『ベリー公の美わしき時祷書』展とフランドルの細密画展@パリ

装飾写本および細密画フェチにとってはたまらない展覧会が、現在、パリで2つ同時に開催
されている。
ルーブルでの『ベリー公の美わしき時祷書』展(4月5日から6月25日まで)と、フランス
国立図書館でのフランドルの細密画展(3月6日から6月10日まで)である。

c0188818_19551224.jpg

              フランス国立図書館でのフランドルの細密画展


ルーブルで見られるのは、NYのメトロポリタン美術館所蔵のランブール兄弟による『ベリー公の
美わしき時祷書』より、47枚。これは、なかなか、めったにある機会ではない。
なにしろ、普段は本の形で綴じられているから、一度に見られるのは見開きのページだけだ。
複数のページを一度に拝めるのは、修復のためにページをばらばらにした時のみ。
世紀のご開帳といっても過言ではない。

しかし、『ベリー公の美わしき時祷書』展は、過去にオランダのナイメーヘンでもあった。当地は
作者のランブール(リンブルフ)兄弟の出身地で研究のメッカ(?)でもある。
2005年に一家揃って、展覧会を観に行った。探したら、カタログも出てきた。
その時ご開帳されたのは、17枚であるから、今回のルーブルでは3倍近い。大盤振る舞いである。
ナイメーヘンのランブール兄弟協会サイトで確かめると、2005年の後、2009年にLAのゲッティ
美術館、2010年にNYのメトリポリタンと巡回して、今年のルーブルが本当に最後の機会である、
という。愛好家なら、絶対に見逃すことは許されない。(しかし、虫干しにしてはずいぶん長いこと
かけて巡回しているものだ。)

不思議なのは、この分野の愛好家は日本にも結構いるはずなのに、ルーブル美術館の日本語
サイトには、全く出てこないし案内されていない。フランス語サイトだったらトップの案内に出てくるし、
そこから英語ページに飛ぶことも可能だ。
日本人はどうせモナリザと記念撮影したいだけなんだから、と思われてるんだろうか?

ルーブルのサイトには、フランス語でも英語でもこの展覧会についての説明は少ないが、リンク先
アメリカ人のブログがすごい。英語だし図版が豊富。
今回の展覧会には、メトロポリタン所蔵の時祷書以外に、Petites HeruresとTres Belles
Heures de Notre Dame(フランス国立図書館所蔵)からの装飾写本・細密画も展示される。
ナイメーヘンでの展覧会でも似たテーマの各地の細密画が展示されていたので、今回は何が
見られるんだろう、とわくわくする。


また、ほぼ同時期に国立図書館(ミッテラン館)に、フランドルの細密画展をぶつけてきたのは
偶然とは思えない。この展覧会は、昨年、ブリュッセルの国立図書館で開催されたもので、なぜか
見逃した。サイトには、だから、その時作られたものと思しいオランダ語(およびフランス語)の
ヴァーチャル展覧会ページがある。歴史的背景説明および様々な細密画が載っていて圧巻。
[PR]
by didoregina | 2012-04-18 12:57 | 美術 | Comments(8)
Commented by fumieve at 2012-10-24 01:46
ううう・・・すみません、今頃この記事に気がついてしまいました・・・ああ・・・これは行きたかった・・・涙・・・
と言いつつ、少なくともベリーの時祷書の展覧会のほうは、こちらの何かのメディアでも見かけた気がします・・・あああ・・・大後悔です・・・。
Commented by レイネ at 2012-10-24 15:42 x
fumieveさま、この手の展覧会はめったになく、見逃すと一生の不覚になるので、会期よりも早めにブログ記事にして皆様の注意を喚起しているのですよ。わたし自身も、電車の切符も買ってあったのに大雪のため「クレーブのカトリーヌの時祷書」展を見逃したという、痛恨の思い出が。。。
パリには日帰りで両展覧会を観に行きました。コメント欄のわたしの名前にリンクを張りましたので、クリックするとその記事に飛びます。ご高覧下さい。
Commented by Vermeer at 2013-06-16 21:30 x
同じ図案家と見られている『貴婦人と一角獣』の6連作タペストリーが一挙に来日中で、展覧会に行って来ました。
貴婦人とユニコーンという主人公のみならず、鳥や動物、花や樹といった様々な装飾のシンボライズする意味も考えながら、真にヨーロッパの薫り高い美術展でした。オードリー・ヘップバーンの吹き替えで有名な池田昌子さん(世間的には『銀河鉄道999』のメーテルらしいですが、これとて30年前?)による格調高いオーディオ・ガイドも秀逸でした。

クリュニー中世美術館へはお出掛けになった事がありますか?
Commented by レイネ at 2013-06-17 02:53 x
Vermeerさま、両展覧会とも、かなりの量と質の中世写本・細密画が展示されていましたが、《貴婦人と一角獣》と同じ図案家とみられているというのは、どの絵でしょうか?《フランドルの細密画》ポスターになってるやつかな。
格調高く内容の濃いオーディオ・ガイドのある展覧会はいいですね。

クリュニー美術館に最初に行ったのは30年ほど前だと思います。私にとっては、リルケの《マルテの手記》の記述が印象的で、その確認的意味合いが強かった。
Commented by Vermeer at 2013-06-17 11:26 x
同じ時祷書でも『アンヌ・ド・ブルターニュのいとも小さき時祷書』の画家の方でした。混乱しましたm(_ _)m。訂正します。

リルケの《マルテの手記》の記述が印象的⇒
オーディオ・ガイドでは池田昌子さんが作品解説を、池田秀一さんという『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル(って誰?)の吹き替えだった声優がそのリルケの記述を、分担して語っています。

いちいち文章を眼で追いながら鑑賞するのは骨の折れる作業ですから助かりました。アニメ・ファンにも好評なガイドだそうです。
Commented by レイネ at 2013-06-17 15:53 x
Vermeerさま、ご教示ありがとうございます。《フランドルの細密画展》で展示されていたのは、代々のブルゴーニュ公国君主が作らせた時祷書などの細密画入り写本の数々でした。ブルターニュのアンヌの時祷書もフランス国立図書館に所蔵されてるようですが、昨年の展覧会ではテーマから若干ずれるためか、展示されてなかったと思います。(重くて高いのでカタログを買わなかったのであやふや)
ブルゴーニュのアンヌの方は、公国最後の君主として先祖代々の膨大な写本コレクションを受け継いだので、取り上げられてましたが。

ガンダムって、中高時代流行ってましたがアニメには疎い私。。。
Commented by 浪人生 at 2016-02-10 20:23 x
ベリー公のいとも豪華なる時祷書、展覧会が過去に催されていたのですね…やはり美しいと感じます。ブログにリンクありがとうございました。数年経った今でもリンク切れになっておらず、こちらも楽しめました。末筆ながら突然のコメント失礼しました。
Commented by レイネ at 2016-02-11 16:55 x
浪人生さま、ようこそ、お越しを。
ベリー公が作らせた時祷書には何種類かあります。そのうち一番有名なのは『いとも豪華なる時祷書 Tres Riches Heures du Duc de Berry』(シャンティイ、コンデ美術館)ですが、このブログ記事で紹介の展覧会は『美わしき時祷書 Belle Heures du Duc de Berry』(ニューヨーク、メトロポリタン美術館別館ザ・クロイスターズ)なのです。どちらの時祷書もランベール兄弟による挿絵・装飾で、名前も似ているので紛らわしいのですが。実際に展覧会鑑賞のブログ記事はこちら。
http://didoregina.exblog.jp/18120375/
また、上記2つとは別に『いとも美しき時祷書 Tres Belles Heures du Duc de Berry』(パリ国立図書館、トリノ市立美術館)というものもあり、紛らわしいのですが、こちらはランブール兄弟の手によるものではありませんが、ヤン・ファン・エイクの手になる挿絵も含まれます。そのページは、数年前にロッテルダムで開催されたファン・エイク展に展示されていました。ブログ記事はこちら。http://didoregina.exblog.jp/18658668/

有名な『いとも豪華なる時祷書』は、パリ郊外シャンティー城(コンデ美術館)の図書館に所蔵され、複製が展示されています。ここの所蔵品は館外不出なので、他所で見ることはできません。


『美しき時祷書 Belle Heures du Duc de Berry』
  (ニューヨーク、メトロポリタン美術館別館ザ・クロイスターズ)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧