エネスコの『オイディプス王』@モネ劇場

当初観に行こうかどうか迷ったが、千秋楽に行ってきた。もう2週間以上も前になる。
なぜ迷ったかというと、モネでは今シーズン、どうやら全てのプロダクションの公演終了後
3週間、タダでオンライン・ストリーミング公開するらしいからだ。
でも、やっぱりエネスコのオペラ実演観賞機会は、これを逃したらもう2度と巡ってこないかも
しれない、という思いの方が勝った。
そして、それはいい選択だったのだ。しかし、なかなか記事にできないまま日が経ってしまった。
記憶はどんどん曖昧になっていく。そういう時、ストリーミングは便利である。もう一度オンライン
で全編見直すことができる。(12月2日までモネのサイトから。ただし、字幕はオランダ語と
フランス語のみ。フランス語で歌われるからフランス語字幕を読むとわかりやすいかも)

Oedipe by George Enescu   2011年11月6日@モネ劇場

Music direction¦Leo Hussain
Concept¦Alex Ollé (La Fura dels Baus)
Director¦Alex Ollé (La Fura dels Baus) Valentina Carrasco
Set design¦Alfons Flores
Costumes¦Lluc Castells
Lighting¦Peter Van Praet
Chorus direction¦Martino Faggiani
Youth chorus direction¦Benoît Giaux

Oedipe¦Dietrich Henschel
Tirésias¦Jan-Hendrik Rootering
Créon¦Robert Bork
Le Berger¦John Graham-Hall
Le Grand-Prêtre¦Jean Teitgen
Phorbas¦Henk Neven
Le Veilleur¦Frédéric Caton
Thésée¦Nabil Suliman
Laios¦Yves Saelens
Jocaste¦Natascha Petrinsky
La Sphinge¦Marie-Nicole Lemieux
Antigone¦Ilse Eerens
Mérope¦Catherine Keen
Une femme thébaine¦Kinga Borowska
Orchestra¦La Monnaie Symphony Orchestra & Chorus

c0188818_17245785.jpg

      
舞台にかかった幕の模様が凝ったデザインを投影したものになっていて、オイディプスの縁起を
物語っているようだ、まるで『風の谷のナウシカ』の冒頭に似てる、と思って見ていたら、なんと、
薄い紗のような布が引かれると、模様と思ったのは実際の舞台上のデコールだった。
舞台は4層の壁(穿眼のような)になっていて、テラコッタで出来た彫刻のように静止した人物が
大勢立ち様々な姿勢で並んでいる。序曲の間中、人物はじっとしたまま動かない。様式美に溢れ、
ドラマチックな緊張感のある素晴らしい幕開けだ。

実際、ドラマチックという言葉が、このプロダクションを貫いていると思える。そして、わたしは
この作品を「音楽劇」として見た。音楽はドラマのドラマチックさを増幅するための添え物的なもの
であると。
スペインの劇団La Fura dels BausのAlex Ollé とValentina Carrascoによる演出は、いい
意味で非常に演劇的で、造形やモブの動作も緻密で美的な統一感がある。

オイディプスの出生から始まる数奇な人生を語るオペラである。
ギリシア悲劇に源泉を汲むオペラ作品は万とあるが、これは非常に正攻法で出来事をクロノロジカル
に淡々と語って見せる形式だ。しかし、単に事件や出来事の羅列にはなっていないのは、演出の
巧みさのおかげだろう。演技や動作でその後の展開の暗示がされたり、人物の性格表現がされて
いる。
例えば、スフィンクスを倒したオイディプスが、それと知らずに母と結婚する場面では、血の
着いた手で母の白い腕を汚す。母は、はっとしたような目で汚れた腕を見る、という具合である。

また、オイディプスというえばフロイト、という連想そのもののシーンに、白衣にカルテを手にした
精神科医のような養母が、カウチに横たわるオイディプスの夢診断をする、という場面があった。

三叉路で父王とオイディプスが出会うシーンも後々のドラマの伏線になっている。
道路工事中の道に仁王立ちのオイディプスが、車で通りかかった王たちを酒に酔った勢いで殺す、
という残酷な展開なのだが、羊飼いならぬ道路工事人夫にしっかり目撃されている。


古代ギリシア語のドラーン(行動する)がドラマの語源だとすると、このオペラがドラマチックに
展開するのは、主人公オイディプスの行動に負うところが大きい。
夢と神託という、いかにも古代ギリシア的な要素が劇の進行を支配しているのだが、それに抗する
行動に出て「宿命」を打ち砕こうとする人間がオイディプスである。

c0188818_1855268.jpg

        スフィンクスは小型飛行機に乗っている。飛行機の造形は
        なるほど、スフィンクスそのものだなあ、と思わせる。
        スフィンクス役のルミューの歌唱は迫力と説得力に満ちている。

スフィンクスの投げかける問いは、「宿命に打ち克つものは何だ?」という近代的なものだが、
自信満々のオイディプスは「それは人間」と答えてスフィンクスを負かす。よく言われるように、
「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は?」という問いではないのがミソである。

c0188818_18412293.jpg

        平和と幸福の後には災いが。ペストに苦しむテーベを救えるのは、
        罪を犯したオイディプス王だけ。償いのために自ら目を潰す。

自らの行動こそが、宿命に打ち克つ方法だと信じるオイディプスは、しかし、暗い宿命に翻弄される。
償いとしての行動は、テーベ市民には理解されず、追放され、娘アンティゴネと放浪の旅に出るという
前途に全く救いの見えない状況だったのだが、最後には天から注ぐ泉の水オイディプスは浄化される。

c0188818_1945482.jpg


音楽もドラマチックではある。しかし、歌は無調なので、メロディーとして印象に残らない。観賞して
いる時には圧倒されても、すぐに忘れてしまうのだ。だから、音楽は添え物として聴いて、美しく
統一の取れた舞台のドラマを観た気分になるのだった。それで満足はできる素晴らしいプロダクション
だった。

c0188818_1994946.jpg


歌手は、低音の男性の登場人物がやたらと多い。だから、華やかさには欠ける。
女性では、母イオカステ役が美しくしかも迫力ある歌唱で舞台を〆ていた。それから、スフィンクス役
のルミューは期待通りの素晴らしさだった。
指揮者のフセインは、若いのにどうも神経質すぎるようで、正確さを出したいのはわかるが溌剌さに
欠ける。冒頭、客席の雑音がなくなるまで、何度も指揮をし始めるのだが止めたりしていた。
[PR]
by didoregina | 2011-11-22 11:13 | オペラ実演 | Comments(10)
Commented by Mev at 2011-11-22 21:37 x
素敵な舞台ですね!豪華だし。 ストリーミング情報ありがとうございます。さっそく見ます。でもナマが一番ですよね!羨ましいです。
Commented by レイネ at 2011-11-23 01:38 x
Mevさま、舞台造形や人物の配置や動きが素晴らしく計算されていて、読み替えも無理がないどころか説得力があるのですが、ストリーミングだと細かい表情の変化もよく見えるので本当に演劇的なプロダクションだなあ、と改めて思いました。
モネは今シーズンも意欲的です。
Commented by ましまし at 2011-11-23 22:20 x
こんにちは。ご覧になられたのですね。私も直前まで悩みましたが、実演に接してよかったと思っています。レイネさんの仰る「音楽劇」、すなわち、音楽はドラマのドラマチックさを増幅するための添え物的なもの、という視点は、なるほどと思いました。
Commented by straycat at 2011-11-23 23:07 x
レイネさん
レビューを拝見すると、確かに華やかさはないですが、とっても良いプロダクションみたいですね。
オイディプス王ってすざまじい悲劇なんですね、私よく知りませんでしたが、荒筋をざっと拝読するだけでも何だかグッと胸に迫るものがありました。。
日本でオペラとして上演される事はまれでしょうし、実演に勝るものはないでしょうから、貴重なものをご覧になれて羨ましい限りです。
Commented by レイネ at 2011-11-23 23:12 x
ましましさま、なかなか記事にできないまま時間が経ってしまいました。鑑賞中と直後にはインパクトあったのに、わりとすぐに消えてしまって。。。オーケストレーションや歌はドラマチックなのに、音楽の印象が後々まで残らないというのは、作品としてやはり弱いのかも。でも、R.シュトラウスから繋がるようなものも感じられるので、もっと上演機会があったらいいのに、と思います。
Commented by レイネ at 2011-11-23 23:17 x
straycatさま、ギリシア悲劇中の最高傑作ともいえるオイディプスの物語をストレートにオペラ化したものでした。でも、原作よりもずっと男性的かつ近代的なストーリーになっています。
ただ、R・シュトラウスと比べると音楽的に少々弱いものがあるのと、女性ヒロインが登場しないというのはオペラではデメリットでなので、上演機会が少ないのかなあ、とも思いますが、鑑賞中と直後には圧倒されました。
オランダとベルギーではレア物オペラ上演機会が比較的多いのがうれしいです。
Commented by Mev at 2011-12-02 17:58 x
やっとライブストリーミング観ました!素晴らしかった。泣いてしまいましたよ。PCの画面で観てたのに泣くなんて! ストーリー自体魅力ありますが、美術も演出も演技も衣装も文句無いです。音楽は「映画音楽」のようで、情景を彩るものとして存在していたと思います。そして歌手はみなうまいので安心して物語に浸っていられる。細かい顔の表情などもストリーミングだとよく見えました。もちろんナマのほうが迫力あるにきまっていますが。 でも、、考えてみればオイディプスが悲劇たる真実を知るまで20年も平和に王様を務めたんだからこの時代にしては本当は幸せなんじゃなかろうか、、、などと思ったりしました。 このプロダクション、またオランダでもやってくれないかなー。
Commented by レイネ at 2011-12-02 18:32 x
Mevさま、オペラなのに、音楽はまさに「映画音楽」みたいにバックグラウンドに存在してる感じで、わたしは全編音つきの演劇として観賞しました。ドラマとしてのインパクトが大きく、普遍的な悲劇が胸に迫りますよね。泣いてしまった、というのもわかります。
歌手の細かい表情は、クローズアップで映される映像の方がはっきり見えてよかったです。でも、大勢の人物の統制の取れた動きや隅々まで神経の行き届いた舞台の美と迫力を感じるのは、生に如くはないのです。
さすがモネ!といえる素晴らしいプロダクションでしたが、よそで上演される機会はあまりなさそうな気が。。。
Commented by 守屋 at 2016-02-08 02:42 x
5年も遅れてのコメントになります。

 ポストを教えてくださってありがとうございます。チケットを購入しました。この舞台を演出した皆さんの舞台は、2010年にENOが上演したリゲティのオペラで観ているので、確実に楽しめると確信しています。

 ロンドンのキャストにはサラ・コノリィも含まれています。が、彼女、間の5月28日にウィグモアで歌う予定にもなっています。なので、万が一のことを考えて、5月30日は避けました。初日の5月23日に行きたかったのですが、その日はウィグモアでアン・ハレンベルグのリサイタル。ロンドンに居られるのはなんて贅沢と改めて感じます。
Commented by レイネ at 2016-02-08 04:56 x
守屋さま、過去記事へのコメント大歓迎です!
ロンドンのキャストはとても魅力的ですね。しかも、サラ様がイオカステとは!ルミュー以外では考えられないスフィンクス役だし、サラ様コンサート@ウィグモアと組み合わせてのロンドン遠征をしなければ!
ハレンベリは、昨晩コンセルトヘボウでヴィヴァルディ(!)の『ウティカのカトーネ』コンサート形式で歌ったのですが、そういう日に限って別の町でアポがあって、泣く泣く諦めたんです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧