チェルニャコフ演出の『イル・トロヴァトーレ』@モネ劇場(オンライン・ストリーミング)

ドミトリ・チェルニャコフ演出、マルク・ミンコフスキ指揮による『イル・トロヴァトーレ』
@モネ劇場は、先日やはりストリーミング鑑賞したROHの『トロイアの人々』とはまさに
好対照をなす、実に多くのことを考えさせるプロダクションだ。あとまだ2週間半、タダで
モネのサイトから観られる(いつもの仏・蘭語に加えて今回から英語の字幕も!)から
ぜひともお見逃しないよう、心よりお勧めする。


Il Trovatore@モネ劇場 2012年7月15日収録

Muzikale leiding¦Marc Minkowski
Regie¦Dmitri Tcherniakov
Decors¦Dmitri Tcherniakov
Kostuums¦Dmitri Tcherniakov
Elena Zaytseva
Belichting¦Gleb Filshtinsky
Koorleiding¦Martino Faggiani
Il Conte di Luna¦Scott Hendricks
Manrico¦Misha Didyk
Azucena¦Sylvie Brunet-Grupposo
Leonora¦Marina Poplavskaya
Ferrando¦Giovanni Furlanetto
Orkest¦Symfonieorkest en koor van de Munt

まず、やたらと人数の少ない上記クレジットからもわかるとおり、演出・舞台美術・衣装は
チェルニャコフが担当、舞台に登場するソロ歌手は5人だけだ。ヴェルディの作品らしからぬ、
息詰まるような室内劇仕立になっているのだ。
合唱団は、カーテン・コールで姿を見せるのみで、終始舞台裏から歌うという徹底振り。

c0188818_167315.jpg

         事件の数年後に集まった当事者たちが、過去を偲ぶため
         ロール・プレイで当時の状況を再構築するという設定。
         皆やる気がなく、いやいやながら、ロール・プレイを始める。

このように、ブルジョワの屋敷に当事者が一堂に会して、原作とは異なる役柄設定と状況に
置かれるというのは、同じ演出家による2010年のエクサンプロヴァンス音楽祭での『ドン・
ジョヴァンニ』そっくりだ。たまたま1ヶ月ほど前に、その『ドン・ジョ』のTV放映を鑑賞した
ばかりだから、非常によく似た手法と展開とに、ニヤリとしてしまった。世間ではどうやら
あまり評判がよろしくなかったチェルニャコフの『ドン・ジョ』だが、実はわたしはとても気に
入ったのだ。

    ↓ 問題のチェルニャコフ版『ドン・ジョ』の冒頭シーンから序曲

     ブルジョワの屋敷が舞台の室内劇風、しかも最初は無音というのも同じ。
     そして、人物および状況説明のテロップが流れるのも同様。

今回の『イル・トロヴァトーレ』では、『ドン・ジョ』よりも一層室内劇の息苦しさを高めるため、
鍵をかけた密室にして、召使などほかの登場人物もなし。そうなると当然、お互いを暴きあう
凄まじい心理劇の展開となる。秀逸である。

アズチェーナと侍女(というより女主人然としている)役は、メゾ・ソプラノのシルヴィー・ブルネット・
グルッポーゾが担当し、アズチェーナになるときは、ジプシーらしいじゃらじゃらしたアクセサリーを
付ける。侍女(というより女主人)は、淡々としてタバコをふかしながら、気のない態度だ。

ロール・プレイに乗り気でなかったのは皆同様だが、過去を回想するそれぞれの歌が独白調で
あるから、自分本位で主観的な個別ヴァージョンのストーリーを語るという趣きになり、おお、
これは『藪の中』(もしくは映画『羅生門』)みたいな展開になるのか、と思えた。

登場人物の気持ちが高揚して真実に近い物語を語ろうとすると、ロウソクの火を消したり、また
着火したりするから、『百物語』のようでもある。チェルニャコフは、日本文学の造詣も深いの
だろうか。

『ドン・ジョ』では、北欧系の歌手が多かったので、ヴィジュアル的にもまるで伝統的もしくは
比較的新しい北欧映画の様相を呈し、とても楽しめた。これでカメラ・ワークが手ぶれしてたり、
不鮮明だったりしたらドグマっぽくてもっと面白いのにと、と悪乗り感想を覚えたほどだ。
今回のは、もっと先祖がえり(?)して、イプセンの『幽霊』を思わせる重厚さ。


c0188818_172218.jpg

        心理面のみならず、ルーナ伯(ここでは金持ちの道楽息子に
        ピストルで追い詰められ人質の様相を帯びるマンリーコ、レオノーラ、
        フェランドとアズチェーナ。


ロール・プレイとして始めたのに、他人の語る”真実”によってつぎつぎと暴きだされる驚愕の
過去に追い詰められていった登場人物たちは、次第に本気になって、心の奥を吐露していく。

最初はヘンなマッシュルーム・カットの黒髪の鬘を被ってお澄ましだったレオノーラも、鬘を
捨てて、長い金髪をなびかせると本来の情熱的な女性になる。(えらの張ったポプラフスカヤの
顔にあの鬘は、欠点が丸見えで気の毒だった)
生の声を聴いたことがないので、あまり大きなことは言えないのだが、ポプラちゃんの声は、
情熱的なレオノーラ役にぴったり。5幕目の別れの歌など、後ろ向きで歌わせられたり、
ソファーの上で仰向けになって歌わせられたりしても、一部アジリタが回りきれないところは
あったが、迫真の演技と相まって説得力ある歌唱だった。高音になるとあまり好みではない
色合いになるが、不快とは感じなかった。

中年ロッカーみたいな体型と服装のマンリーコ役のミーシャ・ディディクは、典型的な泣きの
入るテノール声で、軟弱な嘆き節を切々と聞かせる。全く破綻のないテクニックと甘い声が
高音でも安定していて、安心して聴いていられた。(昨年9月にリエージュで聴いたファビオ・
アルミリアートのマンリーコはかわいそうなくらい高音が出なくて、伸びもなかった。)

アズチェーナも、奔放で邪悪なジプシー女から、苦悩しつつ慈愛に溢れた母親に変化していく
のがよくわかる演出のおかげで、毒々しさで印象付けるという歌唱にならず、しみじみと聴か
せるのがめっけものだった。

ねちねちとした嫌なヤツのルーナ伯であるスコット・ヘンドリックスの歌声は、ストリーミングなので
音響的にバランスよくまとめられていて、迫力あるのかどうかはわからなかった。

ただし、モネ劇場の観客は、アムステルダムとは対象的に、いつでもクールを気取っていて、
なかなかブラーヴァの声がかかったりアリアで拍手が起きない。たしかに、この演出では、
アリアごとに拍手、というのは合わないから仕方ないが。

c0188818_1744683.jpg

           悲劇に向かってひた走るラスト。


ミンコフスキ指揮のオケ演奏は、疾走感溢れる軽快さが好ましく、どうしてもズンチャッチャに
なってしまいがちなヴェルディのこの楽譜からここまで若さと清々しさを感じさせる音を出すのに
感心した。終盤では、ドライブ感と緊張感が一層激しさを増し、テンポに歌手が付いていけなく
なってる場面もあったように思えた。

ヴェルディの奇想天外なお話を、全くスペクタクル要素なしの密室の室内心理劇に変容・昇華
させてしまったチェルニャコフの演出には、心から拍手を送りたい気持ちになった。
カーテン・コールで無理やり登場させられた演出家は、なぜか居心地悪そうな面持ちで、すぐに
引っ込んでしまったのを、ミンコさんが再び舞台に引っ張り出したりしてた。
(ところで、ポプラちゃんがカーテン・コールにいなかったのは、なぜ?)

観客を選ぶ演出であることはたしかで、モネの面目躍如だ。この演出では、観光客や保守的な
観客の多い大都市では受けないだろうから、上演も覚束ない。
今シーズン、モネでは、全演目を千秋楽のあと3週間ストリーミングしてくれたので、全部オン
ラインで観ることができたのだが、ひとつとしてハズレはなかった。タダでオンライン鑑賞できる
のをいいことに、実演は3作しか鑑賞しなかったのが悔やまれる。来シーズンは、モネ劇場に
通いたい。
[PR]
by didoregina | 2012-07-11 10:53 | オペラ映像 | Comments(14)
Commented by アルチーナ at 2012-07-12 10:24 x
おお!早いですね!私はまだ1幕だけしか見てませんが、この後の展開が楽しみです。
シルヴィー・ブルネット・グルッポーゾも凄く雰囲気がありますね。
歌手の細かな表情も見ていて興味深いです。
劇場だと、そこまで表情が見えるかどうか・・
Commented by レイネ at 2012-07-12 14:32 x
アルチーナさま、お気に召しそうかしら、この演出?
前半はアズチェーナが仕切って、後半はルーナ伯、最後はレオノーラの独擅場。歌手全員、なかなか演技が達者で見ごたえありますね。
モネ劇場のオンラインばら売りでは席が選べないので、舞台から遠い席になると、歌手の表情がはっきり見えないのがイヤなんです。でも、また来シーズンも全部ストリーミングしてくれそうなので、細かいところは後で見直すということで。
Commented by アルチーナ at 2012-07-13 11:19 x
多分、気に入ると思います。早く続きを見ねば!(汗)
そうそう・・ヴェルサイユのタメルラーノ、CTのデュエットがあったようですね!(多分あまり歌われないような・・・?)デュモーが上手だった・・と、ご覧になった音楽ジャーナリストの井内美香さんが仰ってました♪
Commented by レイネ at 2012-07-14 03:13 x
アルチーナさま、早速、デュモー@ヴェルサイユの最新ルポ情報ありがとうございます。実は、Mevさんと二人でヴェルサイユ詣での話が尻つぼまりに終わって、ヨハネット・ゾマーがソロの『妖精の女王』@コンセルトヘボウに代わってしまったのでした。昨晩のことです。それはそれで楽しいコンサートでしたよ!
Commented by Umelon20 at 2012-07-16 02:39
初めまして。メロンクリームソーダと申します。
モネ劇場、いいですね。
それも、ミンコフスキの指揮で「イル・トロヴァトーレ」とは、興味津々です。
モネ劇場も行ってみたいのですが、日本在住で夏と年末年始しかまとまって休みが取れないので、しばらく無理でしょうかね。
ミンコフスキ氏は今月末、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮するために来日する予定なので、そちらはチケットを買って楽しみにしております。
Commented by straycat at 2012-07-16 23:30 x
レイネさま

こんな演出、よく思いつくものですね、面白いです~。
ドンジョだとレチタティーボはセリフですから、こんな演出でも破綻なく進みそうですが、よくもまあ、あの荒唐無稽なイル・トロバトーレで・・と思いましたが、結構無理なく観れますね。まだ時間がなくて途中までしか観ていませんが、次はちゃんとその続きから観れるんですね、便利だわ。
歌手の声の感想もほぼ同じです。新国のデスデーモナをキャンセルしたポプラちゃんは確かに高音になるとキンキンしてますが、不思議と不快にはなりませんね。マンリーコはほんと、中年ロッカーみたい(笑)伸びやかで表情豊かな高音がイケてますね。
あと二週間で全部観なければ(汗)

来シーズンはモネ劇場ですか?レイネさん地方は、あらゆる方面に足を延すことができていいですね。
Commented by Kinox at 2012-07-18 10:01 x
このところ不調のKinoxでございます。演出はわたしも本当にとても興味深かったです。2010年のエクサンプロヴァンス音楽祭での『ドン・ジョヴァンニ』も興味津々、見てみたいけれどもまだDVDになっていないんですね。わたしの方にリンクをつけてご紹介させていただいてます。
ところでエクサンプロヴァンスのWritten on Skin、もうご覧になりました? 時空・次元の境目が色々交錯する感じがして、わたしはかなり面白いと思いました。
Commented by Peace at 2012-07-27 06:28 x
どこに送れば良いのか分からないので、ここに書きます。ご存知ですか?Vieilles Charrues. Ensemble Matheus, barock'n'rollでスピノジ指揮者とマレーナさまの共演(2012年7月)の記事をフィルムを見つけましたので、お送りいたします。Le Télégramme http://www.letelegramme.com/ig/generales/regions/bretagne/ensemble-matheus-barock-n-roll-23-07-2012-1783389.php  そして http://www.ouest-france.fr/ofdernmin_-Vieilles-Charrues.-L-ensemble-Matheus-dechire-l-image-de-la-musique-classique_6346-2098531-fils-tous_filDMA.Htm  二人ともエネルギー満々です。
Commented by レイネ at 2012-07-30 08:07 x
メロンクリームソーダ(Umelon20)さま、ようこそいらっしゃいませ。2週間ヴァカンスに行っていたため、レスが遅くなりごめんなさい。

>ミンコフスキの指揮で「イル・トロヴァトーレ」とは、興味津々です。
そこが問題で、なんだかあまりに合わないように思えて、実演鑑賞する気がしなかったんです。ああ~、やっぱり行くべきでした。
シーズンを振り返って見ると、今季のモネ劇場はのりに乗っていて、全くハズレがなかったし、来シーズンもやる気満々のプログラムですから、もしもヨーロッパにいらっしゃるご予定があれば、ぜひ!

ミンコさんは、来シーズン早々、シューベルトの交響曲チクルスもやってしまうし、端倪すべからざるものがありますね。
Commented by レイネ at 2012-07-30 09:19 x
straycatさま、ヴァカンスに行っていたため、レスが遅くなり失礼しました。
モネの『イル・トロヴァトーレ』は、大勢の方に鑑賞していただきたいプロダクションでした。好みは分かれるだろうなあ、と危惧した割にはどうやら皆様楽しまれたご様子。ヴェルディの当時でもあまりに荒唐無稽で引けちゃうようなストーリーですから、正攻法の演出では現代の観客には辛いものが。だから、チェルニャコフのアイデアは気に入りました。

モネのストリーミングはいたれりつくせりで便利でしょ。そして、来シーズンも見逃せない演目ぞろいなんですよ。ブリュッセルは、マチネなら楽々日帰りできるから贔屓にしま~す。
(ところで10月中旬に里帰り決定しました。今年こそ日本でお会いできるとうれしいのですが)
Commented by レイネ at 2012-07-30 09:30 x
Kinoxさま、あまりにストリーミング供給が過剰で食傷気味になられたとか?

2010年の『ドン・ジョ』@エクスは、夜遅くTVで見たため、所々でうつらうつらしてしまい、重要な点を見逃し・聞き逃したりしたので記事に出来ませんでした。『イル・トロヴァトーレ』とほぼ同様の室内劇仕立てで、なんと登場人物が親戚同士でブルジョワ・ファミリーのお話になってるんです。
オンデマンドでのストリーミングの方が便利だわ、と痛感。

今年のエクスのWritten on Skinは、アムスに実演を観に行きます!現代音楽も、メータの進化も楽しみです。
Commented by Umelon20 at 2012-07-30 20:14
メロンクリームソーダです。
ミンコのシューベルト、一部は日本でもやるみたいですね。OEKの定期演奏会枠でルーブル宮音楽隊が登場して未完成をやるということは、OEKから発表になっています。東京でも、未完成か他の曲になるか分かりませんが、やる可能性は高そうですね。
ちょっと期待してしまいます。
Commented by レイネ at 2012-07-30 22:16 x
Peaceさま、貴重なマレーナ様情報、ありがとうございます!
新聞サイトの方は開けませんでしたが、ブルターニュでの野外コンサートでロック・フェスばりにノリノリの演奏の動画、いいですね~。私服で演奏するスピノジとアンサンブル・マテウスの面々も若々しく、ロックやポップスはお手の物のマレーナ様が聴衆を挑発するように『セルセ』のアリアを歌ったりするのも楽しい見ものだわ。
Commented by レイネ at 2012-07-30 22:20 x
メロンクリームソーダさま、ミンコさんは、もう何でも来い!って感じのレパートリーの広さになってますね。次回来日公演では、もう少し集客が望めるかしら、シューベルトで。う~ん、でも微妙な気も。

ところで、もうすぐヨーロッパ遠征なさるんですね。夏の2大音楽祭行脚とはなんとも優雅で、うらやましい限りです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧