プレガルディエン指揮の『ヨハネ受難曲』@アントワープ

受難曲のシーズンである。オランダ中いたるところで受難曲のコンサートがある。それなのに、
わざわざアントワープまで、『ヨハネ受難曲』を聴きに行ったのは以下の理由による。

1、アンドレアス・ショルが参加する。生の歌声を聴くチャンス。
2、テノール歌手のプレガルディエンが初めて指揮する。
3、次回のコンサートのための、ホール下見。

コンサート・ホールのデ・シンヘルには一度行ったことがある。しかし、自分で車を運転して行く
のは初めてだ。誰か助手席に座ってくれたら心強い。同行者を募ると、バロック合唱曲好きの
Nが喜んで参加表明してくれた。彼女とは、大体1年に1度位の割りでいっしょにコンサートに
行っている。

平日夜8時開演のコンサートだから、遅くとも6時にはマーストリヒトを発ちたい。家からコンサート
ホールまでは110Kmだから順調に行けば1時間ちょっとの距離であるが、着くまでに何が起こる
かわからないから、余裕をみておく。どうせだから、向こうで夕食をとることにして4時に出発した。
これは、正解であった。

デ・シンヘルから、「8時きっかり開演で、公演時間は2時間10分の予定。休憩なし」とのメール
が届いた。途中入場不可、と注意を喚起しているのである。

マーストリヒト市街を抜けて国境近くまで来たら、道路工事中で先に進めない。かなり逆戻りに
なる迂回路で別の国境を通ると、今度は高速に乗るまでの距離が長くなった。
そして、アントワープに近づくと、案の定渋滞の時間帯である。ホールに着いたのは6時だった。

ホール付属のグラン・カフェは混んでいた。天井が高く四方がガラス張りのせいか、賑わいが
うそのように音がこもらない設計になっている。

c0188818_219401.jpg

         まずは、ビールで乾杯。アントワープの地ビールのデ・コーニンク。
         通はボルケと言って注文する。グラスに描かれた手はアントワープの
         シンボルだ。
         グリーン・アスパラとキノコをトリの胸肉で巻いたルーラーデ。
         ナスとマッシュルームのソテーの上にマッシュ・ポテト。トリュフ
         ソースが効いている。根菜数種の薄切り揚げ。メイン一皿が
         16ユーロは、マーストリヒトではまずありえないほど安い。


注文や給仕はてきぱきしているのに、お勘定となるとやたらと時間がかかるのが毎度ながら
不思議である。お金を受け取るのがそんなにいやなのか、それとも単純計算が出来ないのが
恥ずかしいから避けるのか、と勘ぐってしまう。しかも、勘定書きにはビール3杯となっている。
クレームを言うと、給仕は逃げ腰になってしまい、埒が明かない。マネジャーは見てみぬふり。
オランダ人だったら、いかにもベルギー!とあきれるところであるが、どこの国でもよくあることで
ある。
女性2人で2杯しか飲んでいない!と言い張ると、疑い深そうな目で「本当ですか?」などと
言い放ち、新しい勘定書きを作るのに時間がかかる。今度は計算が間違っていて安くなりすぎて
いるが、もう時間が無いから、これでいい、とチップは渡さずに出てきた。こういう接客態度だと、
チップも取りはぐれるのである、と反省・学習できただろうか。

Johannes Passion @ De Singel Antwerpen 2012年3月22日

Le Concert Lorrain   オーケストラ
Nederlands Kamerkoor 合唱
Christoph Pregardien 指揮
Ruth Ziesak ソプラノ
Andreas Scholl カウンターテナー
James Gilchrist テノール(福音史家)
Eric Stoklossa テノール
Yorck Felix Speer  バリトン(キリスト)
Dietrich Henschel バリトン(ピラト)


デ・シンヘルの大ホールに入るのは初めてで、どの座席がいいのかわからないまま、チケットが
売り切れになる直前に買ったので、座席選択の余地は前の方の隅か後ろ~の方しかなかった。
ショル兄を真近で見て聴きたいから、3列目を選んだ。初利用客ディスカウント券というのを使うと
5ユーロ割引で、手数料・送料込みで29ユーロになった。オランダではありえない値段である。

舞台がやたらと横に広い。客席も同様である。変則の小さなバルコン席が下手側にちょっとだけ
張り出しているが、基本的に平土間から緩やかな階段状に座席が設置された、前世紀中ごろなら
モダンだったかもしれないようなホールである。ベルギーのホールはどこもこんな感じで、音響云々
以前のところが多い。

古楽オケなので小編成で、3列目下手側だと4人の第一ヴァイオリン奏者達の背中を見るような
位置になる。
合唱団はオケ後方に2列で女声高音から並んだ配置だ。
指揮者プレガルディエンの前、オルガンを挟んで左右に福音史家とピラト役のバリトンが座っている。
その他のソロ歌手は、上手側の椅子に腰掛けている。だから、ショル兄が目の前に来るのは、
舞台を横切って登場・退場するときだけだった。

この古楽オーケストラは名前も音楽も聞くのは初めてだ。その名の通り、フランスとドイツ混成の
ようである。
かなり緊張していたようで、出だしのオーボエが冴えない音色だったのが非常に残念。
それ以外は、特に可もなし不可もなしと言う感じで、あまり印象に残るところのない演奏だった。

それに対して合唱はオランダ室内合唱団で、余裕綽々で隙がなく上手い。とにかく安心して
聴いていられるし、聴き終えるとやっぱりうまいな~と感心してしまうのだった。ベルギーには
コレギウム・ヴォカーレ・ヘントという私的にトップだと思えるめちゃウマ合唱団が存在し、ヨハネ
CDも彼らのを繰り返し聞いていて耳に馴染んでいる。しかし、オランダ室内合唱団も、かなり
互角に張り合っているのである。両方のヨハネを生で聞き比べてみたい、と思った。

プレガルディエンがなぜ受難曲を指揮してみたいと思うようになったか、というインタビューがあった。
「テノール歌手として『ヨハネ』の福音史家役は25歳の時から100回以上歌っています。
元々、ロマン派音楽をレパートリーとしている私がこういう宗教曲を歌うときには、自分自身の中で
解釈上様々な問題が起こり、それを毎回楽しんでいたという部分があります。(中略)洞察が深く
なるとともに、『ヨハネ』を他の人が自分が理想とするのと異なる方法で歌うのを聴くと違和感を
覚えるようにすらなりました」
つまり、理想の『ヨハネ』を追求するあまり、自分で理想のオケや合唱団、キャストで演奏したいと
思うように至ったというわけだ。

ソリスト選びに関しても、理想の歌手のリストを作成して、各パートごとに2,3人の名前を挙げて
いた、という。それで、リストの上から片っ端にプレガルディエン自身が電話をかけていった。
すると、全員が即迷うことなくプロジェクト参加の意思を表明したと言うのだ。
つまり、ソロ・パートに関しては、プレガルディエン理想の歌手が集結したわけだ。

さすがに、指揮者自身が選んだソリストだから、ある意味でまとまりがあった。
まず、1人を除いて、全員がドイツ人である。その1人が、福音史家役であるのが、意外というか
ご愛嬌と言うべきか。
その福音史家役のイギリス人テノールのジェイムズ・ギルクライストは、堂々たる貫禄の声で
ニュートラルなナレーターではなく率先して劇を作り上げて行った。最後には感極まって絞り出す
ような声で、まるで義太夫節を歌うような感じであった。または、無声映画の弁士のよう。

ソロ歌手では、もちろん、ショル兄に注目である。
なにしろ、今回は、目の前でマイクなしの生の声を聴くことが出来るのだ。
『ヨハネ』のアルト・パートは、軽やかなアリア2曲で、あくまでもさわやかさが強調されている。
無理せずに気持ちよく歌える曲だから、その歌手の地というか素の部分が否応無く現れそうである。
ショル兄の生の声は、あの立派な体格から比するとちょっと頼りない感じがしたのものの、バッハには
合っていた。ソロ・パートが少ないのは残念だが、それ以外でもコラールではいっしょに歌っていた。
まあ、とにかく、生の歌声を聴きたいという念願は叶った。予想通りの、ちょっとオペラ舞台ではもの
足りないだろうな、と思える声量であった。でも、軽やかに歌い上げるショル兄の声を聴けて満足した。

予想外によかったのは、ディートリッヒ・ヘンシェルだ。
11月に彼がモネ劇場で『オイディプス』のタイトル・ロールを歌うのを聴いている。青年から成年
を経て老年までのオイディプスの生涯を描いたオペラで、複雑な役割の歌い分け・演じ分けが上手
かった。
ちょっと斜に構えたニヒルな悪役が似合う面構えの、苦虫を噛み潰したような顔でピラトの複雑な
心境を、しかし淡々と歌う。それが、まあ、なんともピッタリなのだ。思わぬひろいものだった。

プレガルディエンの指揮ぶりは、熱血熱演という感じでいかにも理想を追求している風であった。
思い通りの『ヨハネ』演奏が実現できて満足だったろう。
来シーズン、彼はエイントホーフェンで『冬の旅』のマチネ・リサイタルをプレスラーの伴奏で行う。
聴きに行こうと思っている。


帰りに車に乗ろうとすると、「まあ、オランダからわざわざ聴きにいらしたの?すごいわ、熱心な
音楽愛好家でいらっしゃるのね~」とベルギーのおばちゃんから感心された。
この面子によるコンサートは、オランダではアムステルダムのコンセルトヘボウのみの公演である。
そちらに行くには片道3時間かかるから、ベルギーの方がずっと近いのだが、それは黙っていた。
[PR]
by didoregina | 2012-03-29 16:26 | コンサート | Comments(14)
Commented by アルチーナ at 2012-03-30 09:58 x
おお!今度はショルの生の声が聴けて良かったですね。
やっぱり彼は宗教音楽がいいのでしょうね。
ジェイムズ・ギルクライストもちょこっと気になっておりましたが(とは言っても彼の歌をどこかで聴いて気になっていた訳ではないのですが・・)
義太夫か弁士か、という歌いっぷりなんですね。
プレガルディエンの指揮っぷりにあっていそうな感じですね。

料理も美味しそうです。給仕はいただけなかったようですが・・・
Commented by レイネ at 2012-03-30 15:58 x
アルチーナさま、ショル兄の生の歌声をようやく聴くことができて、念願が叶いました。やはりバッハは彼の声にも歌い方にもぴったり。
全体的によくまとまった演奏会でした(オケだけちょっと無色無臭で透明すぎ)が、聴いた後で即記事にすればよかったのに、一週間経つので記憶が薄れてしまって。。。(その後、DNOでオペラ鑑賞したし)

ベルギーは不味い食べ物に当たる確率の非常に低い国です。(今までに1度だけ)
Commented by REIKO at 2012-03-30 21:02 x
熱血熱演のヨハネでしたか、う~~~ん・・・私的にはそういう受難曲はちょっとナニなんですが、歌手の指揮といえば以前ペーター・シュライヤーの「マタイ」を聴いたことがありました。
(福音史家も兼ねてたような記憶が・・・もうワンマンショーみたいなもんですね)
やはり熱血でしたね~(笑)
ロマン派的というか、自己の解釈を露骨に主張するタイプの演奏でした。
長時間の熱演には拍手でしたが・・・。
歌手ってやっぱり自分が「主役」じゃないと気が済まないんじゃないでしょうか?
縁の下の力持ちで、常に全体に目(耳か?)配せしながら演奏している、通奏低音楽器出身の指揮者とは、対極の傾向があるのかもしれませんね。
Commented by hbrmrs at 2012-03-30 21:14 x
こんにちは。なんだか、コンサートの鑑賞記よりも、カフェの給仕とのやり取りの方が、面白いです(笑)。私も海外旅行で、「どうして『チェック・プリーズ』とお願いしてから、そこから更に待たされるのだろう」と、いつも不思議に思っています。なんでなのでしょうかねえ・・・。

ディートリッヒ・ヘンシェルは、いい歌手ですよね。それほど何度も聞いてはいませんが、5年前のネザーランドオペラ(アムステルダム)でR・シュトラウスのカプリッチョ(フラマン役)を歌ったのがとても印象に残っています。レイネさんは行かれましたか?


Commented by 名古屋のおやじ at 2012-03-30 21:40 x
私もヘンシェルは、いい歌手だと思います。気に入っているのはアーノンクールの棒でチューリッヒで録画した「ウリッセ」。まだ無名時代のカウフマンが彼の息子役だったわけですが、これを初めてみたとき、ここに21世紀初めのローエングリンがいると、すぐに思いました。
Commented by レイネ at 2012-03-30 22:32 x
REIKOさま、なるほど、歌手出身の指揮者だと熱血的解釈になりやすいと。それで、合唱やソロ歌唱に比べてオケの音が霞んでしまったのも納得。
去年聴いたシャインの『イスラエルの泉』では、ステファン・マクラウドがバス・パートを歌いつつ指揮もしてるのでびっくりしました。
通奏低音楽器出身の指揮者といえば、即思い浮かぶのはルセですが、アイム女史なんかは熱血タイプですね。彼女の場合、自分のオケ以外の指揮では空回りしちゃうこともあるそうで。。。
Commented by レイネ at 2012-03-30 22:41 x
hbrmrsさま、すみません、音楽のことを書くのは難しくて、上手いとか好みの声だわ、とかその程度の感想になってしまいました。
勘定に時間がかかりイライラするのは毎度ですが、開演が迫ってると焦るし頭にきちゃいます。

ヘンシェルは、派手さはないけど、本当にいい歌手。何か他の演目でも聴いてるはずなんですが、思い出せません。DNOのカプリッチョは残念ながら見てません。
hbrmrsさんのGWのヨーロッパ遠征演目が気になります。
Commented by レイネ at 2012-03-30 22:49 x
名古屋のおやじさま、ヘンシェルって、老けて見えるけどわたしより年下なんだわ。。。ショル兄と同年くらい。それでカウフマンが彼の息子役だったって、昔から老け役専門?ダークな声のこの二人が親子だと、なんだか暗~い家族になりそうです。
ソロ歌手をほぼドイツ人でまとめてるのと、いかにも古楽系っていう人ばかりを集めてないのが、プレガルディエン好み?
Commented by hbrmrs at 2012-03-31 14:01 x
レイネさま
先の私のコメントですが、「音楽のコメントが面白くない」ということでは、けっっっっっしてありません(汗)。単に、給仕さんとのやりとりが自分の身にも覚えがあって共感しただけでございます。どうもすみません。

むしろ、レイネさんの鑑賞記は、変に通ぶらずに、好みをストレートに打ち出していて、読んでいてこちらも微笑ましくなります。
Commented by レイネ at 2012-03-31 16:59 x
hbrmrsさま、どうぞお気になさらずに。おっしゃることわかってますから。
でも、今回の『ヨハネ』は結構気を入れて予習・復習に励んだのですが、時間が経ちすぎて実演の印象が薄れてしまったので、それ以外のことでお茶を濁したんです。友人の隣に座ってた人は、楽譜を持ち込んで色々と書き込みながらの鑑賞だったそうです。こういう人を見習わなきゃね(<-ウソよ)。歌詞と対訳その他も事前にプリントアウトしたのに、持ってくのを忘れてしまったし。。。
次回は、趣を変えて、通ぶった感想を書いてみますね。(出来るか?)
Commented by Mev at 2012-04-02 18:48 x
実は私も先週アントワープに行きました。母と妹と3人で電車で。クルマだとどうしてもアントワープ市内のような都会を自在に回れる自信がなかったので。 家族の望みはカテドラルとルーベンスの家だけだったので駅から徒歩ですぐ。市内は地下鉄工事でもしているのかあちこち掘り返しており、クルマで来たら大変なところでした。電車で正解でした。ちょっと入ったカフェのランチも最高に美味しかった(それに安かった!)です。ほんとにベルギーはいいところですねぇ。って本題はショルのヨハネではありませんか。すみません。私は行けなかったのですが、これは聞いてみたいなあと思いました。次回のチャンスがあればこんどこそと思います。今年はとりあえずヴォカーレ・ヘントのマタイに行こうと思います!
Commented by レイネ at 2012-04-02 19:35 x
Mevさま、アントワープもブリュッセルも電車で行くのが正解ですね。前者はトラムが走ってて怖いし、後者は起伏があるので方向感覚がおかしくなり、目的地にはなんとか着けても帰りはトムトムは絶対にフリーズするし、なかなか市街から外に出られなくなる。。。
ベルギーは、コンサート料金も安いのが魅力。でも、ホールの音響はどこもイマイチ。オペラは、来シーズンからモネ値上げDNO値下げで、値段は似たような設定になります。

コンヘボでは、このところ連日、受難曲コンサートですね。その中でも、ヘレウェーヘ指揮ヴォカーレ・ヘントと無敵の布陣であるソリストの『マタイ』に行かれるのよね!いいなあ。
Commented by 守屋 at 2012-04-09 20:14 x
こんにちは。プレガルディーンが歌わないのなら、と思いつつもイギリスにだけ来ないのはどうしてなのかと。ロンドンでは、ウィグモア・ホールとの関係が良好のようで、2013年も彼のリサイタルが予定されています。できれば、プレガルディーンをオペラでみてみたいのですが。
Commented by レイネ at 2012-04-10 04:00 x
守屋さま、このメンバーでヨーロッパ各地(数カ国の13箇所)のツアーしてますね。イギリスでは『受難曲』がどの程度まで市民権を得ているのか判らないのですが、オランダだと、この時期コンヘボだけでも2週間で14の『受難曲』コンサートがあり、各地の教会やコンサートホールでも連日、アマ、プロ問わず『受難曲』が演奏される、というラッシュなので、プレガルディエン指揮のもその一つの選択肢になってたわけです。
来シーズンは、彼のシューベルト歌曲を聴くのが楽しみです。でも、オペラ出演ってあるのかしら?


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧