イアン・ボストリッジのリサイタル@デン・ハーグの新教会

デン・ハーグまでイアン・ボストリッジ博士のシューベルトを聴きに行った。
マーストリヒトから電車で片道3時間弱の距離である。

日曜日にオランダ鉄道(NS)を利用するのは非常にリスキーなので、できるかぎり、なるべく
避けたいところだ。
なぜかというと、毎週末、必ずどこかで保線のため線路が閉鎖されているからだ。
それで、恐ろしいほどの回り道ルートになったり、一部区間はバスを代替運行させたりする。
しかし、アムステルダム、ユトレヒト、デン・ハーグ、ロッテルダムなどの都市は家から遠いので、
日帰りしようとするとマチネ・コンサートを狙わざるを得ない。だから、わたしの乗る電車のルートが
丁度その日保線に当たるかどうか、目的地まで一体何時間かかるのか、運を天に任せるしかない。

c0188818_17461894.jpg

            会場は、デン・ハーグの新教会

ボストリッジ博士のコンサートに行くのは初めてだ。今までなかなか縁がなかったのは、マチネしか
狙えないという理由に尽きる。だから、今回のマチネ・コンサートへは万難を排してでも行くべきだ。
そして、その価値は十分以上あった。

c0188818_17472473.jpgIan Bostridge & Julius Drake
2012122@Nieuwe Kerk Den Haag

Franz Schubert (1797 - 1828)
Wehmut
Der Zwerg
Nacht und Traume
Der Musensohn
An die Entfernte
Am Flusse
Willkommen und Abschied
Wandrers Nachtlied II
An die Leier
Am See
Im Haine
Erlkonig

pauze



An den Mond I
Nahe des Geliebten
Nachtgesang
Liebhaber in allen Gestalten
Meerestille
Auf dem See
An Mignon
Erster Verlust
Ganymed
An Schewager Kronos
An den Mond II


この教会へ足を運ぶのは始めてであるから、音響等、色々チェックしたい。

c0188818_17581892.jpg

            1656年の中央構造式のプロテスタント教会。
            1970年代より、教会としての機能はなくなり、
            コンサート会場、結婚式場、その他バーティ用に。

右手脇の狭い入り口から入ると、チケットもぎが立っている、そこから階段を下りて行く。
すると、地下がクローク兼フォアイエになっている。階段の途中には、トイレもある。

c0188818_183795.jpg

       30分以上前に入場したので、がら空きのフォアイエ。
       チケット代金35ユーロにはコンサート前のコーヒー・紅茶込み。

ここまでの印象では、教会とは思えないほどコンサート会場としての機能がしっかりしている。
地下は暖房も効いてるし、人が集まれば熱気がこもる。コートはクロークに預けた。一抹の不安を
感じたのだが、地下は暖かかったのだ。

カーテンの奥に、コンサート・ホールへ続く階段が隠されていて、15分くらい前に開いた。
再び階段を上がって、教会内部へ。座席には全部番号がついているからあわてる必要はない。

c0188818_1894338.jpg

          階段を登ると、あっと驚く。正面に立派なパイプオルガンと
          シャンデリア。そして、壁面・窓・天井には、プレキシ・ガラスと
          木のパネルを組み合わせた音響板が吊り下げられている。

教会内部は、500人くらい座れそうで、天井が高く、ひんやりしている。
プロテスタントの教会だから装飾はシンプルだが、建物自体はどっしりと立派な造りである。

c0188818_1814327.jpg

           天井の木の組み方が美しい。

こういう天井だから、音響をよくするためにパネルで補う必要があるだろう。
壁面のガラスは波打った形態で4層構造になっていて、水平の木板が間に嵌め込まれている。
それらのモダンな形態が、教会のインテリアにマッチしていて美しい。

c0188818_18202158.jpg

           説教壇の下がステージ。ピアノはスタインウェイ。
           後ろにある窓の赤いカーテンの前にも波状プレキシ・
           ガラスの音響版が下がっている。

わたしの座席は平土間下手6列目隅で、階段に近い。他に選ぶ余地がなかったからいたしかた
ない。この教会だったら、段差があり高くなっている中央後方がベストだろうか。


ボストリッジ博士とピアニストが登場した。
シューベルト歌曲のプログラムということしか事前に知らされていなかった。直前まで日本で
ツアーを行っていたから、同じ『白鳥の歌』かな、と思っていた。
前半は、1,2,3曲目がフォン・コリン、4,5,6,7,8,12曲目がゲーテ、
9,10,11曲目がフォン・ブルックマン作詞による曲で、日本ツアーとは異なるプログラムだった。

特に前半の曲には、情熱的なメロディーが多いので、博士の熱演にも力がこもる。
CDで聴く博士のシューベルトには、時に鬼気迫るものも感じられるが、実演を目の当たりにすると
なるほど、パッションとはこういうことか、と思えた。シューベルトの生涯には博士自身、並々ならぬ
シンパシーを抱いているようで、胸の思いをありったけ表現して聴衆に訴える。その専念と集中力とが
真摯な態度と相まってこちらに迫って響いてくる。
彼の歌声には、低音の方に魅力がより感じられた。特に10,11曲目では、熱演のあまり喉に疲れ
が出たのか、高音がずいぶん弱くなって、あれっと思ってしまった。
しかし、それは、前半のフィナーレ『魔王』に備えるための前哨戦であったのだ。
1人オペラのようなこの曲を、それぞれの人物になりきって、声も絶好調で歌い終えた。

ところで、博士のパフォーマンスは多動ということで有名らしい。つまり、歌いながら思わず発散
される感情を抑えきれずに舞台で動き回ったり、顔芸も出てしまうというわけだ。
それにはさほどびっくりはしなかったが、前の列にADHDおやぢがいて、そいつの多動が邪魔
だった。配布された歌詞を読んだり舞台に目をやったりと忙しく、大体2秒ごとに頭を動かすのである。
それに耐えられず、曲間に一番隅の座席に移動した。隅だと寒さが身にしみる。コートを預けて
しまったが、次回はショール必携であると学習した。

c0188818_18501047.jpg

          フォアイエは地下だから、壁には墓石が残っている。

階段に一番近い席だったので、休憩のフォアイエにはほぼ一番乗りだった。休憩中のドリンクも
チケット代金込みである。赤・白ワインやジュースやソフト・ドリンクが盆の上に用意されている。
それでカウンターが混み合わず、いらいらすることなく、休憩時間中に飲み終わることができる。
近年、オランダ各地のコンサート・ホールで行われているサーヴィスであるが、マーストリヒト、
ヘーレン、そしてベルギーではどこでも(多分)このサーヴィスがないから、関係者各位には、
システム導入の検討をしてもらいたいものである。

後半のプログラムは、オール・ゲーテである。そして、前半とは対照的に、静かなメロディーの曲
が多い。しっとりと聴かせる歌である。喉の調子も乗ってきたようで、声に滑らかさが増した。
それでも、切々と訴えかけるというよりは、情感抑えがたく声も大きくなり、怒りに近いような顔付と
動作もついつい出てしまう博士であった。シューベルトの歌曲において、喜びの表現というものは
封印すべし、という金科玉条を持っているのか、とも思えた。

主人は、ボストリッジ博士のドイツ語に感心していた。発音が正確でわかりやすいので、てっきり
ドイツ語ネイティブだと思ったらしい。そして、全部暗譜で歌っていることも凄い、と言っている。
あれだけの歌詞を全部憶えられる頭脳は、只者ではない、と。
そういう技術・頭脳面だけでなく感情面でも、情感溢れる博士の歌唱にはびっくりしていたようだ。
また、例の多動おやぢは、どうも知能的障害がありそうな感じだったのだが、博士の歌に感極ま
って溢れた涙をぬぐったりしていた。

観客はもちろん総立ちになり、ブラヴォーも飛んだ。
アンコール曲は、『鱒』と『月に寄す』第二作。これは、かなりのサーヴィスではないだろうか。
そして、ようやく、博士の顔に笑みがもれたのだった。
全曲歌い終わって、緊張がほぐれたのだろう。ご苦労様、そしてありがとうと労いたくなる熱演と
力唱であった。

会場の音響面では、不足や不具合は感じられなかった。まあ、歌手1人とピアノだけであるから、
器楽合奏や合唱とは比べられないが、多分、モダンな音響パネルを駆使しているから、コンサート
会場としては悪くないのではないかと思える。
[PR]
by didoregina | 2012-01-24 11:24 | コンサート | Comments(6)
Commented by galahad at 2012-01-24 21:34 x
博士は好調のままオランダに行かれたようですね。
日本公演では『白鳥の歌』+おまけくらいのプログラムだったので、そちらのがとてもうらやましいです。
月に寄す、も2つともですか。それに『魔王』を聴いてみたかったです~!
会場の教会、外観も内装も素敵だと思います。
Commented by Mev at 2012-01-25 03:57 x
イアン・ボストリッジ、素敵だったんですね!なんだかストイックな印象だったんですけど、やっぱりそうなんだー、と笑ってしまいました。 教会で熱演を聴けるなんて贅沢ですよね? 

教会は天井が高いから冷えますよね。 (私もコートは持って入りましたもん。) デンハーグの新教会がコンサートホールのみに使われているとは知りませんでした。うまい使い方ですよね。 
Commented by レイネ at 2012-01-25 04:35 x
galahadさま、名古屋の皆さんと時を分かたずボストリッジ博士の生の歌声を聴くことが出来て、しかもシューベルト歌曲だったので満足です。日本とは全然異なる曲目ってのは予想外でしたが、フルフル・プログラムで、充実度も満点。会場の雰囲気も、こういうリサイタルにはぴったりだと思いました。

>月に寄す、も2つともですか。それに『魔王』を聴いてみたかったです~!

そうそう、大サービスよ、アンコールに『鱒』も歌ったし。でも、贅沢を言えば『セレナード』も実は聴きたかったです。。。
Commented by レイネ at 2012-01-25 04:40 x
Mevさま、ようやくボストリッジ博士を拝むことができて、長年の念願が叶いました。
歌っていないときはストイックな印象ですが、歌いだすと感情表現が実に豊かで。

アムスの北教会にも、暖房は入っていないでしょうね。お互いマチネ公演だったのと、今年は暖冬だから助かりましたね。。。
デン・ハーグの新教会は、コンサート・ホールとして使われるので、友人は去年、五嶋みどりさんのリサイタルもそこで聴いたんですよ。いい雰囲気のホールです。音響もマル。
Commented by アルチーナ at 2012-01-26 14:41 x
わあ!素敵な建物にモダンな装飾&反響板。良い会場ですね!
その上、飲み物までチケット代に含まれているとは!
リートには苦手意識があったし、一度、ヘンデルで博士の歌を聴いていたので聴きには行かなかったのですが、ヘンデルよりもリートの方が良さそうですね~~・・
それにヘンデルではあまり動きまわっていませんでしたよ!
表情の見える席ではなかったので、その辺りはわかりませんでしたけれども・・・
Commented by レイネ at 2012-01-26 16:07 x
アルチーナさま、デン・ハーグの新教会、コンサート会場としては気に入りました。中央駅からも歩いてすぐだし。小規模なので、歌曲のリサイタルにはぴったり。
博士のシューベルトを聴くのは念願だったので、望みが叶ってうれしいのですが、ヘンデルも聴いてみたいものです。CDは持ってるから、生でね。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧