ヨハン・シャインの『イスラエルの泉』  マイナー・バロック・コンサート

c0188818_15233032.jpgGli Angeli Genève

Hana Blazikova, sopraan
Aleksandra Lewandowska, sopraan
Robert Getchell, tenor
Jan Kobow, tenor
Stephan MacLeod, bas
& artistiek leider

Maude Gratton, orgel
Hager Hanana, cello
Giovanna Pessi, harp


Israelis Brünnlein (1623)
Johann Hermann Schein (1586 - 1630)

2011年10月15日@Ursulinenkapel






この土曜の晩には3つの選択肢があった。
① ペーターとハンスのコンサート@ライクハルト城
② 『アンナ・ボレーナ』@Met HDライブビューイング
③ グリ・アンジェリ・ジュネーブによるシャインのコンサート@ウルシュリン・カペル

いずれか一つを選ばねばならぬ。

風の強い火曜日、新しい自転車に乗っていた。左手にはどでかいハット・ボックスを持って。
あまりに大きくて荷台には留められなかったからだ。
帽子のアトリエに急ぐ途中、マース川からの強風にハット・ボックスが煽られ、硬い箱状のバッグが
ハンドルと脚とパイプの間に挟まってしまった。にっちもさっちも行かなくなり横転。左手首と顔を
地面で強打。
日を追うごとに、打ち身の腫れが左腕、左足、左脇に出てきて痛い。半身創痍の有様である。

天から下った罰にちがいない。禊祓いをしなければいけない。音楽に浸って身と心を清めたい。
それには、③が最適であろう、という結論に達し、木曜日にチケットをゲットした。

c0188818_19333685.jpg

           グリ・アンジェリ・ジュネーブ

ヨハン・ヘルマン・シャインの曲を聴くのは、多分初めてだ。
バッハより1世紀ほど前にライプツィッヒのトマス教会のカントルだったという、ドイツ・バロック初期の
作曲家である。

『イスラエルの泉』は、全26曲のモテットから成るのだが、今回のコンサートではそのうち23曲が
演奏された。旧約聖書の詩篇、イザヤ書、エレミヤ書などから取られた歌詞(シャインが書いたと
言われる歌詞も一部ある)に乗せて五声で歌われる。
ソプラノ2人、テノール2人にバス一人、楽器はオルガン、チェロ、ハープの通奏低音のみという、
シンプルな構成だ。

合唱ではなく、ソプラノとテノールそれぞれ2ずつプラス・バスのみなのと、声部が明瞭に分離して
いるので、くっきり・すっきりとし耳に届く。ポリフォニーに慣れていたその当時としては、さぞや
新鮮な響きだったことだろう。モンテヴェルディの影響を受けたモノディ様式を導入したのだ。
各パートが同等の重要さ主張し絡み合っている。

控えめなオルガンの通奏とバスの声の低い響きのメロディーが重なる部分が、薬味のようにぴりりと
効いて、いい効果を出している。
チェロの強い音がメリハリを強調しているし、控えめな音ながらハープも入っているので、通奏低音に
深みがある。

びっくりしたのは、リーダーのステファン・マクラウドがバス・パートを歌いながら指揮をしているのだ。
色々と指示を出したりしているので、自分の歌う部分がおろそかになるんじゃないかと、素人は思うの
だが、そうでもなくて低音がかなり主張していた。


          ユングヘーネル指揮カントゥス・ケルンによる
          シャインの3つのモテット

会場がまたよかった。
女子修道院のチャペルなのだが、縦横の面積に比べて擬古ゴシックの天井が高い。側廊などない
縦長の小さなチャペルだから、残響があまり長くない。ステージ代わりの祭壇付近の大きさも、
少人数のアンサンブルには丁度いい。
セレブルダース・カペルほど小さくないし、聖母教会ほど大きすぎないし、音響が悪くない。
しかも、休憩中には、コーヒーと紅茶が飲めるしトイレもある。教会のコンサートは、寒くて我慢大会
になることが多いので、暖かい飲み物とトイレはありがたい。

最前列の一番左に座ったが、声も楽器の音もくっきり聴こえてきて、濁ったように混じりあうことがない。
別の大きな教会が会場だったら、音が渾然一体となりすぎて、イタリアっぽいシャインのモテットらしい
効果は得られなかっただろう。

美しいハナさんを間近で見られ、歌声もはっきり聴こえたのがうれしかった。
黒髪・黒い目のくっきりと美しい顔立ちに、ちょっとゴシックっぽい黒いドレスと肩からかけた黒の長い
ショールが映える。まるで聖母マリアかマグダラのマリアかという雰囲気で、教会系の歌にはぴったり。
下手のドアが楽屋なので、わたしのすぐ脇を通って登場・退場するし、休憩中にはトイレですれ違った。
楽譜を見ながらだが、指揮者は目の端でたまに追うくらいで、彼女は客席に真っ直ぐに向かって、
真摯に語りかけるように歌っていた。
[PR]
by didoregina | 2011-10-17 09:49 | コンサート | Comments(8)
Commented by galahad at 2011-10-17 21:50 x
あれ、レイネさんいつだかも自転車で転んだとおっしゃてませんでしたか。 半身創痍なんてかわいそう…、よくなりましたか? 新しい自転車でも気をつけてくださいね。
我慢大会じゃない教会でのコンサートはいいお祓いになったようでよかったです。 天から罰なんかじゃないですよ。 シャインのモテット、はっきりした演奏のせいかな? 躍動感もあって素敵な曲ですね。
Commented by レイネ at 2011-10-17 22:13 x
galahadさま、はい、8月に転倒して、2ヵ月後にまた。しかも、今度は新しい自転車でスピードを出しすぎて。。。でも、ハット・ボックスを手に持ってたのが元凶です。今週末はウィーン遠征だというのに。
。。明日、再検査に行きます。
コンサートで、ハナさんの美しい顔を拝むことができ透明感のある生の声を聴くことができて、精神的にはかなり清められた感じです。シャインのモテット、シンプルだし癒し効果があるから、CDで聴きたいな、と思ってます。
Commented by アルチーナ at 2011-10-18 13:38 x
ええ・・そうですよね。。又転倒とは。。お気をつけ下さいね。
それにもうすぐ「セルセ」じゃないですか!ラジオ放送があるようなので私は遠く日本から参加したいと思いますです・・あ、舞台写真は拝見しましたよ!カッコイイマレーナ様の。

それはそうと・・シャインのコンサート、会場も良かったようでなにより。
大きさがちょうど良いっていうのも本当に贅沢ですよね。動画、聴きましたが、素敵な曲ですね。
Commented by レイネ at 2011-10-18 15:51 x
アルチーナさま、今日、再検査なので、それまでは家に籠もります。
一週間経って、大分、痛みは取れました。
『セルセ』舞台は、期待を裏切らない美しさですね、数々のスチール写真を見ると。オーストリアの新聞評読むと、観客が大熱狂だったようで、絶賛または好評です。マレーナ様のキャラにぴったりの役だし、これは相当の名舞台。

シャインの曲も、会場も、演奏もいずれも禊としてパーフェクトでした。呪いが祓われた感じですっきり清浄。
Commented by Mev at 2011-10-19 21:32 x
なんと、転倒なさったのに、コンサートにお出かけになる元気があり、さらに日曜にはサイクリング? 強靭な体力ですね!素晴らしすぎる。

バッハより1世紀も前の作曲家の曲。それはなかなか演奏されないのでは? 会場も厳かな感じだし、ほんと、厄払いのご利益がありそうです~。

セルセも楽しみですねえ!どうか気をつけて楽しんでいらしてくださいね!!
Commented by レイネ at 2011-10-19 23:49 x
Mevさま、そちらこそアムステルダム・ハーフ・マラソン初出場・完走なんて素晴らしすぎます。お互い、逆境になるほど奮い立つ性格のようですね。

シャインのコンサートは、癒し効果抜群でご利益ありました。おかげさまで痛みは日に日に薄くなり、歯医者の再検査でも回復が確認されました。

のりに乗ってるマレーナ様『セルセ』を見逃したら、一生の不覚ですから、今週は自重し体力回復に努めてます。
Commented by さわやか革命 at 2011-10-21 05:25 x
ハナたんをかぶりつきで聴けるとはうらやましい……BCJ公演だとそういうわけにはいきませぬ。
シャインはナマだと大昔に一回か二回聞いた程度ですね。ドイツ三大Sとかいっても、客が来ないだろうし。是非、こんな教会で聞いてみたいものです。
Commented by レイネ at 2011-10-21 14:57 x
さわやか革命さま、BCJ公演では客席が舞台からちょっと遠いのですか?当日は予想外に客の入りがよくて、教会が会場で全席自由なのに出遅れ、後ろの隅のほうか最前列しか残っていなかったので、迷わずかぶりつき席に。
3大Sでは、シュッツなどは割合演奏の機会があるけど、シャインはこれっきりかも。
翌日のユトレヒトの教会でのコンサート動画が(多分全部)アップされてるのをたった今発見!↓お楽しみくださいませ。
http://cultuurgids.avro.nl/front/detailklassiek.html?item=8259528


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧