ウィーンの赤

何から書き始めたらいいのか迷ってしまう、女三人のウィーン3日間だった。
おかげさまで、晴天に恵まれしかも気温は27~28度という夏のような日々。
旅行記第一弾は赤を基調とした写真でまとめてみよう。

c0188818_16255414.jpg

        ミュージアム・クオーターの中庭は、日光浴にもいい。

出発前、一番心配だったのはルフトハンザのストライキだ。前回のウィーン遠征で利用したエア・
ベルリンの故障・遅延その他に懲りたので、今回はわざわざLHにしたのに。
水曜日にデュッセルドルフから出発の予定だったのだが、月曜日にドイツ全土でストという予告。
前回のストは、労使双方の歩み寄りが見られないまま一日では収まらず一日おきに3回続いたから、
今回はそうならないよう円満解決をひたすら願った。最初の晩がマレーナ様出演のオペラ鑑賞なので
フライト・キャンセルや遅延は困る。
わたしの祈りは天に通じ、火曜日に無事オンライン・チェックインができた。

アン・デア・ウィーン劇場隣の定宿にしているベートーヴェン・ホテルはほとんど満室で、3人だと高く
つく部屋しか残っていなかったので、同じく4つ星で、劇場からあまり遠くないホテル・カイザーホーフ
の三人部屋を予約。サーヴィスも設備も朝食も満足できるもので、非常に快適だった。

c0188818_16321671.jpg

           天蓋つきベッドの左右にシシーとフランツルの肖像画。
           シシー・ファンの義母にはうれしいディテール。

ホテルは、カルルス・プラッツ、ウィーン工科大学、ナッシュ・マルクトに程近く、学生街地域に
位置する。リングの外側だから料金が安めなのだろうか。国立歌劇場、ミュジークフェライン、
アン・デア・ウィーン劇場にも歩いて10分の距離で便利だ。

お昼ごろ空港に到着。予約しておいたキャブはウィーン市内まで片道29ユーロなので、3人だと
非常にお得だ。すいすいと、20分くらいでホテルに到着。12時半くらいなのにチェック・インでき、
荷物もボーイがタクシーから部屋まで運んでくれた。

ナッシュ・マルクトのウマーで魚料理を堪能した後、アン・デア・ウィーンの裏手にあるお気に入り
老舗カフェ・シュペールのテラスでメランジュ。これぞ、ウィーンの味だ。

c0188818_16461186.jpg

          この陽気だから、店内に座っている人はいなくて、
          外のテラス席は一杯。

ウィーンでは、カフェで飲むコーヒーは比較的高めだが、日本の喫茶店のようにコップに入った水が
ついて、何時間でも長居してかまわないから結局お得なのだ。
翌日参加したシェーンブルン宮殿へのツアーのガイドさんによると、ウィーンの水道水の質はとてもいい
そうで、どこでも安心して飲める。町中や公園には、公共の水飲み場がいたるところに設置されている。
かなり新しい設備のように見受けられ、昨年までは見かけなかった(気づかなかった)。

c0188818_16533798.jpg

          ホーフブルクの中庭に出ているカフェでイチゴのトルテ尽くし。

ベートーヴェン・ホテルで出される紅茶は、すぐ近くのナッシュ・マルクトに面した通りにある紅茶屋
Demmerのものだ。お土産はフレーヴァード・グリーン・ティーに決めていた。前回行ったら、8月で
お店は夏休み中だったから、8ヶ月ぶりで溜飲を下げた。

c0188818_17101940.jpg

          Tautropfchen(露の雫)という名前のグリーン・ティー。
          中国産煎茶にヒマワリ、バラ、菜の花の花びら入り。
          この名前はもしかしたら、玉露にかけてるのかも。

ホテルに戻る道を一本間違えた。すると、大きな金色の茶漉しの看板が出ている。Demmerだ。
昔はここに本店もしくはティーハウスがあったのだろうか。今は、宿泊したホテル・カイザーホーフの
裏側でホテルのオフィスになっている。

c0188818_17164836.jpg



ホテルと同じ通りで、作曲家エネスコが住んでいたというプレートも発見。音楽の都ウィーンでは、
結構いたるところにこういうプレートを見かける。アン・デア・ウィーン劇場にはベートーヴェンが住んで
『フィデリオ』初演された、というプレートも付いている。ホテルの近くではドヴォルザークが住んで
いた家というプレートも見つけた。

c0188818_17233395.jpg

            偶然の出会いがうれしいプレート。
[PR]
by didoregina | 2013-05-01 10:23 | 旅行 | Comments(6)
Commented by sarai at 2013-05-03 00:47 x
あはっ、なかなか渋く始まりましたね。赤が基調で美しいです。
カイザーホフは3年前に泊まりましたが、ロケーションが良く、特に暑いときにはロビーのエアコンがよく効き、快適でした。しかし、今や、私にとっては、とてもお高くて、もう泊まれません。そのときは退職直後で姉と姪を伴っていたので、無理して泊まったんです。
ウマーにまた、行かれたんですね。私は今回のテーマ、カフェでランチに合わなかったので、パスしました。6月は『予約』して、是非、行きたいと思っています。時期的に生牡蠣は無理でしょうね。
ナッシュマルクトの紅茶屋さんがDemmerだったんですね。気が付きませんでした。今度、紅茶を買いに行ってみます。
しかし、いつ見てもレイネさんのブログはお洒落なデザイン、洗練された文章で素晴らしいと配偶者と話しています。お世辞ではありませんよ。羨ましい!
Commented by レイネ at 2013-05-03 16:20 x
saraiさま、今回のホテルも朝食がフレッシュで美味しく、スタッフはフレンドリーでサーヴィスも気配りがきいて非常に快適でした。ハネムーン向けの広い部屋にエキストラ・ベッドを入れての三人部屋で割安だったんです。
ウマーは昼食時に行ったら異常に混んでました。それで2時に予約すると丁度いい時間だということでしたが、席が空くまで結構待たされました。早目の夕食として4時ごろだと空いてるかと思います。魚各種のグリル2人用盛り合わせは、凄い量と質で満足できます。手長海老とホタテが特に美味しかったです。

お褒め頂き、ありがとうございます。でも、貴ブログの詳細な内容には舌をまいてしまいます。いよいよオランダ編が始まりますね。楽しみです。
Commented by sarahoctavian at 2013-05-03 17:04 x
赤(と白)はまさにオーストリア・ウィーンのテーマカラーですよね。懐かしいお店の名前が続々と・・・寒い10月に2人で歩いたウィーンの休日に想いを馳せています<3 私も暖かい季節に訪れたいわー。
Commented by レイネ at 2013-05-04 03:21 x
sarahoctavianさま、赤と白がオーストリアの国旗だったこと忘れてました!だから、オーストリア航空は赤が基調なのだわ。それに空港からのタクシーもレッドキャブという名前だし。

>懐かしいお店の名前が続々と
わたしは今回時間がなくて行けなかったけど、義母と義妹には国立歌劇場近くのプラフッタで夕食。
暖かいというより暑いウィーンでしたが、オランダが寒すぎたので夏服を持ってこなかった。。。次にウィーンに行くのはいつかな~。
Commented at 2013-05-12 08:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by didoregina at 2013-05-12 18:11
鍵コメ(Lomonflower)さま、ウィーン遠征は4度目でしたが、ほどよい大きさでくつろげる町で、いやな目に一度もあっていないので楽しい思い出ばかり。過去と現在の文化が調和しつつ進化を止めないので、行く度に新発見があり、まさに私好みなんです。でも、来シーズンはマレーナ様出演オペラがないので、再来年以降にまた訪れるつもりです!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧