草上の音楽と映画

夏の間に一度は体験したいのが、野外での音楽会や映画上映だ。
これがないと夏が終わった気がしない。

アムステルダムのプリンセン運河コンサートとか、ロッテルダムのフェアハーフェン港湾
コンサートとか、その他各地でもいろいろと無料のコンサートが開催されて、新シーズン
開始前の予告編の様相を呈するので、出演するアーティスト達も一流ぞろいだ。

ロッテルダム・フィル(ネゼ=セガン指揮)とアナ・カテリーナ・アントナッチの港湾コンサートへ
は、直前に行くのを止めてしまった。大雨・雷雨の予想だったからだ。ヨット用の防水ジャケット
を着たのに、どうも玄関で気が萎えてしまって。。。

野外での映画上演で、今年リュミエールが主催したのは『少年と自転車』だったが、既に観て
いるので、これもパス。
昨年は、『神々と男たち』『マムート』『エデン』をそれぞれ異なるロケーションで観たのだが、
開放感も雰囲気も抜群だった。

土曜日夜に出かけたのは、マーストリヒト市内、マルクト広場から程遠からぬ立地のスフィンクス
陶器工場の跡地で行われた野外映画およびコンサートだった。

c0188818_017241.jpg

         映画上映の前にバロック・コンサート

このロケーションが、また信じられないほど自然が残って、町中のアルカディアの趣だ。
高いレンガ塀に囲まれた工場跡地には、窓ガラスの割れた工場やオフィス・ビルが残ったままだが、
世界的不況による建設業界の停滞を反映して、その中に抱かれるように6ヘクタールの空き地が
手付かずになっていつの間にか自然に帰っているのだ。
実際、何も手を加えないでおくと、自然はびっくりするほどの繁殖力を町の中心であろうとも見せる
ものである。

c0188818_0242248.jpg

     倒木や草の上に座っている会衆は、高校生、赤ちゃん連れの若い夫婦や
     退職後の熟年など、様々。犬もいる。

この秘密の場所を見つけた人は、犬の散歩で迷い込んだ都心のアルカディアに感嘆し、早速、市に
当面2年間の占拠を掛け合った。経済的に開発の見込みが立たない現在の状況下、その申し出は
許可された。そして、スフィンクス・パークとしてカルチャー発信の場になっているのだ。
空き家のスクウォッティングも、自治体から合法的に認められている場合がしばしばある。それは、
犯罪防止や家屋の荒廃・スラム化を防ぐ意味で、誰かに住んでもらうほうがいいからだ。

c0188818_0335233.jpg

               隣はワンちゃん連れの人


21時からの映画上映の前に、ポーランドとイタリアのバロック・アンサンブルIl Giardino d'Amore
によるヴィヴァルディ、コレッリ、スカルラッティの器楽曲およびマドリガーレの演奏があった。

Il Giardino d'Amore
Stefan Plewniak(viool), Marzena Matyaszek (viool), Katarzyna Kalinowska (viool), Monika Boroni (viool), Magdalena Chmielowiec (altviool), Wojciech Witek (altviool), Marta Semkiw (cello), Katarzyna Cichon (cello) en Maria Guzowska (luit)
Natalia Kawalek (sopraan) en Dawid Biwo (bas-bariton)

c0188818_111288.jpg


水上の音楽ならぬ、草上で聴くバロック音楽もなかなかよろしい。
野外だから、各楽器の前にはマイクが立ち、歌手もマイクを持ってスピーカーで増幅した音響で
あるのはいたしかたない。それでも、ロケーションのアルカディア的雰囲気と素朴で明るいマドリ
ガーレが絶妙にマッチして効果抜群。

ソプラノ歌手は、名前から判断すると、先月、インスブルックの古楽音楽祭でのコンクールで3位に
なった人のようだ。このアンサンブルを率いてヴァイオリン・ソロも弾く人が旦那さんのようである。
PAで増幅されていたが、鄙びてはいるが生き生きした演奏の弦楽器の音と、アンサンブルの名前
(愛の庭)そのものの、生の愉悦を表現するような曲選定で、楽しめた。
古楽のソプラノにしてはちょっと変わった深みがあるというか、ドスの効いた声で歌われるマドリガーレ
は、野趣満点。

同じ歌手による、インスブルックの古楽コンクールの動画を下に貼っておく。



    勢い余ってちょっと音程がヘンだったり、荒削りではあるが、不思議な個性のある歌声だ。


音楽のあとは、昆虫の世界を描いた自然映画Microcosmos。マクロで映し出された昆虫の生態は
コミカルで笑いを誘う。しかし、ちょっと長くて、オチとかはどうするんだろう、と思わせ、途中で
ちょっと飽きてきた。
たぶん、ロケーションを基準に選んだ映画であった。
[PR]
by didoregina | 2012-09-03 18:07 | コンサート | Comments(4)
Commented by アルチーナ at 2012-09-04 15:47 x
ありがとうございます♪
このインスブルック古楽音楽祭のyoutubeサイト・・
どういう基準で動画をアップしているのでしょうね・・??
うーーん・・確かにちょっと荒削りですね・・でも生で聴いたら印象的な何かがあるのでしょうね・・

マイク使用にはなりますけれど、こういう環境でのコンサートもいいですよね。以前インヴェルニッツィのコンサートに行った時には爽やかな歌声で、緑の中で聴いたら気持ち良いだろうな~・・と思いました。

そういえば、クロアチアでも古楽祭があるようですね?(若しかしたら今年から始まったのかもしれませんが・・)クロアチアも行ってみたいです!!
Commented by レイネ at 2012-09-04 16:07 x
アルチーナさま、本当に、一位と二位の動画がないってのは、どういうことなのかしら。しかし、この動画での歌唱は、かなりヘタに聴こえるんですが。。。

バロック・コンサートは、教会が会場になることが多いのですが、やはり音響面でいろいろ問題ありなので、いっそのことPA付きで開放的な野外でやった方が楽しめるのではとも思います。夏限定というのと、天候に左右されるので実現は難しいですが。

クロアチアのコルチュラでなかなかよさげな古楽祭がありますね。じっくりポスター見ちゃいました。コルチュラ島はお勧めよ!まだまだ写真が沢山あるので、旅行編としてアップします。
Commented by Mev at 2012-09-07 20:28 x
素敵なところですね!野外コンサートってほんと欧州の夏ではぜひ味わいたいものですものね!
でも歌手の人は外で歌うのは結構たいへんでしょうね、、、。

私はユトレヒトの古楽祭に再び趣き、家族といっしょに聞こうと思いましたが、彼らはやっぱりダメっぽかったのであきらめました。ちょっと大聖堂の中庭でやっていたリコーダーアンサンブルを聞いただけです。
今年の屋外はパルジファル第一幕のみでした。来年はもっとでかけたいと思います。家族は置いて、、、。
Commented by レイネ at 2012-09-08 04:40 x
Mevさま、スフィンクス・パークは、町中の秘密の空き地でした。こういう野外イヴェントが、もっともっとあるといいのに!

ユトレヒトの古楽祭、今年は出遅れて全然行けませんでした。誰かと一緒に行こうとすると色々と調整が大変で、相手がやっぱり止めようと言うと、1人で行くのも躊躇われて。。。1人の方が絶対に楽だわ。それか本当に同好の士とならね。だから、また、コンヘボのマチネ・コンサート、ご一緒してね!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧