フライト・トラブルにはどう対処する?

ウィーンへの一泊遠征から無事戻りました。
往きの飛行機がトラブり、ひやひやさせられましたが、ネバーギブアップ、前進あるのみ!の
不屈の精神でなんとか乗り切りました。
しかし、乗客の運・不運は紙一重に近かったのです。今後の皆様のご参考になればと思い、
一部始終顛末を書いてみます。

まず、日曜朝9時40分デュッセルドルフ発のエア・ベルリン便(ウィーン着11時20分)が
機体のテクニカル・プロブレムのため遅延、修理にどれだけ時間がかかるかわからないため、
出発時間無期延期というアナウンスが9時20分ごろありました。搭乗間際のアナウンスです。
その飛行機自体、ウィーンからの折り返し便だったのですが、デュッセルドルフ到着は15分ほど
遅れていました。
乗客はドイツ人がほとんどのようで、皆、落ち着いたものでした。

出発時間無期延期というからにはかなりのダメージのようだし、嫌な予感がしました。
しかし、まだ朝だし時間には余裕があります。動向をひとまず見極めようと思いました。
新たな情報は30分後にということでしたが、その30分は出発予定掲示板を見るたびに毎回
更新されていき、詳しい情報はまるで入ってきません。11時になると、暫定出発予定時間は
13時という表示に変わりました。一応、出発の見通しが立ったらしい、というわけです。

丁度そのアナウンスのあった瞬間に、最悪の場合に備えてウィーンに行く別便を探すため、
トランスファーおよびチケット・サービス・カウンターに行ったのですが、一応出発のめどが立った
ようなのでカウンターの人も冷静だったし、フライト変更の必要性はさほど感じませんでした。

6時半にヨーグルトとミューズリの朝ごはんを食べただけなので、ちょっと早めのお昼ご飯を
11時半にレストランでとり終わったら「エア・ベルリンのAB8240便乗客は皆様搭乗口
カウンターに来てください」というアナウンスです。何だろう、と思って行ってみると、ミネラル・
ウォーターとスナック菓子入りの紙袋が配られています。

c0188818_15512369.jpg

         格安フライト会社にしてはまあまあよく出来たサーヴィス

デュッセルドルフ空港は、ケルン・ボン空港に比べると格段に大きな空港です。先月も、ここから
ウィーン経由でクロアチアのスプリットに飛んだばかりです。その際は、オーストリア航空を利用
しました。今までのウィーン遠征にもオーストリア航空を使っていたのですが、今回はもう少し
安いエア・ベルリンにしてみました。だって、往復88ユーロなんですもの。昨年、やはりエア・
ベルリンでサルディーニャまで飛びましたが、アルコール飲料以外の飲み物はタダだし、サンド
イッチも出たしサーヴィスは悪くなかったからです。ウィーンまでは1時間30分のフライトですし。

さて、乗り換えの心配のない乗客がほとんどなのと沈静なドイツ人が大部分なので、待たされても
文句は出ないし、テクニカル・トラブルでは仕方ない、と諦めてるようでした。
アナウンスのたびに、皆息を詰めて聴こうという態度になり空気が張り詰めるのが感じられます。
しかし、だんだんとアナウンスはドイツ語のみになっていきます。それで、オランダ人の老年女性
二人組はアナウンスを聴き損ない、紙袋が配られているのを知らなかったりしていたので、
搭乗口カウンターでもらえることを教えてあげました。
この二人のおかげで、こういう場合の情報確保の重要性をわたしは逆に教わったのです。

c0188818_174555.jpg

           ウィーン空港の新ターミナルビルが6月に完成。
           黒と白が基調で擦りガラスが多用された素敵なデザイン。
           壁の表示は、ソル・ルヴィットの壁アート風の意匠!


12時15分頃には客室乗務員たちが乗り込んで行ったので、これで一安心と思ったのも束の間。
13時に果てしなく近くなっても、搭乗案内アナウンスはありません。皆じりじりと待っているのに。
そして、13時になると一旦乗り込んだ客室乗務員達が戻ってくるではありませんか。
結局、13時10分ごろに、その便の欠航がアナウンスされました。そして、別便に乗るために、
チケット・サービスおよびトランスファー・カウンターに行くようにとのこと。しかし、それら全てはなぜか
ドイツ語のみのアナウンスなのです。
聴き終わるや否や、わたしはサービス・カウンターに向かいました。誰よりも早く行って並ぶのが大切
だと本能的に悟ったからです。

サービス・カウンターにはまだ詳しい連絡が入っていないようで少し混乱していましたが、10数人
集まったところで聞かされたのは、上階の搭乗口に行って別のウィーン行きに乗るようにとのこと。
やはり、ドイツ語のみの説明なので、隣に立っていた人に英語で確認しました。
そして、例のオランダ人おばあちゃん2人組が来たので、急いで上階に行くように誘いました。

上階の搭乗カウンターでの説明は、荷物は元々の飛行機に積まれたままなので、ウィーンに
着いたら遺失物カウンターでウィーンの住所またはホテル所在地を指定し運んでもらうようにとのこと。
それはそうですが、飛行機まるまる一便の欠航なので、遺失物カウンターも長蛇の列になるでしょう。
それより、今ここでもしくは飛行機の中で書類に記入した方がスムーズにいくのに、と思っていると、
小さなお子さん連れの方から優先的に今出る別便に乗るようにとの指示です。
別のオランダ人カップルは、「子供の次はメンバーシップ・カード所有者が優先だろうな」と言いつつ
カードを出したりしています。
わたしはとにかく列の前の方に進み、「あと4人!どうぞ」という係員の声に、ドイツ人3人組に
仲間入りさせてもらい、出発直前の飛行機に向かいました。
「空いてる席に座ってください」とのことなので、最前列通路側に。するとドアが閉められました。
結局、その便に乗れたのは20人弱だったと思います。一瞬の判断で勝負が決まりました。
少しでも躊躇したり仲間と相談したりしていたら間に合わなかったはずです。メンバーシップ所有者の
オランダ人カップルも老年女性二人組も、搭乗口ではわたしのすぐ近くにいたのに結局乗れなかった
のです。
振り替え便として目を付けていた12時40分発のウィーン行きに幸運にも乗れ、安堵しました。
その便の出発も1時間遅れたことになり、ウィーン到着は15時15分頃でした。

c0188818_1781372.jpg

             後光が射すゼセッションは、幸運の象徴

ウィーンの空港に着いたら、とにかく一番乗りで遺失物カウンターに向かうのが肝心です。
幸運にも最前列通路側の席だったので、誰よりも早くバッゲージ・クレームに着きました。
カウンターで、荷物が積み残されたので別便で着くはずだからホテルに届けて欲しいと説明しましたが、
案の定、欠航で荷物積み残しという連絡はウィーンに入っていないので、「到着の飛行機から荷物は
まだ積み出されていないのでそちらでお待ちください」と言われて埒が明きません。
そうこうするうちに、20人ほど同類の仲間が集まりました。その中のおじさんがドイツ語でカウンター
嬢に噛んで含めるように説明するとようやく判ってくれました。しかし、20人は一挙に対処し切れ
ません。だから、一番乗りするのが重要だったのです。

c0188818_17112071.jpg

             ウィーンでの定宿ベートーヴェン・ホテル(右)は
             アン・デア・ウィーン劇場の楽屋(正面)の筋向い。

なんだかんだで、ウィーンのホテルに着いたのは、午後5時でした。
ホテルのカウンターでは、「お客様だけではありませんよ。荷物が出てこなかったのは。多分、夜
10時頃には届けられるでしょう」と言われました。結局、荷物が届いたのは午前3時でした。
荷物がないと部屋に行っても何もすることがありません。着替えも出来ません。
そして、せっかく準備した着物も着るチャンスを失ってしまいました。

しかし、残りの乗客は当日夜までにウィーンに着くことが出来たのでしょうか。翌日になってしまったの
ではないかと案じています。
状況判断が上手くいき、一人だったおかげで小回りが利いたのが勝因でした。
着たきりすずめですが、19時30分のオペラ開演には間に合いました。
それどころか、別の僥倖にもめぐり合うことができたのです!
その件に関しては、別の記事にしたいと思います。
[PR]
by didoregina | 2012-08-14 10:23 | 旅行 | Comments(12)
Commented by straycat at 2012-08-14 20:46 x
オペラに間に合ってよかったですね。しかしオランダ語、ドイツ語、英語をあやつるレイネさん、スゴい。先を見越した行動も迅速で、そんな人でないとヨーロッパ一人旅は無理なんでしょうね。しかし積み残した荷物が真夜中とはいえ、無事ホテルに届いてよかったですね。へたをすれば紛失なんて事にもなりかねないな、なんて勘ぐってしまうのは心配性すぎるでしょうか。
Commented by Umelon20 at 2012-08-14 21:05
さすがの判断力で、無事に開演に間に合って良かったですね。
エア・ベルリンはLCCなので、こういう時に弱いのですね。私はワン・ワールドユーザーなので、使ってみようかなとも思ったのですが、無理しない方がよさそうですね。
この後の続きを楽しみにしております。
Commented by レイネ at 2012-08-14 23:04 x
straycatさま、飛行機や鉄道利用の旅にはトラブルは付きものですが、今回は、1人だったのと常に皆よりも先回りした行動を取ったのが勝因でした。

>へたをすれば紛失なんて事にもなりかねないな、
ウィーンに着いてからの心配はそれでした。着物一式が入ってますから無くなったら悲しい。一泊しかしないから、ホテルを出てしまってから届いても困るな、とも。積み残しで荷物が遅れたことは2回経験してますが、いずれも帰途だったのでさほど不便はなかったのですが、旅行先だと着替えも化粧もできなくて往生しました。
Commented by レイネ at 2012-08-14 23:11 x
メロンクリームソーダさま、開演にはなんとか間に合いましたが、半日無駄にしたのが残念。
LCCでトラぶるともう二度と利用したくない!と思ってしまいますが、どの航空会社でも起こりうることなので。LCCだから色々な面で弱いというより、ヨーロッパの地方空港からだと振り替えようにも便数自体が少ないというデメリットですね。移動日当日のオペラ鑑賞にはどうしてもリスクが伴うということを認識しました。
Commented by 守屋 at 2012-08-16 05:50 x
こんばんわ。特に飛行機がかわるトラブルに遭遇したときは、一人で動いている方が迅速に決断できるという点は、大いに同意です。今年の春に一時帰国したとき、那覇に行く前日から天気が大荒れでした。搭乗予定のフライトは午後だったのですが、念のため朝早く起きてニュースを確認したら、既に午後の便が欠航決定。でも午前便については予定通りとのことだったので、ジブリ美術館のチケットは諦めて羽田にダッシュ。午前9時ちょっと前にカウンターに駆けつけて、9時15分のフライトに乗れました。そのあとの飛行機はすべて欠航だったそうです。二人以上だったら、こんな迅速な決断はできなかったと思います。
Commented by レイネ at 2012-08-16 06:39 x
守屋さま、まあ、同じような体験されてるんですね。一人旅だと決断も行動も素早くできるのが利点ですよね。
先月クロアチアに行ったとき、それを痛感したんです。ウィーンで乗り換えのオーストリア航空便がオーヴァーブッキングで、1時間後の次の便(クロアチア航空)に振り替えてもいいというヴォランティアを募ってたんです。代償として125ユーロ出します、ということで。主人はトイレに行っていてそのドイツ語のアナウンスを聞き逃し、数分後に英語でアナウンスがあったので家族で相談。翌日のフライトではなく一時間後なら文句ないし、ヴォランティアになろうと意見がまとまってカウンターに行ったのですが、もう既に他の人に決まっていました。待ってたり相談してる間に棚ボタの500ユーロを逃がしてしまったのが悔しくって。。。
Commented by alice at 2012-08-16 14:52 x
レイネさんの的確な判断で被害を最小限に止められたのは、幸運と言ってよいですね~。私も何度か飛行機のトラブルに遭遇していますが、やはり一人ですと迅速に動けるのが良かったというケースが多いです。
機体の故障、悪天候、システムトラブル、空港職員のスト、フライトのキャンセルや時間変更など・・・。一番悔しかったのはブリュッセルからトリノの便に乗れなくて、フローレスのネモリーノを聴けなかったこと(ぶつぶつ)
Commented by 守屋 at 2012-08-16 15:03 x
おはようございます。その経験もしました。那覇に一泊で、翌日の午後7時の便で東京に戻ることになっていました。空港に到着すると、前日の混乱がまだあり、欠航になったフライトで戻る予定だった人のブッキングが混乱していたようでした。
 搭乗まで30分くらいになって日航から「xx便に搭乗予定のお客様で、30分遅い便に振り替えてくださる方には、1万円をお支払いします」という案内に、即座に駆けつけ1番でした。
 これで那覇東京のチケット、結果として半額になると思ったのですが、結局日航がなんとか手配したみたいでこの申し出はチャラ。でも、席はアップグレイドされました。
 偉そうに響いたら済みません。なかったことはなかったこととすぐに消し去った方が良いのではないかと思います。でも、500ユーロは魅力ですね。
Commented by レイネ at 2012-08-16 16:13 x
aliceさま、一人旅のエキスパートでいらっしゃるから、トラブル遭遇の回数も半端ではないことでしょう。時間的に余裕があったら、移動日には公演の予定を入れないで現地入りというのが理想的でしょうね。トリノではフローレス様聴き逃しですか。。。
ドイツでは、電車のトラブル(キャンセル、遅延、テロで足止め、VIPのための厳重警戒態勢など)に何度か遭っているので、DBと組み合わせてのフライトは避けてるんですが。
Commented by レイネ at 2012-08-16 16:23 x
守屋さま、おお、またもや同様のご経験がおありなのね。
棚ボタですから、もらえなくてもさほど悔しくは感じませんでしたが、迅速な判断と行動が必要という教訓を得たのが幸いでした。それを今回生かすことが出来たので。

学生時代、香港経由でイギリスに行った帰途、香港での乗り継ぎ待ち時間が6時間以上あったので町まで遊びに行きました。一旦外に出るとのんびり遊びすぎてチェックインがかなり遅くなり、エコノミーはもう満席。すると、なぜかファーストクラスにアップアップグレードされました!これが最初で最後かもしれません、ファーストクラスに乗れたのは。
Commented by hbrmrs at 2012-08-20 20:51 x
 こんにちは。いやー、人ごととは思えないハプニング。まるで我が事のようにドキドキしながら読ませていただきました。
上手く切り抜けられたのは、やはりレイネさんの動物的な勘と、知らず知らずに体得している旅行術の賜物かと存じます。(せっかくのお着物を着られなかったのは残念でしたが、ちゃんと届いてよかったですね。)

我々は目的を持って旅行するので、こういうトラブルが発生すると、その目的に直に影響するからイヤですよね。

Commented by レイネ at 2012-08-20 21:34 x
hbrmrsさま、ツワモノ旅カラスの貴兄なら、この程度のトラブルにはしょっちゅう遭遇されてることでしょう。
動物的な勘と経験による学習が決めてですね、上手く切り抜けるには。
そうそう、ほとんどの乗客があわてず騒がずだったのは、別に大した目的もない、時間的余裕のある観光客だからでしょうね。1人、預けた荷物に薬を入れてしまって、「届くのを待ってたら命に関わる!どうしてくれる」と騒いでる人がいましたが、そういう大事な薬は肌身離さず持つべきでしょう。。。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧