新春は白大島で

このところ、着物を着る機会がずいぶん減ってしまった。
なんと、ウィーン遠征で着たのが最後で、11月と12月は一度も着物でお出かけしていない。
また、今年の新年会は、会場が着物にはまったくふさわしくない場所である。

しかし、アンドレアス・ショルのコンサートには絶対着物で行こう、と思った。
本日は、穏やかな日の光も麗らかで春が遠からぬことを感じさせ、絶好の着物日和である。

初春らしい白大島に決めた。

白大島に対しては特別な感慨を抱いていて、憧れの着物だった。
50歳になったら白大島を誂えたいと願っていた。しかし、高価なものなので躊躇していたら、
大島紬大好きの母から3種類の白大島を譲ってもらえた。

最初の一枚は、数年前のロンドン遠征でサラ様のために着た。
二枚目の夏大島は、昨年50歳になったサラ・パーティで着用した。
そして、三枚目。これはアンサンブルであるから、お正月にぴったりだと思っていたが、
なかなか袖を通す機会がなかった。
わたしにとって、神聖にして犯すべかざる着物である。おいそれとは着たくない。お正月に
相応しいイヴェントがあるまでとって置いたのだ。
ショル兄のコンサートならば、白大島を着るまたとないチャンスである。

着物は決まった。しかし、帯のコーディネートに悩むのであった。

c0188818_19544434.jpg

      最初に思いついたのは、コントラストの強い黒の帯。
      雪輪に源氏香の模様が、冬らしい雰囲気。

なんだか、黒が強すぎるし、つるつるスペスペした大島の質感と合わないような気もする。

c0188818_19571493.jpg

      次に、上とは全く正反対の組み合わせで、
      同系色の刺繍帯を合わせてみた。上品な雰囲気。

白大島には同系色の帯を合わせると、華やかさが増し、しっくり来る感じだ。
帯揚げと帯締めは甘い色にして、白大島のパッキリ潔すぎるイメージを和らげる。

そして、アンサンブルなので、羽織紐もコーディネートしないといけない。

c0188818_203237.jpg

        平たい変わり組(左)か、珊瑚(右)か。

        それとも、

c0188818_204239.jpg

        丸組の珊瑚色(左)か、朱赤(右)か。


羽織を着るなら、帯の配分量が少なくなるから、メリハリをつけるために黒の帯がいいよう
にも思える。
げに、楽しくも悩み多きは、着物遊びである。
[PR]
by didoregina | 2012-01-11 12:12 | 着物 | Comments(10)
Commented by ろき at 2012-01-12 07:37 x
わあ素敵。
黒い帯もきりっと引きしまるし、同系色は優しく華やかで新春らしい。
でも羽織もあるし・・・悩むのも楽しいですね。
実際のコーディネートを見たいです♪
Commented by レイネ at 2012-01-12 16:54 x
ろきさま、お褒め頂きありがとうございます。
着物コーデは、洋服では考えられない色や柄の組み合わせができるし、洋服っぽい同系色にすることも可能だし、悩むのも楽しいものです。
実際のコーデは、とんでもない理由で、写真とはまた違うものに。。。
Commented by galahad at 2012-01-12 22:06 x
白大島もステキですが、刺繍の帯すごく綺麗!
実際のコーデは変わったんですか?
でもお着物はこれですよね。華やかで目をひく姿でしたでしょう。
Commented by レイネ at 2012-01-12 22:21 x
galahadさま、この相良刺繍の帯は、1年半前のウィーン遠征(バルトリ姐とマレーナ様の『セメレ』)締めたもので、さりげなくゴージャスで気に入ってるんです。
でも、なぜか昨日は帯枕が見つからなくて、急遽、別の付け帯に変更。羽織で帯はほとんど見えないし。。。
Commented by マリナ at 2012-01-13 21:03 x
レイネさん、ご無沙汰しています。ドイツのマリナです。
遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。

素敵な白大島!
普段なかなか着れませんね。

私も日本から着物持ってきているのですが、なかなか着る機会がなくて、ずっと着ていないとますまず遠のきます。

今年こそは、日本人主婦友と着物着て出かけようと話しています。
素敵な写真、いつもありがとうございます。
Commented by レイネ at 2012-01-13 21:24 x
マリナさま、こちらこそ、ご無沙汰してます。(ブログは拝見してるんですよ。)今年も、よろしくお願いします。

ようやく、袖を通すことが出来た白大島です。でも、久しぶりだと小物が見つからなかったりして、あせります。

マリナさんも、着物友達がお近くにいらっしゃるのなら、観劇やコンサートにぜひ、どんどん着物でお出かけください。一人より二人、三人だと、楽しさも数倍になりますよ。
Commented by Mev at 2012-01-13 21:55 x
わー、これはめちゃくちゃ贅沢ですねー。 まさしく晴れの日のお召し物という感じですね。 コンサート楽しんでいらしてください!
Commented by レイネ at 2012-01-13 23:12 x
Mevさま、白大島のアンサンブルは、いかにも昭和の晴れ着って感じですが、張り切って、ショル兄のコンサートに行ってきました。
でも、コンサートは、なんだかびみょ~なのでした。。。
Commented by straycat at 2012-01-14 22:46 x
レイネさん、今年もよろしくお願いします。

わー、相良刺繍の帯、アップを見せて下さってありがとうございます。みごとな手刺繍ですね。確かウィーンでは黒っぽい単衣と組み合わせてらしたんでしたっけ?あれも素敵でした。この帯、フォーマル感もあるしちょっとした洒落帯的にも使えるし、すごく使い勝手がよさそう。

私も白大島って帯に悩みます。おっしゃるように黒い帯だとキッパリと分かれちゃって、何だかしっくりこないんですね。
相良刺繍の帯との組み合わせは、華やかで品が良くて素敵ですね。
でもアンサンブルだとやっぱり白っぽくなりすぎるのかしら?悩みますね。
レイネさんがどんなコーディネイトをされたのか楽しみです。
Commented by レイネ at 2012-01-15 01:15 x
straycatさま、本年もよろしくお願いします。今年こそ、日本かどこかで着物でご一緒できたらいいですね。

結局、白大島には全然別の帯を合わせてしまいました。帯枕が見つからなかったせいで、大部分は羽織で隠れてしまうから付け帯ということに。。。。
本当は、straycatさんがお持ちのような明るい南国らしい色合いの紅型帯に合わせたいところなんですが。大島に紅型帯というのが、憧れの組み合わせなんです。いい出会いがあれば、いつか手に入れたいものです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧