飛龍のごとく、セイル・アウェイ!

暖冬から一変して、酷寒と雪のヨーロッパ。
窓の外の雪を愛でつつ、一年の休暇予定を立て、予約しないといけないものは予約した。

c0188818_1703954.jpg

         ピアノのレッスンのあるお城の玄関ホールからの眺め。
     
予約しないといけない、というのはチャーター・ヨットの割引が大体1月末までだからだ。
この十年近く、我が家のヴァカンスといえば、セイリング中心である。

4月に主人は、恒例の北海セイリング・トレーニング(耐寒訓練とわたしは呼ぶ)を行う。
オランダ北東部のフリースランド州ハーリンゲンから、アイセル湖とワデン海を経て、イギリスの
ハリッジまで北海を横断し、ラムズゲイトとドーヴァーに寄港して、フランスのブーローニュまで
海峡を渡るルートを一週間で走破という、わたしには考えただけで身震いのくるプランである。

6月には、HとTのクルーザー・ヨットで、オランダ南西部のゼーランド州から、北海をベルギーの
海岸沿いに南下して、フランスのノルマンディーまでセイリングして戻ってくる予定だ。
一応予定では、彼らの友人の別荘のあるノルマンディーまでということになっているが、風向き
しだいでは、航路を変更してイギリスに渡ることになるかもしれない。
あまり無理はしたくないので、10日から2週間の余裕を見て休暇をとってある。

今回は、わたしもケータリング・クルーとして同行する。34フィートのヨットに夫婦二組の大人4人
だから、人員構成としては丁度いい。ただし、狭い空間に四六時2週間近くいっしょに過ごすことに
なるから、よっぽど気があう人同士でないと辛いものがあるだろう。
また、北海セイリングは地中海とは全然別物であるから、着るものもしっかり準備しないといけない。
それにお金がかかるのが辛いところである。
コースタルまたはオーシャン仕様のジャケット、ズボン、ブーツ、浮力の高い自動膨張式ライフ
ジャケットその他を揃えると、ボーナスも一度に吹っ飛ぶ。比較的需要が少ないから、元々高価な
上にバーゲン割引率も低いのだが、命に関わるものだけに、ケチるわけにもいかない。

c0188818_1712121.jpg

         お城の周りの堀にも氷が張っている。


そして、夏のヴァカンスには、一家全員でクロアチア南部を2週間セイリングすることに決めた。
イタリアのナポリ南部にあるサレルノからシチリア島近くまでのワンウェイ・セイリングというのも
魅力的で、色々比較検討したのだが、スプリットからドゥブロフニクまで島々を回るコースのフロ
ティッラに参加することにした。これで、クロアチアの海岸線は北から南まで制覇することになる
はずだ。
クロアチア南部には有名な観光地が多いので、ナポリ以南のイタリアよりもずっと物価が高いが、
ヨットのチャーター代金は、フロティッラのメッカであり、マリン・スポーツのインフラ充実に力を入れて
いるクロアチアの方が断然安い。イタリア南部では、多分来年セイリングすることになろう。

チャーターするヨットを詳しくチェックしていると、色々と問題点も見えてくる。
4人家族なら最低でも34から36フィートのヨットを借りたいところだ。
イタリアではサローネ34というのが魅力的なお値段だった。しかし、このヨットの設計図を見ると、
メインセイルのブームがとても長く舵の近くまで来るため、ビミニという日除けが舵手の頭を覆うだけ
になり、航行中、他のクルーは日に焼かれることになりそうだ。
以前、クロアチアでやはり34フィートのレース・タイプのクルーザー・ヨットを借りたときにもビミニが
非常に小さくて、日陰争奪戦が熾烈だった。その苦しみを思い出し、サローネのビミニの大きさを
問い合わせたら、やはり小さいということがわかった。残念だが、このヨットは避けよう。
そうすると、イタリアではあまり小さなヨットのチャーターがないので、値段が一挙に上がる。

地中海でのフロテッィラでは自然の湾に投錨することが多いので、錨のチェーンの長さも重要だ。
強風時でもしっかりとヨットを固定するために最低50メートルは欲しい。ところが、やはり以前、
エルバ島でヨットをチャーターしたとき、最初の30メートルは鉄の鎖だが残りはロープになっていた
ことがあった。
これも借りる前にチェックしたい点であるが、そういう細かい情報はなかなか事前に知ることが困難
なのである。

結局、クロアチアで借りるのは、32フィートのサン・オディッセイというフランスのメーカーのヨットに
決めた。大人4人ではちと窮屈だが、お値段はぐっと安くなる。
島々を巡り、入り江に投錨し、たまには大きなマリーナにも係留し、トロギール、スプリット、
コルチュラやドゥブロフニクなど元ベネツィア領の美しい町に上陸することになるだろう。子供達も
自然美を堪能するだけでは満足せず、ヴァカンスでも町が恋しい年頃である。


ヨットのチャーター予約が済んだところで、別の会社のブロシャーを見ると、カリブ海フロティッラが
あるではないか。マルチニックからグレナディンまで、フランス領や英国領の島々を2週間自分で
ヨットを操舵してセイリングする。11月ならお値段もほどほどだ。いつか、こちらにも飛んでみたい。
[PR]
by didoregina | 2012-02-06 09:54 | セイリング | Comments(2)
Commented by Mev at 2012-02-06 23:37 x
わー、またまたゴージャスなセイリングバカンスの連続! そうなんですよ、ヨット用品ってちらっと見たことありますが、なんでこんなに高いのかと目の玉が飛び出ました。でもそうなんですね、命をあずけるものだということで、品質は間違いないからやっぱりみんな高くても買うのですね。わかりました。 それにしても羨ましい!
Commented by レイネ at 2012-02-07 00:34 x
Mevさま、一生ものだと思って、涙を呑んでいいものを手に入れます。。。でも、北海やオランダ国内でも寒い時期のセイリングなんて1年に一度するかどうかなので、自分自身で納得しきれない。。。

ところで、昨晩、ショル兄のバッハ・コンサート@コンヘボでしたよね。レポを楽しみに待ってます!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧