オペラ・ストリーミング比較 『サンドリヨン』と『愛の妙薬』

モネ劇場では、今シーズンから全ての演目を公演終了後から3週間限定で、ストリーミング
配信している。
また、バイエル州立歌劇場でも、今年からライブ・ストリーミングを(試験的に?)始めた。
丁度、この2歌劇場からのストリーミングを2日続けて観ることが出来、思うところがあったので、
両者の比較検討の結果を報告したい。

モネ劇場12月公演は、マスネの『サンドリヨン』だった。ロンドンのROHとの共同プロである。
c0188818_04398.jpg

     1月19日までモネのサイトからオンデマンドでタダでストリーミング視聴可。


このプロダクションは、リールとバルセロナでも上演されるようだ。
ブリュッセルでは、主演がアンヌ・カトリーヌ・ジル(S)とリナット・シャハム(MS)、王子役も
ソフィー・マリレー(MS)とフレドリック・アントゥーン(T)のダブルキャストだった。
ストリーミングでは、12月13日と17日の公演を編集したもようであるが、サンドリヨンがソプラノで
王子役がメゾという、極当たり前のキャスティングと設定だった。すなわち、少女のシンデレラと
少年のような王子の思春期の物語になり、フェミリー向け御伽噺として無理がない。
メゾとテノールによるキャストでは、どうしても大人っぽく色っぽくなってしまったろう。

演出(および衣装)がローラン・ペリで、舞台セット担当がバルバラ・ド・ランブールのコンビなので、
御伽噺的オペラにはぴったり、どんな舞台を見せてくれるのかと、かなり期待していた。
しかし、平板な舞台装置とファンタジー不足の衣装、退屈な振付、あまりにステレオ・タイプでベタな
人物設定と演技など、全体の冗長さにあくびが出てしまう仕上がりだった。これは、どうしたことだろう。

c0188818_13455.jpg


赤い表紙に金色の文字の厚くて重いペローの童話の本とギュスターブ・ドレの挿絵が、子供の頃
から印象に残っているので舞台装置に再現したい、というペリの希望通り、舞台の3方の壁と
ドアには、童話の本のページをそのまま投影したような文字で埋められて、文字通り本の中の
世界になっている。

c0188818_1194194.jpg

      ドレ(1832 - 1883)によるペローの「サンドリヨン」挿絵(1897)

舞踏会シーンでは、シンデレラの衣装はノーブルでシンプルな白だが裾の方が灰色になっていて
「灰被り」を連想させるし、招待客の女性は全員赤のドレス姿で、白との対比は鮮やかだ。
しかし、赤のドレスもそれぞれ一枚一枚異なる凝ったデザインなのに、なぜか視覚的インパクトは弱い。
あまりに誇張された演技と振付のためである。穢れがなくてきれいすぎて白けてしまうのだ。
また、コーラス団員の混じるバレエ・シーンも平面的な動きが単調で、コミカルな動作も予想が付き、
呆れるくらい退屈だった。
現実とは正反対の世界である御伽噺を、もやをかけた夢のように見せるのだが、ファンタジーの表現
手法としては、古過ぎるし正統的過ぎる。
苦味も毒の匂いもしない御伽噺そのものの舞台では、21世紀に上演するオペラとしては観客の満足は
得にくい。
19世紀末に描かれたドレの挿絵の方が、よっぽど毒がある。

マスネのこの作品の独自性は、王子の幼児性に対してサンドリヨンの母性が強調された点にある。
贅沢に飽きてメランコリックな世界に閉じこもる王子は母性への憧れが強く、同じく母の愛を知らずに
育った貧しいサンドリヨンは、二人の夢の中では母性そのものの存在になる。サンドリヨンは、恋や
豪奢な生活への憧れより、王子の心を(母性)愛で満たして鬱から救いたいという思いが強い、
聖女的な人物なのだ。
これによって、このオペラは平板なシンデレラ物語とは一線を画した近代的な作品になっている。
それなのに、今回の演出ではその点が曖昧で、王子の寂しい心を救いたいと願うサンドリヨンによる
冒険(少女からの成長)という面がほとんど欠落していた。
クリスマス・シーズンのファミリー向けプロダクションだとしても、舌に甘さだけが残った。

歌手陣に魅力が乏しいのも、つまらなかった一因だ。主役のジルはオードリー・ヘプバーンのように
ノーブルで可憐なのだが、オーラがない。王子役のメゾは、ビジュアル的にまあまあだが、すねてる
ような表情しか出来ない人なので、単調な表現にも飽きる。
歌唱的に一番弱かったのは、魔法使い役のエグリーズ・グティエレスで、高音になると声量が一挙に
少なくなり、迫力不足も甚だしい。妖精らしく煌くような高音部こそ、聞かせどころの少ないこのオペ
ラにあって、唯一楽しめる部分であるはずなのに。


モネのストリーミングは今シーズンから始まったが、これで3作目であり、テクニカル面でもほとんど
不備がないどころか親切なシステムで、快適に視聴ができる。オランダ語とフランス語だけだが、
字幕も選択できる。なによりも、全公演終了後からの期間限定ストリーミングだから、映像は編集も
されているが、好きな時間に見ることができるのがいい。

c0188818_1584849.jpg

               ミュンヘンの『愛の妙薬』

それに対して、モネを見習った、と噂されるバイエルン州立歌劇場からの、ライブ・ストリーミング
は、技術面でお粗末だった。全世界からアクセスが殺到したため(?)か、途中フリーズしたり、
アクセス出来なくなったりしたらしい。
タダだから文句を言われる筋合いはない、と言われるかもしれないが、画質が非常に荒くて不鮮明
だし、音響もオケの音が大きすぎるのに対して歌手の声の通りがよくない。歌手は、ストリーミング
だからといって、特にマイクを使用しているようではなかったから仕方ないのかもしれないが、ライブ
にしなかったら、後から編集・補強も出来たのに。
一発勝負のライブという点で、モネ方式とは異なり、先々シーズンから始めたリエージュの歌劇場
からのライブ・ストリーミング方式に近い。リエージュからのストリーミングも、毎回技術上難ありだ。
モネ方式への移行を求めたい。

この『愛の妙薬』はバイエルンでの新プロダクションではないから、ライブだからといっても事前
準備は出来るはずだ。それなのに、字幕なし、というのはあまりに哀しい。ドイツ語だけでもいいから、
つけて欲しかった。上演前と幕間には、総裁からの挨拶とあらすじの語りには英語字幕が付いていた
のだから。技術上、さほど難しくもないだろうし。

主役二人以外は、幽鬼のようなメイクの不気味な人物ばかり、というのがインパクトがある。
『未知との遭遇』風セットや『オズの魔法使い』っぽい人物である博士や、空から降って来る
パラシュート部隊など、天孫降臨のようなイメージにはニヤリとさせられる。
しかし、それどまりのアイデアで、だから一体どうなのだ、と問い詰めたくなるほど、必要性が感じ
られない。

ネモリーノがハンサムすぎるのがイメージに合わないが、キュートなアディーナ役のアドリアーナ
ちゃんとはビジュアル上も声もバランスは取れている。
ただし、メイクのせいなのか、照明のせいなのか、アドリアーナちゃんの可憐さがあまりでていなくて、
ちょっと『理由なき反抗』のナタリー・ウッドみたいな感じに見えた。

歌手は脇役もびっくりするほど上手いのに、なんだか中途半端な舞台に感じられたのは、字幕なし
のせいではないかと思う。やっぱり、わたしは歌われる内容は目で追って確認したい性質なのだ。


この2作をストリーミングで見たあとで、「やっぱりオペラは実演でなくては!」という結論に達した。
隔靴掻痒になるだけでなく、欲求不満に陥る。だから、ある意味、ストリーミングは、オペラ人口を
増やすきっかけになる、というのは正しい。
モネのも、今シーズン、2作は実演を観てからストリーミングを観賞した。そうすると、細かい点や
見落とした点もよくわかって、目からウロコだった。それに味をしめて、『サンドリヨン』は実演なし
でストリーミングを観賞したのだが、短所だけが目に付いた。きっと、実演の舞台を観たら、もっと
楽しめたのではないかと思う。
だから、ヘルハイム演出による『ルサルカ』は、実演を観に行こう、と決めた。
[PR]
by didoregina | 2012-01-08 18:50 | オペラ映像 | Comments(4)
Commented by hbrmrs at 2012-01-09 17:46 x
とても興味深く拝読いたしました。ライブ・ストリームなるものがいったいどれほど愛好者の興味を惹きつけるのか、まったく分かりません。現状のストリーム技術では、一斉にアクセスされれば当然トラブルに見舞われるし、音質も画質もいいとは思えないし。最近はHP上にハイライト映像を置く劇場が多いですが、それで十分ではなかろうか、と。レイネさんのように、見た人が欲求不満になって「やっぱ劇場に行こう」という効果があるのだったら、狙い通りかもしれませんが、私はそういう人がたくさんいるとは思わないですけどねー(笑)。

それと、私も「字幕が欲しい」人間です。単純にストーリーの理解を望んでいるわけではありません。オペラの場合、音楽がセリフと結びついているので、フレーズの意味を分かっているのと分かっていないのでは、細かなニュアンスの感じ方が全然違うのですよね。
何も日本語つけろとはいいません。せめて英語を・・・。
Commented by レイネ at 2012-01-09 21:53 x
hbrmrsさま、各地の歌劇場での実演観賞が叶わない身にとっては、ストリーミングは非常にありがたいものです。でも、それだけで満足できるわけではなく、話のタネ程度だと思って活用してます。でも、ライブ・ストリーミングにこだわらずに、編集したりして映像として美しく出来てるのは見ごたえあるものもあり。。。タダなら、まあ、許せます。

字幕がよく見えない席だと、すごく損した気分になっちゃいます。どんなによく知ってるオペラでも、やっぱり、音楽と呼応する台詞や歌詞を字幕で確認しないとね。視覚的・聴覚的にいっしょになるので、すっと頭に入るし記憶にしっかり留まりますね。
Commented by Kinox at 2012-01-16 08:52 x
> キュートなアディーナ役のアドリアーナちゃん
今回はミキシングも良くなかったですよね。彼女の美しい高音が全然きれいに通ってなくってがっかり。途中で真剣に観れなくなってしまいましたが、きっと数字が今回は大切。この数字を元にDigital Opera Houseみたいなオンディマンド企画が通ることを祈って付けっぱなしにしました(笑。)

> やっぱりオペラは実演でなくては
これはね、本当に私も最近つくづく実感することが多いです。ショルなんかは断然ライブがいい。あの素晴らしさが録音・録画ものでは全くキャプチャーされないのが本当に残念。演出や意外な細かい演技はHDではっとすることはあるけれど、やっぱりHDやPC上で観るものは、本当に別物、ある一定の色眼鏡をかけたものなんだと思ったほうがいいな、と思います。実際には全く魅力的でない歌手がミキシングと映像のおかげでよく見えたりするのは逆に踊らされているようで、怖いです。
Commented by レイネ at 2012-01-16 13:49 x
Kinoxさま、とにかく歌手の声が全然通りませんでしたね、今回のストリーミングでは。それがまず欲求不満の第一の原因。普通、映像で流すんだったら音をバランスよくミキシングするはずなのに。。。テクニカル面の向上は、次回の『ドン・カルロス』に期待しましょう。(<-でも、ライブでは見られない。ボストリッジのリサイタルに行くので)

先日、ショルのコンサートに行ったんですが、マイク使用の半分演劇仕立てになってるのでがっくりでした。。。

>実際には全く魅力的でない歌手がミキシングと映像のおかげでよく見えたりするのは逆に踊らされているようで、怖いです。

これ、あの人そうだわ、とか、この人もね、と思い当たります。オペラ・スターになるにはヴィジュアルは不可欠要素になってますから。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧