ザルツブルクの『ジュリオ・チェーザレ』

ザルツブルク精霊降臨祭フェスティヴァルでの『ジュリオ・チェーザレ』をTV中継および
ストリーミングで2度鑑賞した。
(TVは前半の約1時間、ストリーミングは最後の1時間、それぞれ見ていない)
休憩も入れて4時間以上の長いオペラだが、LivewebArteのサイトであと57日間全編見られる。

記憶が新鮮なうちに、感想を書き留めておきたい。

c0188818_17392967.jpg

  Giulio Cessare Salzburger Festspiele 2012 © Hans Jörg Michel

まず、なんといっても、空前絶後、当代随一の(バロック・オペラ)歌手の揃い踏みが
一番の聴きもの・見ものだ。まさに夢の競演。
チェチリア・バルトリが芸術監督(?)になった音楽祭だから、彼女の嗜好とネットワーク
が反映したキャスティングであることは間違いない。

Giovanni Antonini    Musikalische Leitung
Moshe Leiser, Patrice Caurier    Inszenierung
Christian Fenouillat    Bühne
Agostino Cavalca   Kostüme
Christophe Forey   Licht
Konrad Kuhn   Dramaturgie
Beate Vollack   Choreografie

Andreas Scholl   Giulio Cesare, römischer Imperator
Cecilia Bartoli   Cleopatra, Königin von Ägypten
Anne Sofie von Otter   Cornelia, Pompeos Witwe
Philippe Jaroussky   Sesto, Pompeos und Cornelias Sohn
Christophe Dumaux   Tolomeo, König von Ägypten, Cleopatras Bruder
Jochen Kowalski    Nireno, Kammerdiener
Ruben Drole, Achilla   General, Tolomeos Berater
Peter Kálmán   Curio, römischer Tribun

Il Giardino Armonico


そのバルトリ本人であるが、彼女の歌唱ならばどの曲でも安心して聴いていられるし、何の
不安も感じずに音楽に浸れた。その心地よさ。(もともと、バルトリ姐の大ファンというわけ
ではないが、さすがの実力に感服)
ヴィジュアル的には、ダニエル・ド・ニースやサンドリーヌ・ピオーやナタリー・ドゥセイの
クレオパトラのほうが、コケットだったりしなやかな肢体だったり軽量だったりで美しい。
しかし、バルトリ姐の個性と迫力には、前3者が束になってかかっても太刀打ちできないほど
のインパクトがある。その自信が溢れ出して輝いているようなバルトリ姐であった。姐の歌唱に
関しては今回、全く文句の付け所はなかった。




はっきり言うと、わたしの関心はクレオパトラにはあまりない。

わたしにとって何が一番の見もの・聴き所だったかというと、新旧のカウンターテナーのそれ
ぞれの個性の光具合である。

まず、チェーザレ役のアンドレアス・ショル。
だが、どうしても比較してしまう歌手がいる。
わたしにとってデフォールトというかスタンダード、リファレンスになっているのは、グライ
ンドボーンでのサラ・コノリーによるチェーザレである。
サラ様チェーザレとの大きな違いは何か。女性が男性役を演じ歌う場合、ある意味で宝塚的な
凛々しさを作為的に出す。ヘアメークや表情や立ち居振る舞いに、「練って作られた」と感じる
要素が多くなる。サラ様は完璧に壮年のチェーザレになりきり、ヴィジュアル的に違和感はない。
声はメゾであるから、軽さが短所にならないように歌唱のテクニックにも気を使う。
外観と声とのギャップがまた爽快である。

しこうして、ショルは男性であるから、あえて男性役を演じる必要はない。地のままでもいける
はずだ。しかし、そういう甘い考えではいけない。
ショル兄は堂々とした体格なのに、顔が優しい雰囲気で、目や表情での演技が不得意である。
だから、鬼気迫る形相はできないし、きりっとしたところがなくて、なんだか、自信のない男
みたいになってしまう。演技も役者としてははっきり言って大根である。大男、総身になんと
やら、とは言いすぎであろうが。
歌声はどうか。ここでも、男性であることが裏目に出てしまっている。CTにも色々な声質が
あるが、ショルの場合は、聖歌系である。戦う男というイメージとはかけ離れている声なので
女性がチェーザレを歌う場合と同じように練った作戦が必要なはずなのに、その詰めが甘い。
だから、全体の印象として、クレオパトラに手玉に取られ篭絡させられる優男のチェーザレに
なってしまっているのだった。王者の風格に欠けるのだが、あえてそういう役作りだったのか?

チェーザレのアリアEmpio, diro, tu seiは、なかなかに迫力があって、もしかしたら、今回の
ショルの歌では一番びしっと決まっていた。オケの弦も締まってテンポも切れも気持ちよく、
風雲急を告げるの感に満ち溢れていた。しかし、ここでもショルのアジリタが一部回りきらない
ようで歯がゆい。最後の〆は極まったが。

Va tacito e nascostoは、テンポがゆったりしているので歌いやすいのだろうし、ショルの
個性にもあった演出で、破綻もなく楽しめた。しかし、古楽器ではとても難しいホルンの音が
特に最初の方が不安定で、ちょっと残念。このオケは、弦はとてもいいのだが管がイマイチ。




それに対して、チャーザレのアリアで一番好きなSe in fiorito ameno pratoには、がっかり。
ここでのチェーザレは、薬でラリッて幻覚が見えてるのか、夢の中で浮遊しているかのようで、
音楽のテンポも遅くて芯もしまりもない。クレオパトラの魅力にめろめろになってるという
わけだが、妙なもだえ方が女々しく、目を覆いたくなる。




フィリップ・ジャルスキー(PJ)のセストは、さすがに歌いこんでいるので歌唱に余裕すら
感じられ、安定して美しい。
あえて言うと、けなげで可愛いリリカルなのと元気で勇ましく押しまくりとの、二通りの歌い方
しか出来ないようで変化に乏しい。そして、歌いだすと、なんだかいつも正面向いて突っ立つ
リサイタル風になってしまう。しかし、全ての歌に彼の澄んだ高音の魅力が思い切り発散され
爽快そのもの。
キャラクター的にも、CTでここまでセストにぴったりという人はいないだろう。この役を男性
が歌うというのは異例だと思うが、彼ならはまり役。


はまり役と言えば、クリストフ・デュモーによるトロメオだ。
デュモー選手は、グラインドボーン以来、トロメオの印象が強すぎて各地の歌劇場でもなんだか
トロメオ役専門になってしまった。しかし、ルーティーンに流されることなく研鑽に励んだ跡が
はっきりと聞き取れるのが素晴らしい。そして、歌唱のパワフルさではCTの中で群を抜いて
いる。
彼の声は、体格同様引き締まって全く贅肉のない、筋肉質だ。レーザー光線のような鋭さがあり、
アジリタのテクニックの切れのよさも魅力で、これは腹筋同様に日々鍛えた喉の賜物だろう。
レチタティーヴォのディクションもはっきりとしてよく通り、説得力がある。



嫌なヤツのトロメオになりきった演技も迫真だし、ブーイングだって悪役なら貰って当然の勲章
である。歌唱に全くソツがないのだから、演出に対するブーイングだと本人は理解しただろうが、
トロメオのアリアのたびにブーイングする人たちがいるザルツブルク音楽祭って、お上品ぶった
人たちの牙城なんだろう。器量がないし、大人気ない。ええかげんにせよ、と思った。



今回は、あまりに問題の多い演技をさせられたデュモー選手であるから、分が悪い。
しかし、逆に彼の実力と魅力に気が付いてこれでハマッたという人もいるのではないだろうか。
若手CTの中でも破格の才能である。ヘンデルのヒーロー役ならなんでもこなせるはずだ。
これからも精進を重ねて、大舞台でチェーザレの役を歌ってもらいたい。


もう1人、あまり期待していなかったCTにヨッフム・コヴァルスキーがいる。
しかし、彼の今回の舞台での光具合は、いぶし銀そのもの。盛時を過ぎたとはいえ、さすがの
オーラと貫禄があり、老婆になりきっていて存在感抜群。歌唱もしみじみとして、予想以上に
聞かせるのであった。あなどっていてすまない、と謝りたくなったほどだ。
宦官ニレーノではなく乳母ニレーナという感じのクレオパトラの腹心の重臣に、滋味ある声と
演技とでとなりきっていた。


セストの母コルネリアというのは、意外にもかなり出番も歌も多いことを再発見した。
だから、あまりたいしたことのない歌手が歌うと長いし眠くなってしまうのだが、今回はさすが
アンヌ・ソフィー・フォン・オッター!全く飽きさせない。この人もコヴァルスキー同様、
母とか乳母なんかの役しか回ってこない年齢になってしまったが、昔日ズボン役で鳴らした華は
失われていないし、新境地をこれからも開拓していくだろう。
彼女の素晴らしさは、謙虚に相手とのアンサンブルを大切にする点で、伊達に長いキャリアを
誇るわけではないことが再確認できた。

今回のプロダクションで一番美しかった、セストとコルネリアのデュエット





演出は、安っぽい舞台装置と小道具がそれを象徴しているように、いろんなネタの寄せ集めで、
全体をピシッと締めるようなラインが通っていない。はっきり言って、かなり酷いものだ。
歌手がこれほど揃っていなかったら見られたものではない。

舞台を現代のエジプトに移して、アラブ情勢を反映したような、石油の利権に絡んだ西洋と中東
との葛藤になっているアイデアはよろしい。しかし、手段が常套的なのと、悪乗りすぎるのが
いけない。美意識のかけらも感じられないのだ。

主要歌手のダンスはないが、兵士達のヘンな格闘技っぽい踊りに効果が見出せない。
ブーレスクなどの二流舞台芸術への賛歌というコンセプトなのだろうか。エンタメとしても
中途半端で、ザルツブルク・フェスティヴァルにはしっくりこない。激しいブーイングは、全て
悪乗り演出に向けられたものなのだ。
[PR]
by didoregina | 2012-05-30 10:45 | オペラ映像 | Comments(18)
Commented by sarahoctavian at 2012-05-30 19:10 x
あらゆる点において、レイネさんのレビューに全く同感です!クレオパトラアリアの中で一番好きなV'adoro, pupilleもロケットに乗って空高く飛んでいくアイディアは面白いなと思うけれど、全体的にエレガントさに欠けるし煩雑なドタバタ劇場みたいな舞台で演出に関しては不満たらたらです。
で、見終わってみると、筋肉質(声も・・とはドン飛車表現ね)なデュモー選手のインパクトがもっとも強かった。バルトリ姐の歌はどっしり腰が据わってて(?)本当に安心して聴けましたね。チェーザレに関してはワンパターンと言われようとやっぱりサラ様の深い演技に改めて平伏。ショル兄が何故男らしい英雄に感じられないのか、それも上の説明でスッキリしました(笑)。
Commented by レイネ at 2012-05-30 21:42 x
sarahoctavianさま、サラ様チェーザレが標準化してしまっているわたし達ですから、ショルに対して感じる点も似てるんでしょうね。
今回は、クレオパトラの歌をじっくり聴き込めました。ダンスが可愛いけど歌は聴くに耐えられないダニエルちゃんのはミュートしないとだめだから、彼女のヴィジュアルのバルトリ姐の歌唱を合成合体させたら天下無敵のクレオパトラになるのに。。。

今回の演出でデュモーのファンになる人、いるかな?声や身のこなしが素敵だから、わかる人にはわかるというか、カルト人気が出たりして。
改めて、マクヴィカー演出の『チェーザレ』の素晴らしさ、トータルでよく出来たエンタメを作る才能がよ~くわかりました!
Commented by REIKO at 2012-05-30 23:47 x
バルトリはさすがの上手さですね・・・そんなに美声とは思わないし、体型(笑)もオバサンなんですが、ついつい聴き惚れてしまいます。
それにしても彼女の爆弾ボディを背に、3Dメガネ?みたいのをかけてアホ面してるショル=チェーザレって何?
このオペラでのチェーザレは、カッコいいヒーローでいて欲しいですよね。
これじゃアホのセルセ王みたいではないですか!
デュモー=トロメオの内臓引っ張り出しにはビックリしました。
最後にかじっていたのは腎臓?!(^o^;)
これももう少し品位が欲しいですが・・・。
これで歌手がBクラスばかりだったら完全にゲテモノオペラですが、このメンバーですかね・・・♪
今やコヴァルスキーがニレーノって、年月の流れを感じます。
Commented by レイネ at 2012-05-31 00:23 x
REIKOさま、全編ご覧になりました?このプロダクションでは男性が揃いも揃ってあきれ返るほどふがいなかったり、だらしなかったりヘンなのばかり。。。唯一まともなのは、少年セストだけですね。
メロメロ・チェーザレも困るけど、トロメオが。。。Belle dee di questo coreなんて、完全に18禁の演技。あそこまでデュモーはよくやった!と感心するばかり。歌はうまいのに、ヘンな演技をさせられるのでブーイング受けて損な役回りです。
本当に、一流歌手で救われてるという、どうしようもないゲテモノ演出ですね。
コヴァルスキーのニレーノ、コミカルさを排した堂々たる役作りが素晴らしい。これも女性だからまともなのね、このプロでは。彼には、今後は乳母・老婆路線を驀進してもらいたいわ。
Commented by 守屋 at 2012-05-31 06:12 x
こんばんわ。大陸はこのようなオペラが上演されていいですね。演出はひどいようですが、ぜひ観てみたいです。DVDの発売はあるのでしょうか?

 そういえば、サラ・コノリィがずいぶんロンドンでも目立つようになってきました。プロムス出演もさることながら、ウィグモア・ホールも9月から来年7月までに3回ほど出演予定になっています。
Commented by Kinox at 2012-05-31 08:25 x
わたしはショルの歌唱は妙に心に響いてしまうところがあるんですが、聖歌系、王者の風格に欠ける、ほんとだ、そういえば確かにそうだった、と思いました。流石レイネさま。
そうそう、Va tacito e nascosto、これはホルンが歌手と掛け合うのが面白そうなアリアなのに、まぁ残念。わたしはアントニーニにも感心しなかったのですが、一回聴いて残念な印象で終わるのは申し訳ないので、アントニーニでよいものをご存知だったら教えてください。
Son nata a lagrimar はわたしも一番じん。二人とも絶妙のアンサンブルで、ここだけはアキッレを挟んだ演出もはまっていて、見かけも歌唱の絡み具合も本物の親子の悲しみがひしひしと感じられるもので素晴らしかった。
デュモー選手は来シーズンのメトでもトロメオで、生で聴けるのが楽しみです! こちらは全世界で映画館上映もあるし、(わたしは密かにダブルD氏はデュモーに食われてしまうだろうと予想していますので、あ、DD氏のファンの方はごめんなさい!)デュモー選手の人気は世界的に確立されるのは間違いない、と思ってますよ、ふふ。
Commented by アルチーナ at 2012-05-31 11:06 x
私はまだ、ジャルスキが脱ぐ所までしか見てないのですが・・
・・で、演出はさておき・・
私もコヴァルスキの乳母役は演技上手だな~と思いながら見てました、それもオカマっぽい乳母じゃなくて本当にお婆さんのようで(笑)アリアはどうかな?とも思いましたがレチタティーボ良かったですよね。
それからバルトリ!やっぱり凄いです。V'adoro pupilleなんか結構エロく歌っているなと思いましたし、まあ兎に角歌の密度が高いですよね。それにトリルが動きとリンクしていたりして、やっぱりテクニックのある歌手は聴いていて楽しいです。
ショルとジャルスキは良い歌手だと思いますが宗教音楽の方が向いていると思うんですよね。オペラをやるにしても英雄役に向かないと・・何となくスター歌手なのに英雄役に向かない・・と言うのがどうしても引っかかってしまいます。
Commented by アルチーナ at 2012-05-31 11:09 x
そして・・デュモ-。えっと私はトロメオ専門というよりもエキセントリックな役専門というイメージが・・(笑)エキセントリックじゃない役のデュモ-選手も見てみたいです。演技も歌も上手ですね。後は生で聴いたことがないので声がどんな感じかが私には未知数。でもレーザー光線のような声なんですね、ファジョーリと一緒(って一緒にしてもらいたくない?w)
ブーイング、歌手に対してじゃなくて演出に対してだとは分かっていてもかわいそう・・と思いましたが、考えてみたらブーを出させるほど悪役になりきっていたとも言えますね。勲章のブーです。
Commented by Mev at 2012-06-01 01:22 x
遅れを取りました。本日ようやく全編見終わったのでレイネ様のレビューを拝読させていただいた次第です。
本当にセットと演出はいただけなかったです。演出家は色々やりたいことがあるのでしょうが、それを入れすぎてるし考えすぎでうるさかったです。 もっとそぎ落とすところから顔を洗って出なおしていただきたいですよね。
歌手は文句無かったです。
でもやはり、ショルは息があがっていて、こういう長いオペラは無理があるし「皇帝」を演じるようなタイプではないと思いました。衣装もサラリーマンみたいだし。そこが少し残念。
バルトリは歌は文句ないですが、顔立ちきつすぎてヅラをかぶるとオカマそのもので、もうちょっと工夫すれば少しくらい太めでも素敵なクレオパトラなのになとこれもちょっと残念。
コルネリアとセストのシーンは他のチェーザレでは退屈して寝てしまうのですが、このオペラでは全くそれがなくて私は何度も泣いてしまいました。ジャルスキーのダイナマイトはアホっぽいし、フォン・オッターのガーデニングの衣装がおばさんぽくて気の毒。


Commented by Mev at 2012-06-01 01:23 x
コヴァルスキー、最初はアルトの女性かと思いました~。すごいですよね。いけてました!これからもどんどん見たい(聴きたい)人です。
デュモー選手は色々やらされすぎて気の毒。もっと純粋に歌を聴かせる場面があってもいいですよね。ひどいわ。これじゃほんとに18禁です。息子には見せられない。とっても残念。
同じArteでファルナーチェ見られるので明日はそれを見ます!
Commented by レイネ at 2012-06-01 10:09 x
守屋さま、ただいま、パリ日帰り旅行から帰って来ました。記事中の下線部分LivewebArteにリンクを張りましたの、あと50何日間は、タダで全編ストリーミング見られるはずですよ。(ヨーロッパ大陸限定でなければ)
このプロダクションは、DVDになるよりCDになったほうがいいと思います。
なんだかんだ書いたけど、YOUTUBEで見たりする分には、ショルもそんなに悪くないと思えます。

サラ様、今月からパリのオペラ・ガルニエ出演です。7月中旬までの長丁場なので、やっぱり行きたいなあ。。。
Commented by レイネ at 2012-06-01 10:18 x
Kinoxさま、全世界でこのプロダクションが見られるのは、喜ばしいことです。皆さまと感想を語り合える楽しさ!これは、多くの方にご覧いただいて、それぞれのご感想をぜひ伺いたいプロダクションですね。

セストとコルネリアって、かなり出番が多くて重要な役なのに、あまり感心できたり印象に残ったりしなかったのは、今までの歌手が力不足だったんだ、とはっきりとわかるほど、PJとフォン・オッターが素晴らしかったです。今後は、トロメオ=デュモーと同じくらいスタンダード化したこの二人の親子役が各地で鑑賞できたらいいのに。

デュモー選手強化・促進委員としては、彼のよさがわかっていただき、本当にうれしいです。ダブルD氏(仲間内では森熊と呼ばれてる)は、生の歌声聴いていないのですが、来年ウィーンで聴くチャンスがありそうです。コヴァルスキーみたいに、めっけものかも、と期待してます。
Commented by レイネ at 2012-06-01 10:37 x
アルチーナさま、日本でも全編ご覧になれます?これは、世界中の方に見ていただきたい、歴史に残るプロダクションですよね。(でも、残すならCDの方がいいかも)

コヴァルスキーには、目からウロコというか、さすがの貫禄でしたね。失礼ながら、盛時を過ぎたCTとしては歌に味わいがあり演技も上手で。

わたしの感想では、PJはオペラ向きだと思いますよ。ザルツブルクで生を鑑賞されたgalahadさんによると、CTの中で一番声量もあったということだし。もう少し歌唱にメリハリが出て、演技も研究したら言うことなし!

デュモー選手のスタバ@コンヘボ、聴いてますが、宗教曲も悪くないです。神妙で。(彼のバイオ・プロフィールには、コンヘボでのソロ・デビューが特筆されてる)
去年は、チェーザレ・デビューしてますからね。ふつ~っぽい演出でエキセントリックではなかったのではないかと想像します。生で観た『ジャゾーネ』も『モレナ山中のドン・キホーテ』でも、さほどエキセントリックな役ではなかったし。俳優のようなルックスとプロポーションのよさと演技力ではCTの中で一番だと思います。つまり色々な料理に生かせる素材なのに、万年トロメオってのが。。。。
Commented by レイネ at 2012-06-01 10:47 x
Mevさま、色々と話題を提供するという意味ではなかなかのぷろだくしょんですが。。。歌手で持つけど、過去の様々なオペラ・プロダクションからアイデアを頂戴した寄せ集め、という印象の演出ですね。

PJのセストは、コンヘボでのコンサートでも感心しましたよね。これならオペラ舞台も大丈夫だ!と。でも、そのときの印象と全く同じ歌唱でメリハリがないのがやっぱり気になりました。美しいし声量もあるんだけど、いつも同じなので飽きるというか。

アルチーナさんが紹介していたArteで見られる『ファルナーチェ』って、舞台演出付きなの?コンサート形式のは、あさってコンヘボに聴きにMevさんも行かれますよね?ちょっと早めにコンヘボには行って、始まる前のコーヒーと休憩のドリンクをご一緒しませんか?
Commented by Mev at 2012-06-01 16:47 x
おはようございますー。明日行きます!!13時に開演なので12時ごろにはコンヘボに着くつもりです。入り口でも待ち合わせしますか?
もちろんファルナーチェはストラスブールでのオペラ公演全編が見られます。今観て予習しているところです。http://liveweb.arte.tv/de/video/Farnace_von_Vivaldi_an_der_Oper_in_Stra_burg/

ストーリーはhttp://hpcgi3.nifty.com/casavecia/bbs2/wforum.cgi?no=2187&reno=2186&oya=2184&mode=msgview&page=0 
Commented by レイネ at 2012-06-01 19:26 x
Mevさま、それでは、明日@コンヘボの入り口付近に12時ごろ着くようにします。でも、長丁場だから、何か食べといた方がいいかな。手ごろであまり混んでなさそうなカフェ、あの近くでご存知?

ファルナーチェの抜粋版CDは持ってるので、それで予習します。サイトのご紹介、ありがとうございます。長いから全編見るのはコンサート聴いたあとにしようと思います。
Commented by アルチーナ at 2012-06-02 10:32 x
はい、日本でも見られますよ!そして最後まで見ました。
一生懸命、細部に何か意味があるのでは?と思いながら見ましたが全くわかりませんね~~・・・そして、これはDVDになるんですよね・・・

で、続きを見てみて、デュモ-がプレイボーイ誌を見ているシーンなんかも弱音の表現が良いと思いましたし、youtubeでもオルランドのアリアも聴いてみましたが、やっぱり弱音でテンポを落とした所なんかとってもいいな・・と思いました。エキセントリックなだけじゃない!(笑)確かにイメージの払拭は必要かも?ジャルスキが英雄役に向かないと私が勝手に思っているのもイメージなのかも?彼の英雄役も見てみたいですね。
Commented by レイネ at 2012-06-03 04:00 x
アルチーナさま、この演出に深い意味を探しても無駄でしょう。木に縁りて魚を求めるようなものです。キャストが素晴らしいからDVD化しても需要があるかもね。CDの方がよさそうですが。

>弱音でテンポを落とした所なんかとってもいいな・・と思いました。エキセントリックなだけじゃない!(笑)
デュモーをライバル視(?)して、真剣に聴いて下さったようでありがとうございます。パワーで押し捲りだけじゃなくて、歌心も感じられるでしょ?(弱音の美しさに選手が目覚めたのは、サラ様の影響ではないかと、勝手に思ってます)

先ほど、コンセルトヘボウで、チェンチッチの『ファルナーチェ』を聴いてきましたが、今日は絶好調でした!基本的に声もオネエっぽいけど、個性的なCTだな、と見直しました。(公演後のサイン会には一番乗りできて、お約束のツーショットも)

Mev さんと、真剣に『タメルラーノ』@ヴェルサイユ(ザルツでなくてごめんなさい)鑑賞の遠征計画を立てようという話になってきましたよ。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧