でしょうか。今のところわたしがゲットしたチケットはほとんどすべてCTがらみなので、M.F.さんとの遭遇の可能性は低そうです。。。。
Commented by M. F. at 2014-07-22 23:49 x
それはレイネ様らしい<CT中心セレクション 来年6月に欧州にいる事はまずないと思いますが、それでふと思い出したんですけれどパリircamのEIC(アンサンブル・アンテルコンタンポラン)がブーレーズ卒寿記念で5年ぶりにレポンを取り上げオランダ・フェスティヴァルにも巡回します.きっと面白いと思いますよ…って私は何の宣伝をしているんだ(笑)

http://www.ensembleinter.com/fr/concert-807-Holland-Festival.html
Commented by レイネ at 2014-07-23 16:23 x
M.F.さま、守備範囲が広いですね~!応援するアーティストや団体の宣伝・布教活動はどんどんしてください。
しかし、つい先ごろ終わったばかりだと思ったのに、もう来年のホランド・フェスの出演予定も出てる。今年がオーディ芸術監督最後の年だったので、フェスティヴァル自体は今後どう変わっていくのか、興味津々。
Commented by M. F. at 2014-07-24 23:04 x
実のところ元々新ヴィーン楽派~(ポスト)セリー好きなのですが、そちら方面を格別には追いかけなくなって随分経ちます.ただEICに関する限り、ブーレーズと言うよりもその後輩世代のスペクトル楽派の牙城になっちゃって「ポストセリーかスペクトラルか」な(マンネリの)時代が随分続いたんですけれど、去年から作曲家としても高名なマティアス・ピンチャーが音楽監督に就いて、レパートリーが再び活気を取り戻しつつある印象があります.

ホランドフェスは今年がオーディの最終年だったんですね.私は演劇方面には全然アンテナを張れていないので、彼の企画がそちら方面から見て十分納得のいくものだったかは分からないのですが、ホランドフェス共同制作で観たものは幾つかありましたね…ウィルソン/アブラモヴィッチの『マリナ・アブラモヴィッチの生と死』とか、プラテル=Les ballets C de la Bの『C(H)OEUR』とか.まあ、両方ともモルティエの絡んだ企画でもありましたけれど.
今年でも、ハイナー・ゲッベルスのパーチ音楽劇やミュンヒェンから呼んだ『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』なんかはちょっと観てみたかったのですが、どうしても都合が合わなかったのです.
Commented by レイネ at 2014-07-25 00:42 x
M.F.さま、なんとなく、演劇や演出がご専門なのかと思ってましたが、現代音楽がお好き、そしたらもしかしてコンテンポラリー・ダンス方面も?

今年のホランド・フェスは最強・最高の出来だと、オーディ有終の美を褒めたたえてる感じでした。去る者には最上の称賛を惜しまないのがオランダの国民性かつ伝統なので。。。
わたしも観たい・聴きたい演目がいくつかありましたが、6月はほとんどオランダにいなかったので到底無理でした。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧