『セルセ』@アン・デア・ウィーンのチケット・ゲット!

本日からアン・デア・ウィーン劇場の来シーズン・チケットのオンライン発売が開始されました。
はずせない演目は、もちろんマレーナ様主演の『セルセ』です。

昨年の『セメレ』チケット争奪戦の厳しさは、バルトリ姐主演ということで一人2枚まで限定の
売出しでしたが、壮絶という一言に尽きました。
今年は、どういうことになるかと気を揉んでおりましたが、なんということはなく楽勝で10月23日
の希望通りの座席が取れました。

10時の発売開始の5分前に(!)楽々とオンライン・チケット・ショップのサイトに入ることができ、
するすると問題なくチケット購入。5分後にはプリント・アウト完了という簡単さ!

去年のあの時間は、フィーヴァーが頂点に達して、アクセス集中のためかサイトも機能せず、
ほとんどパニックに近い状態でした。チケットが取れたのは奇跡に近いというか、幸運だったと
しか思えません。バルトリ姐、恐るべし。

アン・デア・ウィーン劇場の『セルセ』は、マレーナ様主演というだけでなく、演出に大きく期待
できるプロダクションです。というのは、昨年のウィーン国立歌劇場での賞賛の嵐・洪水を呼んだ
あのファンタジー溢れる『アルチーナ』を演出したエイドリアン・ノーブルが担当するからです。
彼は『セルセ』の舞台をどのように作り上げてくれるのでしょうか。期待に胸が膨らみます。

スピノジ指揮でアンサンブル・マテウスの演奏もエキサイティングなものになるでしょう。

10月22日には、同じくアン・デア・ウィーン劇場でスピノジ指揮によるコンサート形式のオペラ
『怒れるオルランド』があるので、こちらのチケットも首尾よくゲットしました。
ヴィヴァルディのオペラだし、ルッジェーロにイェスティン・デイヴィース、アンゲリカにヴェロニカ・
カンジェミというキャストに惹かれたからです。

その時期ウィーンでは、国立歌劇場でもフォルクス・オーパーでも魅力的な演目が目白押しです。
何を選ぶか迷うところですが、お金や時間に限りがありますので、アン・デア・ウィーンのバロックに
的を絞ることにしました。
[PR]
by didoregina | 2011-06-17 10:53 | マレーナ・エルンマン | Comments(18)
Commented by REIKO at 2011-06-17 20:00 x
チケットのゲット、おめでとうございます!
楽しみですね♪
だけどあまりラクに取れると、「そんなに人気ない公演なんかいな?」とか思ってしまいますね。(苦笑)
どんなセルセになるのか・・・?
Commented by galahad at 2011-06-17 22:15 x
おお、おめでとうございます。 チケット取り、うまくいくとほんとうれしいですよね! 前日はイェスティンくんに、カンジェミが聴けるのですか、いいのばっちりじゃないですか。
私も『セルセ』の舞台の様子をうかがえるのを楽しみにしています。
Commented by アルチーナ at 2011-06-17 23:04 x
おお!おめでとうございます。&羨ましい・・演出も楽しみですね!レヴュー楽しみにしております。
Commented by レイネ at 2011-06-17 23:37 x
REIKOさま、たしかにあまりにも簡単に取れると、ありがたみが薄れるのと、何かウラにイワクつきなんじゃないか、とか疑心暗鬼になります。。。でも、マレーナ様がキャンセルさえしなければ、満足です。当日までドキドキ。
演出に期待できそうでしょ?
Commented by レイネ at 2011-06-17 23:42 x
galahadさま、今日は朝からばっちり首尾上々で、気分よくなれました。アン・デア・ウィーンのこの2つはレアな演目なので、遠征する甲斐があるというものです。
DNOの『オネーギン』の新聞評では、ペトレンコがべた褒めされてました。グレミンってそんなに重要な役だっけ?演出は、懲りすぎてるような感じ。26日にTV放映されますが、丁度その日、わたしはアムス遠征。。。デュモー選手の『スタバ』なのよ。
Commented by レイネ at 2011-06-17 23:46 x
アルチーナさま、ありがとうございます。きっと皆様の応援が念力として効いたんでしょう。
マレーナ様の名前だけで満足してたので、演出家の名前に注目したのは昨日からなのです。あれっと思ったら、なんと例の素敵な『アルチーナ』演出した人でした。楽しみです!
Commented by ロンドンの椿姫 at 2011-06-19 01:33 x
よかったですね。昨年のセルセはすっかり頼りきってしまい苦労をお掛けして申し訳ありませんでした。
今回は折角お誘い頂いたのに都合がつかずご一緒できなくて残念です。再びあのベートーベン・ホテルにお泊りになるのでしょうか?又マレーナ様の練習が漏れ聞こえてくるといいですね。私のご贔屓のイェスティン君も乞うご期待ですよ。
Commented by レイネ at 2011-06-19 02:48 x
ロンドンの椿姫さま、『セルセ』観賞ご一緒できなくて残念です。今回はsarahoctavianさんと遠征予定ですが、彼女里帰り中なので、ドイツに戻られてからチケット購入されるようです。それまでいい席が残っているといいのですが。
皆様の分も、しっかり観賞・堪能してまいります!ホテルは未定ですが、出待ちもします!
ところで、もうグラインドボーンからお戻りになられたのですか?憧れのかの地でオペラ鑑賞なんてうらやましい。でも、主演歌手は、わたしが苦手の彼女なのですよね。。。ビミョ~。。。
Commented by Peace at 2011-06-19 06:03 x
素晴らしいですね。2つのオペラ。スピノジ指揮のアンサンブル・マテウスの演奏はご期待してください。3月パリTCEで聴きました。Mr.スピノジはジャルスキーのコンサートで知るようになりましたが、彼の明るさとエネルギーにはびっくりします。もちろん演奏にもそれが感じられます。ヴィヴァルディーのレコーディング(ヒーローズ)をしていた時は風邪をひいていたと私に言っていましたが、彼のバイオリンにはが胸が詰まるほどです。あー、行きたいなー私も。
Commented by レイネ at 2011-06-19 16:29 x
Peaceさま、巷で噂のアンサンブル・マテウスとスピノジ、生演奏は聴いたことがないのです。お墨付きなので安心してます。スピノジ指揮2日連続というのは、その週末だけ(『怒れるオルランド』はコンサート形式で1日だけの上演)ですが、別の日の『セルセ』を選んでも、よその歌劇場が充実したプログラムなので様々な演目との組み合わせが可能です。ご都合がつくようでしたら、ぜひ。『セルセ』の演出にも乞うご期待!
Commented by 名古屋のおやじ at 2011-06-19 23:00 x
こちらに、直接お邪魔するのは、初めてだと思います。
この演目について、音楽面はもちろん演出面でのお話を拝見できるのを楽しみにしています。と申しますのも、オペラではありませんが、エイドリアン・ノーブルの演出に感銘をうけたことがあるものですから。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによる『冬物語』と『夏の夜の夢』。特に前者は美しくかつ楽しい舞台でした。そういえば、ピーター・ブルックのような舞台づくりの、クリスティの一回目の『ウリッセ』のdvdの演出も彼でしたね。
Commented by Mev at 2011-06-20 02:25 x
やりましたね! 秋のウイーンで念願のマレーナ様のオペラ鑑賞とは、なんと羨ましい! 楽しんでいらしてくださいませ~。 レビューを見て行った気になりますので、お待ちしております(ってまだ先ですね)
Commented by レイネ at 2011-06-20 06:22 x
名古屋のおやじさま、ようこそいらっしゃいませ。galahadさんのところでコメントのおしゃべりさせていただいてました。
ノーブルはもともとシェイクスピア劇の演出で有名なんだそうですね。ロイヤル・シェイクスピアの舞台、イギリスでご覧になったのですか?
昨年の『アルチーナ』の噂を耳にするだに、『セルセ』をどんな風に料理してくれるのかとわくわくしてます。伝説的な舞台になりそうな予感が。。。
今、ブリュッセルから帰ってきましたが、『ユグノー教徒』はピイ演出の素晴らしい舞台でした。
Commented by レイネ at 2011-06-20 06:28 x
Mevさま、来年8月にもマレーナ様主演のオペラ(ロッシーニの『湖上の美人』)がウィーンであります。夏休みなのでご家族連れでいかがですか?
それと、来週の日曜日26日午後2時から、NED2でDNOの『オネーギン』が放映されます。豪華絢爛舞台のようですから、お見逃しなく。(録画できたらしておいて下さい。)
Commented by alice at 2011-06-21 12:59 x
もう、売り出し始まったのですか~。ゲットおめでとうございます!こちらはうじうじ悩みまくっています。夏の旅がかなりハードなので(お財布のほうも)・・・。8月初めに帰国してから最終的に決めようかと思っていますが、チケットだけでも手配しておいたほうが良いかしら?老いが一段と進んで、決断が鈍りがちになってきています(涙)
Commented by レイネ at 2011-06-21 21:18 x
aliceさま、ボーヌとザルツブルクなんて、また素敵な夏の音楽の旅になりそうですね。
『セルセ』には、Bメータも出演しますから、悩むところでしょう。
アン・デア・ウィーンのチケット発売は前半戦と後半戦に分かれていて、シーズン後期の分は9月2日発売開始なのですが、丁度その日出張の予定が。。。来年8月の『湖上の美人』のチケット、帰宅してからでも大丈夫なことを祈るしかありません。
Commented by sarahoctavian at 2011-06-22 17:37 x
ご無沙汰です!昨日2週間の里帰りから帰独。東京では楽しいオフ会も実現して、ブログではお馴染みだけど実際に会ったことのなかった皆様とやっとお目にかかることもできました。そんな中17日の発売開始は外せない・・と気になってたのよね。何とか当日夜(欧州時間午後)に友達宅でLAN接続させてもらい、かなりの売れ行きで平土間残り少なかったセルセも前日のオルランドも何とかゲット成功です。私は現地チケット売り場で受け取る方法を取ったわ。また詳しくメールしますがとりあえずご一報まで。
Commented by レイネ at 2011-06-22 19:30 x
sarahoctavianさま、おおお~、22日と23日のチケット・ゲットしましたか!発売日当日でも売り行き好調・残席僅少とは、なかなかよろしいサインですね。出待ちも一緒にしてくる人がいると頼もしく楽しい!
日本でのオフ会も楽しかったことでしょうね。sarahさんには10月にウィーンでお会いできることが確定したので、近くに住んでいながらお会いできてないブログ仲間はbonnjourさんだけだわ。
後ほどメールしますね!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧