サルデーニャのエメラルド海岸をヨットでセイリング その1

サルデーニャ北部を2週間セイリングした。

c0188818_1354469.jpg

          エメラルド海岸セイリングの予定ルート。

我が家にとっては全く新しい海域なので、行く前にあれこれ情報を集めると、「億万長者の
遊び場」とか、「美食の宝庫」とか、「地中海で一番澄んだ海」とかのバブリーで紋切り型の
表現が多く、「高級でシックでセレブで物価が高い」という固定観念が出来上がった。

しかし、実際に行ってみると、上記で固められたイメージは、ある意味では当たっていたが、
崩れていったものもある。

c0188818_1374013.jpg

         ケルン・ボン空港からオルビアまで2時間弱。
         そこからタクシーで30分弱のポルティスコがチャーター基地。
         マリーナを見下ろす丘は、夾竹桃の潅木で埋まる花の海。


今回も、フロッティラというシステムを利用した。リーダー船と12隻の参加艇とからなる船団だ。
新海域では安心のシステムだ。そして結果的に、かなり風力が強くマリーナ等のインフラも限ら
れたこの海域では、経験とコネの豊富なリーダーのアシストを相当必要とした。

今回フロッティラに参加した人達は、クロアチア、ギリシャ、トルコなどは制覇しているので、
新しい海域開拓に鵜の目鷹の目。この海域のオランダのフロッティラは今年が最初だから、
結集したのは、セイリング経験が比較的豊富なつわもの達(?)だ。
非常に社交的な人達で、子供もかなり大きくて我が家の子供たちと同年齢が多数で、しかも
主人と同種の職業の人が多いのに驚いた。要するに似たもの同士が集まったのだ。

c0188818_214453.jpg

         マリーナ停泊料金は馬鹿高いので、ほとんどは
         静かな湾内に錨を下ろしての停泊。
         砂底なので、水が淡く澄んで、錨もしっかりと留まる。


マリーナでは小さなヨットでも一泊150ユーロの停泊料金は当たり前、と聞いていた。
自然の湾内でもブイに繋げば、他に全く何の設備がなくても高額の料金を徴収される所もある。
風が強すぎて錨だけでは危険だとリーダーが判断して、週末近くに出発港に戻ったのだが、
そこでも一泊122ユーロ取られた。通常なら、チャーター会社の基地であるマリーナ利用はタダ
である。

結局、悪天候のためそれ以外の港にも4泊したのだが、一泊平均70ユーロ弱だった。
値段だけ聞くとまあまあだが、マリーナではないので、トイレやシャワーの設備はない。
それでも、桟橋に無事係留させてもらっただけでも感謝しなければ罰が当たる、というくらいの
風の強さだった。

c0188818_2164275.jpg

          自然との調和が取れて美しい別荘が見え隠れする。
          木より高い建物はほとんどなく、色も周りの岩に溶け込んでいる。


c0188818_226077.jpg

          2本マストのクラシックなスクーナー(右)と
          エレガントで美しいJボート(左)がすぐ脇を交差して、
          息を呑んだ。


クロアチアと比べると、行き交うヨットの数は非常に少ない。
スピード狂のイタリア人は、モーター・ボートのほうが好きなのだ。
そのモーター・ボートも半端ではない大きさで、世界の富豪が集まる海域という面目躍如だ。

c0188818_2315017.jpg

          モーター・ボート(クルーザー)3種。
          右のはまるでクルーズ船のようにでかいメガ・ボートで
          ディンギーですら、我が家が借りた35フィートのヨットよりも大きい。
          ヘリコプターを搭載したり、ジェット・スキーも数台完備。
          使用人やクルーが10人以上乗り込んでいないと航行不可。


                            
[PR]
by didoregina | 2011-07-24 19:34 | セイリング | Comments(6)
Commented by sarahoctavian at 2011-07-25 16:32 x
お帰りなさい!そろそろバカンスから戻った頃かしら・・なんてさっき思ってたところです(笑)。憧れのサルディニア。夾竹桃の群生も青い海の色も素晴らしい。お天気も良かったみたいだし!!報告記事の続きを楽しみにしておりますよ。
Commented by レイネ at 2011-07-25 17:06 x
sarahoctavianさま、ただいま!土曜日にケルンに着いたら、曇り空で気温が13度。高速を走ってると雨が降りだして8度に下降。サルデーニャとのあまりのギャップに驚き。
でも、サルデーニャでも天候は不安定だったのよ。気温は高いけど、海上は風が強いので体感温度は相当低かったのと、曇り空だと安心して日焼け止めを塗らなかったので、近来稀なガン黒になりました。
Commented by REIKO at 2011-07-25 21:33 x
夏らしい写真をありがとうございます。
海って自由・・・かと思いきや、あれこれでお金を取られたり(笑)、結構大変なんですね。
最後の写真は、真ん中に写ってるのが(大型の)モーターボートってことでしょうか?
これでガーッっと高速で走るとしたら、かなりの迫力&ユッタリ派から見ればウルサい・・・ですね。
ありきたりですが、やっぱり海はのんびりの方がいいです♪
Commented by レイネ at 2011-07-26 00:26 x
REIKOさま、暑中お見舞い申し上げます。日本はタイヘンな蒸し暑さでしょうね。
自由の海って、グロティウスが掲げた国際理念ですね。沖に出たらほとんど束縛はないのですが、岸に近づくといろいろな利権がからんできます。
最後の写真は、3隻ともこちらではモーター・ボートと呼びます。日本ではクルーザー。右側のはメガ・ボートとも呼ばれ、これがクルーズ船ではなく、個人所有のボートなのです。。。どれも波を蹴立てて高速で走るので、風任せのヨット派からするとうるさいだけでなく、発する波がドカンドカンとぶつかり迷惑ものです。モーター・ボート派から見たら、ヨットなんて時代遅れなんでしょうが。
Commented by 08eMezzo at 2011-07-27 03:07
日本の発動機メーカーの社長さんをポルトフィーノにおつれした事があります。イタリアのクルーザーの豪華さにビックリしておられました。
イタリアは息をしても税金を取ると冗談になるほど、なんだかんだ言ってむしり取っていきますね。
Commented by レイネ at 2011-07-27 06:21 x
08eMezzoさま、ポルトフィーノも富豪が集まる所ですものね、呆れ返るほど豪華なクルーザーが沢山停泊してることでしょう。地中海のいろいろなところで超豪華クルーザーはちらほらと見てきましたが、それらが大量に集結してるのがサルデーニャらしいなあと思いました。
金持ちには税金どんどんかけて、むしりとっていってもいいんです。庶民だから、無茶な取られ方はされなくて、予想以上にお金がかかりませんでした。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧