マレーナ様のネローネ@リセウ   バルセロナ遠征記その3

c0188818_19121630.jpg

  初演から10年後のマレーナ様ネローネ


マレーナ・エルンマン・ファンクラブの皆さま、長らくお待たせしました!
すでに『アグリッピーナ』千秋楽も終わった今、ようやくレポートを書く気分になってきました。
と、申しますのも、今回、リセウでの『アグリッピーナ』再演は、今年最大のメインイヴェント、
3年越しの念願、いや、マレーナ様を知った最初の日から今までずっと待ち続けていた、わたしに
とってほとんど人生のゴールの一つに近いほど重みのあるものだったのです。
そして、期待を予想以上に上回る素晴らしいプロダクションに圧倒され、また、マレーナ様渾身の
パフォーマンスは一世一代と言ってもよく、まさに伝説再生の現実離れしたパーフェクトな舞台に
立ち合って、こちらの身も心も彼岸に渡ってしまったような状態になっていたのです。
その興奮が一過性ではない証拠に、雲の上を歩いている感覚は2週間たっても続いているのです。
夢とうつつの境界線を彷徨う私に、レポを書くなど不可能なことだったのです。
(そのわりに、イエスティン・デイヴィスのコンサート・レポはすぐに書いたじゃないか、というツッコミ
もありますが、義理人情も絡んでいましたゆえ、お許しのほどを)

c0188818_19381495.jpg


まず、このヘンデルのオペラ作品自体の完成度の高さが、今回の大成功の礎であることに疑いの
余地はありません。
音楽は、聴きごたえのある歌唱部分とレチタティーヴォ、器楽演奏の分量配分がこの上なく
バランスよく、ダ・カーポが長すぎて聞き飽きるようなアリアは一つもなく、序曲から最後の大団円
のコーラスまで、一瞬ともダレだり飽きたりする瞬間がありません。
この作品で、ヘンデルの作曲家としての天才ぶりをまさに確認することになりました。
また、音楽だけでなく、この作品にはストーリー的にも荒唐無稽すぎる部分がなく、古代から変わ
らぬ人間の欲や愛憎、親子の情などが、誰にでも納得できるようなユニヴァーサルな要素が
散りばめられているのです。

しかし、素材がいくら極上でも、料理人の包丁さばきや味付けによって出来は全く異なるものになる
というのが、オペラと料理との共通項ともいえましょう
名人による美しく盛られた料理を舌に載せる瞬間のスリリングさ、そして、美味をじっくりと味わう
幸福の体験とオペラ舞台鑑賞とはかなり性質が近いもので、五感と体全体に興奮を与えてくれます。
多くの皆様と同様、団子より花ですから、オペラで味わう至福追及のためには遠征をも厭いません。
歌手の喉は旬の素材に近いもので、時期の一致を見れば聴くチャンスを逃してはなりませんが、
オペラ舞台の場合、演出家という料理人の任務が非常に重要だと思うので、つまらなそうな演出
だったら、最初から食指が動かないものです。
今回のマスターシェフは、デイヴィッド・マクヴィカーでした。

↓の序曲の動画は10年前の初演時のものですが、オケと指揮者とキャストが多少異なるものの、
今回も演出上、全く同じなので参考のために貼ります。



シンプルな舞台装置と現代衣装で、隅々まで神経の行き届いたスタイリッシュな演出ということがよく
わかるかと思います。10年経つまでもなく劣化が激しく見るに堪えないようになってしまう演出も
昨今は多いものですが、これは、今でも全く古びて見えません。

また、序曲部分のだんまり演技で状況設定の説明をしっかり行うという、ある種の演出にはお約束
になっている手法ですが、その方法がシンプルなのに明瞭なことこの上なく、ごちゃごちゃしていず、
説明しすぎでもなく、ほとんど理想的な序曲の演出だと思えます。
ロムルス・レムスが狼の乳を飲んでいる幕の前に座って、多分ローマ帝国歴代皇帝に関する本を
読んでいる人の後ろに、歴史上お馴染みの名前の彫られた石棺に座って登場する主要人物たち。
欲望と陰謀渦巻く、退廃のローマ皇帝一家の相関図が一目瞭然です。
まさに、見事に整理された冒頭場面演出のお手本と言えましょう。


10年前の初演以来すでに伝説化している演出とプロダクションですから、アクロバティックに
マレーナ様が歌い、踊り、演じる動画などは、すでに何度も見聞きされているかと思います。
たとえば、第一幕最初のネローネのアリア Col saggio tuo consiglio 


               この胸キュン音楽にぴったりの可愛い男の子ネローネ役のマレーナ様

シンプルで美しく機能的な舞台装置と背景、現代的な衣装に、演技力ではぴか一のマレーナ様の
表情と身振り態度で、10代終わり頃の若い男の子の心の微細な揺れが歌唱にも表現されて、
観客の胸に迫るのです。
10年経っても、上の動画とほぼ同様の動きで、マレーナ様の美少年ぶりには衰えが見られません
でした。『セルセ』役以来トレードマーク化したちょっとエロチックな動作が今回は結構沢山の場面に
散りばめられているのが多少の変化もしくは進化ですが、思春期から抜け出せないままの色情狂の
ネローネ、しかもADHDが入っているという役どころを絶妙に演じているのでした。

今回の舞台でマレーナ様のズボン役を生で初めて観た人は、きっと一様に、彼女の男性役なりきり
ぶりに驚愕しただろうことは、想像に難くありません。マレーナ様セルセでびっくりした人は、今回また
数歩前進した役者ぶりに、思わず惚れ直したことでしょう。

マレーナ様は、特に主役を張る場合、前半は喉をセーブするためかなり声量を抑えることが
多いのですが、今回はタイトルロールではないということで気の張りが少なくて済んだのでしょうか、
最初からエンジンがかかって、しっかりと声を響かせてくれたのが、まずうれしい驚きでした。
出だしの歌からこうだと、他の歌手も乗せられるのか皆パワー全開になるものです。


また、今回の再演に当たって、マクヴィカー本人がバルセロナでビシバシと稽古をつけたことは、
全ての場面で、歌手や役者やダンサーの動きがびしっと決まっていることからもよくわかります。
誰一人緊張が解かれたり、ダレたりした場面が一瞬たりともないのです。
たとえば、今回ポッペア役だったダニエル・ド・ニースが最初に歌う場面をご覧ください。



ダニエルちゃんは、相変わらずダンスで鍛えた筋肉としなやかな体、派手な作りの顔の表情も豊か
で演技派なのですが、ポッペアのスタイリスト役のオネエタイプのダンサーの演技も光ってます。
ダニエルちゃんの歌唱が、このプロダクションのキャスト中では心配の種の一つだったのですが、
リセウの音響のためか、指揮者のバランス感覚がすぐれているせいか、1人だけ妙に力んだような
不快な声で歌ったりしていないのが、うれしいサプライズでした。ダニエルちゃんの生舞台には、
何度も接しているのですが、今回ほど不快指数が非常に低いのは初めてでした。


アグリッピーナのタイトルロールを歌ったサラ様の調子も絶好調だったと思います。
迫力ある年増の悪女役が最近多いサラ様ですが、アグリッピーナでもその真骨頂発揮です。



自分の息子ネロを次期皇帝の座に据えようと思った矢先、死んだはずのクラウディオ帝が生きて
もどってきたため、そして若く美しいポッペアとの確執もあり、様々な奸計を巡らすアグリッピーナ=
マキャベリズムの申し子のような存在にサラ様もなりきり、胸がすくような悪女ぶりを披露して
くれました。
女性役の歌手は皆、10センチはあろうかというピンヒールを履いて、階段を上り下りしたり、踊ったり
するので、見ていてハラハラするほど。

踊りと言えば、ダニエルちゃんよりももっと格が上なのは、やはりマレーナ様です。
ポッペアを追っかけまわす色情狂でADHDのネローネという役柄上、片時もじっとしている場面が
ないどころか、アリアでも様々なダンスや動きをしながら歌うという、マクヴィカーの演技要求に
応えられるオペラ歌手はマレーナ様以外ありえません。
ムーンウォークその他のダンスはもちろんのこと、アリア Quando invita la donna l'amante
では、腕立て伏せ、腹筋運動やピラティスのバランスポーズをとったままで歌うのです。これには、
もう観客はびっくりで、やんやの喝采と万雷の拍手でした。
よく出回っている、ネローネがコカインを吸引しながららりって歌うCome nube che fuggedalも
凄い迫力ですが、その前のアリアのでの動きはもっともっとすさまじいのでした。

長くなってきましたので、この辺でいったん中断して、カーテンコールやツーショットの写真は、
また別記事として投稿したいと思います。
[PR]
by didoregina | 2013-12-04 14:12 | マレーナ・エルンマン | Comments(8)
Commented by Mev at 2013-12-04 23:11 x
今まで見たバロックオペラの中では最高の出来、とおっしゃっていましたよね? セットはシンプルな方が好きですが、そうなると歌い手たちの歌そのものと演技によるしかないので、出演者にとっては本当にタフだと思います。でも、それで最高の舞台にするということは、歌手がいかに素晴らしく作っているかということですね。羨ましいです~。せめてDVDでてくれないかな、と思っています。
Commented by レイネ at 2013-12-04 23:41 x
Mevさま、そう、ヘンデルの音楽の素晴らしさ、演出の完璧さとそれに応えられる歌手と演奏家と3拍子揃って、しかもリセウの観客もとってもいいので、雰囲気が盛り上がりました。劇演出家によるオペラ演出って、ごちゃごちゃと盛りだくさんに余計な人物やセット置いて、話の本筋と異なる演技が舞台上で同時進行してるようなのが最近やたら多いけど、その弊害が、これ見てよ~くわかった。焦点がボケちゃって音楽に集中できないことが多いのよね。やっぱり、オペラ演出は音楽のこともよくよく分かってる人でないと。ヘアハイム演出は好きだけと、ピィやワルリコフスキのは見てて疲れることも。
今回のキャストでDVD出なかったら、宝の持ち腐れだわよ、本当に!
Commented by REIKO at 2013-12-05 13:35 x
私も「音楽に集中できる演出」が好きだし、それがオペラ演出の基本だと思っています。
しかしそうでない演出が多いのもまた事実で(笑)、そういう演出家はおそらく「音楽が嫌い」なんだと思いますよ。
音楽だけでは観客が飽きてしまうから、あれこれ余計なサービスをしないとダメと思い込んでいるのでしょうね。
それって作曲家や作品、歌手を馬鹿にしてるってことで、それを「演出の力で救ってやるんだ!」とか壮大な勘違いをしてるのでしょう。
また、ヘンデルなどの古楽レパートリーでは、「作品本来の内容やテーマでは現代人を引きつけられないから、新しい解釈を加えて…」と、これまた余計なお世話をやってくれる演出家も多いですね。
だからこのアグリッピーナのように、作品本来の魅力をうまく引き出してくれる演出って、本当に有り難いと思います。
こういうのが普通にならないでしょうかね~?
Commented by amanamour at 2013-12-05 19:35 x
レイネさま、最終日、観てきました!そしてこの公演を心待ちにしていたとおっしゃった理由がよ~く分かりました♪
ほんと、素晴らしかったですね。マレーナ様(もう私も様づけです)の運動神経のよさ、歌いまわしの巧みさ、まさにカリスマパワー炸裂のネローネでした。幸運なことに座席が一列目で、アリアの時にもう直線距離7メートルくらい?!で、心臓ドキドキで辛かったほどです。歌っていないときの演技も細かくて、オットーネが次期皇帝に、というくだりの、賞賛しながらも鼻くそ(笑)をほじって投げる様子とか、コミカルな演技も細かくて楽しかったです♪
皆様の前評判がいまいちで不安だったCTのダニエルズも私は結構好きでした。キレイに悲しいアリアと、デ・ニースとの重唱、よかったです。
そしてマクヴィガーの演出の素晴らしいこと!アグリッピーナの悪巧みのアリアなど、ああ、このリズムと和音は、悪巧みの様子なのね~!と目が覚めるような演技のつけ方だったり。この「音楽がよく分かってるんだー」と思わせる、しかしシンプルな演出に拍手喝采したくなりました。
素晴らしいオペラの様子をこうして美しいブログで再び追想することができるのはとっても嬉しいです!
Commented by レイネ at 2013-12-06 17:28 x
REIKOさま、お久しぶり~!そういえば、ヘンデルのオペラ生舞台鑑賞も久しぶりだわ。もしかして、今年初めごろのデュッセルドルフでのヘアハイム演出『セルセ』以来かも。ヘアハイムの演出はとにかく盛りだくさんで、ここまでやるか~!の典型なのですが、ごちゃごちゃというのとは違ってこじつけや無理がないので納得できるし好きです。それとは対照的なシンプルなマクヴィカーの『アグリッピーナ』ですが、どちらもヘンデルのオペラ音楽ののツボがよくわかってる人による演出なので、甲乙つけがたいほど両方とも気に入ってます。ヘンデルのオペラは究極のエンタメ、現代のミュージカルなんて足元にも及ばないプロダクションになっていたのは、粒のそろった出演歌手の力量ゆえでもありますが。
Commented by レイネ at 2013-12-06 17:57 x
amanamourさま、コメントお待ちしてました!マレーナ様ファンがまた一人増えましたね。彼女のカリスマパワー炸裂だった今回の公演で、バルセロナの観客にマレーナ様の存在は強烈な印象として残ったと思います。主役を食ってましたね、完全に。
一列目に座られたとは幸運ですね。顔に浮かぶ汗や息継ぎの音とかも聞えたでしょうから、心臓ドキドキになるのも当然ですよ。舞台上の彼女から目が離せなくなってしまったでしょ?出待ちもされました?

足を引っ張るのではと懸念していたDD氏のオットーネですが、最初のレチが美しくて「おお、これはいいかも」と思わせたし、ちょっと頼りない歌声がかえって優柔不安なオットーネのキャラにマッチしてたし、アンサンブルも上手くて、ダンスも頑張ってたから及第点以上。でも、シャビエ・サバタがオットーネだったらもっといいのになあ、と脳内変換して観てました。(いつの間にか仲良くなったラブリーにそのことをもらしたら、実は今回のキャストは、当初彼がオットーネ役の予定だったのに、スケジュール調整その他してる間にいつのまにか立ち消えになったんですって、惜しい!)
Commented by amanamour at 2013-12-10 04:33 x
サバタさん(ラブリー)がオットーネ!!!ああ、それを伺ったらのんきに「DD氏もよかったです」なんて良い子ぶって(?)いられません~、だいたい地元出身なのに、なんでリセウご出演がないのかしら、と本当に疑問(というか既に疑惑)ですもの。お友達になられたのも羨ましいです。リセウ登場予定も機会があったら是非伺って下さいませ~♡
マレーナ様、息継ぎと汗、なんて、思い出すだけでドキドキします♡一緒に行った友人は、休憩の時に私が「ネローネ素敵~」と言ったのを何か誤解したらしく、終演後、「あの人、男じゃないんじゃない~?胸があったよ~」とわざわざ忠告?してくれました。
出待ちはできませんでしたが、すっかりファンになって、彼女のツイッターもフォローし始めたのですが、言葉が全然分からず苦しんでおります(笑)。
Commented by レイネ at 2013-12-10 07:26 x
amanamourさま、本当よね、地元民のラブリーのリセウ出演機会がないのは非常に残念。ラブリーはとっても義理堅い人なので、バルセロナ遠征前後にメッセージ送ったら、その都度返事くれました。外国で仕事中なので現地では会えなかったけど。それで『アグリッピーナ』のオットーネ・キャスティングの話も出たの。いつかリセウの舞台には立つと思うけど、その前にオランダで会える可能性の方が高いとのこと。今週末のウィーンの『リナルド』、フラちゃんだけでなくラブリーも出演するのよね。なんで行かないの、私?

マレーナ様がズボン役やると、幕間で必ず「あの人、男だよね、絶対」とか「本当に女性なの?」と、マレーナ様知らない人は皆びっくりして、話題にしてます。そのくらい男役なりきりだし、かっこいいものね。
これからもファン同士、マレーナ様を盛り上げてまいりましょう!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧