DNOの『イフィゲニア二部作』を舞台上のコーラス席から

昨シーズンのオペラ実演観賞回数は7回と、非常に少なかった。
今(来)シーズンは、最低でも12回は行きたいと思っている。
日帰り圏内の各歌劇場のシーズン開始演目を始め、下記チケットをゲット済み。

8月28日 アントワープのデ・シンヘルでジョン・ブロー『ヴィーナスとアドニス』
ブロー作曲のマイナー・バロック・オペラ。ニコラス・アクテンとミュジックテアター・トランスパラント
のコラボ。

9月11日 ブリュッセルのモネ劇場で ケルビーニ『メデア』
ルセ指揮、ナディア・ミヒャエル主演。

9月18日 アムステルダムの歌劇場で グルック『アウリスのイフィゲニア』『タウリスの
イフィゲニア』2部作一挙上演。

ミンコフスキー指揮、ピエール・オーディ演出、ヴェロニク・ジャンス、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、
ミレイユ・ドランシュ出演。

9月20日 リエージュの王立ワロン劇場 ヴェルディ『イル・トルヴァトーレ』
ダニエル・デッシーとファビオ・アルミリアート夫妻が主演。丁度、オンライン・ライブ配信される日。
Dailymotionで当日の夜8時からタダで観られるので、皆様、お忘れなく。

10月22日 ウィーンのアン・デア・ウィーンで ヴィヴァルディ『狂えるオルランド』
スピノジ指揮のコンサート形式。デルフィーヌ・ガルー、イェスティン・デイヴィス、ヴェロニカ・
カンジェミ他出演。

10月23日 アン・デア・ウィーンで ヘンデル『セルセ』
スピノジ指揮、エイドリアン・ノーブル演出。マレーナ・エルンマン、ベジュン・メータ、ダニエル・ド・
ニース出演。

6月2日 アムステルダムのコンセルトヘボウで ヴィヴァルディ『ファルナーチェ』
ファゾリス指揮のコンサート形式。マックス・エマニュエル・チェンチッチ、サラ・ミンガルド、ヴィヴィカ・
ジュノー、メアリー・エレン・ネジ出演。


DNOの『イフィゲニア二部作』は、おととし観賞したモネ劇場のとはキャストが異なり、ミンコさん
指揮、フォン・オッターの母親役やドランシュのイフィゲニアなどなので興味があったが、長丁場だし
値段も張るから、もう一度観に行こうとは思っていなかった。
ところが、昨日、アムス歌劇場から、魅力的なオファーが来たので、即チケットをゲットした。
舞台上に設えたコーラス席に観客の一部も座らせて、ギリシャの野外劇場風に見せる演出なので
コーラス席が25ユーロと安く売りに出されたのだ。

c0188818_20342825.jpg

       モネでは、ナディア・ミヒャエルが第二部のイフィゲニア、
       トピ君がピラデだった。

モネとの共同プロだが、モネとアムス歌劇場とでは舞台の規模がまるで異なる。いったいどうするの
だろうと思っていた。モネでは、オケ・ピットに舞台を張り出し、ロイヤル・ボックスが宮殿になっていた。
その時は平土間のかぶりつき席も安く設定された。舞台が近すぎるのと、字幕が見えないからという
理由だったが、字幕はちゃんと読めた。工事現場の足組みのようなパイプが横や頭の上にあったが、
邪魔には感じなかったし、かえって歌手が至近で見られたので満足できた。

そして、オケは舞台の後方に乗るので、指揮者は異例にも歌手に背を向けることになり、歌手は
モニター映像の指揮を見ながら歌っていた。
コーラス席は、オケの後ろにひな壇のように設えられて、合唱団と観客が入り混じって座る。

たまたま、モネ劇場隣のレストランで、コーラス席に座るという夫婦連れと開演前の食事を同席した。
字幕が見えない席ということだったので、リブレットと対訳をプリントアウトして持参し、予習として食事
前に読んでいたら、隣の席から声をかけられた。彼らも分厚いリブレットを持参していたが、期待に
胸を膨らませていた。3人でおしゃべりが弾んだので、リブレットを全部読むことはできなかった。
正味4時間分のオペラの対訳だから、A4で50枚以上もあったのだ。

c0188818_21114814.jpg

DNOからのオファー。「新しい視点からオペラを楽しもう」
         「ユニークな舞台上の席を売り出し中」

今回は、舞台上から後ろ向きの歌手の歌を聴くことになる。指揮者とは対峙する位置だが、オケの
音でかけ消されて、声がよく聴こえてこないかもしれない。しかし、もうすでに観賞済みプロダクション
なので問題はない。普段は10ユーロ位で売っているリブレットもタダでくれるという。
それより、別の入り口から入場して合唱団に混じって舞台に座る、というのは面白い体験になりそうだ。
歌手も真近だし、別の視点から観ることができる。
文字通り、オペラの舞台裏が覗けそうで、わくわくしている。
[PR]
by didoregina | 2011-08-25 13:31 | オペラ実演 | Comments(4)
Commented by REIKO at 2011-08-27 23:12 x
舞台上からの鑑賞、これは文字通り「新しい視点から」で、面白そうですね。
裏オペラ?
観客席からも「見られる」存在なのでちょっとドキドキ!?
歌舞伎にも江戸時代は、舞台内の上の方に観客席があったんですよね。
以前それを再現した公演で(私は普通の席でしたが)、幕を閉める時舞台上のお客さんも一緒に「幕の向こう」になるので、「さようなら~」って感じになり、場内から微笑ましい笑い声がおきていたのを、印象深く覚えています。
Commented by レイネ at 2011-08-28 01:13 x
REIKOさま、エキストラでもない観客なのに舞台上に座るってのが、面白そうでしょ?歌手も演技上後ろ向きになる時もあるだろうし、ミンコさんの指揮をずっと正面から見れる。ジャンス、フォン・オッター、ドランシュと自分が同じ舞台に乗るなんて、めったにないチャンスだわ。

江戸時代、歌舞伎でも舞台上に観客席があったとは、初耳です。四国の金丸座で金毘羅歌舞伎を、畳3畳分くらいの桟敷席でゆったりと観賞したことがあります。雰囲気抜群、客席も情緒たっぷりで、江戸時代にタイムスリップした気分でした。
Commented by Mev at 2011-09-03 04:48 x
やっぱり!!この「スペクタクルシート」をゲットされたのですね!お知らせしようかと思っていたくらいでしたがすでにお買い求めでしたね!!  デメリットは開始10分前着席、休憩に入ってから10分後まで離席できないということくらいですよね。 リブレットもタダでくれるし、間近でみられるし、一回見た方なら絶対にお得だし、舞台上からの観劇なんてなかなか経験できない貴重なチャンス。よかったですねえっ!!
Commented by レイネ at 2011-09-03 19:02 x
Mevさまも、ご主人とご一緒にこのオペラ鑑賞予定ですよね。同じ日かしら?平日の夜?
モネとは異なるキャストと指揮者なので気になってて、行きたかったのですが、値段がネックでした。今シーズンから、とっても高くなりましたねDNOのチケット。『エレクトラ』にも行きたいんだけど、微妙に高すぎ。。。また魅力的なオファーが来たら観に行こうかと思ってます。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧