ベルギーの歌劇場の2012・2013年は三者三様で唯我独尊

ベルギーの常設歌劇場には、首都ブリュッセルにある王立モネ劇場以外に、リエージュの
王立ワロン歌劇場(ORW)と、アントワープおよびゲントのフランダース・オペラ(Vlaamse
Opera)があり、それぞれ異なる独自の路線で相変わらず我が道を行っている。


モネ劇場のラインナップは、演目的には普通っぽいというか、モネにしては捻りが足りないと
いう感じだが、演出その他に期待できる。
ワーグナーが一つもない、というところにモネのこだわりと計算が感じられる。舞台の規模も小さいし、
オケもワーグナー向きとはいえないから、メモリアル・イヤーとはいえ闇雲にワーグナーを上演したり
しないで、他の劇場との競合を避けているのは賢明。

8・9月 Pascal Dusapin のPassion サシャ・ヴァルツ振付・演出で数年前のホランド・
    フェスティヴァルと同じプロダクション?

10月 『ルル』 ワルリコフスキ(どう読むのが一般的?)演出! バーバラ・ハニガン、 
    ディートリッヒ・ヘンシェル他。

12月 『椿姫』 

12月 『こうもり』コンサート形式。ダニエルちゃんのアデーレとタニア・クロスのオルロフスキー。

1・2月 『マノン・レスコー』ウェストブルックがAキャスト主役!でもマチネはBキャスト。。。

2・3月 『ルクレツィア・ボルジア』 ギ・ヨーステン演出、エレナ・モシュク主演。

3月  Benoit Mernierの La Dispute カール・エルンスト・ヘルマン演出、ドグー、
    ドゥストラック、ヴィス他。

3月  『ロメオとジュリエット』コンサート形式 ニノ・マチャイゼとジョン・オズボーン。

4月  『ペレアスとメリザンド』オーディ演出、アニッシュ・カプーア舞台デコ。ドグーとピオー、
    トピ君とバッチェリというA・Bキャスト!トピ君には悪いがヘンシェルもゴローのAを選ぶ。

5月  『コジ・ファン・トゥッテ』ハネケ演出!アネット・フリチュ他。



フランダース・オペラは、上演数こそ少ないがピリリとスパイスが効いている。

9・10月 『ファウストの劫罰

10・11月 『アグリッピーナ』!マクリーシュ指揮、ハレンベリ主役でハマーシュトレムがオットーネ!

12・1月 『魔笛』 デヴィッド・ヘルマン演出

2・3月  『ナブッコ

3・4月  『パルジファル』インバル父子指揮、ゾラン・トドロヴィッチ主演。

5月   ヤン・ファーブルのThe Tragedy of a Friendship ベルギーの鬼才芸術家が、     ワーグナーへのオマージュとして新作オペラを作曲・演出。こわいものみたさ。

6月   『キャンディード』 ナイジェル・ロウリー演出

コンサートでは、9月18日にショル!1月1日と4日にデヴィーアによるベル・カント・ガラ、
11月24日にサラ・ミンガルドがソリストでマーラー、ショスタコーヴィッチ、ワーグナー。



リエージュのORWの演目は、毎度ながらここはイタリアですか?と思わずツッコミ
を入れたくなるようなイタリア・オペラ路線に、若干のフランスものと地元出身作曲家の超マイナー・
オペラを組み合わせているのが独特で、唸らされる。
足掛け3年にも及んだ歌劇場の修築工事も終わる見込みで、9月からいらなくなるテントは売り出し
に出ている。。。

9月    フランクの『ストラデッラ』 ご当地出身作曲家シリーズ第一弾。フランクのオペラという
      のが意表を突いている。

10月   グレトリのL'Officier de Fortune ご当地作曲家シリーズ第二弾。コンサート形式。
      世界初演。

11・12月 『カヴァレリア・ルスティカーナ』『道化師』 ホセ・クーラ演出・主演!

12月   『ナブッコロ』子供向けのナブッコ?

12・1月  『美しきエレーヌ

1月    『アルジェのイタリア人

2・3月   『西部の娘』 デボラ・ヴォイトが主役。

3月    『子供と魔法

4・5月   『運命の力』 アルミリアートとデッシー夫妻共演。

5月    『二人のフォスカリ』 レオ・ヌッチとファビオ・サルトリ。

6月    『ウィリアム・テル』 ご当地作曲家シリーズ第三弾で、ロッシーニではなくグレトリ作曲。

その他、コンサートは、9月30日にサヴァール、10月4日にエディタ・グルベローヴァ!
[PR]
by didoregina | 2012-04-19 15:53 | オペラ実演 | Comments(6)
Commented by Mev at 2012-04-21 04:40 x
DNOも来シーズンはまたもやワーグナーばかりで、しかもリングはいつぞやのように全部やるのではなく半分だけという中途半端さ。何か意図があるのだろうか、と、ちょっと腑に落ちません。 来シーズンばかりは新作だけを観に行こうかなとおもいます。 翻ってベルギーの方が面白そう。アントワープのアグリッピーナと魔笛(ヘルマンの演出に)興味アリです。それからワロンのグル様コンサート行ってみたい。 モネも一度は行ってみたいけど、行くんだったら4月のがいいなぁ。。。とまた妄想が!!!
Commented by レイネ at 2012-04-21 04:54 x
Mevさま、DNOの来シーズンは、なんだからしくないというか両極端のプログラミングで、ポピュラーなのとワーグナーに偏りすぎ。観たいと思うのは現代ものか新作だけだわ。
ベルギーは、オランダと比べると文化予算が潤沢なようで、補助金かなりもらえてそうなラインナップ。モネのは『椿姫』と『こうもり』以外は全部観たいくらい。
グル様、ようやく生の声を聴くことができそうです!ベルギーだからチケット代高くてもコンヘボのバルトリ姐よりは安いでしょうし。

行けなくても、来シーズンの各地のプログラム見てはわくわくするし、妄想で十分楽しめますね。
Commented by hbrmrs at 2012-04-21 12:41 x
個々の劇場ごとに見ると気が付きませんが、3劇場(フランダースは一応1と数えて)を同時に並べてプログラムを眺めると、結構、各劇場の個性が見えるものですね。
それに、どの劇場においても、「おお!これは観たい!」という演目やキャストが必ずいくつか存在します。

ベルギーだけでもこれだけ食指が動くのだから、これにアムステルダムのDNOを始め、ドイツやイギリス、その他のラインナップを見たら、それこそ「あれも行きたいこれも行きたい」と身もだえしてしまいそうです。

日本に居れば「無理」と諦めもつきますが、そちらにお住まいのレイネさんは、自制するのが大変ではないですか??(笑)
Commented by レイネ at 2012-04-21 16:53 x
hbrmrsさま、日本からヨーロッパ遠征される方々のヴァイタリティーには、頭が下がります。私の場合どこも比較的近いので、いろいろと妄想をたくましくはするのですが実現しないという。。。諦めていたのは主に金銭的理由でしたが、次男が家を出る(予定の)今シーズンからは、別の理由がなくなるので欧州内なら遠征回数は増やせそうです。
そうでしょ、ベルギーは小国ながら、オペラに関しては密度が濃いですよね。どの劇場も互いに1時間しか離れてないのに、これだけヴァラエティに富むというのは。
ドイツでは、ケルン歌劇場が市の財政難のため、来シーズンはもしかしたら全公演キャンセルに追い込まれるかもしれないという、大変な事態に陥ってます。近場の劇場なのでやきもき。
Commented by 守屋 at 2012-04-21 23:03 x
こんにちわ。今日まで、サドラーズにロイヤル・バレエ・フランダースがフォーサイスのプログラムを上演しています。都合が付かなくていけないのですが、素晴らしい評価です。で、公演の前に話題になったのは、フランダース・オペラとの合併に抗議して芸術監督が辞めるということ。バレエはオペラより軽くみられてしまうのかなと思いました。
Commented by レイネ at 2012-04-22 04:41 x
守屋さま、ベルギーでも芸術関連への国や自治体からの補助が厳しくなっている模様ですね。首都で比較的恵まれてるモネ(昨年度、ドイツの批評家連によってドイツ語圏以外で始めてベスト歌劇場に選ばれ)ですら、インテンダントは資金難を嘆いてるし。フランダースでもオペラとバレエが合併ですか。アムステルダムもそうなんですよ。合併は時代の趨勢で仕方ないのでしょう。何はともあれ、バレエもオペラも生きながらえてもらいたいものです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧