Wuthering Heights 『嵐が丘』2011年版は今年のベスト3入り確定

c0188818_15165363.jpg監督 Andrea Arnold
脚本 Andrea Arnold, Olivia Hetreed,
based on the novel by Emily Brontë
キャシー(大人) Kaya Scodelario
ヒースクリフ(大人) James Howson
イザベル Nichola Burley
エドガー Oliver Milburn
キャシー(少女)Shannon Beer
ヒースクリフ(少年) Solomon Glave

Camera Robbie Ryan
Editor Nicolas Chaudeurge
Production design Helen Scott
Sound Design Nicholas Becker
Muziek Mumford & Sons
2011年 イギリス

アンドレア・アーノルド監督による最新映画版『嵐が丘』は、クリシェを排したストレートな
展開とまことに斬新な映像とで、今までの映画およびTV版とは一味も二味も異なり、この古典
作品の何度目になるんだろうと思う映画化だが、この作品では存在価値が大いに光っている。

c0188818_15221425.jpg

         自然の中で育った野生の少女キャシー

ポスターにある美しい大人の女になって洗練されたキャシーよりも、少女時代の丸ぽちゃで
飾り気などまったくない自然児そのもののキャシーのイメージが前面に押し出されている
前半が特に印象的だ。

ヨークシャーの荒野の茫漠たる風景や、風の谷間に立つ嵐が丘の過酷で寂しい佇まいは
叙情的という言葉の範疇には入りにくい。鳥の羽や動物の死骸や麦わらや干草、ぬかるみの
泥道が、子供達のおもちゃであり宝物であり遊び場である。
アーノルド監督は、それらの要素を驚くほど自然に見せつつ巧みに映像化して、見る者の心に
失われた子供時代への郷愁を誘うのだ。

c0188818_15315473.jpg

          ヒースクリフとキャシー

まるで是枝監督作品に登場する子役達のように、演技以前の自然な表情と振る舞いで大自然の
中を駆け抜ける少年少女のヒースクリフとキャシーの関係は、姉と弟のようなおおらかなものだ。
だが、思春期のエロスの萌芽は、21世紀の映画化らしく、大自然のなかの営みの一部のような
形で表現されている。
そして、二人は分かちがたいソウル・メイトであることが納得でき、後半に繋がるようになっ
ている。

c0188818_15383665.jpg


今回の映画化で話題になったのは、ヒースクリフが黒人であることと、少年時代の彼を演じる
のが無名の素人ということだった。突飛ではあるが説得力もある。
また、キャシーの兄ヒンズリーなど、現代のスキンヘッドのフーリガン風である。
そのせいもあるし、あまりに原始土着的な嵐が丘の生活描写が生々しく、時代を超越している
ので、前半は特にコスチュームものという感じがしない。太古から永劫変わらぬような
大地に根ざした生活の中では時代判別が難しくなっているのだが、その超時代・普遍的
感覚が、とても新しい。
いわゆるコスチュームもの映画で繰り返し使われる、使い古した手法から脱皮しているのだ。

c0188818_15471433.jpg

         大人になって嵐が丘に戻ってきたヒースクリフ

後半は、大人になったキャシーとヒースクリフにエドガーとイザベル兄妹が絡む。
情熱と復讐がキーワードになっているが、その発散および表現があまりに純粋というか直載な
ため、何か隠された秘密を匂わせるようなゴシック的な要素は少ない。ロマンチックな要素と
なるとほとんど皆無である。その辺りの感覚もとても新しく、現在また映画化した意味がそこ
にも見出せる。

c0188818_15581033.jpg

             冷酷なキャシー

キャシーが「自分より自分らしい」と思うヒースクリフだが、兄や裕福なエドガーから邪険に
扱われたため、自分が貶められたかのように感じただろう。それが、愛情と裏腹の嫌悪感に
繋がってサディスティックに振る舞い、果てには狂気に陥ってしまう。
ヒースクリフは、愛するキャシーから裏切られたゆえの憎しみからの復讐心に燃える。
自分に似た人間に対する愛情と裏表に存在する嫌悪感・憎悪のエネルギーの凄まじさ。


全体の大きな部分を占める大自然の描写と、主人公二人の心の複雑な確執とがフラッシュ・
バックやフラッシュ・フォワードで交差するので、普通の『嵐が丘』もしくは昔ながらの
コスチュームものを期待して見る人には、ストーリーも映画の革新性もなかなかわかりにくい
ようだった。

全く正反対のアプローチだが、時代を映し出す鏡として思い出したのは、1999年の公開時は
電気ショックのようなインパクトのあったリュック・ベッソン監督の『ジャンヌ・ダルク』を
思い出した。叫んだり流血シーンの多いヒステリックなあの作品も、作られた時代の申し子
だったのだ。

この『嵐が丘』は、今年の映画ベスト・スリーに入ること間違いなしだ。
[PR]
by didoregina | 2012-05-11 09:31 | 映画 | Comments(2)
Commented by Mev at 2012-05-17 03:29 x
ご無沙汰しています。また映画になっているのですね。嵐が丘というと、どうしても、ケイト・ブッシュのキーンとした声を思い出してしまいます。図書館にある饐えたようなニオイのするぶ厚い翻訳本も思い出します。でも、この映画はきっとすごく新しいんですね。見てみたくなりました。
Commented by レイネ at 2012-05-17 04:02 x
Mevさま、一ヶ月ほど前の週末、アムステルダムの新しいEYEで、過去に映画化された『嵐が丘』を何作か一挙にマラソン上映してました。この新作『嵐が丘』のよさと新しさを知るためには、昔の作品と見比べるのはいい方法だな、と思ったものです。この映画の映像は非常にオリジナルで革新的なので、ケイト・ブッシュのあの歌を全く思い出さないほど。
お勧めします!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧