サラ・コノリーのリサイタル@Jurriaanse Zaal ロッテルダム

コンセルトヘボウでのヘンデル『アレッサンドロ』のマチネ・コンサートと同じ日の夜、ロッテルダムで
サラ・コノリーのリサイタルがあった。
多目的ホールであるデ・ドゥルンは、ロッテルダム中央駅から徒歩2,3分だし、アムステルダムと
ロッテルダム間は電車の便がよく、最速だと40分弱で結んでいるから、余裕で行けた。
今回は、デ・ドゥルンの小(中?)ホールである。

c0188818_2021185.jpg

21 september 2013
Jurriaanse Zaal

Sarah Connolly - mezzosopraan en Julius Drake - piano

Schumann - Widmung; Die Lotosblume; Hochländisches Wiegenlied
Schumann - Frauenliebe und -leben
Howells - Come sing and dance; King David
Gurney - By a Bierside; Sleep
Britten - O Waly, Waly; Corpus Christi Carol
Bennett - A History of the Thé Dansant

ステージが下のほうにあって、客席がひな壇になっているホールだが、会場は満席ではないのが
少々残念だ。私の席は3列目中央右寄りで、歌手が目の前の位置だ。冷風が感じられ妙に寒い。

颯爽と登場したサラ様のステージ衣装には目を瞠らされた。なんて素敵なデザインと色!
明度の高い薄いグレーの柔らかなシルクのシンプルなロングドレスなのだが、右肩から同生地で
幅広の布が斜めにショールのように掛かり、ウエストの左側で留められ、プリーツともドレープとも
とれるひだが下に流れる。そのショール状の布は、前後ともドレスと同様にフルレングスである。
まるで、ギリシャの女神像!
柔らかくクラシカルなデザインのドレスとは対照的に、銀色のネックレスはモダンな正方形を組み
合わせたモチーフが鎖骨に沿うようになっていて、こちらも素敵なデザインである。
ヘアスタイルは、短めのボブに不規則なカールを付けて自然に後ろに流した感じで、お似合いだ。
数年前までは、サラ様のステージ衣装というと「イケアの壁紙か包装紙のモチーフか」と言われ、
デザインも格好悪くて、体の欠点まるわかりという不可解なものが多かったのだが、少なくとも
オランダで3回見たサラ様のステージ衣装はどれも素晴らしかった。近年はスタイリストを付けたの
だろうかか。

プログラム前半は、ドイツ語のシューマンの歌曲である。
ロマン派らしい熱情を秘めた暗いラブソングの一種なのだが、サラ様はあまり感情をこめすぎず、
発音もさらりと歌うので、独り言ちもしくは内面に向けた感情の吐露という具合で、あっさりした
歌唱が心地よい。
ピアノ伴奏も、サラ様の歌唱同様あっさりとしていて、どちらかがリードするとか寄り添わせるという
のではなく、自然に歌とピアノが溶け合って一つの音楽を形成している。
そのコンビの絶妙さ具合は、ピアニッシモに顕著に表れる。
サラ様の歌でいつもうっとりさせられるのは、凛としたピアニッシモの美しさなのだが、ドレイクの
ピアノもピアニッシモを大切にしていて、最後は消え入るようにため息のように終わることが多く、
とても美しい。
そして、観客の拍手のタイミングも絶妙なのだ。ペダルで延ばされてほとんど聞こえなくなっている
ピアノの最後の最後の音が消えるまで待って、その後で心から温かい拍手を贈る。
こうなると、歌手、ピアニスト、聴衆が三位一体となってアトモスフェアを作り出しているような趣で、
空間は緻密な音楽の結晶で満たされて、とても密度が高くなっているのだった。

後半は、あまりなじみのないイギリス人作曲家による英語の歌曲である。期待は一層高まる。
それは聴衆のほとんどにも同様だったとみえて、聴衆全体が耳を傾けて聴いていることは、身じろぎ
もほとんどなく、咳や物音などが聞こえてこないことからも察せられた。息を呑んで聴いて、最後には
ピアノの呼吸と同じく吐息をつくという風情なのである。
20世紀初頭から戦後にかけて作られ、ルネッサンス風の歌、ポピュラーっぽい現代クラシック歌曲、
ジャズそのものという曲もある。
サラ様によって歌われる英語の美しさといったら!
↓に音源を貼るので、何はともあれ、聴いていただきたい。

Sleep  作曲 Ivor Gurney (1890-1937)  作詞 John Fletcher (1579-1625)



そういう風に上質かつ親密な雰囲気のリサイタルとなり、贈られる拍手は暖かく、アンコールには
3曲も歌ってくれた。
ドレイク曰く「このように皆様から温かい拍手をいただき、こちらとしてもアンコールに応えないわけには
まいりません」
アンコールの一曲は、James FentonのI'm in Paris with you




終了後、トイレ脇の通路に若い子たちに囲まれたサラ様とドレイクがいた。
開演前にトイレに入った時、サラ様の発声練習が隣から聴こえてきたので、楽屋が隣接しているの
だな、と思ったとおりである。
サインを求める子たちは、ロッテルダムの音大生で声楽専攻とのこと。
サラ様はきさくに「今日のリサイタルの曲目の中で、今までに練習したことがある曲はあった?」とか
訊いている。
わたしも仲間に入ってサインをいただき、「今晩はロッテルダム泊だと思いますが、明日はバルセロナ
に行かれます?」と尋ねた。サラ様が答えるに「明日はボストンなのよ」とのこと。

トイレから戻ると、今度は中高年ファンに囲まれていた。またもや仲間入りし、サラ様のドレスを褒める。
ドレイクが「そうそう、このドレス、今日が初めてだよね」と言う。
サラ様は、「ここのホールはエアコンが効きすぎて、ちょっと辛いわ。喉もそうだけど、髪も風で揺れるし、
触ると乾燥してる感じ。それは先シーズンの『アリオダンテ』の時にも思ったのよ」と言うので、
「『アリオダンテ』は大ホールでしたでしょ?」と訊くと、
「どちらのホールも同じくらい乾燥してて、寒いのよ」とのこと。
「それでは、肩の開いたドレスは禁物ですね」と突っ込むと、
ドレイクが「そうだね、何かで肩を覆った方がいいかも」という具合で、和気あいあいというか、二人とも
とても気さくなのだった。
11月にはバルセロナ遠征(サラ様タイトルロールの『アグリッピーナ』鑑賞のため)するので、再会を
楽しみにしております、とアピールしておいた。
[PR]
by didoregina | 2013-10-03 14:31 | コンサート | Comments(14)
Commented by Kinox at 2013-10-16 08:31 x
遅ればせながら素敵なリサイタルが容易に想像できるような素晴らしい記事、拝読いたしました。

> 「明日はボストンなのよ」
ボストンはドホナーニのマーラーの復活でございました。こちらでオンディマンドで聴けます http://www.wgbh.org/programs/The-Boston-Symphony-Orchestra-in-Concert-1641/episodes/Dohnanyi-Conducts-Mahlers-Resurrection-Symphony-47336

コノリーはユロフスキ&OAEともさすらう若者の歌をやってCDにもなっているし、マーラーでも各地でお呼ばれするんでしょうね、わたしもいつか機会があったら・・・
Commented by レイネ at 2013-10-16 10:13 x
Kinoxさま、サラ様のボストン情報とコンサート音源へのリンクありがとうございます。
そうなんですよ、サラ様のマーラーもいいんです。ワーグナーは1度だけよ、と言っていたのにリングでも歌っちゃうし、もちろんヘンデルその他のバロックものなど芸域が広いから、いつか生サラさまを聴かれる機会に恵まれますよ!
Commented by Mev at 2013-10-18 20:43 x
いまさらのように遅いコメントですみません。
サラ・コノリーのコンサート、行きたかったです~。すごくよかったみたいですねえ!! 落ち着いていて、でもずっしりと実力を感じさせてくれて安心して浸れるのですよね~、きっと。
そう、私も近頃の衣装とヘアスタイルに注目しています!!
Commented by レイネ at 2013-10-22 19:06 x
Mevさま、コメントありがとうございます。そちらは、PJのにもDNOにも行けていいじゃない。羨ましい。
サラ様のアグリッピーナ、期待が高まる~。もうあと1か月切ったのよ。誰もキャンセルしないでドリームキャストの実現、祈っていてね。
Commented by Vermeer at 2014-01-17 19:14 x
こんにちは。今年もどうぞよろしく。

さて当方のコンサート始めはヘンデル;オラトリオ『サウル』全曲になりました。毎年1作ずつオペラ/オラトリオを意欲的に上演しているヘンデル・フェスティバル・ジャパンという団体による素晴らしい演奏でした。昨年の『アルチーナ』(演奏会形式)にも感銘を受けました。ずば抜けたソリストがいなくとも、作曲家が腕によりをかけた音楽が圧倒的でした。オルガン協奏曲を挟んだり、チェレスタ!まで登場。

トロンボーンやホルンの咆哮する、壮麗なアンセムと、それに続く弦とテオルボだけのシンプルな独唱の鮮やかなコントラスト。「引き算の美学」を考えながら感動していました。
Commented by Vermeer at 2014-01-17 19:15 x
ダヴィデに嫉妬し、没落・破滅するサウル王の話ですが、サウルの理不尽な怒りを鎮めようと、ダヴィデが竪琴を弾きながら歌う
“O Lord, whose mercies numberless”
で、メッツォの歌が一段落して、ハープがモノローグの様にダヴィデの心情を語る後奏に特に心奪われました。聴衆がもの音一つたてず、消えいく楽音に集中して聴き入っていたのも感動的。

音源探してYouTube検索していたら、サラ・コノリーが歌う録音に麗しい絵画を組み合わせた動画を見つけて楽しんでいます。
http://www.youtube.com/watch?v=O6g-KxEBYwc
ふとコメント欄を見ると、サラ・コノリー自身による謝辞が書き込まれているではありませんか!これは『リナルド』へ馳せ参じなさいという啓示かな?

今回採用したスコアは、ヘンデル学者A.ヒックスによる「最新校訂譜」を使用した日本初演で、この校訂譜は現在ロンドンのヘンデル・ハウスにあるイギリス・ヘンデル協会の管理下にあり、特別に使用許可されたそうです。
Commented by レイネ at 2014-01-18 06:06 x
Vermeerさま、今年もよろしくお願い申し上げます。
おお、『サウル』がコンサート始めとはよろしいですね。
このところ、ヘンデルのオラトリオがマイブームになっていますが、英語のオラトリオはイギリス人歌手によって歌われるのが一番しっくりきますね。
返歌として、イエスティン君が歌っているO Lord, whose mercies numberlessのリンクを貼ります。
http://www.youtube.com/watch?v=k9YsLQ8hfio

『リナルド』ぜひともご一緒しましょうよ!(サラ様は出演しませんが。。。)
でも、10月にはロンドンでこの二人が共演するんですよ、モンテヴェルディの『ポッペアの戴冠』で。
『ポッペア』は各地で様々なプロダクションが上演されていて、なぜかいつもだれかしら私の好きな歌手が出演してるんですが、10月のはダニエルちゃん抜きで、アントナッチが年増のポッペアという珍しさ。サラ様とアントナッチという組み合わせにも興味をそそられます。マクヴィカー演出の『アグリッピーナ』でタイトルロールだった二人が同じ舞台に立つなんて!しかもオットーネがイエステイン君なので、聞き逃すわけには参りません!
Commented by Vermeer at 2014-01-18 13:09 x
二人が同じ舞台⇒
ネロとオットーネの絡みは少ないかもしれないですが、それは楽しみですね。横浜『バヤデット』で一度だけ接したことがありますが、Marina de Liso も良い歌手だと思います。

返歌として、イエスティン君⇒
もしグラインドボーンが叶ったら、この“Arias for Guadagni ”ジャケット持って行かねば。

『ポッペアの戴冠』は大好きです。ヒロインの乳母に与えられているアリアまで人間味があります。作曲家の人間に対する鋭い洞察と深い慈愛を感じます。オペラ三部作とマドリガル全曲録音を果たしたイタリアの団体La Venexianaが、今秋日本で演奏会形式ながら上演する予定があります。Roberta Mameliがポッペアらしい。イタリアらしい濃やかな彼女の歌・声が今から楽しみ。Gさんと是非行こう、と話しています。

今回はサインのミッション託せませんでした(笑)。ご贔屓のデュモー選手は不調?
Commented by レイネ at 2014-01-18 19:48 x
Vermeerさま、横浜『バヤデット』には誰が出てたんですか?まさかイエスティン君がすでに日本で歌ってるの?

この夏のグラインドボーン遠征は絶対使命なので、お休み計画を進めてくださいね。基本的に貴殿のご都合のよろしい日程に合わるつもりですので。

Venexianaの『ポッペア』日本公演に合わせて里帰りで着たら最高なんですが。10月中旬ですよね。ベストシーズンですし。

デュモー関連できりきり舞いの一週間でした。降板宣言、翌日撤回、非公式に降板肯定、裏取り、代役のうわさ、公式降板・代役発表、と毎日のようにニュースが入って。ソーシャルネットワークやソーシャルメディアの利点で、直接本人に訊けたりできるのはいいけど、振り回されちゃって精神的にクタクタです。今から、デュモー目当てなのにデュモーがキャンセルしたドルトムントに遠征です。。。
Commented by Vermeer at 2014-01-18 22:47 x
まさかイエスティン君がすでに日本で⇒
ご安心あれ。当初はPJ!、V.カンジェミもアナウンスされていたらしいのですが、それでもD.バルチェローナ、V.ジュノーや、ヤーコブスやヘルヴェッヘの第一ソプラノ、スンハエ・イム等相当豪華なキャスト、F.ビオンディ指揮でした。其々が丁々発止の真剣白刃取りみたいな白熱した歌唱を繰り広げていました。

IDの来日調べてみましたが、レイネさんや椿姫さんの記事ばかり出て来ました(笑)。彼はまだ来日していないのでは?
Commented by 名古屋のおやじ at 2014-01-19 04:03 x
私も横浜で、あの「バヤゼット」を聴きました。本当に素晴らしかったですね。来年の2月には同じホールで、ビオンディたちが「メッセニアの神託」を演奏するそうですが、同じ頃(?)にロンドンで彼らが行う演奏会と同じキャストだったらいいなあと思っています。レイネさんがお好きな歌手が複数含まれているはずです。Vermeerさんが言及されている「ポッペア」も都合がつけば聴きたいと思っているのですが、秋は休日も仕事があることが多いため、どうなりますことか。
Commented by Vermeer at 2014-01-19 22:21 x
レイネさん御留守の間に失礼。名古屋のおやじ さん、
「メッセニアの神託」⇒アルチーナさんが速報なさってましたネ。
ユリア嬢が来たら何を置いても行かねば。県立音楽堂に感謝。是非Gさんと遠征しましょう!
クサヴィエ・サバタ氏も帯同するのならレイネさんも来たいでしょ?
Commented by レイネ at 2014-01-20 09:16 x
Vermeerさま、すみません、遠征直前で気がせってたので貴殿のコメント読み違えてました。マリナ・デ・リソのことなのね。
イエスティン君のオフォシャルサイトのアーカイブはかなりしっかりした記録が残されていて信頼でき、価値があります。だから、日本でのコンサートの記録は読んだ覚えがなかったから、びっくりしたんです。現在活躍する新世代CTで日本でコンサートしたことがあるのは、PJとチェンチッチくらいじゃないかしら?らぶりーこと鯖田さんの来日が実現したらいいですね。彼はオランダにも近々再登場か、という噂もありますからおっかけて日本まで行く必要はないんです。CTのヨーロッパ内でのおっかけに関しては、かなり意欲的になってます。現在活躍中の若手の最期まで見届ける覚悟です。
Commented by レイネ at 2014-01-20 09:22 x
名古屋のおやじさま、『メッセニア』の噂は、アルチーナさんのところで前に話題になってましたが、先週バービカンの来シーズン演目発表がされて、来日メンバーがますます気になります。ユリアちゃんは、このところ連日大忙しで、水曜日にエッセンでPJと『スタバ』、翌日ドルトムントでキャンセルしたプロハスカちゃんの代りにファジョーリと歌って、今晩は、またコンヘボでPJと『スタバ』なんですよ。そしてCT追っかけファンにはとても忙しい週でした。各地にお馴染みの顔が集結するんですよ。幕間や出待ちも皆でわいわいと楽しかったです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧