プッチーニの『マノン・レスコー』初日@ROH

昼間はロイヤル・アスコット競馬のオープニング・デイを楽しみ、夕方からは、
ロイヤル・オペラ・ハウスでプッチーニの『マノン・レスコー』初日を観賞。
A day at the races とA Night at the Opera を一日に詰め込んだという
クイーンもかくやと思われる贅沢さである。

c0188818_14334423.jpg
















2014年6月17日@ROHコヴェントガーデン

Conductor Antonio Pappano
Orchestra Orchestra of the Royal Opera House
Director Jonathan Kent
Designs Paul Brown
Lighting design Mark Henderson
Choreographer Denni Sayers

Manon Lescaut Kristīne Opolais
Lescaut Christopher Maltman
Chevalier des Grieux Jonas Kaufmann
Geronte de Ravoir Maurizio Muraro
Edmondo Benjamin Hulett
Dancing Master Robert Burt
Singer Nadezhda Karyazina Lamplighter Luis Gomes Naval
Captain Jeremy White
Sergeant Jihoon Kim
Innkeeper Nigel Cliffe
Chorus Royal Opera Chorus

なんと、このオペラ、ROHでかかるのは30年ぶりで、新演出はジョナサン・ケントの手
になる。
出演歌手陣も豪華で、マノンにクリスティーヌ・オポライス、騎士デグリューにヨナス・
カウフマン、兄レスコーにクリストファー・マルトマンときた!
わたしにとっての初生カウフマンである。期待はいやましに盛り上がる。

c0188818_151597.jpg


ドレス・リハーサルをご覧になった方からのまた聞きによると、時代設定は現代で、衣装・
デコールは「アナ・ニコール」風にチープでポップであるとのこと。
そして、舞台セットは2階構造で、階上での場面が多く、座席によっては非常に見ずらいと
いうことも聞いていた。

なるほど、第一幕、旅籠のシーンは安っぽいカジノとダイナースみたいだし、実際に
本物の車が舞台に上がったり、ハリウッド映画のようなリアリスティックな舞台装置や
衣装で、現代アメリカの拝金主義と消費社会という空虚なイメージが醸し出されている。

自らの美貌に自信のあるマノンは、都会での華やかな生活に目を瞠り、憧れを隠そうと
しない田舎娘だから、好色漢の格好の餌食である。
そして、騎士デグリューやエドモントは、いかにもアメリカ映画に出てきそうな学生だ。
デグリューは最初から最後まで白シャツに黒のぴっちりパンツ姿で、若々しさとナイーブ
さが強調されている。

カウフマンを生で聴くことが、今回の第一の目的であった。
その望みは、舞台至近のオケボックスの指揮者を真横から見る位置のサークル・ストール
席のおかげで、歌手の直接の声を聴くことができて叶った。
生の彼の歌声にはテノールらしからぬようなはっきりとした暗さがあるのが特徴で、それが
独特の魅力となっている。だから、テノールにはほとんど興味を覚えないわたしにもアピー
ルするものがある。明るい能天気さとは正反対のダークな陰影が魅力となっている。
今一番脂がのっていて最盛期かもしれない彼の歌唱には大満足した。

c0188818_15144899.jpg


実は、昨年モネ劇場で観賞した『マノン・レスコー』もほぼ同じく、オケの真横で舞台を
横から見る位置だったので、今回も一つ心配事があった。
舞台が見切れるのは仕方がない。それよりも、オーケストラの直の音が響きすぎて歌手の
声が座席にはよく届かず隔靴掻痒感が残るのではないかと。
しかし、その心配は不要であった。
パッパーノの元気いっぱい歌うような指揮から引き出されるオケの響きは、壮快であっても
爆音にはならなかった。そして、歌手の声も皆よく聴こえたのである。
主役のウェストブルックの歌声しか聴こえてこず、他の歌手は全く印象に残らなかった昨年
のモネとはえらい違いである。

c0188818_15374336.jpg


オポライスには、実はびっくり。
こんなに美人で若々しくプロポーション抜群だったのかと。そして、歌も悪くない。
どうしてもウェストブルックのマノン・レスコーと比較してしまうのだが、オポライスの
重さがあまりなく、ドスもほどほどに軽みさえ感じられる声がこの役にはぴったりだ。
特に第二幕でのアナ・ニコールばりのゴールド・ディガーぶりが、いかにも現代のマノン
らしく、オポライスは役になりきりだった。無邪気で馬鹿だけど憎めないかわいい女を演じ
歌い絶好調だった。
ただ、プッチーニのこの音楽には世紀末感とともに当時ではかなり新鮮なジャジーな
アンニュイが漂うはずなのに、オポライスの声質が少々あっさりしすぎて倦怠感や退廃の
色が足りなく感じられたのだけが残念だ。かわいらしさを前面に出しすぎていたためか、
パッパーノがその辺はあっさりと通り抜けてしまったためか。

兄レスコー役のマルトマンも、ジェロンテ役も、エドモンド役も警察官役も皆、舌を
巻くほどうまく、主役や準主役の誰か一人だけ突出してしまってほかの歌手が霞んでしまう
ということがなく、バランスよくまとまっているのだった。

c0188818_15582040.jpg


演出に関しては、カーテンコールでブーイングが出たが、わたしは非常に気に入った。
とにかく視覚的にわかりやすく、無意味にごちゃごちゃしたシーンや無駄もなく、センス
よく整理されているのだ。見ための軽いポップさが受けなかったのか、それとも舞台セット
がブーだったのかもしれない。しかし、新演出としては近年まれに見るほどのストレートさ
で勝負しているのがすがすがしいほどだ。
ファム・ファタールにはなれなかったが男を惹き付ける小悪魔のようなマノンという女の
愚かさと落ちぶれていく様が、現代社会を背景に浮き彫りにされて、ハリウッド映画の
ようなクリアさであっけらかんと見せる。何も考えずとも楽しめる。万人向けオペラ・
プロダクションとしてとてもうまく出来ているのである。
この点でも、昨年のモネのプロダクションとは正反対である。大陸と英米でのオペラの
違いがよくわかる。
[PR]
by didoregina | 2014-06-25 19:15 | オペラ実演 | Comments(10)
Commented by M. F. at 2014-06-26 23:02 x
そうですか、歌手も演出も良かったですか.ジョナサン・ケントはクリスティとやったダイドか何かがわりと期待できそうな雰囲気だったので(とか言いつつ、未だに見ていませんが)興味はあったのですが、先日某オクタヴィアンを貶してセクシストと非難されたのと同じ評論家が、現今記憶される限りROHで視覚的には最も醜悪な舞台と酷評していて、更に見たくなっちゃいました(笑)しかし1回限りの同日時差中継には間に合わなかった….

モネのは仕方がなかったですね.ウェストブルック以外全体に小粒でしたので.
Commented by ロンドンの椿姫 at 2014-06-28 04:13 x
遠征お疲れ様でした。歌手がまじかに聴けるこの席に座って頂けてよかったです。最後のシーンが見えなかったのは申し訳なかったですが、そのせいであの舞台脇の席が直前に回ってきたわけですからラッキーだったのでは? 
Commented by レイネ at 2014-06-28 04:35 x
M.Fさま、総体的に満足のいくプロダクションでした。観賞後、ど~んと重いものが残ったり、頭がいっぱいになってしまい考えがまとまらず反芻しないといけないような演出の多いモネとは対照的にあっけらかんと楽しめるエンタメになっているのがROHらしいなあと感心しました。

ケントとクリスティーがコレボの『ダイドー』?クリスティーのはウォーナー女史演出でマレーナ様ダイドーのは観てますが。

昨晩もROHで、ケント演出の『トスカ』(映像でも見たことあり)観賞しましたが、マジにベタなので構えずに楽しめました。
Commented by レイネ at 2014-06-28 04:42 x
ロンドンの椿姫さま、先週も今週もロンドン遠征して、おかげさまで素晴らしい舞台やコンサートの3連荘X2という、めったにない充実の日々となりました。毎回大変お世話になり、いくら感謝してもし尽くせません。ありがとうございました。
多少、舞台が見切れても、あの舞台横わきの席は最高です!
Commented by M. F. at 2014-06-28 23:46 x
何か変だと思ったら、妖精の女王でした.François Roussillon et Associésからソフトになっているものです.
http://www.fraprod.fr/offre_distribution.php?id=40
Commented by レイネ at 2014-06-29 00:20 x
M.F.さま、なるほど。パーセルの(セミ)オペラは、『ダイドー』以外はどうもコンサート形式でも舞台形式でも楽しめるものが少ないというか、失望することが多いのですが、これはどうなのかしら。ケントとクリスティーの組み合わせなら、よろしい?
Commented by サンジ at 2014-06-29 19:25 x
見られるものなら私も観たかった良さげなプロダクションです!
初生カウフマン、ご満足いったようですね。そうです、ちゃんと歌ってくれれば、彼はそれなりにいいんです(笑)。
それ以外のキャストも魅力的ですね。
オポライス、お写真の姿は私が彼女に抱いているイメージとだいぶ違います。エクスで観た彼女のドンナ・エルヴィーラはものすごく影を背負っている感じでした。やはり一つの役だけを見て、それで判断してしまうのは良くないですね。
Commented by Kew Gardens at 2014-06-29 21:56 x
ちょっと警戒して鑑賞に参りましたが、昨年のスカラの椿のように原作を食ってしまうようなこともなく、よくできているなと思いました。 脇も含めて歌手もバランスよかったし、でしたから、久しぶりのROHヒットですね。 でも、ビジュアル面含めて、キャストを揃えるのが難しいプロダクション、再演はハードルが高いかも。 Another 30 yearsってことにならないといいですが。 
Commented by レイネ at 2014-06-30 00:52 x
サンジさま、カウフマン、ラッキーなことにちゃんと出てちゃんと歌ってくれました!カウフマン目当てでしたが、それ以外の歌手も皆粒よりで、一粒で4度おいしいって感じでした。
オポライスは、わたしもあのエクスのドンア・エルヴィーラのイメージが強かったので、今回の小悪魔的可憐なマノンの姿に唖然としました。とってもスタイルがよくて舞台映えする人ですね。カウフマンと並んで引けを取らないし、声量的にも合ってる。
このプロダクションで、ウエストブルックが主役だったらどうなっただろう。きっと「アナ・ニコール」のパロディーみたいに見えて、それはそれでよさそうです。
Commented by レイネ at 2014-06-30 00:56 x
Kew Gardensさま、昨晩ご覧になったんですね!本当によくできたプロダクションですよね。演出もさりながら、歌手が皆役にぴったりだから、確かに再演のキャストには苦労するでしょうね。もともと歌手をそろえるのが難しいから30年間ROHではかからなかったというオペラですから。。。。
初生カウフマンに大満足したので、来季最も注目の演目「アンドレア・シェニエ」(ウエストブルックと共演)を観賞したいなあ、と大それたことを夢見てます。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧