富嶽七景

富士はまことに日本一の山である。それは、高さのことだけを言うのではない。
四季や一日の天候や雲のかかり方や日の当たり具合で様々に変化するその姿。
思わず手を合わせてしまうほどの神々しさをたたえ、いくら見ても見飽きることがない。
今回の里帰り中は秋晴れの天候に恵まれて、美しい富士山の姿を目いっぱい愛でることができた。


c0188818_16441246.jpg

        箱根の早雲山から果てしなく続く急峻な上り坂を登りつめると
        峰の分岐点近くで富士山が拝める。疲れが癒される。


早雲山から大涌谷まで、普通なら登りのロープウェーで行くところを、山歩きした。
これが、もう、心臓破りの坂の連続で、傾斜が急なので休む場所もほとんどない。
このコースを選んだのを後悔したが、後戻りもできない。2時間、かなりのハイペースでひたすら
頂上を目指し、歩を進めた。
木が茂っていて、峰に出るまでは視界が利かない。しかし、そこから先に見え隠れする富士山は
絶景だ。


c0188818_16464260.jpg

        秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端と近くなりたるに、、、


c0188818_16493746.jpg

        どんなへなちょこ写真家でもきれいに撮れるフォトジェニックな山。


c0188818_16543017.jpg
 
          大涌谷へと降りる山道の正面に富士山が現れた。


c0188818_16563950.jpg

          色調が、ほとんど東山魁夷の絵の世界。


c0188818_16593845.jpg

        大涌谷からロープウェーで早雲山に下る途中の、ほぼ赤富士。


c0188818_1712346.jpg

            東海道新幹線の車窓から。新富士駅付近。


富士山は、日本人の心の中のカミそのものだ。
[PR]
by didoregina | 2012-10-24 12:24 | 旅行 | Comments(9)
Commented by bonnjour at 2012-10-25 01:49
無事にお帰りで何よりです。オフ会でお会いできて、楽しかったー。短い旅行期間にもかかわらず、ものすごく濃い日本探訪をなさったようで、素晴らしいです。4枚目の富士山の写真、浮世絵風にススキを大胆に前景にもってきてかっこいいです。絵を見て培った構図力って、こういう時に生きますね。

「美しい日本の私」、「富嶽百景」ならぬ「~七景」ときて、次のタイトルは、どの文豪シリーズかしらとワクワクしてます。あ、でも「麻布十番の森」とか「浜名湖畔のカフカ」っていうのはNGってことで(笑)。
Commented by レイネ at 2012-10-25 11:39 x
bonnjourさま、雨天にもかかわらず、盛況のオフ会になりましたね。今まですれ違いばかりだったbonnjourさんと日本でお会いできてうれしかったです。会場選定および予約その他ありがとうございました。お集まりの面々は、CT関連の話題に集中しすぎるとすかさずテノールの方向に舵を振ったりと、皆様ユニークで個性の強力な方ばかりでしたね。

旅はやっぱり1人より連れがいる方が楽しい、としみじみ思いました。わたし1人だったら、ここまで貪欲にはなれなかったわ。

>どの文豪シリーズかしら〔中略)「麻布十番の森」とか「浜名湖畔のカフカ」
えっ、村上氏はいつから文豪の仲間入りしたんですか?(基本的にアンチ村上春樹だけど、「1Q84」はよかった)
Commented by bonnjour at 2012-10-25 17:23
ふふふ、もちろん。ハルキは流行作家であって文豪ではないから、シリーズには入れないの。(翻訳小説をパロってるような、あの文体が、どうにも気味悪くて私はダメです)。

ディスカバー日本の旅の道連れには、あらゆるものを新鮮な目で見ることができる日本訪問が初めての人がいいですね。
Commented by レイネ at 2012-10-25 18:55 x
bonnjourさま、毎年ノーベル文学賞の有力候補と言われるけど、ありえるんでしょうか、村上氏の受賞?
わたしも、あの文体が生理的に苦手。ダニエルちゃんの歌声と同じような反応を起こすんだけど、若い人にはあれがマジにかっこよく映るのかしら。

次回は、成人した子供達といっしょに、大人のトーキョーやミホ・ミュージアム、MOA美術館など行きたいわ。
Commented by 名古屋のおやじ at 2012-10-26 20:52 x
村上氏、ごく初期の彼の小説に出てくる「そんなもんさ」(だったかな)を目にして、ヴォネガットじゃね~の、と思い、そこで読書体験が終了。そのヴォネガットであますが、彼の代表作であるドレスデンを舞台にした『スローター・ハウス5』の映画版ではグレン・グールドの音源がBGMとして使用されているのであります。まあ周知のことかもしんないな・・・
Commented by かんとく at 2012-10-27 17:54 x
綺麗ですね。富士山の素晴らしさ、全く同感です。
Commented by かんとく at 2012-10-27 17:54 x
綺麗ですね。富士山の素晴らしさ、全く同感です。
Commented by レイネ at 2012-10-28 16:33 x
名古屋のおやじさま、わたしも村上春樹の熱心な読者では全くありません。短編小説集などいただいたりすると感想言わなきゃいけないので、読み始めてもすぐに嫌気がさしてきて最後まで続きません。全編通して読んだのは外国旅行記と、『ノルウェイの森』『1Q84』だけ。
ヴォネガットも、全編読んだことないわ、そういえば。映画化された作品のこと、覚えておきますね。ご教示ありがとうございます。
Commented by レイネ at 2012-10-28 16:35 x
かんとくさま、富士山を反対側からご覧になりながらのマラソンは、空気も澄んで、さぞや気持ちのよかったことでしょう。なんとも贅沢な体験!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧