DNOの2014・2015年演目発表  デュモーのタメルラーノ!

ヨーロッパの歌劇場の先陣を切って、アムステルダムのDNOが来シーズン演目を発表した。

http://operaballet.nl/en/program/season-2014-15-opera-ballet

c0188818_21325864.jpg


昨日からオペラとバレエが合併して、正式名称Nationale Opera & Balletになった。
オペラ部門のオランダ語名はDe Nationale Opera、英語名はDutch National Opera
なので、略称は今までのDe Nederlandse Operaと同様DNOのままというのは、面倒がなく
よろしい。

演目・キャストをコピペして、一言コメントを添えた。

全体的には、近年まれにみる充実ぶりと言える。理由のひとつは、バロック・オペラが3作しっかり
入っていることと、その出演歌手が凄いからだ。


Gurre-lieder Arnold Schönberg (1874 -1951) 2-23 September 2014

Musical Director: Marc Albrecht
Stage Director: Pierre Audi
Decor and Costumes: Christof Hetzer
Lighting Design: Jean Kalman
Video: Martin Eidenberger
Dramaturgy : Klaus Bertisch
Orchestra: Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
Waldemar : Burkhard Fritz
Tove : Emily Magee
Waldtaube: Anna Larsson
Bauer : Markus Marquardt
Klaus Narr: Wolfgang Ablinger-Sperrhac

アルブレヒト指揮・オーディ演出。演出付で『グレの歌』上演と言うのは珍しいのではないか。
この曲は生で聴いたことないので興味津々。トーヴェにエミリー・マギー、山鳩にアンナ・ラーソン。


Orfeo Claudio Monteverdi (1567-1643) 3-6 September 2014

Musical Director: Pablo Heras-Casado
Stage Director/Choreography: Sasha Waltz
Decor: Alexander Schwarz
Costumes: beate Borrmann
Lighting design: Martin Hauk
Orchestra: Freiburger Barockorkester
Cast:
La Musica/Euridice: Anna Lucia Richter
Orfeo: Georg Nigl
La Messagiera/La Speranza: Charlotte Hellekant
Caronte: Douglas Williams
Proserpina: Luciana Mancini
Plutone : Konstantin Wolff
Ninfa/Pastore 1: Cécile Kempenaers
Apollo/Eco/Pastore 4: Julián Millán
Pastore 2/Spirito: Kaspar Kröner
Pastore 3/Spirito: Kevin Skelton
Pastore 5/Spirito: Hans Wijers

パブロ・ヘラス=カサド指揮FBO!サシャ・ヴァルツ演出・振付!オルフェオにゲオルク・ニグル。
プロセルピーナにルチアーナ・マンチーニ!


L’étoile  Emmanuel Chabrier (1841-1894)  4-26 October 2014

Musical Director: Patrick Fournillier
Stage Director and Costumes: Laurent Pelly
Decor: Chantal Thomas
Lighting Design: Joël Adam
Dramaturgy: Agathe Mélinand
Orchestra:  Residentie Orchestra
Cast:
Ouf I: Christophe Mortagne
Lazuli: Stéphanie d’Oustrac
La Princesse Laoula: Hélène Guilmette
Siroco: Jérôme Varnier
Hérisson de Porc-Épic: Elliot Madore
Aloès: Julie Boulianne
Tapioca: François Piolino

ローラン・ペリ演出、ラズーリにステファニー・ドゥストラック。


Lohengrin  Richard Wagner (1813-1883)  10-29 November 2014

Musical Director: Marc Albrecht
Stage Director: Pierre Audi
Decor: Jannis Kounellis
Costumes: Angelo Figus
Lighting design: Jean Kalman
Dramaturgy: Klaus Bertisch
Orchestra:  Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
heinrich der Vogler : Günther Groissböck
Lohengrin: Nikolai Schukoff
Elsa von Brabant: Juliane Banse
Friedrich von Telramund: Evgeny Nikitin
Ortrud: Michaela Schuster
Der Heerrufer des Königs: Bastiaan Everink
Vier brabantische Edle: Pascal Pittie Morschi Franz Harry Teeuwen Peter Arink
Vier Edelknaben: Tomoko Makuuchi Michaela Karadjian Anneleen Bijnen Inez Hafkamp

オーディ演出、ローエングリンにシューコフ、テルラムントにニキーチン、オルトルードにシュスター。


La bohème Giacomo Puccini (1858-1924)  7-30 December 2014

Musical Director: Renato Palumbo
Stage Director: Benedict Andrews
Decor: Johannes Schütz
Costumes: Victoria Behr
Lighting design: Jon Clark
Orchestra:  Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
Rodolfo: Atalla Ayan
Schaunard: Thomas Oliemans
Benoit/Alcindoro: Matteo Peirone
Mimi : Grazia Doronzio
Marcello: Massimo Cavaletti
Colline: Gianluca Buratto
Musetta: Joyce El Khoury
Parpignol: Morschi Franz

ムゼッタにジョイスちゃん。


Il viaggio a Reims  Gioachino Ross ini (1792-1868)  20 January
2-8 februari 2015

Musical Director: Stefano Montanari
Stage Director: Damiano Michieletto
Decor: Paolo Fantin
Costumes: Carla Teti
Lighting design: Alessandro Carletti
Orchestra: Netherlands Chamber Orchestra
Cast:
Corinna: Eleonora Buratto
La Marchesa Melibea: Anna Goryachova
La Contessa di Folleville: Nino Machaidze
Madama Cortese: Carmen Giannattasio
Il Cavaliere Belfiore: Juan Francisco Gatell
Il Conte di Libenskof: Michael Spyres
Lord Sidney: Roberto Tagliavini
Don Profondo: Nicola Ulivieri
Il Barone di Trombonok: Bruno De Simone
Don Alvaro: Mario Cassi
Don Prudenzio: Biaggio Pizzuti
Delia: Maria Fiselier
Maddalena: Teresa Iervolino
Modestina: Florieke Beelen
Zefirino/Gelsomino: Jeroen de Vaal
Antonio: Tomeu Bibiloni

ミキエレット演出。マチャイゼとスプライヤーズ。


c0188818_21365219.jpg


Tamerlano  Georg Friedrich Händel (1685-1759)  24-28 February 2015

Musical Director: Christophe Rousset
Stage Director: Pierre Audi
Decor and Costumes: Patrick Kinmonth
Lighting Design: Matthew Richardson
Orchestra: Les Talens Lyriques
Cast:
Tamerlano: Christophe Dumaux
Bajazet: Jeremy Ovenden
Asteria: Sophie Karthäuser
Andronico: Delphine Galou
Irene: Ann Hallenberg
Leone: Nathan Berg

出た!真打登場!デュモーのタメルラーノ!モネとの共同プロなので、ブリュッセルでも観れる!
オーディ演出2005年の再演。ドロットニングホルム版!
オケ、指揮、キャストに文句なし!このままキャスト変更がなければ、ほとんど最強だ。


Alcina  Georg Friedrich Händel (1685-1759)  25 February-1 March 2015

Musical Director: Christophe Rousset
Stage Director: Pierre Audi
Decor and Costumes: Patrick Kinmonth
Lighting Design: Peter van Praet
Orchestra: Les Talens Lyriques
Cast:
Alcina: Sandrine Piau
Ruggiero: Maite Beaumont
Bradamante: Varduhi Abrahamyan
Morgana: Sabina Puértolas
Oberto: Chloé Briot
Oronte: Daniel Behle
Melisso : Giovanni Furlanetto

『タメルラーノ』同様ドロットニングホルム版で、同時期に交互上演。モネとの共同プロ。
ピオー、アブラミヤン、ベーレと、こちらもかなり強力なキャストだ。


Die Zauberflöte  Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)  4-27 March 2015

Musical Directors: Marc Albrecht & Gergely Madaras 22, 24, 27 maart
Stage Director: Simon McBurney
Decor: Michael Levine
Costumes: Nicky Gillibrand
Lighting design: Jean Kalman
Video: Finn Ross
Sound: Gareth Fry
Movement: Josie Daxter
Dramaturgy: Simon McBurney Klaus Bertisch
Orchestra: Netherlands Chamber Orchestra
Cast:
Sarastro: Brindley Sherratt
Tamino: Maximilian Schmitt
Sprecher: Maarten Koningsberger
Erster Priester/Zweiter: Thomas Dear
Zweiter Priester/Erster geharnischter Mann: Elmar Gilbertsson
Königin der Nacht: Iride Martínez
Pamina: Chen Reiss
Erste Dame: Judith van Wanroij
Zweite Dame: Silvia de la Muela
Dritte Dame: Julia Faylenbogen
Drei Knaben: Knabenchor der Chorakademie Dortmund
Ein altes Weib (Papagena): Regula Mühlemann
Papageno: Thomas Oliemans
Monostatos: Wolfgang Ablinger-Sperrhacke

チェン・ライスのパミーナとボーイソプラノの子役に注目。


Macbeth  Giuseppe Verdi (1813-1901)  3-28 April 2015

Musical Director: Marc Albrecht
Stage Director: Andrea Breth
Decor and Costumes: Martin Zehetgruber
Lighting Design: Alexander Koppelman
Dramaturgy: Klaus Bertisch
Orchestra: Netherlands Philharmonic Orchestra
Cast:
Macbeth : Scott Hendricks
Banco : Vitalij Kowaljow
Lady Macbeth : Tatjana Serjan
Dama di lady Macbeth : Letitia Singleton
Macduff : nog niet bekend

ブレト女史演出。


Benvenuto Cellini Hector Berlioz (1803-1869)   9-31 May 2015

Musical Director: Sir Mark Elder
Stage Director: Terry Gilliam
Co-director & Choreography: Leah Hausman
Decor: Rae Smith
Costumes: Katrina Lindsay
Lighting Design: Paule Constable
Video: Finn Ross
Orchestra: Rotterdam Philharmonic Orchestra
Cast:
Benvenuto Celllini: John Osborn
Giacomo Balducci : Maurizio Muraro
Fieramosca: Laurent Naouri
Le Pape Clement VII: Orlin Anastassov
Francesco : Nicky Spence
Pompeo: André Morsch
Le Cabaretier: Marcel Beekman
Teresa: Patricia Petibon
Ascanio: Michèle Losier

聴いたことないオペラだが、ナウリとプティボンというフランス人キャストが魅力。(ただし、DNOの
キャスト暫定というか希望みたいな感じで、いつのまにか別の歌手に代わっているということが
よくある。)


Lulu  Alban Berg (1855-1935)  1-28 June 2015

Musical Director: Fabio Luisi
Stage Director: William Kentridge
co-director: Luc de Wit
Decor: Sabine Theunissen, William Kentridge
Costumes: Greta Goiris
Lighting Design: Urs Schönebaum
Video : Catherine Meyburgh
Orchestra: Royal Concertgebouw Orchestra
Cast:
Lulu: Mojca Erdmann
Gräfin Geschwitz: Jennifer Larmore
Eine Theater- Garderobiere/ Ein Gymnasiast/ Ein Groom: Rebecca Jo Loeb
Der Maler/Ein Neger: William Burden
Dr. Schön/Jack the Ripper: Johan Reuter
Alwa: Daniel Brenna
Schigolch: Franz Grundheber
Ein Tierbändiger/ Ein Athlet: Werner Van Mechelen
Der Prinz/Der Kammer- diener/ Der Marquis : Gerhard Siegel
Eine Fünfzehnjährige: Katrien Baerts
Ihre Mutter: Helena Rasker
Eine Kunstgewerblerin: Virpi Räisänen
Ein Journalist: Roger Smeets
Ein Diener : Peter Arink

METとENOとの共同プロ。エルトマンが消えてハニガンになったら文句なし。ゲシュウィッツ役の
ラーモアに期待。シーズン最終演目恒例でコンヘボ・オケがピットに入り、力がこもってる。
[PR]
by didoregina | 2014-02-18 13:42 | オペラ実演 | Comments(29)
Commented by レイネ at 2014-02-23 03:09 x
M.F.さま、いただいたコメントを誤って消してしまいました。大量のスパムコメントが来たので、まとめてえいやっとチェック入れてしまって。これに懲りずに、これからもコメントお寄せくださいませ。
Commented by レイネ at 2014-02-23 18:17 x
REIKOさま、コメントとレスを間違えて消してしまいました。ごめんなさい。スパムコメントの虫取り中に。。。。デュモーとルセ(とオーディ演出)のタメルラーノにわくわくと期待を寄せてる来シーズンです。1月のキャンセルでの心の痛手が癒される気分。
Commented by Vermeer at 2014-02-24 22:32 x
エルトマンが消えてハニガンになったら文句なし⇒
え!モイツァ嬢はお嫌いですか?
ド・メストレ(hp)とのデュオ、春の京都まで遠征する計画してます。
“ルル”in シラー劇場も悪くなかったと思いましたが。


ゲシュウィッツ役のラーモアに期待⇒
こちらは6月のJ.ノット新監督/東京都響の定演、ベルリオーズ“夏の夜”を鶴首しています。
Commented by Vermeer at 2014-02-24 22:59 x
ベルリオーズ・ファンとしては“Benvenuto Celllini”が羨ましいです。


ウィーン美術史博物館から盗まれたサリエラこと、フランチェスコ1世の黄金の塩入れが2006年にオーストリアの森の地中から掘り出されて戻った由、次回ウィーンに行く機会があれば見てみたい。
Commented by レイネ at 2014-02-25 06:03 x
フェルメールさま、いやあ、このツッコミがいつ来るかいつ来るかとびくびくしてました。ごめんなさい、恩知らずで。ハニガンの印象があまりに強烈だったので、また見れたらなあと。。。でも、エルトマンの実演も鑑賞してみたいと思ってます!

ベルリオーズのファンでもいらしたんですね。『夏の夜』はわたしも好きな曲です!でも昨年4月に鑑賞した『ベアトリスとベネディクト』は、オペラとしてはイマイチでした。台詞が多すぎて歌が少ないってのが不満。

フェルメールさんからのコメントのいくつかも誤って消してしまいました。ごめんなさい。
Commented by Vermeer at 2014-02-26 17:39 x
『夏の夜』大好きです。『クレオパトラの死』というScène lyrique≒劇的カンタータは御存知
ですか?ローマ大賞目指して2度目の挑戦だったこの作品も、過激なまでの描写が敬遠された
ためか、落選しました。“Les Troyens”を先取りした様な作品です。

E.M.ウェストブルックで聴いてみたい。


Les Talens Lyriquesに在籍するチェリスト&ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、酒井淳さんは名古屋出身で、昨年夏に宗次ホールでリサイタル開催されました。ルセはクラヴサン奏者としての来日はあるものの(震災直後の2011年6月にはチャリティーコンサートがあったらしい)、手兵を率いての来日はないようです。出し物をフランス・バロックにすると(リュリのオペラとか)集客難しい
でしょうか。たまには来てね、と親分への伝言お願いしました。
Commented by レイネ at 2014-02-26 18:58 x
Vermeerさま、『クレオパトラの死』、聴いてみました。ネゼ=セガン指揮でアントナッチが歌うのが気に入りました。『トロイの人々』っぽいから、アントナッチとウェストブルック、両方ともよさそうですね。

ルセは、DNOとモネでレ・タラン・リリック指揮してオペラは結構やってますね。DNOのモンテヴェルディ『ポッペアの戴冠』でのチェンバロ弾き振り熱演がとても印象に残っています。それより、今朝からデュモー選手の挙動が不審で。。。ちょっと心配だわ。
Commented by Vermeer at 2014-02-26 23:23 x
ネゼ=セガン指揮でアントナッチ⇒
おお、そのBIS盤はキモノージョ×3出撃の時、サイン託したCDです。 

カッサンドラ役の彼女は、憑かれているというか、怖かった…。
ノーマン&バレンボイム指揮パリ管盤が最初の衝撃的な出会いでした。


Christian Curnyn⇒
良い指揮者ですね。2005年にパーセル『ディドーとエネアス』を指揮するコンサートを東京で
聴いたことあります。

デュモー選手の挙動が不審⇒
え?彼がIDの代役に?!
御贔屓のアーティストがへヴィーなソーシャルメディア・ユーザーだと落ち着きませんね。
Commented by M. F. at 2014-02-26 23:50 x
ルセのチャリティーコンサート行きましたよ~.何を弾いたかすぐには思い出せませんが良かった.

ところでチューリヒ歌劇場来シーズン新制作ヴィヴァルディ《La Verita in Cimento》メリンド役でデュモー.他にヴィルプケ・リームクール、デルフィーヌ・ガルーそしてリチャード・クロフト兄と充実.ダントーネ指揮、ヤン・フィリップ・グローガー演出…はバイロイトのオランダ人が古臭かったから心配だなあ.詳しくはこちらから.
http://issuu.com/opernhauszuerich/docs/saisonbuch_14_15_?e=1450767/6881844
Commented by レイネ at 2014-02-27 17:40 x
Vermeerさま、アントナッチとも今年は縁がありそうなんですよ。10月にバービカンでサラ様とイエスティン君と『ポッペア』で共演するから!熟女のポッペアっていうのが面白そう。(多分、わたしと同い年くらいですよね、アントナッチ)
なんと、ネゼ=セガンに突撃して、貴殿から託されたCDにサインしてもらったのにアントナッチのも含まれてたのですか。マネージャーに褒められましたよ、CD色々持ってるのが本物のファンの証しね、と。(←大いなる勘違いですが)

IDの代りに選手が代役か、だなんて、縁起でもないこと言わないでください!今年年頭から、自分や友人がキャンセル騒ぎにしばしば巻き込まれてるので、心落ち着かなくって。『ロデリンダ』は、明日が初日です。イエスティン君のコンデション上々だといいな!
Commented by レイネ at 2014-02-27 18:57 x
M.F.さま、ルセはブリュッセルでも何度もお聴きになってることでしょうね。震災後に来日してくれたアーティストには、いくら感謝してもしきれない気持ちです。

チューリヒの来シーズン情報ありがとうございます!選手が出るマイナーなヴィヴァルディってのには惹かれますが、チューリヒ自体にあまり惹かれるものが。。。物価もすべて高すぎるし。演目や歌手は素晴らしいしかなり魅力的なんですが。。。。
Commented by Vermeer at 2014-02-27 20:46 x
ネゼ=セガン突撃CDにアントナッチ⇒
そうなんです。お三方のどなたの手に委ねられたかは、今となっては知る由も無く…。


因みにルセの震災後チャリティーは、ルイ&フランソワ・クープランで纏めたのプログラムで、
東京・上野(石橋メモリアルホール)と大阪・茨木市で行われたそうです。
Commented by レイネ at 2014-02-28 19:50 x
Vermeerさま、サイン付きCDお大尽ですね、ネゼ=セガンのも一挙に3枚って。。。。(クリス@名古屋の時は、持ってくるの忘れたんでしたっけ?)

イエスティン君の『ロデリンダ』リハは無事終わったようでで一安心です。今晩が本物の初日。ドキドキドキドキ。。。。。
Commented by Vermeer at 2014-03-01 00:35 x
サイン付きCDお大尽⇒
へへっ、言われちゃいました。でも数はそんなでもないんですよ。
本当の爺になった時の、ほくそ笑む思い出の種、ですかね。


クリス@名古屋⇒
ヤン・コボウの歌う『白鳥の歌』、パドモアの歌う『詩人の恋』。机の上に出して置いたのに失念という体たらく。でも会場で購入したモーツアルトシリーズにしてもらい大正解でした。


録音で聞く限りIDのテクニックは堅牢ですから、きっと大丈夫。
Commented by レイネ at 2014-03-01 05:59 x
Vermeerさま、サイン乞食ならぬサイン大尽である貴兄も、イエスティン・デイヴィス・ファンクラブにもご参加なさっては?今、会員登録なされば、会員第一号特典として、IDのサイン・プレゼントに当選するかもしれませんよ。わたしは、基本的にサイン貰うことにには興味ありませんから。

クリスには、4月にまた会える!エイントホーフェンのベートーヴェン・マラソンの午後(食事つき)です。

ロンドンでは、イエスティン君の演技にも注目してきます!
Commented by M. F. at 2014-03-01 06:51 x
ここに書くのも場違いですけれども、ネトレプコが4月のROHを皮切りに予定されていたグノー:ファウストのマルグリート役デビューを全キャンセルし、5月ヴィーンでの代役がヨンチェヴァだそうです.うーん、これは引きが強いというのか、或いは…(笑)
http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/werke/uebersicht.de.php?prodid=440130
Commented by レイネ at 2014-03-01 07:07 x
M.F.さま、ヨンチェヴァは、今シーズン演目発表時にキャストされてたモネ(『アムレット』のオフィーリア)とDNO(『ファウスト』のマルグリート)から途中で消えてしまってMETに乗り換えたってのがなんだかのし上がりイメージだったので、もうびっくりしません。ネトコの代役で華々しいデビューを勝ち得たんでしたよね、たしか昨年のウィーンでも。モネもDNOもリハに時間をかけるから拘束期間が長すぎるのがガンなんですよね。。。だから、忙しい人とかスター(ぶってる人も含めて)出演は望めませんね。しっかりと稽古やリハで練り上げたいいプロダクションで勝負する歌劇場だけに残念です。
Commented by Kinox at 2014-03-02 06:00 x
豪華ですね、マクベス夫人のセルジャンはムーティが好んで採用しているのでは。ベルリオーズ表題役のオズボーンはかなりいいらしくて、わたし自身も早く生で聴きたいと思っています。ルルはメトにも来る演出ですね。ルイジ&RCOも堅実な男性歌手陣も羨ましいけど、わたしも実演で良かったためしのないエルトマンがweakest linkのような気が。以前ベルリンかどこかでやったときも高音ごまかしてたとか評判良くなかったような記憶
Commented by レイネ at 2014-03-05 19:55 x
Kinoxさま、今年はサブスクライブしないつもりですが、全演目が面白そうだし、スター歌手は出ないけど手堅い人たちが出演するので、なるべく沢山鑑賞したいと思わせるラインナップです。オズボーンは何かどこかで生を聴いているはずなんですが、今ちょっと思い出せません。
ルルは、エルトマンでもやっぱり聴きに行くべきでしょうね。METの前にアムスだし、話題になりそうだし、興味津々です。
Commented by M. F. at 2014-03-20 20:56 x
Bozarとモネの新シーズンが発表されましたが両方ともかなり意欲的なプログラムで興奮しております.

モネのバロックはDNOと同じタメルラーノ・アルチーナダブルビルだけなのでバロックファン的にはがっかりかもしれませんが、近現代ものを中心に痒いところをついてくるのは新音楽監督の傾向を反映しているのでしょう.所謂普通のポピュラーな演目が少ないですが、キャスティング的にも、ヴェルディなんかやろうとするとやっぱりいまいちなのでウェイトの置き方としては正しいのかも.

Bozarも合唱系からピリオド系から現代ものまで全体的にこれまでの3シーズン程よりも底上げしている印象で、(rising)starsにも事欠かず立ち寄る機会があれば積極的に考慮に入れてみたいです.
Commented by レイネ at 2014-03-24 06:00 x
M.F.さま、亀レスでごめんなさい。木金とリスボン弾丸遠征(一泊)に行って、週末は仕事でした。

ずっと待ってたのに、わたしの遠征中にモネが来シーズン演目発表とは。演目的にも演出その他総合してもDNOと並んで刺激的ですよね、今年もモネは。モネでのリサイタルもわくわくするものがあります。

Bozarのはまだ見てません。毎年いいコンサートが多いのですが、基本的にマチネコンサートってないので、平日だと終電に間に合わないだろう、と思えて、行ったことがほとんどないんです。(中央駅から近いから、ぎりぎりで間に合うのかもしれませんが。) 今からプログラムのチェックしますね。
オペラとコンサート組み合わせてブリュッセル遠征できたら、それは大変よろしいですね。こちらにお越しの節には、ビールなどご一緒したいものです。
Commented by 守屋 at 2014-03-24 06:23 x
こんばんわ。今日の午後、リヒターのソロ・リサイタルをウィグモアで。オルフェオ、是非、観に行ってください。リサイタルの感想は明日にでも書ければと思っていますが、とても素晴らしい歌唱でした。あれほどスコーンと突き抜けた、全く濁りのないソプラノを聴いたのは本当に久しぶり。大陸では、既にかなり活躍しているようです。
Commented by レイネ at 2014-03-24 08:45 x
守屋さま、ウィグモアでリサイタルしちゃうとは期待の注目株なんですね、リヒターって。なるほど濁りのないソプラノとは、わたしの好みのタイプかもしれません。
DNOの『オルフェオ』以外に、先ほどモネの来シーズン演目見てたら、リヒターは3月10日にコンサート形式ですがLa Vin herbeでも歌うのを発見。彼女、生で聴いてみたいです。
Commented by M. F. at 2014-03-25 01:46 x
ぜひぜひ、ご一緒させてください.機会がありましたら.やはりベルギービールはベルギーで飲むのが一番ですし(笑)

確かにBozarはレイネさまにとってさほど便利ではないのでしたね.一例を挙げれば、ロト=レ・シエクルにイザベル・ドリュエがメゾ・ソロのベルリオーズ《ロミオとジュリエット》 http://www.bozar.be/activity.php?id=14545 など注目しているのですが.ベルリオーズはモネ響の方も《キリストの幼時》をやりますが http://www.lamonnaie.be/fr/421/448/Ludovic-Morlot モルローにはこういうのは合うんじゃないかと推測しています.こちらはマチネがありますね.

ところで来季のケルンオペラではヨハン・アドルフ・ハッセのLeucippoでヴァラール・サバドゥスが主演.ダフネ役はRegina Richterという人ですが、これはリヒター違いですね.魔弾の射手ではペーター・ザイフェルトが出てきたりします.近年何となくレパートリーに定着しつつある気のするダッラピッコラの囚われ人はBAツィンマーマンの「我は振り返り、日の下にすべての不正を見た」(”伝導行為”)と組で、ボー・スコウフスが両方おつとめ、などなど.
Commented by レイネ at 2014-03-26 18:18 x
M.F.さま、なぜでしょうね、ベルギービールはベルギーで飲むのが一番美味しいのは。。。先日ゲントのシントバーフ脇の広場のカフェで、大好きなローデンバッハの生を飲みました。瓶はあっても生はオランダではなかなか飲めないので。一杯2ユーロ60セントとめちゃ安でした。最近、オランダのカフェでは最近ベルギービールが高くなって。。。。

Bozarの来季シーズン、ざっと見た限り、特にそそられるのがないです。。。。オランダのコンサートホールと似たような感じで。

ケルンオペラのLeucippoは、絶対に見に行かないと!サバドゥス君は鯖奴と呼んで可愛がっている、期待のCTですし、ハッセのレアなオペラだし。他にも結構面白そうなのがありますが、まだあの仮設テントみたいな会場なのかしら。。。
Commented by M. F. at 2014-03-26 20:50 x
10月2, 4, 7, 9, 11日19時半で会場はパラディウムです.市街北東郊外の倉庫?跡を改装した会場で、公共交通だとトラムまたはバスです.ウリッセを観に行った事がありますが、若干うらぶれた場所でちょっと行きにくい….
http://www.operkoeln.com/spielstaetten/2013-2014/161/
多分千席ない縦長の会場なので、かぶりつきの席を取ればさほど問題はないかと.
Commented by レイネ at 2014-03-26 20:59 x
M.F.さま、早速のご教示ありがとうございます。
パラディウムには、3年前に『ポッペア』を観に行きました。元倉庫を改造したディスコみたいになってるところですね。今超話題のCT、フランコ・ファジョーリを初めて生で聴いた思い出の場所です。ケルンには家から車で1時間ちょっとなのですが、高速出口で酷い渋滞にひっかかって前半は鑑賞できず、しかも通常三幕ものなのに休憩一回だけの2幕の公演だったので半分しか見れなかったのが残念でした
『ポッペア』では、ステージの位置が平土間というか体育館みたいなのの中央で、前後が客席になってました。休憩中にフォアイエでもオペラの続きが上演されるという変則的なものでした。
Commented by M. F. at 2014-03-26 21:48 x
あ、それは聴きたかったものだ(笑)確かピオのポッペーアでしょう.再演時はベングトソンで、迷って結局止めました.
Commented by レイネ at 2014-03-26 22:04 x
M.F.さま、ピオーのポッペアで初演聴きたかったんですが、チケット売れ行きがよくって、出遅れたらだめでした。。。そちらはBMWのオフィスが会場でしたね。迷わずに再演のチケットは即取ったんですが、渋滞で遅刻。ベングトソンは印象に残りませんでした。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧