クロアチアでは何を食べる? ヨットでスプリットからドゥブロブニクまで その2 

クロアチア南部は細長い海岸部と細長い島々からなる。

c0188818_17205045.jpg

      トロギールとスプリットの中間にあるマリーナから出発して
      ドゥブロブニクまで往復した今回のセイリングの2週間のルート。


イタリアに近いイストリア半島やオーストリアに近い北部内陸部では、ヴェネツィアやハプスブルク
によって統治されていた影響が建物にも食べ物にも顕著に残っていて、イタリア、ドイツ、オース
トリアからの観光客が多いのでイタリア語やドイツ語がよく通じる。
しかし、南に下ってくると、建築にヴェネツィアの影響は見られるものの、北欧やアメリカ、イギリス
からの観光客がやたらと多くて、スプリットからドゥブロブニクまでの地域では英語が台頭。クロアチア
人の英語がかなり上手いのに驚いた。
自然風景は、松の緑が島を覆い、ギリシャ西部のイオニア海地域に似ている。もう少し南下して
モンテネグロの短い海岸線とアルバニアを過ぎるとその先はギリシャである。


c0188818_174357.jpg

       手長海老のブザラ(トマトとハーブの蒸し煮)
       小さな入り江の夏のみ営業のレストランが2,3軒しかない集落では
       レストランの桟橋やムーリングに係留させてもらう。食事もそこで
       取るのが条件。


ヨットでのセイリングでは、出来る限り自炊が基本だ。島ではどこも輸送費がかかるし過当競争が
ないため物価が比較的高いので、どうしても外食は高くつくし、どこで食べても内容的に単純で
あまり変化がなくて飽きてくる。新鮮な素材やハーブを使って自分で作るほうがずっと美味しい。

c0188818_17124664.jpg

       日本からローマ経由でやってきたHとMのお土産はイタリア食材。
       ハーブやスパイス、パスタ、オリーブ・オイルやバルサミコなどを使って、
       クロアチアのソーセージとチーズと組み合わせた料理。


キッチンには2口のガスコンロとオーブンしかないから、パスタとサラダ、肉のローストなどが
定番になる。だから、レストランでの外食では、なかなか手に入りにくい食材(魚や海老など)
や、6人分作るのは結構大変なリゾットなどを頼む。

c0188818_1729317.jpg

      一日のセイリングを終え、係留が無事済んだら、ビールで乾杯!

c0188818_1729554.jpg

         毎日のサラダで、ヴィタミン補給は欠かさない。
         パグ島の山羊のチーズは有名。

c0188818_17315570.jpg

         ローマ土産のレモン風味のパスタにドライ・トマトと地元の
         ダルマチア・ハムを合体させたイタロ・クロエーシャン。


c0188818_17353811.jpg

         デザートも、ローマ土産のアマレーナ・ソースをクロアチアの
         カテージ・チーズ風シルに掛けたもの。甘みと酸味と塩味が
         微妙に合体。ソースはアイスクリームとの相性がよろしい。

c0188818_17372663.jpg

         コルチュラ島でみかけたアマレーナの木。

c0188818_17382846.jpg

         コルチュラの眺め抜群の坂道に落ちて踏まれたアマレーナの実。
[PR]
by didoregina | 2012-08-05 10:42 | セイリング | Comments(6)
Commented by Miklos at 2012-08-06 09:08 x
こんにちは。私は船酔いするたちなのでヨットは無理ですが、昔スプリットからドブロヴニクまで海岸沿いの国道(高速道路ではない)を延々とのんびりドライブしたことがあります。食事は、ありきたりですがシーフードレストランばかり行ってました(当時住んでたブダペストから最も近い海がクロアチアのアドリア海なので、目的はほとんど新鮮なシーフードだったわけです)。ドブロヴニクは言うに及ばず、スプリットでも日本人団体観光客に遭遇し、日本人は本当に世界中に出没する旅好き民族なんだなあと実感しました。
Commented by レイネ at 2012-08-06 14:46 x
Miklosさま、日本から参加した二名も船酔いが心配だったのですが、食事時間を決めてしっかり食べる、一日中水分補給を怠らない、船内になるべく入らないの三点を守ったら、嫌なうねりの波が高い日でも大丈夫でした。酔ってからでも飲めてフルーツ味という日本製の乗り物酔い止め薬は優れもの。

そういえば、北部海岸では、ハンガリー・ナンバーの車をよく見かけました。今までの海域では魚料理をよく食べたんですが、今回は4回のみ。島のレストランでは魚も時価で結構高く、魚屋というものが見当たらなかったので。
最後にスプリットのアパートメントに一泊したんですが、家主お勧めレストランに行ったら、隣の席に日本人2組が来ました。日本のガイドブックにも載ってるそうで。そこは、魚料理がめちゃ安で、1人分で鯛が3匹とかミックスだと4匹という別天地でした。
Commented by Miklos at 2012-08-07 07:53 x
うーん、「嫌なうねりの波」とかの字面を見るだけでもう酔っちゃうので、私は多分ダメですね(笑)。

クロアチアの海岸沿いはハンガリー人、およびハンガリー駐在の日本人にも人気のリゾートでした。そういえば、イストラ半島方面(ポレチ、ロヴィニ)に行ったときにも、さすがに他の日本人には遭遇しませんでしたが(ホテルの支配人に「あなた方は当ホテル始まって以来二組目の日本人です」と言われました)、土産物屋の兄ちゃんは日本人と見るやすかさず「コンニチワ」と声をかけてきたので、あーこんな辺境にも日本人は来るんだなあと、感慨深いものを感じました。
Commented by レイネ at 2012-08-07 15:22 x
Miklosさま、後ろと横から来る大きな波が続くと、上下左右に不安定に揺れてお腹によくないですね。すみません、また気分悪くさせて。

ポレチやロヴィニ、懐かしいです。8年前に初めてヨットで地中海セイリングしたのが、あの辺りでした。スロヴェニアのポルトローズからクロアチアのプーマまでの往復で、ヴェネツィアの植民地で美しいイタリア風の町々のマリーナに係留しました。クロアチア南部に比べると、日本からの旅行者は非常に少ない地域でしょうね。ヨーロッパ在住だったら、アルプスの北からも簡単に車やイタリアから船で来る方も多いのでしょう。アドリア海のクロアチア側は、イタリア側と比べると風光明媚で海の美しさは比較になりませんから。
Commented by Miklos at 2012-08-09 08:48 x
そうですね。アドリア海のイタリア側ではリミニに行ったことがありますが、クロアチア側と比べると砂浜があるので海水浴には適していましたが(クロアチアは岩場ばかり)、海岸沿いの風景としてはクロアチアの圧勝でした。リミニもとっても良い場所でしたので、リゾート地としての甲乙はつけられませんけれど。
Commented by レイネ at 2012-08-09 14:44 x
Miklosさま、リミニも超懐かしいです!学生時代、イギリスからの団体旅行のチャーター便で着いたのがリミニでした。初めての地中海と広い砂浜に感動。ブライトンに比べてず~っと夜まで賑わう町にも、リゾート気分を感じ、舞い上がったものです。

>クロアチアは岩場ばかり
あの白くて尖った岩ばかりの海岸がクロアチアの特徴ですね。砂浜は、長い海岸線と島々の中でも指折り数えられるほど少ないです。

リミニはかなり庶民的リゾートのビーチで、若者と小さな子供のいる家族向きのイメージ。クロアチアも高級イメージはないけど。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧