2012年のMusica Sacraオープニング

毎年9月中旬の週末にマーストリヒトで開催されるMusica Sacraは、今年で30年目であるが
単に音楽祭という枠組みに収まらないプログラミングが素晴らしい。
残念なことに、里帰りだとか何か別の用事がいつも重なり、行きたいコンサートが目白押し
なのに逃がしてしまうことが多い。
今年も、週末はゼーランドでセイリングという予定とバッティングしてしまったが、オープ
ニング・コンサートだけなんとか駆けつけることができた。

「聖なる音楽」を名乗るフェスティヴァルだが、大小の教会が主な会場になっていることを
除けば、宗教音楽という狭義には当てはまらない。今年のテーマはRites & Ritualsで、日本の
真言宗僧侶たちによる声明コンサート(?)などもあった。

木曜日に、リュミエールで『今の修験道』というドキュメンタリー映画を観た。早い者勝ちで
あるが無料である。リュミエールはこのフェスティヴァルに参加しているので、The Dybbuk
(1937年のポーランド映画)、『ニーチェの馬』『切腹』『おくりびと』『聖杯伝説』と
ベルイマンの『魔笛』が週末には上映された。

そして、金曜日4時にフレイトホフ劇場で、オープニング・コンサートとして4台のピアノに
よるストラヴィンスキーの『春の祭典』演奏を聴いた。
オランダ人のマールテン・ボンが1981年に編曲したもので、↓の動画と同じメンバーによる
演奏だ。





Festival Opening@ Theater aan het Vrijthof 2012年 9月7日

Le Sacre du Printemps (Igor Stravinsky) arranged for 4 pianos by Maarten Bon

Amsterdam Piano Quartet (Sepp Grotenhuis, Ellen Corver, Gerard Bouwhuis,
Marja Bon)

今回使用されたファツィオリのコンサート・ピアノは、上の動画のよりもずっと大きい特大
コンサート・グランドだった。それが4台乗っかったフレイトホフ劇場は、文字通り舞台狭し
という印象で、まず、その視覚的重量感に圧倒された。
後ろに座っていた音大学生と思しき人の感嘆が聞こえてきた。
「舞台上のピアノ全部で400,000ユーロ以上になるわ。コーフンしてしまう」

ファツィオリの特大コンサート・グランドは、奥行きがが3メートル8センチもあるから、
その分、低音弦が長くなり、低音の迫力では他のピアノと一線を画す。『春の祭典』には、
ピッタリの選択と言えよう。
しかし、意外にも、4人のピアニスト達はパワーで押しまくるような荒業には走らず、
叙情的かつ瞑想的な音を作り出すのだった。
それで、わたしは、なんと、ついうとうとしてしまったほどである。

なるほど、4人でオーケストラ・ヴァージョンに近い音世界を作り上げるわけだから、各パー
トの音のバランスに気を配りつつ、お互いの複雑なリズムの交差にも注意を払いつつ演奏しな
いといけないので、いきおい理知的なアプローチが不可欠となろう。
情念が先走ったり感覚的な演奏では、4台がばらばらになり収集が付かなくなってしまうのだ。
だから、一糸乱れぬようにまとめるため機械的できっちりとした印象の演奏になった。

4台のピアノによる演奏は、それ自体がアクロバティックで見ものというか、ライブで聴く
機会はめったにないから貴重な体験ではあったが、ストラヴィンスキーらしさという点では、
作曲家自身が書いた一台もしくは二台のピアノ・ヴァージョンの方が、メロディアスであり
ながらスリリングな爽快感があり、優れているのではないかと思えた。


↓は、バーンシュタインとティルソン=トマスによる4手一台のピアノ・ヴァージョン


[PR]
by didoregina | 2012-09-11 17:44 | コンサート | Comments(2)
Commented by M. F. at 2014-08-25 22:09 x
別の調べものをしていて偶々今年のプログラムに行き当たりました.ノモス四重奏団のヴェーベルン6つのバガテル+大フーガ+クセナキス:テトラスなんて王道プログラムは大変魅力的ですし、近現代音楽ファンとしてはマイケル・フィニシーの新作も気になるところ.マルティン・シュレプファーとライン劇場バレエ団のDeep Fieldは、デュッセで初演した時にはアドリアナ・ヘルツキーの大規模な新作楽曲付(特殊編成オケ+客席側の合唱団+大量のスピーカーで再生されるテープ)でなかなかでした.しかし、今度は多分生演奏ではないのでしょうね.
Commented by レイネ at 2014-08-26 19:57 x
M.F.さま、今年のプログラムは第一次世界大戦絡みのせいか現代音楽オタク度が高くて、古楽系が少ないのがちょっと異色と思ってました。
M.F.さまとはまったく目の付け所が違うため、Deep Fieldはノーチェックでしたので、ご教示いただきありがとうございます。なかなか面白そうですね。行ってみようかしら。10台の音楽照明装置+10基のハッブル宇宙望遠鏡が設置されるそうです。

レ・ムフェッティによるテレマンとヘンデル、ラ・カペレッタによる12世紀ノートルダム派の女声アンサンブル、カット・サークルによるブリュメル、デュファイ、デ・プレのコンサートに行こうかなと思ってます。(ノモスよりも、こっちのほうが王道ではないかと。。。)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧