ヴルカノ島の海水温泉と泥風呂  チレント海岸とエオリア諸島をセイリング その7

それぞれ個性あるエオリア諸島のうち、5番目に行ったヴルカノ島が一番楽しかった。
この島には温泉が湧いているからだ。

c0188818_328035.jpg

      硫黄で黄色くなってる丘の向こうが海水温泉


非常に庶民的な観光地という感じで、他のエオリア諸島やシチリア島からのフェリーがひっきり
なしに発着している。やはり、イタリア人も温泉が目当てでやってくるのだ。

c0188818_3311592.jpg

                     フェリーで溢れる桟橋

小さなヨット・ハーバーというか、シーズン中だけ営業しているヨットやモーター・ボート用桟橋に
着くと、すでに腐った卵のような硫化水素の匂いが漂う。両側にある火山から煙が上っているし、
山肌は硫黄で黄色くなっている。

c0188818_3353077.jpg

             久しぶりに入り江ではなく、電気と水道設備のある桟橋に舫った。


気温は35度以上で、水温もそのくらいの暑さだが、やはりこの島に来たからには温泉である。
歩いて、海中から湧き出る海水温泉まで出かけた。

c0188818_339196.jpg

                     ガスが出ていて、鼻が曲がるくらい臭い。


目指す温泉は、溶岩が冷え固まってできたような海岸の、海中からブクブクと泡が湧いている
場所である。天然のジャグジーだと思えばよい。浅い海に寝そべって、海底から湧くバブルを
体に感じるのは、なかなかに気分がよい。

c0188818_345010.jpg

             右手岩場の辺りが海水温泉。 赤い船は給水船。
             普通の水が少ないこの島では、桟橋の水道も使える時間は短い。


この島のもう一つの名物は泥風呂である。ここまで来たからには、泥風呂も体験したい。

c0188818_3474560.jpg

             海水温泉のすぐ隣に、柵で囲まれた泥風呂がある。
             入場料2ユーロ、シャワー使用料1ユーロの計3ユーロは安い。

c0188818_349536.jpg

             真ん中に泥の池があり、そこからもブクブクと泡が立っている。
             それが火傷するほど熱い場所もある。池の底の泥を掬っては
             体に塗り付け、乾かすというのが、ここでの作法だ。


面白い経験になったし、心なしか日焼けして傷んだ肌がすべすべになったような気もする。
しかし、とにかく臭い。これだけ匂いが強いということは、有毒ガスの量も相当なものだろう。
あまり長時間、泥風呂に入るのは危険だ。長くても30分くらいにするのがいいと思う。
ともあれ、温泉好きの日本人にとっては、満足度の高い島である。ぜひともお勧めしたい。

c0188818_353986.jpg

            温泉と泥風呂を堪能した後、スーパーで水や食料を買ってヨットに戻る。


ああ、いい湯だった。これに味をしめ、ヨーロッパ各地やイタリアのほかの温泉巡りをしたくなった。
[PR]
by didoregina | 2013-09-08 21:01 | セイリング | Comments(0)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧